01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

2017年妙義山4/29-4- 

N水さんとOつがいが、磯部温泉に宿泊した時の夕食といったら
ここ「せりな」さんに決まっています。
2017年4月29日瀬里奈1
まずは、山行の疲れをビールで癒しましょう。
乾杯!ぷはー!
2017年4月29日瀬里奈2
お通しは、茶碗蒸し。
2017年4月29日瀬里奈3
せりな」で毎回注文してしまう、馬さし
2017年4月29日瀬里奈4
海なし県ですが、海もの「みる貝」。
2017年4月29日瀬里奈5
食の細いさとちゃんとN水さんが、お腹いっぱいになってしまわないように
玉ねぎサラダ
2017年4月29日瀬里奈6
さとちゃんは、ちゃっかり好物のポテトフライを注文済みでした。
おかみさんが気を利かせて、ソーセージも合わせてくださっています。
2017年4月29日瀬里奈7
群馬ですから、やはり、こんにゃく刺もいただかないと。
2017年4月29日瀬里奈8
疲れをとるにはタウリンです。たこ刺しを注文。
2017年4月29日瀬里奈9
ちくわ磯揚げ。
2017年4月29日瀬里奈10
たこ焼揚で、タウリンを強化。
2017年4月29日瀬里奈11
おしんこ。
2017年4月29日瀬里奈12
すな肝揚げ。
2017年4月29日瀬里奈13
いつも通り、居眠りを始めたN水さんを無視して、お茶漬けで〆ましょう。
おかか茶漬け。
2017年4月29日瀬里奈14
鮭茶漬けに
2017年4月29日瀬里奈15
昆布の佃煮がのった、昆布茶漬け。いずれも家庭的な、ホッとする味。
2017年4月29日瀬里奈16
さぁ帰ったらゆっくり休んで、明日は観光です。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: せりな  磯部温泉  ビール  馬さし  みる貝  玉ねぎサラダ  ポテトフライ  こんにゃく刺  群馬  お茶漬け 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年新横浜ラーメン博物館・元祖 名島亭1/3 

前の記事で紹介した、カーザルカさんに続き
福岡は博多から出店している、元祖 名島亭さんが、2017年2月26日をもって
卒業するとの発表がありました。
そこで早速、3種類の卒業ラーメンを目当てにやってきた、Oつがい。
2017年1月3日元祖名島亭2
そういえば、元祖 名島亭では、このカウンター席にしか座ったことがありません。
2017年1月3日元祖名島亭1
テーブルの上に置かれているのは、ゴマ、高菜、紅生姜の3点セット。
2017年1月3日元祖名島亭3
きました、こちらが卒業ラーメン第1弾の「名島の冬タンメン
具材は、ボイル野菜と特大バラチャーシューです。
2017年1月3日元祖名島亭4
スープは、1987年の創業以来「築炉釜(ちくろがま)」という
鋳鉄製の羽釜(はがま)で、継ぎ足しながら作られている、とんこつスープ。
2017年1月3日元祖名島亭5
麺は、長浜特有の極細麺。
2017年1月3日元祖名島亭6
こちらも当然、大盛りはなく、替玉です。
2017年1月3日元祖名島亭7
替玉を投入したら
2017年1月3日元祖名島亭8
テーブルの上に置かれている、高菜を少々のせ
2017年1月3日元祖名島亭9
すりゴマをふりかけ
2017年1月3日元祖名島亭10
さらに紅生姜を乗せて、味の変化を楽しみます。
2017年1月3日元祖名島亭11
ごちそうさまでした。

この日は、間も無く卒業する、カーザルカさんにも寄りました。
2017年1月3日元祖名島亭13
お目当てはイタリアのビールモレッティのドラフト。
2017年1月3日元祖名島亭12
お姉さんが、目の前で注いでくれます。
2017年1月3日元祖名島亭14
それでは、乾杯!
2017年1月3日元祖名島亭15
次に、新横浜ラーメン博物館を訪れるのは、卒業後の予定ですから
カーザルカさんとは、本当にこの日でお別れ。
名残を惜しみつつ、モレッティを美味しくいただきました。

テーマ: ラーメン

ジャンル: グルメ

タグ: 新横浜ラーメン博物館  元祖  名島亭    カーザルカ  名島の冬タンメン  モレッティ  ビール 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/6-4- 

奄美空港へ到着し
2016年11月6日奄美大島・奄美空港1
バニラエアのカウンターへ直行します。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港2
ところがなんと、遅延のお知らせ・・・
2016年11月6日奄美大島・奄美空港3
シケオくんが「もう少しドライブしますか?」と、提案してくれましたが
時間が微妙でしたし、ご好意に甘えるのもここまでにしなくては。
シケオくん、滞在中ずっとつきあってくれて、本当にありがとう!

今回の奄美旅行で、食べられなかった数少ない料理の一つ、鶏飯ラーメン
結局、空港内のこのお店でしか、見かけませんでした。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港4
空港内のお土産店に入ってみます。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港5
Oつまが密かに狙っていた、島バナナを発見。
お店の方が丁寧に説明してくださったので、食べごろもバッチリ把握。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港6
まだまだ時間があるので、レストランJoyfullへ入ります。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港7
大好きな、滑走路の見えるカウンター席をゲットできました。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港8
奄美旅行の最後の思い出に、ビールで乾杯。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港9
目の前には、離陸を控えたJAL機。鹿児島行きかな?
2016年11月6日奄美大島・奄美空港10
どこからともなく、別のJALが到着。
乗客が、次々と降りてきます。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港11
鹿児島行きより先に、羽田行きが出発するようです。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港12
先ほど到着した飛行機は、乗客が降りた後、給油が始まりました。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港13
羽田行きが、間もなく離陸。
その後を、鹿児島行きが追いかけるように移動中。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港14
そしてついに鹿児島行きも飛び立ち、滑走路も空港内も静かに。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港15
ちょうどビールもなくなったので、展望デッキに行ってみます。
奄美空港についての案内がありました。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港16
なんと奄美空港は、遺跡の中にある空港だそうです。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港17
出土品のレプリカ。
縄文の昔から、ここで人々が生活していたんですね〜。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港18
ようやく、バニラエア機が着陸。滑走路に入ってきました。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港19
さっそく搭乗口へ向かいます。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港20
最後のお土産店があったので、覗いてみると
2016年11月6日奄美大島・奄美空港21
夜光貝を発見。
お酒のアテに良さそうなので、購入。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港22
もう1品、島の塩も入手しました。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港23
やっとのことで、搭乗開始。長かった・・・
2016年11月6日奄美大島・奄美空港24
行きと同じく、ほぼ満席です。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港25
飛行機が動き始めました。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港26
働くおじさんに見送られ、ついに奄美大島とお別れです。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港27
そしてあっという間に、成田空港に到着。
Oつがいはあまり見かけない、春秋航空が駐機中でした。
さすが第3ターミナル。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港28
降機し
2016年11月6日奄美大島・奄美空港29
お迎えのバスに乗り
2016年11月6日奄美大島・奄美空港30
ターンテーブルで荷物を受け取り
2016年11月6日奄美大島・奄美空港31
第2ターミナルへ。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港32
空港第2ビルからJRに乗ったら、最寄り駅まで一直線。
2016年11月6日奄美大島・奄美空港33
「初」奄美大島、5年越しの約束を果たすことはできましたが
たくさんの宿題を残してきたので、再訪することになりそうです。
シケオくん、またよろしくね!

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美空港  バニラエア  鶏飯ラーメン  ビール  夜光貝  奄美大島 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年奄美大島11/4-6- 

4本潜り、お店に帰ってきました。
2016年11月4日奄美大島・太助1
ダイビング器材を干し終わる頃には、美しいサンセットタイム。
2016年11月4日奄美大島・太助2
空には月が。
2016年11月4日奄美大島・太助3
シケオくんにホテルまで送ってもらい、着替えを済ませたら
本日の宴会場「太助」さんに集合です。
2016年11月4日奄美大島・太助4
本日も、ビールで乾杯!
2016年11月4日奄美大島・太助5ビール
お通しは魚のアラの塩煮。
2016年11月4日奄美大島・太助6お通し
さあ、料理を頼みましょう。
まずはホワイトボードに書かれている、本日のメニューから、マグロチンジャ
2016年11月4日奄美大島・太助7マグロチンジャ
同じく、ニンニク天
2016年11月4日奄美大島・太助8ニンニク天
オコゼ唐揚
以前、東京で食べた時には丸揚げでしたが、太助さんでは
切り分けられていて、食べやすかったです。
2016年11月4日奄美大島・太助9オコゼ唐揚
ビールがなくなったので、黒糖焼酎へ移りましょう。
本日の銘柄は、里の曙
2016年11月4日奄美大島・太助10里の曙
シメサバ・カンパチ刺。鮮度抜群です。
2016年11月4日奄美大島・太助11シメサバ・カンパチ刺
ホワイトボードメニューの中で、ずっと気になっていた
マグロ目玉塩煮。コラーゲンたっぷり。
2016年11月4日奄美大島・太助12マグロ目玉塩煮
こちらは定番メニュー、鶏テールのたれ焼き
2016年11月4日奄美大島・太助13鶏テールのたれ焼き
塩焼きと、どちらにするか悩んで決めた、赤ウルメ唐揚
ちなみに赤ウルメはグルクン、青ウルメはムロアジのことだそうです。
2016年11月4日奄美大島・太助14赤ウルメ唐揚
シケオくんが「これは是非食べてください」と勧めてくれた、鶏丼
やっぱり奄美は、鶏肉の本場なんですね。
2016年11月4日奄美大島・太助15鶏丼
前夜のとろろ豆腐といい、今夜の鶏丼といい、地元の人が一緒にいてくれると
美味しいものを逃さず食べられて、ありがたいです。
さあ、明日はいよいよ、奄美大島での最終ダイビング。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 太助  マグロチンジャ  ニンニク天  オコゼ唐揚  里の曙  ビール  マグロ目玉塩煮  鶏テールのたれ焼き  赤ウルメ唐揚  鶏丼 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/2-3- 

それでは待ちに待った、初日の夕食です。
シケオくんに、何軒かオススメのお店を聞いておいた中から
ホテルに一番近かった、居酒屋「美喜」さんに決定。
2016年11月2日美喜1
入店すると、見渡す限り地元の方ばかり。
Oつがいは、お座敷の席へ通されました。
2016年11月2日美喜2
さぁ、奄美大島到着後、最初のビール
2016年11月2日美喜3ビール
やはり奄美に来たら、鶏はいただきたいので
まずは地鶏の刺身。
2016年11月2日美喜4地鶏の刺身
こちらも外せない、奄美の郷土料理、油ソーメン
2016年11月2日美喜5油ソーメン
ソーミンチャンプルーに似ていますが、麺が独特でした。
2016年11月2日美喜6油ソーメンリフト
本日のおすすめ料理から、シビ刺身を注文。
シビはおそらく、マグロではないかと。
2016年11月2日美喜7シビ刺身
居酒屋料理の定番、えのきベーコン。
2016年11月2日美喜8えのきベーコン
さて、ビールから奄美大島の焼酎にチェンジ。
里の曙を、お湯割でいただきます。
2016年11月2日美喜9焼酎お湯割
再び本日のおすすめ料理の中から、ナマズフライ。
2016年11月2日美喜10ナマズフライ1
ナマズは白身です。言わずもがなですが、念のため。
2016年11月2日美喜11ナマズフライ2
シビナマズを、大喜びで食べているoつがいを見て
お店の大将が「これも食べてみる?」とサービスで出してくれたのが
エラブチ(右)とコーグル(左)。
2016年11月2日美喜12エラブチ&コーグル
「今日、釣ってきたんだよ。何の魚かって?調べてみて(笑)」
ググってみると、エラブチはブダイ、コーグルがヒラニザのようです。
ブダイは以前、神津島で食べたことがありますが、ヒラニザは初めて!
上品な脂がのっていて、おいしかった〜。

さらに本日のおすすめ料理から、シビ腹皮みそ焼を注文。
2016年11月2日美喜13シビ腹皮みそ焼
エラブチコーグルの正体を見破ったOつがいに
再び大将が「これはマルガラ。わかる?(笑)」
2016年11月2日美喜14マルガラ
すぐに調べて「イスズミでしょう!」と聞いたところ
ニコニコされたので、おそらく正解だと思います。

初日から、とてもいいお店に当たりました。
それでは、おやすみなさい。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美大島  美喜  ビール  油ソーメン  里の曙  シビ  ナマズ  エラブチ  コーグル  マルガラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2