fc2ブログ

タグ:「ヒラメ」

2021年八幡野9/26-2-

2022.06.16(Thu) | EDIT

八幡野の2本目は、砂地をまわってみました。

まずは南国チックなツノダシを眺めつつ
2021年9月26日八幡野1ツノダシ
1本目に発見できなかった、アカカマスの群れに1匹だけ混じっていると噂の
バラクーダを探してみますが、やはり発見できず。
「この群れの中にバラクーダはいない」が、Oつがいの結論になりました。
2021年9月26日八幡野2アカカマスの群れ2
さて、砂地に目を向けると、若いホシテンスが。
普通なら、ピュッと砂に潜ってしまうのですが
なかなか強気な個体で、かなり近寄っても全然逃げません。
2021年9月26日八幡野3若いホシテンス
こちらは、若いアカホシカクレエビ
2021年9月26日八幡野4若いアカホシカクレエビ
この時の八幡野には、金運UPしそうとダイバーに人気の
黄金色のオニオコゼが人気でした。
初見のOつがい、「これかな?お世辞にも黄金色とは言えないけれど・・・」
2021年9月26日八幡野5オニオコゼ
昔は伊豆でヒレナガネジリンボウが現れると、ダイバーの行列ができたのですが
今では、ほぼ普通酒になっています。
2021年9月26日八幡野6ヒレナガネジリンボウ
砂地をふらふら泳いでいるこの綺麗な魚は、テンスモドキ
2021年9月26日八幡野7テンスモドキ
本日の目玉!1000本以上潜っているOつがいが初遭遇の、ウチワザメ
2021年9月26日八幡野8ウチワザメ
やはり、先ほどのオニオコゼは間違いでした。
こちらが人気の、黄金のオニオコゼ
頭の砂を払ってあげたい・・・
2021年9月26日八幡野9黄金のオニオコゼ
こちらはユラユラ泳ぐ系の、セジロノドグロベラの幼魚。
のんびり見えて、かなりすばしこいです。
2021年9月26日八幡野10セジロノドグロベラ
最後に、まわりの風景に溶け込んでいるつもりのヒラメ
思いっきりバレてます。
2021年9月26日八幡野11ヒラメ
エキジットし、ガイドさんに
「バラクーダはいないと思う」と伝えると
「私もそう思います」との事だったので、お客さんの見間違いとの結論に至りました。
スポンサーサイト



2021年富戸4/18-1-

2021.09.11(Sat) | EDIT

あれから一ヶ月。ふたたび、東伊豆の富戸で潜ってきました。
ダイビングポイントは、前回と同じヨコバマです。

3月にはいなかった、クロヘリアメフラシ。
2021年4月18日1クロヘリアメフラシ
イバラタツは定位置で、Oつがいを待っていてくれました。
ちょっとだけ、大人っぽくなったかな?
2021年4月18日2イバラタツ
富戸のミノカサゴは、ダイバーのすぐそばに寄ってきます。
現地のガイドさんによると、ダイバーの行くところには
餌となる魚がいることを、覚えているからだそう。
つまり人なつっこいのではなく、根っからのハンターなのです。
2021年4月18日3ミノカサゴ
キッカイソギンチャクを住処にする、アカホシカクレエビ
2021年4月18日4アカホシカクレエビ
ありそうであまりない、タカノハダイとミギマキの2ショット。
右がタカノハダイ、左がミギマキ。
地べたでのんびりしています。
2021年4月18日5タカノハダイ&ミギマキ
成長して、可愛さがなくなりゴツくなってしまった、イロカエルアンコウ
2021年4月18日6イロカエルアンコウ
数日前に見つかった、生まれたばかりのネコザメの幼魚
まさに「手乗り」サイズです。かわいい!
2021年4月18日7ネコザメの幼魚
先月はほとんど見かけなかった、ミズヒキガニ
ガヤをつかんだハサミ脚を振りかざし、威嚇しているのが見えるでしょうか。
2021年4月18日8ミズヒキガニ
ウミテングは相変わらず、砂の上を動き回っています。
カメラに気づくと、くるくる回転してあちらを向いてしまう、困り者(笑)
2021年4月18日9ウミテング
餌がもうほとんどないので、ミズタマウミウシの仲間を見るのは
今期最後かな?
2021年4月18日10ツノザヤウミウシ
今期初登場の、サギフエ
いつも頭を下にしていて、移動する時はこのまま
上下に揺れながら移動します。
撮影のむずかしい魚のひとつです。
2021年4月18日11サギフエ
岩の上では、巨大なヒラメが休憩中。
2021年4月18日12ヒラメ
やはり一ヶ月経つと、生物層が変わり始めていますね。
2本目も楽しみです。

2018年富戸12/2-1-

2019.04.02(Tue) | EDIT

東伊豆の富戸で、2018年最後のダイビングをしてきました。
1本目は、ヨコバマへ。

まずは、他のダイバーが来る前に、タカクラタツに会いに行きます。
図体が大きめで地味なタカクラタツですが、のんびり屋のかわいい魚です。
2018年12月2日1富戸・タカクラタツ
後からやってきたダイバーに場所を譲り、移動した先では
ホンソメワケベラの幼魚が、喧嘩していました。
2018年12月2日2富戸・ホンソメワケベラのケンカ
どこか目指す場所があるのか?
ニシキウミウシ幼体が、黙々と移動中。
2018年12月2日3富戸・ニシキウミウシyg
表と裏で棲み分けているのか?
2体のガラスハゼ。
2018年12月2日4富戸・ガラスハゼのペア
最近よく見かける、ユウダチタカノハ
以前より、個体数が増えているのかな?
2018年12月2日5富戸・ユウダチタカノハ
目の前を横切っていく、小さいけれど勇敢なシラコダイ。
2018年12月2日6富戸・シラコダイ
砂地には、いつも仲良し、クロイトハゼのペアがいました。
2018年12月2日7富戸・クロイトハゼのペア
周囲に同化しているつもり?なのに、姿バレバレのヒラメ
2018年12月2日8富戸・ヒラメ
仲良くデート中の、ミギマキのペア。
左の個体は、お腹が大きいですね。
2018年12月2日9富戸・ミギマキのペア
いっぽう、オトヒメエビは2匹でハサミを振り上げ、Oつがいを威嚇。
2018年12月2日10富戸・オトヒメエビのペア
そしてこちらが本日のお目当て、美しいクダゴンベ
赤い絨毯の上に、乗っていてくれました。
2018年12月2日11富戸・クダゴンベ
恥ずかしがり屋の、キリンミノyg。
なかなかこちらを向いてくれません。
2018年12月2日12富戸・キリンミノyg
Oつがいの目の前でポーズをとる、キスジキュウセンyg。
2018年12月2日13富戸・キスジキュウセン
突如目の前に現れた、ミヤケテグリyg。
ちょこんとした佇まいが、たまらなく可愛いです。
2018年12月2日14富戸・ミヤケテグリyg
こちらは、マツカサウオyg。
穴の奥にいて、苦戦しましたが、なんとか証拠写真は撮れました。
2018年12月2日15富戸・マツカサウオyg
同じく穴の奥にいて撮りづらい、ベンケイハゼ
2018年12月2日16富戸・ベンケイハゼ
イソギンチャク畑に行けば、そこらじゅうにイソギンチャクエビがいます。
ただ、ペアとなると、ぐっと数が少なくなります。
2018年12月2日17富戸・イソギンチャクエビのペア
青いラインが綺麗な、シマウミスズメ。
普通種なので、スルーしがちですが、もったいないですね。
2018年12月2日18富戸・シマウミスズメ
ハナミドリガイもニシキウミウシ同様、どこかを目指して、せっせと移動中。
2018年12月2日19富戸・ハナミドリガイ
次は、2018年最後のダイビングです。

2017年富戸5/4-1-

2018.03.01(Thu) | EDIT

八幡野の翌日は、富戸で潜りました。
1本目は、ヨコバマ。
正面の砂地から、テトラポット周辺を潜ります。
エントリーし、まずは生まれて間もない、ネコザメの赤ちゃんにご挨拶。
いわゆる「手乗り」サイズから、ちょっと育ったくらいかな?
2017年5月4日富戸1ネコザメyg
海藻と同じ色に化け、ビクビクしながらこちらを伺う、アミメハギ
2017年5月4日富戸2アミメハギ
そしてその海藻についていた、ミドリアマモウミウシ
アミメハギより、さらに海藻に同化しています。
2017年5月4日富戸3ミドリアマモウミウシ
砂に潜りかけの、イネゴチ
2017年5月4日富戸4イネゴチ
普通種のヒラタエイですが、軟骨魚類は総じて、つい撮ってしまいます。
2017年5月4日富戸5ヒラタエイ
砂の上に佇むヒラメと、それを上から覗き込む、ミノカサゴ
2017年5月4日富戸6ヒラメ&ミノカサゴ
岩の奥の奥、体をねじ込んで、やっと見えたこちらは、ネコザメの成魚。
一抱えもある、大きな頭。
態度もふてぶてしく、赤ちゃんの頃の可愛らしさは、全くありません。
2017年5月4日富戸7ネコザメ
春は、クロヘリアメフラシのシーズン。
あちこちで見かけました。
2017年5月4日富戸8クロヘリアメフラシ
クマノミが元気に泳ぎ回っています。
2017年5月4日富戸9クマノミ
以前は、富戸で普通に見られていた、アントクメという海藻。
現在は壊滅状態だそうです。
なんとかしようと、地元のダイビングガイドさんたちが
近隣のダイビングポイントから譲り受けたアントクメを、大切に育てていました。
2017年5月4日富戸10アントクメ
1本目終了。
2本目も、ヨコバマで潜ります。

2017年赤沢2/26-1-

2017.12.28(Thu) | EDIT

久しぶりに、東伊豆赤沢で潜ってきました。
1本目は、ボートポイントのイボヤギ岩。
最初にエントリーし、船下で他のゲストさんのエントリーを待ちます。
2017年2月26日赤沢1
この日ご一緒したゲストさんは、あまりダイビング経験のない方で
ガイドさんは、その方につきっきり。
Oつがいは放置状態、といって離れるわけにもいかないので
近くにいる生物を撮影。

さすがボートポイント。
ダイナミックな地形に、ネンブツダイが群れています。
2017年2月26日赤沢2ネンブツダイの群れ
こちらの群れは、キンギョハナダイ
2017年2月26日赤沢3キンギョハナダイの群れ
岩の上には、大きなヒラメがいました。
2017年2月26日赤沢4ヒラメ
せっかくの地形ポイントでも、ついついマクロ目線のOつがい。
オルトマンワラエビを見つけました。
2017年2月26日赤沢5オルトマンワラエビ
安全停止中に近寄ってきた、キタマクラ
2017年2月26日赤沢6キタマクラ
ボートダイビングなので、潜水時間短めなのは仕方ないですが
内容が・・・
2本目は、ビーチダイビングです。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR