fc2ブログ

タグ:「フィコカリスシムランス」

2021年八幡野9/26-1-

2022.06.10(Fri) | EDIT

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。
スポンサーサイト



2019年大瀬崎12/1-1-

2020.01.31(Fri) | EDIT

最近忙しく、なかなか海に行けませんでしたが
ダイビングをせずに年越しはできないので、西伊豆の大瀬崎へ行ってきました。
1本目に潜ったのは、外海の一本松。
仲良しガイドさん、お久し振りです〜。
2019年12月1日1大瀬崎
砂地まで降りたところで、イラがお出迎え。
2019年12月1日2大瀬崎・イラ
最近では、珍しくなくなってしまった、フィコカリスシムランス
画面中央の、一見ゴミのような、毛むくじゃらのエビです。
2019年12月1日3大瀬崎・フィコカリスシムランス
見慣れていない方には、わかりづらいかもしれないので、ちょっとトリミング。
これでも相当大きめの個体です。
2019年12月1日4大瀬崎・フィコカリスシムランス
ここで、他のグループがやって来たので場所を譲り、沖側に移動を始めると
どこからともなくコロダイが現れ、しばらくOつがいのそばをウロウロ。
2019年12月1日5大瀬崎・コロダイ
見にくいですが、岩穴の奥には、ゴシキエビの子供がいます。
エビは夜行性。ヒゲだけ出して、辺りを警戒中。
2019年12月1日6大瀬崎・ゴシキエビ
そのすぐそばには、ミナミゴンベの幼魚がいました。
2019年12月1日7大瀬崎・ミナミゴンベ
さらに沖側に移動すると、ハタタテハゼの幼魚が。
2019年12月1日8大瀬崎・ハタタテハゼ
なかなか全身を見せてくれない、ミナミギンポ
穴から頭を出したり、引っ込めたり。
2019年12月1日9大瀬崎・ミナミギンポ
とても臆病な、モンスズメダイ。この後、あっという間に隠れてしまいました。
2019年12月1日10大瀬崎・モンスズメダイ
元気に岩の下を出入りしていたのは、カゴカキダイ。
2019年12月1日11大瀬崎・カゴカキダイ
久しぶりの海で、どんなに普通種でも、会えればうれしいOつがい。
少し休憩をして、2本目のダイビングです。

2017年大瀬崎12/8-1-

2018.07.09(Mon) | EDIT

西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外界のポイント、1本松へ。

エントリーし、ゴロタを降りたところで、キツネアマダイの幼魚に出会いました。
ひょろひょろ泳ぐので、結構撮りづらいです。
2017年12月8日大瀬崎・1キツネアマダイ
この時期のマクロといえば、フィコカリスシムランス
早速、発見。
どこにいるかわかりますか!?
毛むくじゃらで、ゴミにしか見えませんが、立派なエビです。
2017年12月8日大瀬崎・2フィコカリスシムランス
すぐ近くに、赤色バージョンが、もう1個体。
こちらは文字どおりエビ反っているので、少しはわかるでしょうか。
2017年12月8日大瀬崎・3フィコカリスシムランス
砂にうまく隠れているのは、ヒラメ。
2017年12月8日大瀬崎・4ヒラメ
アカオニナマコについていた、小さなヨコシマエビyg。
しかし、あまりにも小さいので・・・
2017年12月8日大瀬崎・5アカオニナマコ&ヨコシマエビyg
少しアップで。
下半身が透明で、縞模様がとても綺麗です。
2017年12月8日大瀬崎・6アカオニナマコ&ヨコシマエビyg
2017年は、クダゴンベの当たり年でした。
ちょっと撮りづらい場所で、残念。
2017年12月8日大瀬崎・8クダゴンベ
仲良く漂う、カミソリウオのペア。
2017年12月8日大瀬崎・7カミソリウオのペア
遠目から、オグロユリハゼを狙いましたが、後姿になってしまいました。
2017年12月8日大瀬崎・9オグロユリハゼ
体操選手を目指している、イロカエルアンコウ
2017年12月8日大瀬崎・10イロカエルアンコウ
カラフルなオオアカヒトデには、真っ白なヒトデヤドリエビがついていました。
2017年12月8日大瀬崎・11オオアカヒトデ&ヒトデヤドリエビ
2本目は、湾内で潜ります。

2016年富戸12/18-1-

2017.11.05(Sun) | EDIT

前週の西伊豆・大瀬崎に続き、2週連続のダイビング
今回は、東伊豆の富戸です。
1本目は、再びフィコカリスシムランスを狙って、ヨコバマへ。

海藻の間をじっくり探しながら移動していると、擬態したコノハガニのメスがいました。
「君じゃないんだよなぁ」と思いながらも、見つけてしまったので
とりあえず撮影。
2016年12月18日富戸1コノハガニ
視線の先で、ユラユラ動くものがいるので、顔を上げると、ホシテンスの幼魚でした。
2016年12月18日富戸2ホシテンス(幼魚)
再び、目を凝らしながら移動中、(たぶん)モクズショイを発見。
体にいろんなものをくっつけすぎて、原型が分からないので、定かではありません。
2016年12月18日富戸3モクズショイ?
そしてついに発見、フィコカリスシムランス
体長3ミリほどでしょうか。緑色の体毛を身につけ、ホワホワと漂っています。
2016年12月18日富戸4フィコカリスシムランス
先週からの鍛錬で、目が慣れてきたせいか、茶色の個体も発見。
これなら、エビの仲間なことがわかるかな?
2016年12月18日富戸5フィコカリスシムランス
フィコカリスシムランスを自力で見つけられて、たいへん満足したので
Oつがいだけで独占せず、他の方に譲りました。
すぐ近くにいた、サキシマミノウミウシ
2016年12月18日富戸6サキシマミノウミウシ
エキジット間際の浅場には、ミツボシクロスズメダイの幼魚が
仲良く泳いでいました。
2016年12月18日富戸7ミツボシクロスズメダイ(幼魚)
2本目はポイントを変えて、脇の浜へ行ってみます。

2016年大瀬崎12/11-2-

2017.10.30(Mon) | EDIT

2本目は外海のポイント、一本松へ。
お目当ての生物はとにかく分かりづらいので、ゆっくり確実に海藻をチェックします。
でも、こんな可愛いアオサハギの幼魚が目に入ったりして、なかなか集中できません。
2016年12月11日大瀬崎1アオサハギ(幼魚)
ようやく、見つかりました。
フィコカリス・シムランス。
ちぎれた海藻にしか見えませんが、小さな小さなエビです。
2016年12月11日大瀬崎2フィコカリスシムランス
見失わないように、目を皿のようにして写真を撮影し、大満足。
その後は、惰性のようなダイビングとなりました。
とりあえず、クマノミでも。
2016年12月11日大瀬崎3クマノミ
ついでにイソギンチャクの中を見ると、イソギンチャクエビを発見。
2016年12月11日大瀬崎4イソギンチャクエビ
何か気になることがあるのか、一点をじっと見つめて動かない、サガミリュウグウウミウシ
2016年12月11日大瀬崎5サガミリュウグウウミウシ
白バージョンの、ハナタツの幼魚。
2016年12月11日大瀬崎6ハナタツ(幼魚)
スケロクウミタケハゼもいました。
2016年12月11日大瀬崎7スケロクウミタケハゼ
綺麗な貝が2種類。
まずは、トラフケボリダカラガイ
2016年12月11日大瀬崎8トラフケボリダカラガイ
そして、ツリフネキヌヅツミガイのペア。白い部分は卵です。
2016年12月11日大瀬崎9ツリフネキヌヅツミガイ
浅場に戻る途中、いいサイズのイサキが、目の前を横切って行きました。
2016年12月11日大瀬崎10イサキ
フィコカリスシムランス、念願叶って、やっと見られました。
嬉しかった〜。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR