fc2ブログ

タグ:「ベニカエルアンコウ」

2021年江の浦8/22-2-

2022.02.10(Thu) | EDIT

さとちゃんが「1本で充分」とのことなので
2本目は、Oつがいのファンダイビングとなりました。

エントリーすると早速、ホソウミヤッコを発見。
2021年8月22日1ホソウミヤッコ
江の浦の主、巨大なオオモンカエルアンコウ
大きさは、バスケットボールほど。
長く暮らすうち、体にいろんなものがものが付着しています。
2021年8月22日2オオモンカエルアンコウ
横に大きく広がった、ゴンズイ玉。
2021年8月22日3ゴンズイ
そこから一気に玉状に。
形を変え続ける群れは、見ていて飽きません。
2021年8月22日4ゴンズイ
以前はどこにでもいたのに、最近見ることが少なくなった、イチモンジハゼ
青いアイシャドウが、お洒落なんです。
2021年8月22日5イチモンジハゼ
なかなか派手な体色の、コショウダイ
このサイズだと、中学生くらいかな。
2021年8月22日6コショウダイ
カイメンの奥にいて撮りづらい、ザラカイメンカクレエビ
何とか、証拠写真が撮れました。
2021年8月22日7ザラカイメンカクレエビ
小さな、ムカデミノウミウシ
とても綺麗なのに、ムカデなんてちょっとかわいそうな名前です。
2021年8月22日8ムカデミノウミウシ
先ほどのオオモンカエルアンコウに比べると小さい、ベニカエルアンコウ
可愛く見えるのは、このサイズまでかな。
2021年8月22日9ベニカエルアンコウ
こちらは、正真正銘可愛い、ミナミハコフグの幼魚。
見た目に加えて、おどおどフワフワ泳ぐ姿が、たまりません。
2021年8月22日10ミナミハコフグ(幼魚)
エキジット直前に、アオリイカの子供達の群れに出会いました。
もっと透明度が良ければなぁ。
2021年8月22日11アオリイカの群れ
O夫が江の浦で潜るのは、20年振り(Oつまは初めて)でしたが
家から近いし、大型連休などで、どこに行っても渋滞に巻き込まれそうな時は
また潜りに来てもいいかな。

スポンサーサイト



2021年富戸5/2-2-

2021.10.01(Fri) | EDIT

2本目も、ヨコバマに潜ります。
エントリーし、すぐに見つけたのはサツマカサゴ
一見、白は目立ちますね。
しかし動かないこと、白い石ころの如しで
餌の小魚を騙すには十分です。
2021年5月2日1富戸・サツマカサゴ
岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
カイメンを気取り、完全に周囲と同化しています。
撮りづらい・・・
2021年5月2日2富戸・ベニカエルアンコウ
砂地では、目の前でキビナゴが群れを作っています。
2021年5月2日3富戸・キビナゴの群れ
さて、3月にOつまが1000本紀念を迎えた、この場所。
本日は、O夫が1100本記念です。
2021年5月2日4富戸・O夫1100本記念
記念撮影を終え、通常のダイビングに戻りましょう。
Oつがいが近づいてきたので、美しい胸ビレを広げ、逃げるホウボウ
2021年5月2日5富戸・ホウボウ
砂の中に隠れている(つもりの)ヒラタエイ
2021年5月2日6富戸・ヒラタエイ
またもや、ミギマキ(手前)とタカノハダイ(奥)の2ショット。
最近よくこの組み合わせを見かけます。
2021年5月2日7富戸・タカノハダイ&ミギマキ
できるなら、このユウダチタカノハを入れて、3ショットを見てみたい。
2021年5月2日8富戸・ユウダチタカノハ
アオリイカの卵。
ハッチアウトは、まだ先のようです。
2021年5月2日9富戸・アオリイカの卵
ヒラタエイの上を優雅に泳ぐ、ミノカサゴ。
2021年5月2日10富戸・ミノカサゴとヒラタエイ
神経質で、なかなか近寄られてくれない、イシガキダイ
2021年5月2日11富戸・イシガキダイ
季節来遊魚の、クマザサハナムロとタカサゴ。
沖縄ではどちらもグルクンと、ひとくくりで呼ばれます。
2021年5月2日12富戸・クマザサハナムロ&タカサゴ
小さな、ヘリシロウミウシ
今年は、ウミウシが少ない気がします。
2021年5月2日13富戸・ヘリシロウミウシ
大きな群れを作っている、ネンブツダイの幼魚。
群れの後ろの大きな物体は、水中から見たテトラポットです。
2021年5月2日14富戸・ネンブツダイ(幼魚)の群れ
テトラポットの下には、ゴンズイが群れていました。
2021年5月2日15富戸・ゴンズイ玉
群れの中をのんびり移動する、Oつま。
2021年5月2日16富戸・Oつま移動中
普通種の、サラサウミウシ
今シーズンは、サラサウミウシですらあまり見かけません。
2021年5月2日17富戸・サラサウミウシ
ウミウシに似ていますが、これはヒラムシ
2021年5月2日18富戸・ヒラムシ
無事、O夫の1100本記念終了です。

2017年大瀬崎12/8-2-

2018.07.15(Sun) | EDIT

2本目は、湾内。
マンボウ側から、エントリーしました。
足元には、小さなクラゲが漂っています。
2017年12月8日大瀬崎・1湾内クラゲ
泳ぎだすと、目の前にイサキの群れが現れました。
小学校高学年くらいのサイズかな?
2017年12月8日大瀬崎2・イサキの群れ
砂の中から顔を覗かせているのは、マルハナシャコ
キョロキョロと、別々の角度に動く目玉で、周囲を偵察しています。
2017年12月8日大瀬崎3・マルハナシャコ
水中のゴミが溜まっているところには、ハワイトラギスがいました。
2017年12月8日大瀬崎4・ハワイトラギス
可愛い、ミスジチョウチョウウオyg。
2017年12月8日大瀬崎5・ミスジチョウチョウウオyg
華やかな、ニシキフウライウオも漂っています。
2017年12月8日大瀬崎6・ニシキフウライウオ
物陰から様子をうかがう、イヤゴハタyg。
若魚ならではの個性的な模様に、緑色の眼が素敵です。
2017年12月8日大瀬崎7・イヤゴハタ
ちょっと体の汚れた、ベニカエルアンコウ
2017年12月8日大瀬崎8・ベニカエルアンコウ
アオサハギygは、上目遣いにこちらを見ながら、泳いでいます。
2017年12月8日大瀬崎9・アオサハギyg
先程の個体より少し綺麗好きな、ベニカエルアンコウ
2017年12月8日大瀬崎10・ベニカエルアンコウ
こちらは砂の上に鎮座している、カエルアンコウ
2017年12月8日大瀬崎11・カエルアンコウ
カワハギなどに散々つつかれたのでしょう。
このクラゲは、だいぶ弱っていました。
2017年12月8日大瀬崎12・クラゲ
Oつがいに見つかってしまった、ヒョウモンダコ
2017年12月8日大瀬崎13・ヒョウモンダコ
大慌てで逃げ出す姿は、まるで宇宙人のような姿。
2017年12月8日大瀬崎14・ヒョウモンダコ
頭上ではキラキラと、キビナゴが群れています。
2017年12月8日大瀬崎15・キビナゴの群れ
2017年の大瀬崎でのダイビングは、これで終了。

2017年富戸5/14-1-

2018.03.14(Wed) | EDIT

しばらくダイビングを休んでいたボブが、ダイビング復帰することになり
一緒に、東伊豆富戸へ潜りに行ってきました。
リフレッシュダイバーのボブに合わせて、のんびりヨコバマで潜ります。

エントリーすると、背中にスパイダーマンのような模様が浮き出た、コウイカがいました。
かっこいい〜。
2017年5月14日富戸1コウイカ
砂地を漂っていたのは、世界最小のイカ、ヒメイカ
小さくても、ピンチの際には、ちゃんと墨をプッと吐くんですよ。
2017年5月14日富戸2ヒメイカ
砂をサッと払うと、美しいツキヒガイがいました。
2017年5月14日富戸3ツキヒガイ
ひっくり返っていた、クモガタウミウシ
2017年5月14日富戸4クモガタウミウシ
かわいそうなので、元に戻してあげると・・・
地味。
裏側の方が綺麗って・・・。
2017年5月14日富戸5クモガタウミウシ
この日も撮影しづらい場所にいた、ベニカエルアンコウ
というか、先日よりさらに奥へ挟まってしまった模様。
せっかく久々のボブが会いに来たんだから、もうちょっとサービスしてよ。
2017年5月14日富戸6ベニカエルアンコウ
砂地を移動していた、謎のウミウシ。
現地のガイドさんと図鑑を調べたのですが、結局わからず。
一応、オトメウミウシ属の一種ということで、落ち着きました。
2017年5月14日富戸7オトメウミウシ属の一種
2本目も、ゆっくりヨコバマで潜ります。

2017年富戸5/4-2-

2018.03.06(Tue) | EDIT

天気がいいので、2本目は久しぶりに富戸ホールへ。
ただ、ちょっとうねりがあり、砂が舞って綺麗なブルーにならず、残念。
2017年5月4日富戸1富戸ホール
富戸ホールから移動。タカノハダイ幼魚を見つけました。
ふてぶてしい大人と比べて、可愛らしいものです。
2017年5月4日富戸2タカノハダイyg
小さな貝殻を背負った、綺麗なコンシボリガイ
2017年5月4日富戸3コンシボリガイ
ムチカラマツには、ビシャモンエビ
2017年5月4日富戸4ビシャモンエビ
そしてイソバナの上には、オルトマンワラエビ
2017年5月4日富戸5オルトマンワラエビ
岩穴の奥にいた、コマチコシオリエビ
もうちょっと大きく撮りたかったなぁ。
この種のエビは夜行性なので、撮るならナイトダイビングですね。
2017年5月4日富戸6コマチコシオリエビ
トラフケボリダカラガイが、よーく見ると3個体。
2017年5月4日富戸7トラフケボリダカラガイ
アオウミウシ3変化。
まずは、通常モード。
2017年5月4日富戸8アオウミウシ
続いて、ロングバージョン。
2017年5月4日富戸9アオウミウシ
最後は、圧縮バージョン。変幻自在です。
2017年5月4日富戸10アオウミウシ
すぐに逃げられ、証拠写真レベルの、セホシサンカクハゼ
2017年5月4日富戸11セホシサンカクハゼ
うねりに乗って、どこからか漂ってきた、エビの抜け殻。
2017年5月4日富戸12エビの抜け殻
擬態上手の、テンロクケボリ
ど真ん中に写っているのですが、わかるでしょうか?
2017年5月4日富戸13テンロクケボリ
最後は、カメラマン泣かせの場所にいた、ベニカエルアンコウ
本人(魚)にとっては、居心地が良いのでしょう。
2017年5月4日富戸14ベニカエルアンコウ
1泊2日の東伊豆ダイビング、これにて終了。
2日間じゃ、あっという間ですね。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR