fc2ブログ

タグ:「ヒメフエダイ」

2022年大瀬崎12/4-1-

2023.04.25(Tue) | EDIT

西伊豆の大瀬崎で、潜ってきました。
1本目は、湾内へ。
この時期の名物、クリスマスツリーを横目に
2022年12月4日大瀬崎・湾内1クリスマスツリー
鳥居を通過し
2022年12月4日大瀬崎・湾内2鳥居
魚礁へ。
最初に出迎えてくれたのは、ツバメウオ。青年期といったところでしょうか。
2022年12月4日大瀬崎・湾内3ツバメウオ
魚礁の下には、アカオビハナダイ
2022年12月4日大瀬崎・湾内4アカオビハナダイ
コスジイシモチが元気に泳いでいます。
2022年12月4日大瀬崎・湾内5コスジイシモチ
シャイでなかなか姿を見せてくれない、デルタスズメダイの幼魚。
本来なら、珊瑚礁の海にいる魚です。
2022年12月4日大瀬崎・湾内6デルタスズメダイ
魚礁を出たり入ったりしている、ユカタハタ
やはり伊豆では珍しい、南方の魚。
2022年12月4日大瀬崎・湾内7ユカタハタ
魚礁から移動。
ここには、オオモンカエルアンコウがいました。
擬態しているつもりなのかな?
思いっきり目立っていますね。
2022年12月4日大瀬崎・湾内8オオモンカエルアンコウ
撮ろうとするとスイスイ逃げる、ヒメフエダイyg。
2022年12月4日大瀬崎・湾内9ヒメフエダイ
クマデフトヤギをバックにポーズを決めるのは、ニシキフウライウオ
2022年12月4日大瀬崎・湾内10ニシキフウライウオ
浅場の砂地でコロニーを作っている、アキアナゴ
これ以上近づくと、スルスル潜っていきます。
2022年12月4日大瀬崎。湾内11アキアナゴ
移動中、カゴカキダイの群れに囲まれました。
2022年12月4日大瀬崎・湾内12カゴカキダイ
岩の間では、ロクセンフエダイや、ベンガルフエダイの幼魚が混泳しています。
2022年12月4日大瀬崎・湾内13ロクセンフエダイ
エキジット直前に、頭上を漂っていた、ナガヒカリボヤ
2022年12月4日大瀬崎・湾内14ナガヒカリボヤ
2本目は、先端で潜ります。
スポンサーサイト



2019年富戸12/29-2-

2020.02.26(Wed) | EDIT

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。

2016年IOP9/17-2-

2017.07.13(Thu) | EDIT

2本目は、カケ上がりのあたりを、じっくり回ってみます。
まずは、お目当てだった、ハナゴイの幼魚。
こちらも伊豆っぽく、ソラスズメダイを絡めてみました。
2016年9月17日IOP1ハナゴイ(幼魚)&ソラスズメダイ
岩の隙間には、チョウチョウウオの幼魚がいました。
1本目のシラコダイといい、小さい子はみんな可愛いです。
2016年9月17日IOP2チョウチョウウオ(幼魚)
この辺りには、幼魚がたくさんいます。
コロダイの幼魚。
2016年9月17日IOP3コロダイ(幼魚)
そして、ヒレグロコショウダイの幼魚。
絶えずぴろぴろ動くので、撮影は大変です。
2016年9月17日IOP4ヒレグロコショウダイ(幼魚)
とにかく臆病で、岩の亀裂から全然出てきてくれない、ハクセンスズメダイ
2016年9月17日IOP5ハクセンスズメダイ
中層に目をやると、老成したイサキについて泳ぐ、シマアジがいました。
2016年9月17日IOP6シマアジ&イサキ
南方種のニジハギは、これまた伊豆代表のソラスズメダイと。
2016年9月17日IOP7ニジハギ&ソラスズメダイ
オクリダシに戻り、もう1度アカハチハゼに挑戦します。
この日は最大で、5匹いっぺんに泳いでいるところを目撃しました。
2016年9月17日IOP8アカハチハゼ
ヒメフエダイ
皆さんスルーしていましたが、結構珍しいと思うんだけどなぁ。
2016年9月17日IOP9ヒメフエダイ
こちらは、それほど珍しくはないはずですが
オクリダシでは初めて見た、ネズミウミウシ
2016年9月17日IOP10ネズミウミウシ
1本目では気が付かなかった、カンムリベラの幼魚もいました。
2016年9月17日IOP11カンムリベラ(幼魚)
これにて、1泊2日の伊豆ダイビングの、初日が終了。
夕食は、ガイドさんオススメのラーメン屋さんでいただく予定です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR