fc2ブログ

タグ:「ハクセンエビ」

2017年大瀬崎3/12-2-

2018.01.23(Tue) | EDIT

2本目は湾内へ。
まずは、セトミノカサゴyg。
2017年3月12日 大瀬崎1セトミノカサゴ
まだ子供なので、泳ぎもどこかおぼつかない感じ。
何よりこの、宇宙空間を思わせる胸鰭がたまりません。
2017年3月12日 大瀬崎2セトミノカサゴ
宇宙空間つながりで、こちらはエイリアンを思わせる、ヤツデイソメ
カギのついた触手を回転させながら、獲物を狙っています。
2017年3月12日 大瀬崎3ヤツデイソメ
そのまま海洋宇宙を漂い、白い小惑星、ハツユキダカラに到着。
2017年3月12日 大瀬崎4ハツユキダカラ
住人には、ベニカエルアンコウもいます。
2017年3月12日 大瀬崎5ベニカエルアンコウ
美しい、パープルのスナイソギンチャクの宮殿に住む女王、ハクセンエビに謁見。
2017年3月12日 大瀬崎6ハクセンエビ
ハクセンエビの後ろには、近衛兵のハクセンアカホシカクレエビの姿も。
身体が透明なので、見えにくいですが・・・
2017年3月12日 大瀬崎7ハクセンエビ&ハクセンアカホシカクレエビ
こちらは惑星の富裕層。
鮮やかなキサンゴの住人、キサンゴカクレエビ
2017年3月12日 大瀬崎8キサンゴカクレエビ
そろそろ惑星探索から戻ります。
宇宙の闇に、星を散りばめたような体色の、スミゾメミノウミウシの見送りがありました。
2017年3月12日 大瀬崎9スミゾメミノウミウシ
2017年大瀬崎、湾内の旅、無事終了。
スポンサーサイト



2017年大瀬崎1/29-1-

2017.11.20(Mon) | EDIT

2017年最初のダイビングは、西伊豆大瀬崎からスタート。
マンボウ寄りの桟橋から、湾内へ入ります。

今年、最初に出会った魚は、クロダイでした。
2017年1月29日大瀬崎1クロダイ
ゴミに紛れて隠れている、2〜3センチほどの、メバルの幼魚。
まるで水面に映った、自分の姿を眺めているよう。
2017年1月29日大瀬崎2メバル(幼魚)
近くには、ヨウラククラゲが漂っています。
2017年1月29日大瀬崎3ヨウラククラゲ
それではここから、深度を下げましょう。
2017年1月29日大瀬崎4
タンブヤ・ウェルコニス。
西伊豆のガイドさん達の間では、スルガリュウグウウミウシと呼ばれています。
2017年1月29日大瀬崎5タンブヤウェルコニス
数匹のゴンズイが泳いできました。
2017年1月29日大瀬崎6ゴンズイ
ヤリイカの卵。
ハッチアウトはまだまだ先のようです。
2017年1月29日大瀬崎7ヤリイカの卵
この場所がお気に入りのようで、全く動いてくれない、ミナミギンポ。
2017年1月29日大瀬崎8ミナミギンポ
ナガハナダイ
ハナダイの仲間は、みんな綺麗ですね。
2017年1月29日大瀬崎9ナガハナダイ
こちらは今回のお目当てだった、ハクセンエビ
残念ながら、右側の髭が欠損していました。
ピンクのスナイソギンチャクには、ハクセンアカホシカクレエビもついていて
写真映えするシチュエーションです。
2017年1月29日大瀬崎10ハクセンエビ&ハクセンアカホシカクレエビ
イヤゴハタの幼魚。
とても警戒していて、これ以上寄れません。
2017年1月29日大瀬崎11イヤゴハタ(幼魚)
エボシカサゴのメス。
オスならば、名前の由来になっている、エボシ部分がもっとはっきりしています。
美しいヒレと、上品な佇まいが魅力的。
2017年1月29日大瀬崎12エボシカサゴ
ミヤコウミウシに乗っている、ウミウシカクレエビ
この組み合わせは、初めて見ました。
2017年1月29日大瀬崎13ミヤコウミウシ&ウミウシカクレエビ
ふと水面を見上げると、鵜のお腹が見えています。
魚を狙って、弾丸のように水中を泳ぐ姿が見られるかと
しばらく眺めていましたが、待ちぼうけでした。
2017年1月29日大瀬崎14鵜
浅場は、陽の光が差し込み、とても綺麗。
2017年1月29日大瀬崎15
こうして2017年、初ダイビングが無事終了。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR