10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

2016年大瀬崎12/11-2- 

2本目は外海のポイント、一本松へ。
お目当ての生物はとにかく分かりづらいので、ゆっくり確実に海藻をチェックします。
でも、こんな可愛いアオサハギの幼魚が目に入ったりして、なかなか集中できません。
2016年12月11日大瀬崎1アオサハギ(幼魚)
ようやく、見つかりました。
フィコカリス・シムランス。
ちぎれた海藻にしか見えませんが、小さな小さなエビです。
2016年12月11日大瀬崎2フィコカリスシムランス
見失わないように、目を皿のようにして写真を撮影し、大満足。
その後は、惰性のようなダイビングとなりました。
とりあえず、クマノミでも。
2016年12月11日大瀬崎3クマノミ
ついでにイソギンチャクの中を見ると、イソギンチャクエビを発見。
2016年12月11日大瀬崎4イソギンチャクエビ
何か気になることがあるのか、一点をじっと見つめて動かない、サガミリュウグウウミウシ
2016年12月11日大瀬崎5サガミリュウグウウミウシ
白バージョンの、ハナタツの幼魚。
2016年12月11日大瀬崎6ハナタツ(幼魚)
スケロクウミタケハゼもいました。
2016年12月11日大瀬崎7スケロクウミタケハゼ
綺麗な貝が2種類。
まずは、トラフケボリダカラガイ
2016年12月11日大瀬崎8トラフケボリダカラガイ
そして、ツリフネキヌヅツミガイのペア。白い部分は卵です。
2016年12月11日大瀬崎9ツリフネキヌヅツミガイ
浅場に戻る途中、いいサイズのイサキが、目の前を横切って行きました。
2016年12月11日大瀬崎10イサキ
フィコカリスシムランス、念願叶って、やっと見られました。
嬉しかった〜。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アオサハギ  フィコカリスシムランス  クマノミ  イソギンチャクエビ  サガミリュウグウウミウシ  ハナタツ  スケロクウミタケハゼ  トラフケボリダカラガイ  ツリフネキヌヅツミガイ  イサキ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎3/26-2- 

2本目は外海のポイント、門下へ。

まずは、大きな岩に付いていた、ハナタツを見に行きました。
こちらは、大きな個体の赤バージョン。
2016日3月26日大瀬崎1ハナタツ
すぐ近くに、少し小さい黄色バージョンのハナタツ
逆さまになって、ひっそり隠れていました。
2016日3月26日大瀬崎2ハナタツ
巣穴から顔を出して、Oつがいの撮影モデルになってくれた、コケギンポ
粉雪が舞う中、空を見上げています。
2016日3月26日大瀬崎3コケギンポ
まるでお菓子のような、ジボガウミウシ
2016日3月26日大瀬崎4ジボガウミウシ
本当に生き物なのかな?と思わせる雰囲気の、イソウミウシの仲間。
ジュズエダカリナにまとわりついている、左側の白い物体が、それです。
2016日3月26日大瀬崎5イソウミウシの仲間
イソウミウシの仲間のすぐそばにあった、渦巻き状の卵塊。
おそらく、産みつけた直後だろうと思うのですが・・・
2016日3月26日大瀬崎6イソウミウシの卵塊?
3色のウミシダが、横1列に並んでいます。
2016日3月26日大瀬崎7ウミシダ
キサンゴは綺麗なので、つい撮ってしまいます。
ついでにキサンゴカクレエビでもいないかなぁ?と、覗いてみましたが
そう都合よくは、いきませんでした。
2016日3月26日大瀬崎8キサンゴ
移動中の、キャラメルウミウシ
どこへ向かっているのでしょうね?
2016日3月26日大瀬崎9キャラメルウミウシ
小さな、アオサハギの幼魚。
巨大なOつがいが怖くて、一生懸命泳いで逃げていきます。
2016日3月26日大瀬崎10アオサハギ
イシダイの幼魚。
この子も神経質で、なかなか近づけません。
2016日3月26日大瀬崎11イシダイ
浅場に戻ってくると、大きなヒラメが休憩中でしたが
Oつがいの接近に、胸ビレを立てて、逃亡モードに入りました。
2016日3月26日大瀬崎12ヒラメ
最後に、撮影しづらい場所に住んでいる、キモガニを撮って終了。
2016日3月26日大瀬崎13キモガニ
3本目は、先端へ向かいます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハナタツ  コケギンポ  ジボガウミウシ  イソウミウシ  キャラメルウミウシ  アオサハギ  イシダイ  ヒラメ  キモガニ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎12/31-1- 

12月21日は、朝食の前に早朝ダイビング。
前日潜った、大川下→一本松を逆にして、一本松→大川下で潜りました。
エントリーし、まず目に入ってきたのは、集団でユビノウトサカをモリモリ食べている
シロハナガサウミウシの、一団。
この勢いで食べられたら、ユビノウトサカが減ってしまうのも納得。
12月31日大瀬崎シロハナガサウミウシ
エスカを振り振りして、小魚を誘っている、イロカエルアンコウ
12月31日大瀬崎イロカエルアンコウ
オキゴンベは、見事なジャンプを見せてくれました。
12月31日大瀬崎オキゴンベ
イボイソバナガニの幼体。
Oつがいに見つかってしまい、面倒くさそうに場所を移動しようとしています。
12月31日大瀬崎イボイソバナガニ
イイジマフクロウニの中では、お約束のように、ゼブラガニが暮らしていました。
12月31日大瀬崎ゼブラガニ
イソギンチャクの中には、クマノミの成魚と幼魚。
でも、親子ではありません。
12月31日大瀬崎クマノミ
綺麗なのでついつい撮ってしまう、タコアシサンゴ。
12月31日大瀬崎タコアシサンゴ
巨大なイソギンチャクエビを、正面から撮ってみました。
もう少しライトを当てたかったですね。
12月31日大瀬崎イソギンチャクエビ
ミツボシクロスズメダイの幼魚。
この後は冬を越せずに、大瀬崎の海から、姿を消します。
12月31日大瀬崎ミツボシクロスズメダイ
前日、思ったように撮れなかったので、再チャレンジのドトラケモサ
が、前日と全く同じ場所で、同じような状態・・・
12月31日大瀬崎ドトラケモサ
ドトラケモサのすぐそばには、マツカサウオの幼魚がいました。
12月31日大瀬崎マツカサウオ
ハナタツは、バックがより綺麗な、前日とは違う場所に移動していました。
なんていい子なんでしょう。
12月31日大瀬崎ハナタツ
気がつけば、また70分越えのダイビング。
早く戻らないと、朝食が・・・

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イロカエルアンコウ  クマノミ  イソギンチャクエビ  ドトラケモサ  マツカサウオ  シロハナガサウミウシ  オキゴンベ  イボイソバナガニ  ゼブラガニ  ハナタツ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎12/30-1- 

2014年最後のダイビングは、西伊豆の大瀬崎です。
1本目は、外海の大川下からエントリーしました。
12月30日大瀬崎大川下エントリー口
大瀬崎では、富士山を眺めながらエントリーすることができます。
12月30日大瀬崎大川下からの富士山
ただこの日は、水面が少しうねっていて
2本目もここ外海のポイントに潜れるかは、微妙な状況。
12月30日大瀬崎大川下水面下
お目当ての生物のところへ向かう途中、ポツンと1匹だけキンギョハナダイがいました。
群れなくても、このオレンジ色は目立ちますね。
12月30日大瀬崎キンギョハナダイ
この日のお目当て、ドトラケモサ(和名がまだない)という
ウミウシの仲間です。
白い卵塊に埋もれた、真ん中の黄色いツブツブが、ドトラケモサ
かなり分かりづらいですね。
12月30日大瀬崎ドトラケモサと卵塊
すぐそばの岩には、セスジミノウミウシがいました。
ドトラケモサに比べると、ずいぶん分かりやすい(笑)
12月30日大瀬崎セスジミノウミウシ
お目当てその2は、ハナタツの子供。
毎回言い訳をしていますが、ハナタツはライトを嫌い、すぐカメラに
背を向けてしまうので、いい角度の写真がなかなか撮れません。
12月30日大瀬崎ハナタツ(幼魚)
食事に夢中の、サガミリュウグウウミウシの幼体がいました。
12月30日大瀬崎サガミリュウグウウミウシ(幼体)
さて、いつも魚やウミウシ、甲殻類を単体でご紹介することが
圧倒的に多いので、たまには目線を変えてみましょう。
題して、海の芸術シリーズ。
まずは美しい海藻の代表格、アヤニシキ。
12月30日大瀬崎海藻
続いて、ポリプ全開のトゲトサカの仲間。
もっと寄って、ポリプだけをアップで撮っても綺麗です。
12月30日大瀬崎トゲトサカの仲間
海の芸術シリーズ最後は、オオナガレカンザシ
ちょっと、妖艶な感じ。
12月30日大瀬崎オオナガレカンザシ
おまけで、ユビノウトサカにずっぽりとハマっている、オニオコゼ
擬態しているつもり?
12月30日大瀬崎オニオコゼ
エキジットすると、エントリー時よりさらにうねりは強くなっていて
午後の外海は、潜水禁止になってしまいました。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ダイビング  キンギョハナダイ  ドトラケモサ  セスジミノウミウシ  ハナタツ  サガミリュウグウウミウシ  オオナガレカンザシ  オニオコゼ  ユビノウトサカ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2