fc2ブログ

タグ:「ハナミノカサゴ」

2023年八幡野4/15-1-

2024.01.10(Wed) | EDIT

さあ、八幡野でのダイビングです。
1本目は、八幡野ビーチのイソギンチャクの根を中心に潜ります。
最初に見つけたのは、黒いイロカエルアンコウ
周囲の色と明らかに違うので、目立ちます。
2023年4月15日八幡野ビーチ1黒いイロカエルアンコウ
ゴージャスな胸鰭の、ハナミノカサゴ
2023年4月15日八幡野ビーチ2ハナミノカサゴ
岩の亀裂には、ノコギリヨウジがペアでいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3ノコギリヨウジのペア
ちぎれた海藻に見えますが、アケウスの幼体です。
ちゃんと生きています。
ご丁寧に長い藻まで貼り付けて、右に向かって歩いています。
2023年4月15日八幡野ビーチ4アケウスの幼体
極小のミツイラメリウミウシ
小さくても、この色なら見失いません。
2023年4月15日八幡野ビーチ5ミツイラメリウミウシ
今回、八幡野に潜りに来たのは、これが見たかったから。
これまで、ジャパニーズ・ピグミーシーホース
(ダイバーは略して、ジャパピグ)と呼ばれていた魚で
2018年に和名がついた、ハチジョウタツ
学名はHippocampus japapiguなので、ジャパピグでも間違いではないようです。
ずっと会いたかった魚ですが、実際に出会ってみると、想像以上に小さい。
さらに、大変よく動く。
写真は、残念な出来となりました。
2023年4月15日八幡野ビーチ6ハチジョウタツ
気を取り直して、アオウミウシの幼体。
昔は、伊豆基本4種と呼ばれ、どこででも見ることが出来たのですが
ここ数年、ほとんど目にしていません。
2023年4月15日八幡野ビーチ7アオウミウシ
伊豆ではちょっと珍しい、マダラフサカサゴ
2023年4月15日八幡野ビーチ8マダラフサカサゴ
一方、すっかり伊豆で普通種になってしまった、アカシマシラヒゲエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ9アカシマシラヒゲエビ
最後に、綺麗な黒いヒラムシ。
おそらく、クロニセツノヒラムシの仲間だと思うのですが・・・
2023年4月15日八幡野ビーチ10ヒラムシ
2本目も、伊豆では珍しい魚を見に行きます。
スポンサーサイト



2019年富戸12/29-2-

2020.02.26(Wed) | EDIT

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。

2016年奄美大島11/3-1-

2017.08.24(Thu) | EDIT

さあ、いよいよ奄美大島でのダイビングスタートです。
1本目のポイントは、赤崎。
エントリーし、久しぶりの南国の海を堪能しながら、移動していると
コンペイトウウミウシを、見つけました。
2016年11月3日奄美大島・赤崎1コンペイトウウミウシ
伊豆に出現したら大人気になる、ヒレナガネジリンボウ
そこらじゅうにいます。
2016年11月3日奄美大島・赤崎2ヒレナガネジリンボウ
岩に張り付いている、ボンジイボウミウシ
2016年11月3日奄美大島・赤崎3ボンジイボウミウシ
キイロイボウミウシは、砂の上を移動中。
2016年11月3日奄美大島・赤崎4キイロイボウミウシ
これは伊豆にもいる、ヌノサラシ
2016年11月3日奄美大島・赤崎5ヌノサラシ
こちらも伊豆で見ることができる、ハナミノカサゴ(幼魚)。
2016年11月3日奄美大島・赤崎6ハナミノカサゴ(幼魚)
綺麗な場所に佇んでいた、イシヨウジ
2016年11月3日奄美大島・赤崎8イシヨウジ
ウミウシのようですが違います、ヒラムシです。
2016年11月3日奄美大島・赤崎7ヒラムシ
サービス満点、全身を晒し続けてくれた、大きなモンハナシャコ。
普通は、猛スピードで巣穴に隠れてしまうものなのに、どうしたんでしょうか。
あまり近づくと、マイク・タイソン級のダイナマイトパンチを食らってしまいそうで
少し遠目から、撮影しました。
2016年11月3日奄美大島・赤崎9モンハナシャコ
1本目は、伊豆にもいるおなじみの魚が、多く見られました。2本目はどうでしょうか?
楽しみです!

2015年大瀬崎11/22-1-

2016.10.09(Sun) | EDIT

西伊豆の大瀬崎へ、ダイビングに行ってきました。
今回は珍しく、ボートダイビングです。
1本目のポイントは、シラガケI。
最初に見つけたのは、サキシマミノウミウシ
2015年11月22日大瀬崎1
シラガケIの名物、アキアナゴのコロニーへ向かいます。
ニョロニョロとたくさん出ていますが、相変わらず神経質で
全然、近寄らせてくれません。
2015年11月22日大瀬崎2
キンギョハナダイの幼魚が、小さな群れを作っています。
黒くて細長いのは、クリーナーで有名な、ホンソメワケベラの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎3
アカオビハナダイもいます。
撮ろうとすると必ず、キンギョハナダイが割り込んできます。
2015年11月22日大瀬崎4
若いカンパチが2匹、獲物を求めてやってきました。
2015年11月22日大瀬崎5
イソギンチャクに住むマダム系、アカホシカクレエビ
2015年11月22日大瀬崎6
優雅な(でも実は獰猛な)ハナミノカサゴの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎7
可愛らしい、オキゴンベの幼魚。
2015年11月22日大瀬崎8
キンギョハナダイの幼魚(オレンジ色)と、アカオビハナダイの幼魚(ピンク色)が
混泳しています。
2015年11月22日大瀬崎9
ガラスハゼもいました。
2015年11月22日大瀬崎10
いつもは岩の上で、ボ〜ッとしていることの多いアカハタ
悠々と、泳いでいます。
2015年11月22日大瀬崎11
伊豆基本4種と言われているウミウシの1種、シロウミウシ。
ちなみに左半分の点々は、ウツボの胴体。
2015年11月22日大瀬崎12
ふと視線を感じては、振り返ると必ず後ろにいた、イラ
2015年11月22日大瀬崎13
つい撮ってしまう、ソラスズメダイ。
この青い体色に、いつも魅了されますが、目つきの悪いところが難点。
2015年11月22日大瀬崎14
このシラガケIには、稀種のアカネキンチャクダイが2個体います。
Oつがいも目視はできましたが、神経質で、すぐに隠れてしまい
撮影は無理でした。
代わりに、普通種キンチャクダイを撮影。
2015年11月22日大瀬崎15
特に珍しい魚はいなくても、定番種をゆっくり観察できるのは、いいですね。

大瀬崎7/20ナイトダイビング-2-

2014.10.24(Fri) | EDIT

浅場に戻ってきたOつがいは、主に砂地とカケアガリの境目を探索。
まずは、ネンブツダイのペア。
ペアといっても、口内保育中のオス(右側)が咥えている卵を狙って
メスがオスの口元を、さかんに突いています。
7月20日大瀬崎ナイトネンブツダイのペア
左、イタチウオ、右、オオモンハタ。
なかよく、一緒の寝室でお休み中。
7月20日大瀬崎ナイトイタチウオ&オオモンハタ
綺麗な、コシダカウニがいました。
7月20日大瀬崎ナイトコシダカウニ
ナイトバージョンの、ウミヒゴイ
昼間に比べて、かなり派手な体色に変わっています。
7月20日大瀬崎ナイトウミヒゴイ
暗闇から、すーっと現れる、細身のアオヤガラ
7月20日大瀬崎ナイトアオヤガラ
こちらは海藻の上で憩う、ハナミノカサゴの幼魚。
7月20日大瀬崎ナイトハナミノカサゴ(幼魚)
イシダタミヤドカリ
見るたびに思うのですが、なぜこんな不安定な場所に?
7月20日大瀬崎ナイトイシダタミヤドカリ
伊豆では、よく味噌汁に入っている、ショウジンガニ。
美味しいんですよね~。
7月20日大瀬崎ナイトショウジンガニ
ハコフグの幼魚が、忙しそうに泳ぎ回っていました。
子供は寝る時間ですよ。
7月20日大瀬崎ナイトハコフグの幼魚
アカハタの体色も、ナイトバージョンで地味に。
岩に寄りかかって熟睡中。
7月20日大瀬崎ナイトアカハタ
サラサエビの子供。
背景が肉肉しいのは、ナマコの上に乗っているからです。
7月20日大瀬崎ナイトサラサエビ(幼体)
すばしこいし絵にならないので、普段はあまり撮らない、シロギス。
この個体は、まったく動きませんでした。
やはり寝てたのかな?
7月20日大瀬崎ナイトシロギス
カケアガリの上、水深が-1mもないところにいた、ミスガイ
なんで、こんなところにいたんだろう?
7月20日大瀬崎ナイトミスガイ
さあ、急いでお風呂に入って、お楽しみのビールです!

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR