fc2ブログ

タグ:「フタバゴイシガニ」

八幡野6/23-1-

2013.08.30(Fri) | EDIT

6/2に、Oつまが八幡野で発見した、白いカエルアンコウの幼魚。
その後も、訪れたダイバーのアイドルとして君臨し
今では「ホワイティー」という愛称までもらい、大切にされています。
あれから3週間、現地のガイドさんから「だいぶ大きくなりましたよ」と
連絡をもらい、様子を見にいってきました。

到着すると、ガイドさんが
「実はホワイティー、昨日から、また行方不明なんです」
発見当初からアクティブな子でしたが、相変わらず、ガイドさんたちを翻弄している様子。
しかしOつがいとしては、前日、突如八幡野に現れたという
スジタテガミカエルウオも気になる・・・
なにしろ発見されたばかりで、分かっていることといえば
暮らしている根に、出入り口が10ヶ所以上ありそうなこと。
そして、全然ダイバー慣れしておらず、すぐに隠れてしまうこと。
そこで1本目のダイビングは、他のチームにホワイティー探しをお願いして
スジタテガミカエルウオの根を、じっくりと捜索してみることにしました。

まず最初に見つけたのは、トゲトサカに隠れていた、イソコンペイトウガニ
スジタテガミカエルウオとは、生息環境がまったく違うのですが
つい、いつものクセで・・・
イソコンペイトウガニ
ワタトリカイメンの中には、フタバゴイシガニが、落っこちていました。
脱出したいものの、立ちはだかる壁を見て、呆然としているようにもみえます。
フタバゴイシガニ
イタチウオ。
単体で撮っても、あまり絵にならない魚なので
ウミシダと、絡めてみました。
イタチウオ
こちらは、ウミシダをバックに、シワシワのウツボ。
ウツボ
岩の上に、ちょこんと乗っかって休憩中の、キタマクラ。
昼間なのに、夜バージョンのような、体色になっています。
キタマクラ
オーバーハングした岩の裏側には、性転換中の、ヘビギンポ。
ヒメギンポ(オカマ)
岩の亀裂を、ピョコピョコ移動していた、ヤマドリの幼魚。
可愛い~。
ヤマドリ(幼魚)
小さな小さな、コガネマツカサウミウシと、その卵。
どこにいるか分かりますか?
コガネマツカサウミウシ&卵
普通種のオトヒメエビですが、撮り方を工夫すると、なかなかの迫力です。
オトヒメエビ
可愛さでは、先ほどのヤマドリの幼魚に、負けていません。
ミナミハコフグの幼魚です。
ミナミハコフグ(幼魚)
残念ながら、スジタテガミカエルウオ発見ならず、ここで時間切れ。
仕方ないので、定番のフトスジイレズミハゼを見に、移動しました。
この個体は珍しく強気で、引っ込まないので、フォトダイバーに大人気。
フトスジイレズミハゼ
大好きなイチモンジハゼも、たくさんいます。
イチモンジハゼ
オオパンカイメンの上で休憩中の、ソラスズメダイ
緑バックに水色って、目立ちますね。
ソラスズメダイ
サンゴイソギンチャクの中には、カザリイソギンチャクエビがいました。
カザリイソギンチャクエビ
日本固有種のアカイソハゼを、ちょっとメルヘンチックに。
アカイソハゼ
1本目終了。
「スジタテガミカエルウオ、いなかったねー」と話していたら
少し遅れてエキジットしてきた、地元のガイドさんが
「根のトップの、オオパンカイメンの上で、寝てましたよ」
Oつがい、探すところを間違ってたようです・・・
ただ、ガイドさんが近づくと、やっぱりすぐに逃げたそうで
ダイバーに馴れるまで、もう少しかかりそうですね。
スポンサーサイト



八幡野5/26-2-

2013.08.06(Tue) | EDIT

2本目も、ビーチ。
まずは、会いたかった、ニラミギンポの所へ。
黄色い尻尾が、いいアクセントになっています。
ニラミギンポ
カイメンの中に落っこちていた?カニダマシの仲間。
上がってこられるのかな~。
カニダマシの仲間
シロガヤについていた、コガネマツカサウミウシ
とにかく、小さいです。
二匹いるので、ペアで撮りたいのですが、いい角度になってくれません。
コガネマツカサウミウシ
カイメンの縁を移動中の、シロサメハダウミウシ
触角がなければ、見落としそうです。
シロサメハダウミウシ
根性の据わった、フトスジイレズミハゼ
気配を感じると、穴の奥に引っ込んでしまうことが多いのに
この個体は、堂々としたものでした。
フトスジイレズミハゼ
貝殻の裏側にいた、フタバゴイシガニ
ここがお気に入りなのか、中をウロウロしていました。
フタバゴイシガニ
いっぽうスミゾメミノウミウシは、ウミヒドラの上がお気に入り。
スミゾメミノウミウシ
Oつがいが取り組むテーマ「普通種を、綺麗に撮る」
なかでもソラスズメダイは、お気に入りの被写体です。
ソラスズメダイ
1本目で、現地のガイドさんと頭を悩ませた、通称ウミテングノオトシゴ。
帰宅してから調べられるように、色んな角度から、撮影しておきました。
ウミテングyg
そばにあった根に行ってみたら、ウミスズメと、鉢合わせ。
ちょっと、ビックリさせてしまいました。
ウミスズメ
すぐ近くには、マダコの子供が潜んでいたようで
突然現れたOつがいに仰天し、凄い勢いで、逃げていきました。
マダコyg
根を探索していると、シッタカの貝殻を綺麗に覆った
カイウミヒドラを、見つけました。
もはや、シッタカの面影はありません。
シッタカ&カイウミヒドラ
岩の亀裂には、お約束のサラサエビが、たくさん暮らしています。
サラサエビ
もうすぐ、恋の季節が始まるヘビギンポ
相手がいない為か、顔がちょっとすねているようにも見えます。
早く、相手が見つかるといいね。
ヘビギンポ
2本目のダイビング、終了。

この日、突然やって来た、GUNZO-SANは
沖縄ダイビング旅行のお土産に、泡盛「泡波」をくれました。
見かけによらず、意外と気を使う、好青年なのです(笑)
泡波
さて、通称ウミテングノオトシゴの件ですが、帰宅してから調べた結果
「やはり、ウミテングの幼魚ではないか」との結論に達し
早速、現地のガイドさんに、メールをしたところ
「こちらでも、ウミテングと同定しました」という、返事がきました。
あ~、ハッキリして良かった。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR