06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2016年富戸7/31-2- 

2本目は、ヨコバマの岩場へ。
エントリーしてからずっと「水中が白く濁っているなぁ」と思っていましたが
原因は、これ。
あちこちでサザエが交接しては、放精しています。
2016年7月31日富戸1サザエの交接
ここでも動画を載せたかったのですが、やはり動画アップロードが出来ず残念。
サザエの放精はどんな様子なのか、想像してみてください(笑)

続いては、ずっとここに居ついている、アカシマシラヒゲエビ
2016年7月31日富戸2アカシマシラヒゲエビ
普通種ながら、つい撮ってしまう、ナガサキスズメダイ
2016年7月31日富戸3ナガサキスズメダイ
ウミウシもいます。
こちらは産卵中の、サキシマミノウミウシ
2016年7月31日富戸4サキシマミノウミウシ
ガラスハゼ
目の前に産みつけた、半透明の卵塊を守っています。
2016年7月31日富戸5ガラスハゼと卵
続いて、子供達を2個体。
まずは、ニシキウミウシの幼体。
成体と姿形がぜんぜん違うので、以前は別種とされていました。
2016年7月31日富戸6ニシキウミウシの幼体
こちらは、ビシャモンエビの幼体。
どんな生物でも、子供はやっぱりかわいいですね。
2016年7月31日富戸7ビシャモンエビの幼体
綺麗な、フジイロウミウシ。こちらは成体です。
2016年7月31日富戸8フジイロウミウシ
イソギンチャクの中には、カザリイソギンチャクエビが暮らしていました。
2016年7月31日富戸9カザリイソギンチャクエビ
そしてイソギンチャクの隙間にいた、超・普通種サラサエビ
2016年7月31日富戸10サラサエビ
名残惜しいですが、これにて2日間のダイビング終了。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サザエ  アカシマシラヒゲエビ  ナガサキスズメダイ  サキシマミノウミウシ  ガラスハゼ  ニシキウミウシ  ビシャモンエビ  フジイロウミウシ  カザリイソギンチャクエビ  サラサエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎3/27-1- 

朝食の前に、早朝ダイビングへ出発。
昨夜、ナイトダイビングで潜ったばかりの湾内ですが
朝の海は、また格別。
どんな生物と出会えるのか、楽しみです。

まずは浅場のクサフグ
2016年3月27日大瀬崎クサフグ
少し沖には、ネンブツダイが群れています。
2016年3月27日大瀬崎ネンブツダイ
海藻の中を覗いてみると、ミツイラメリウミウシがいました。
白飛びしてしまいましたが、体色は綺麗な黄色です。
2016年3月27日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
砂地を移動中の、スイートジェリーミドリガイ
2016年3月27日大瀬崎スイートジェリーミドリガイ
マトウダイが、こちらをチラ見しながら、泳いでいきます。
早朝でダイバーも少なく、魚ものんびりモードのよう。
2016年3月27日大瀬崎マトウダイ
お食事中の、ツノザヤウミウシ
2016年3月27日大瀬崎ツノザヤウミウシ
昨夜も見た、ヒメイカ
海藻にくっついて、休憩中でしたが
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ1
Oつがいに見つかってしまい、逃亡開始。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ2
それを追跡する、Oつがい。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ3
あまり追いかけ回しても、かわいそうなので
小さくて逃げない、ツユダマガイをじっくり撮影していたのですが
2016年3月27日大瀬崎ツユダマガイ
近くで同じように休んでいた、別個体のヒメイカも、見つけてしまいました。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ4
やはり即座に、身を反らせて、厳戒体勢。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ5
こちらは、メイタガレイの幼魚。
真っ白で、貝殻のかけらにそっくり。見事な擬態です。
2016年3月27日大瀬崎メイタガレイの幼魚
ニホンアワサンゴをバックに撮れると人気の、ビシャモンエビ
早朝なので、順番待ちなしで撮れました。
2016年3月27日大瀬崎ビシャモンエビ
この日は、表層にクラゲがいっぱい。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ&カブトクラゲ
ツノクラゲ。
透明な被写体を、コンデジで撮るのは難しい〜。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ
1時間を超える潜水時間。さすがにお腹が空きました。
ダイビングショップに戻って、朝食です。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クサフグ  ネンブツダイ  ミツイラメリウミウシ  スイートジェリーミドリガイ  マトウダイ  ツノザヤウミウシ  ヒメイカ  ツユダマガイ  ビシャモンエビ  メイタガレイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

井田6/16-2- 

2本目のダイビングです。
せっかく新しいタンクに交換したことですし、超・浅場で粘る前に
少し空気を減らしに、深場へ。
浅場に群れている、ソラスズメダイの群れを、一気に抜けていきます。
ソラスズメダイの群れ
ネタ探し中、ふと気づくと、ほじほじ君(探索用の金属棒。約3mm)に
何かが、絡みついています。
よ~く目を凝らして見てみたら、タツノイトコの赤ちゃんでした。
肉眼では、糸くずにしか見えません。
何とか撮影した後、ほじほじ君を海藻にそーっと近づけ、移動してもらいました。
タツノイトコの幼魚
ムチヤギには、ガラスハゼがいました。
奥のムチヤギにいる個体と、同時にピントを合わせようとするも、失敗。
ガラスハゼ
さらに、ムチヤギの根元には、ガラスハゼの卵がありました。
この卵の周りに2匹のガラスハゼ、という、欲張りな構図を狙うも、やはり失敗。
ガラスハゼの卵
場所を移動し、ムチカラマツを見てみると、大柄なビシャモンエビがいました。
ビシャモンエビ1
別のムチカラマツに、もう1個体発見。
このビシャモンエビ、あきらかにOつがいを見てますね。
「うわ、見つかっちゃった」って感じでしょうか?(笑)
ビシャモンエビ2
さらに場所を移動し、1個体だけいる、スジハナダイを見にいきました。
きっぱりとした模様が、Oつがい好み。
スジハナダイ
ここには、スジハナダイの他に、アカオビハナダイのメスもいます。
アカオビハナダイ(♀)
同じ場所に、ムラサキウミコチョウも2個体いました。
撮影時は、交接中だったのかな?
ムラサキウミコチョウ
貝をみつけるのが好きな、Oつま。
今回は、珍しくヤギの先端で主張している、ツリフネキヌヅツミを発見。
ツリフネキヌヅツミ
そろそろ、浅場へ移動しましょう。
深度を上げていくOつがいと入れ替わりで、深場へ降りていく
スズメダイの群れと、すれ違いました。
スズメダイの群れ
Oつがいのマイブーム、アカイソハゼが、ペアでひそひそ内緒話。
普通種ですが、実は日本固有の魚だと、恥ずかしながら最近知りました。
今後は、より真剣に撮らなければ。
アカイソハゼのペア
これまで、キンセンイシモチの伊豆バージョンと言われてきた
こちらのドットタイプ。
近年、スジオテンジクダイという、独立した名前がつきました。
スジオテンジクダイ
伊豆で見られるのは、スジオテンジクダイがほとんどですが
ごくまれに、ラインタイプもいます。
これからはスジオテンジクダイなのか、キンセンイシモチが混じっていないか
チェックする楽しみが増えましたね。

さあ、浅場に戻ってきました。
ここからは有志のみ集まって、水深-1m以浅のマニアック・ダイビング。
あまりにも浅い為、ベタ凪の日限定です。
まずは浅場の地味なアイドル、イダテンカジカ
すばしっこくて、EN/EX時にその姿は見られても、なかなか撮れません。
THE LORD OF THE RINGS好きのOつがいは、密かに
「馳夫さん」または「Strider」と、呼んでいます。
イダテンカジカ
こちらも存在は知っていましたが、なかなか見られなかった、イソスジエビ
美しい外見に似合わず、実はかなりの悪食。
イソスジエビ
こいつも、以前からちらっと姿を見るだけで、撮影できなかった
かわいいナベカ
やっと、撮れました。
ナベカ
どこか悲しげな表情で、虚空を見つめる、ホシギンポ
ホシギンポ
いや~、超浅場での撮影は、腹筋と腕力がいりますね~(笑)
井田の常連の方は、Oつがいの隣で、フィンを脱いで撮影してました(爆)
壁族の聖地でのダイビング、是非また、やりたいです!

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ナベカ  タツノイトコ  ビシャモンエビ  スジハナダイ  ツリフネキヌヅツミ  アカイソハゼ  スジオテンジクダイ  イダテンカジカ  イソスジエビ  ホシギンポ 

[edit]

富戸3/31-2- 

富戸、2本目のダイビングです。
2本目は、アカホシカクレエビとミサキウバウオをメインに狙い、潜ってみました。
まずは、ホンソメワケベラにクリーニングされて、気持ちよさそうな、ウツボを発見。
クリーニング中のウツボ
こちらは、トラウツボ
その派手な模様から、ずっと熱帯種だと思っていた、O夫。
沖縄をメインに潜っている友人から「沖縄には、いないよ」と聞き
初めて、トラウツボが温帯種だと知りました。
思い込みは、イケないですね。
トラウツボ
お目当てのひとつ、越冬に成功した、アカシマシラヒゲエビです。
最近、伊豆の他ポイントや、房総半島でも、越冬が確認されていますが
このまま、温帯域でも、普通種になってしまうのでしょうか?
ペアでいるのですが、なかなか2匹同時に出てきてくれません。
アカシマシラヒゲエビ
もう一つのお目当て、ミサキウバウオ
ウバウオの仲間は、体がクネっと湾曲した瞬間を、狙いたいところ。
しかしなかなか上手くいかず、狙いとは真反対の、直線的な写真に・・・
ミサキウバウオ
岩の上に横たわる、アカササノハベラ
最初、死んでいるのかと思って近寄ってみると、目はキョロキョロして
こちらを追っています。
しかし結局、この状態のまま、動きませんでした。
他のポイントでも、こうしたアカササノハベラを見たことはありますが
たいていは、ある程度近づくと、逃げていくので
この個体は、余程眠かったのか?本当に弱っていたのか?
いずれにしても、無防備ですね~。
アカササノハベラ
カイメンに寄り添う、オキゴンベの幼魚。
絵になる場所にいることが多く、絶好の被写体なのですが
Oつがいの腕が、好条件を活かせず・・・悔しい!
オキゴンベyg
砂地に移動してきたところで、ビシャモンエビのペアを見つけました。
オスには、得体のしれないものが生えています。
ビシャモンエビのペア
お約束のガラスハゼは、黒抜きで。
ガラスハゼ
スナイソギンチャクの周りには、何かいないかな?
ミズヒキガニが、ひっそり隠れていました。
ミズヒキガニ
ミズタマウミウシ
美味しそうに、食事中でした。
富戸では、珍しいそうです。
ミズタマウミウシ
撮影意欲をそそる場所にいた、ヤドカリの子供。
ヤマトホンヤドカリかな?ヤドカリは難しい。
ヤドカリ
ここのところ、遭遇率の高い、マツカサウオの幼魚。
可愛いですね~。
マツカサウオyg
ヒロウミウシのペア。
あと一歩で、交接シーンに移行しそうです。
でも自然相手では、こちらの思う通りにはいきません。
ヒロウミウシのペア
2本目のダイビング、終了。
やっぱり富戸は、面白いですね!

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アカシマシラヒゲエビ  アカササノハベラ  ガラスハゼ  ミスヒキガニ  マツカサウオ  トラウツボ  ミサキウバウオ  ビシャモンエビ  ミズタマウミウシ  ヒロウミウシ 

[edit]