fc2ブログ

タグ:「フリソデエビ」

2023年富戸1/22-2-

2023.09.17(Sun) | EDIT

2本目もヨコバマで潜ります。
移動中見つけた、まだ子供のトラウツボ
あどけない表情がたまりません。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ1トラウツボ
砂地にまで移動すると・・・
いました、カンナツノザヤウミウシ
2023年1月22日富戸・ヨコバマ2カンナツノザヤウミウシ
しばらくカンナツノザヤウミウシを堪能し、浅場へ戻る途中、砂地と岩場の境で
クリアクリーナーシュリンプを発見。
真ん中の半透明なエビ、見えますか?
ちなみに、上に見えている白いヒゲの持ち主は、オトヒメエビです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ3クリアクリーナーシュリンプ
岩場では、すっかり定番になった、フリソデエビが。
その昔、伊豆でフリソデエビが出たら、撮影待ちの行列ができたものですが
今では、そんなことも無くなりました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ4フリソデエビ
戻ってきた浅場にいた、ヒラムシの仲間。
ガイドさんによれば「ミノヒラムシかなぁ?」
あまり研究がなされておらず、ヒラムシの仲間は、名前がわからないことも多いのです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ5ミノヒラムシ?
最後は、ふたたびユウレイクラゲ。
たくさんいるので、どうしても目に入ってきます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ6ユウレイクラゲ
こうして無事に、2023年のダイビングシーズンがスタートしました。
スポンサーサイト



2021年富戸3/20-2-

2021.08.29(Sun) | EDIT

3ヶ月ぶりのダイビングは、東伊豆の富戸。
ポイントは「ヨコバマ」です。
エントリーし、少し開けた場所で、ガイドさんが旗を出してくれます。
そう、この1本は、Oつまの1000回目のダイビングなのです。
近親者の不幸が続いたり、コロナ禍で外出を控えたりしていて
990本から残り10本を潜るのに、3年もかかってしまいました。
2021年3月20日1記念ダイビング
無事イベントを終え、ここからは通常のダイビング
久しぶりだと、普通種のヒラタエイでも、会えば嬉しくなります。
2021年3月20日2ヒラタエイ
フリソデエビのペアは、お食事の真っ最中。
大事そうにヒトデを抱え込んでいます。
2021年3月20日3フリソデエビ
海草に巻きつき佇んでいるのは、イバラタツ
上目遣いが可愛らしい。
2021年3月20日4イバラタツ
イラのパステルカラーは、水中で目立ちます。
2021年3月20日5イラ
コケムシをむしゃむしゃと食べているのは、ミズタマウミウシの一種
富戸は餌になるコケムシが少なく、ミズタマウミウシの仲間も少ないそうです。
2021年3月20日6ミズタマウミウシの一種
砂地を元気に動き回る、ウミテング
それにしても毎回思うのは、ウミテングはどう撮っても絵にならない(笑)
2021年3月20日7ウミテング
魚を上から撮ることは少ないのですが、ウミテングはこれが一番いいかも。
2021年3月20日8ウミテング
とてもシャイな、季節来遊魚のフタイロハナゴイ(逆さまに泳いでいる)。
この後、岩の亀裂に入ってしまい、出てきてくれませんでした。
2021年3月20日9フタイロハナゴイ
Oつまの1000本記念を、やっと敢行できました。よかった、よかった。

2020年富戸12/6-1-

2021.05.22(Sat) | EDIT

10ヶ月振りに、ダイビングに出かけました。
今回潜るのは、東伊豆の富戸です。
ポイントは、ヨコバマ。
久しぶりなので、浅いところをのんびり潜ります。

エンントリーすると、いきなり不穏な雰囲気。
左のトラウツボに、ウツボがじりじりと近寄っています。
2020年12月6日1ウツボVSトラウツボ
今にも、戦いが始まりそうな距離まで、近づきました。
あやうし、トラウツボ
2020年12月6日2ウツボVSトラウツボ
Oつがいは見たことがないのですが、ガイドさんによると
この2種が戦うと、勝つのは体の大きいウツボで
負けたトラウツボは、頭から食べられてしまうそうです。
写真を見ても、明らかにトラウツボが逃げ腰ですね。
2020年12月6日3ウツボVSトラウツボ
勝負の行方を見届けたかったのですが、長期戦になりそうなので、移動。
穴の奥で、2匹のフリソデエビが、ヒトデをむしゃむしゃと食べています。
2020年12月6日4フリソデエビ
砂地に移動すると、キュビエ器官(いわゆる内臓)を放出している、なまこを発見。
誰かにいじめられたのでしょうか?
2020年12月6日5ナマコ
綺麗なイソギンチャクの家に住む、アカホシカクレエビ
2020年12月6日6アカホシカクレエビ
可愛いマツカサウオの幼魚を見上げているのは、イタチウオ
2020年12月6日7マツカサウオ&イタチウオ
右に左に揺れ、まるで枯れ葉のような、ハダカハオコゼ
2020年12月6日8ハダカハオコゼ
O夫が大好きな、南方種のセナキルリスズメ
2020年12月6日9セナキルリスズメ
ネッタイミノカサゴは、岩の裏側にへばりついています。
なかなか広い場所で撮らせてくれません。
2020年12月6日10ネッタイミノカサゴ
パッと見ると、どこが前なのかわからない、アケウス
2020年12月6日11アケウス
上から見たら、前後がわかりました。
2020年12月6日12アケウス
キンギョハナダイの群れに紛れている、季節来遊魚のウメイロモドキの幼魚
(青地に黄色い尾)。
12月なのに、まだこんなに元気だなんて。
2020年12月6日13ウメイロモドキの幼魚
待ちに待った久しぶりのダイビング、大満足のうちにエキジット。
ところが、Oつまの装備に不具合が発生。
2本目のダイビングに、影響がなければいいのですが。

2019年富戸12/29-1-

2020.02.20(Thu) | EDIT

2019年最後のダイビングは、東伊豆の富戸へ。
ポイントは、ヨコバマです。
エントリーすると頭上には、たくさんのメジナの群れが。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ
まずは、オレンジ色のイロカエルアンコウのおちびさん。
恥ずかしがり屋で、後ろを向いてしまっていました。
2019年12月29日2富戸・イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウのそばの、サンゴイソギンチャクの中には
大きなアカホシカクレエビがいました。
2019年12月29日3富戸・アカホシカクレエビ
Oつまが「目の前を何かが動いていたから、とりあえず撮ってみた」
あとから確認すると、なんと極小のヒメイカ(推定2−3ミリ)。
こんなに小さい、しかも移動している個体をよく撮れたなぁ。
2019年12月29日4富戸・ヒメイカ
だいぶ沖側まで移動した場所に、ニシキフウライウオのペアがいました。
2019年12月29日5富戸・ニシキフウライウオのペア
ニシキフウライウオのそばの岩穴には、フリソデエビのペアがいます。
ただ、あまりにも奥過ぎて、これが精一杯。
2019年12月29日6富戸・フリソデエビのペア
帰りがけに見つけた、イガグリウミウシ
2019年12月29日7富戸・イガグリウミウシ
普通種ですが美しい、レンテンヤッコ
このあと隠れてしまって、この1枚しか撮れず。
2019年12月29日8富戸・レンテンヤッコ
最後に、黄色いカエルアンコウ。
最初の個体に比べると、サービス精神があり
撮りやすい場所で、ポーズまで取ってくれています。
2019年12月29日9富戸・イロカエルアンコウ
2本目は、いよいよ2019年最後のダイビングです。

2018年富戸12/2-2-

2019.04.07(Sun) | EDIT

2018年最後となるダイビングも、ヨコバマです。

まずは、1本目とは別個体の、イソギンチャクエビ
2018年12月2日1富戸・イソギンチャクエビ
割とわかりやすい場所にいたのは、イロカエルアンコウの幼魚。
2018年12月2日2富戸・イロカエルアンコウ
す〜っと現れた、アオヤガラの幼魚。
明らかにこちらを見ています。けっこうな目力です。
2018年12月2日3富戸・アオヤガラyg
伊豆に現れるフリソデエビの住処は、撮りづらい場所ばかり。
今回も、穴の奥の奥で、餌のヒトデにしがみついていました。
2018年12月2日4富戸・フリソデエビ
可愛い、黒いクマドリカエルアンコウがいたらしいのですが、この日は行方不明。
代わりに、成長してグロくなってしまった、白いクマドリカエルアンコウを撮影。
2018年12月2日5富戸・クマドリカエルアンコウ
油断するとすぐ見失ってしまう、擬態上手のカゲロウカクレエビ
写真のど真ん中にいるのですが、見えるでしょうか・・・
2018年12月2日6富戸・カゲロウカクレエビ
動かないので撮りやすい上に美しく、ダイバーに優しい、トラフケボリダカラガイ
2018年12月2日7富戸・トラフケボリダカラガイ
数匹のオグロクロユリハゼが、中層を元気に泳ぎ回っています。
2018年12月2日8富戸・オグロクロユリハゼ
小さなミナミハコフグの幼魚を見守る、オトヒメエビと、スジオテンジクダイ。
元気に育てよ。
2018年12月2日9富戸・ミナミハコフグyg
こちらは気の強い、クマノミ。
それ以上近づくなと、Oつがいに睨みを効かせます。
2018年12月2日10富戸・クマノミ
アカオニナマコについていた、ナマコマルガザミ
普段ならガッチリとしがみついているのですが、このナマコマルガザミ
油断していたのか、振り落とされそうになっています。
2018年12月2日11富戸・ナマコマルガザミ
最後に、ウミテング登場。
水中を泳ぐことは滅多にないのですが、地面を意外と素早く移動するので、
撮りづらい魚です。
2018年12月2日12富戸・ウミテング
これにて、2018年のダイビングは終了。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR