03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

2017年大瀬崎3/12-2- 

2本目は湾内へ。
まずは、セトミノカサゴyg。
2017年3月12日 大瀬崎1セトミノカサゴ
まだ子供なので、泳ぎもどこかおぼつかない感じ。
何よりこの、宇宙空間を思わせる胸鰭がたまりません。
2017年3月12日 大瀬崎2セトミノカサゴ
宇宙空間つながりで、こちらはエイリアンを思わせる、ヤツデイソメ
カギのついた触手を回転させながら、獲物を狙っています。
2017年3月12日 大瀬崎3ヤツデイソメ
そのまま海洋宇宙を漂い、白い小惑星、ハツユキダカラに到着。
2017年3月12日 大瀬崎4ハツユキダカラ
住人には、ベニカエルアンコウもいます。
2017年3月12日 大瀬崎5ベニカエルアンコウ
美しい、パープルのスナイソギンチャクの宮殿に住む女王、ハクセンエビに謁見。
2017年3月12日 大瀬崎6ハクセンエビ
ハクセンエビの後ろには、近衛兵のハクセンアカホシカクレエビの姿も。
身体が透明なので、見えにくいですが・・・
2017年3月12日 大瀬崎7ハクセンエビ&ハクセンアカホシカクレエビ
こちらは惑星の富裕層。
鮮やかなキサンゴの住人、キサンゴカクレエビ
2017年3月12日 大瀬崎8キサンゴカクレエビ
そろそろ惑星探索から戻ります。
宇宙の闇に、星を散りばめたような体色の、スミゾメミノウミウシの見送りがありました。
2017年3月12日 大瀬崎9スミゾメミノウミウシ
2017年大瀬崎、湾内の旅、無事終了。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: セトミノカサゴ  ハツユキダカラ  ヤツデイソメ  ベニカエルアンコウ  ハクセンエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  キサンゴカクレエビ  スミゾメミノウミウシ  大瀬崎 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年大瀬崎1/29-1- 

2017年最初のダイビングは、西伊豆大瀬崎からスタート。
マンボウ寄りの桟橋から、湾内へ入ります。

今年、最初に出会った魚は、クロダイでした。
2017年1月29日大瀬崎1クロダイ
ゴミに紛れて隠れている、2〜3センチほどの、メバルの幼魚。
まるで水面に映った、自分の姿を眺めているよう。
2017年1月29日大瀬崎2メバル(幼魚)
近くには、ヨウラククラゲが漂っています。
2017年1月29日大瀬崎3ヨウラククラゲ
それではここから、深度を下げましょう。
2017年1月29日大瀬崎4
タンブヤ・ウェルコニス。
西伊豆のガイドさん達の間では、スルガリュウグウウミウシと呼ばれています。
2017年1月29日大瀬崎5タンブヤウェルコニス
数匹のゴンズイが泳いできました。
2017年1月29日大瀬崎6ゴンズイ
ヤリイカの卵。
ハッチアウトはまだまだ先のようです。
2017年1月29日大瀬崎7ヤリイカの卵
この場所がお気に入りのようで、全く動いてくれない、ミナミギンポ。
2017年1月29日大瀬崎8ミナミギンポ
ナガハナダイ
ハナダイの仲間は、みんな綺麗ですね。
2017年1月29日大瀬崎9ナガハナダイ
こちらは今回のお目当てだった、ハクセンエビ
残念ながら、右側の髭が欠損していました。
ピンクのスナイソギンチャクには、ハクセンアカホシカクレエビもついていて
写真映えするシチュエーションです。
2017年1月29日大瀬崎10ハクセンエビ&ハクセンアカホシカクレエビ
イヤゴハタの幼魚。
とても警戒していて、これ以上寄れません。
2017年1月29日大瀬崎11イヤゴハタ(幼魚)
エボシカサゴのメス。
オスならば、名前の由来になっている、エボシ部分がもっとはっきりしています。
美しいヒレと、上品な佇まいが魅力的。
2017年1月29日大瀬崎12エボシカサゴ
ミヤコウミウシに乗っている、ウミウシカクレエビ
この組み合わせは、初めて見ました。
2017年1月29日大瀬崎13ミヤコウミウシ&ウミウシカクレエビ
ふと水面を見上げると、鵜のお腹が見えています。
魚を狙って、弾丸のように水中を泳ぐ姿が見られるかと
しばらく眺めていましたが、待ちぼうけでした。
2017年1月29日大瀬崎14鵜
浅場は、陽の光が差し込み、とても綺麗。
2017年1月29日大瀬崎15
こうして2017年、初ダイビングが無事終了。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クロダイ  ヨウラククラゲ  メバル  タンブヤウェルコニス  ナガハナダイ  ハクセンエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  エボシカサゴ  ミヤコウミウシ  ウミウシカクレエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年大瀬崎4/30-5- 

それでは早速、ナイトダイビングスタート。
まずは砂地にて、ミズダコを発見。
2016年4月30日大瀬崎1ミズダコ
小さな、ホリミノウミウシの仲間。
コンデジで撮るには、かなり厳しいサイズです。
2016年4月30日大瀬崎2ホリミノウミウシの仲間
砂の上では、尾を高々と上げ、しゃちほこ状態で
ロウソクエビが歩いていきます。
2016年4月30日大瀬崎3ロウソクエビ
キサンゴをバックにポーズを取る、ミズヒキガニ。
2016年4月30日大瀬崎4ミズヒキガニ
そしてキサンゴ自体には、キサンゴカクレエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎5キサンゴカクレエビ
綺麗なスナイソギンチャクにお似合いの、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎6ハクセンアカホシカクレエビ
ウミエラが縮んでしまい、隠れているはずのウミエラカニダマシ
丸出しに。
2016年4月30日大瀬崎7ウミエラカニダマシ
こちらは、ウミシャボテンカニダマシ
2016年4月30日大瀬崎8ウミシャボテンカニダマシ
目だけ出して、砂の中に隠れていた、アカエビ
2016年4月30日大瀬崎9アカエビ1
Oつがいに見つかり、慌てて逃げ出しました。
2016年4月30日大瀬崎10アカエビ2
ゴージャスな、アカエラミノウミウシ
もう少し綺麗な場所にいてくれたら、より素敵なのに。
2016年4月30日大瀬崎11アカエラミノウミウシ
こちらは、砂地を移動中の、エムラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎12エムラミノウミウシ
ナマコについていた、小さなメンコガニ。
可愛い〜!
2016年4月30日大瀬崎13メンコガニ
翌日は、早朝ダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ホリミノウミウシ  ロウソクエビ    キサンゴカクレエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  ウミエラカニダマシ  ウミシャボテンカニダマシ  アカエビ  アカエラミノウミウシ  エムラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

獅子浜7/20-2- 

2本目の獅子浜ダイビングも、ルートは1本目と、ほとんど同じです。
まずは、ハクセンアカホシカクレエビ
同じスナイソギンチャクの中を、綺麗に飛んでいました。
ハクセンアカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目でも見ていたのですが、写真はピンボケばかりだったので、撮り直しました。
どうやら、メス(右の個体)は抱卵中のようです。
アカシマシラヒゲエビ
泥地を移動中の、マダコ。
獅子浜は、本当にマダコが多いんですね。
マダコ
渋い色合いが素敵な、ゲンロクダイの幼魚。
久しぶりに見ました。
ゲンロクダイ
1本目でか○ぢさんが見つけた、トガリモエビも再び撮影。
なんでも獅子浜出現は、じつに4年振りだそうです。
トガリモエビ
マダコの多い獅子浜では、イボイソバナガニもよく見ます。
この個体は角が短いので、メスのようです。
イボイソバナガニ(♀)
殺風景な獅子浜の泥地で、青い体色がひときわ映える、クサハゼ
クサハゼ
胸鰭の青いラインが美しい、ハナミノカサゴの子供。
ハナミノカサゴ
ウマヅラハギの幼魚。
幼魚はどの子も、可愛いですね~。
成魚は海のほかに、居酒屋でもよく見かけますね。
ウマズラハギ(幼魚)
ダルマガレイ。
隠れているつもりなのに、完全にばれています(笑)
写真では分かりづらいですが、うっすら婚姻色が出ています。
ダルマガレイ
ダイバーが近づくと、スーッと砂の中に潜ってしまうことの多い、ハナアナゴですが
この個体は強気で、ずっと頭を丸出しにしていました。
ハナアナゴ
アナハゼは普通種ながら、表情が豊か。
見つけると、つい撮ってしまいます。
アナハゼ
Oつがいにとって、鉄板の獅子浜アイドル、ニシキハゼ
顔の不細工さと、体色の美しさのミスマッチが、たまりません。
ニシキハゼ
近づくと、ガンガゼの棘の防御壁の中に、逃げ込んでいくサラサエビ。
この個体はなぜか、この場所から1歩も下がらず、びくともしませんでした。
サラサエビ
胸鰭を優雅に広げた、ミノカサゴ。
まさに、海のジュディオング。
ミノカサゴ
岩の隙間に逃げ込み、Oつがいの様子を窺う、ソラスズメダイ
ソラスズメダイ
以前、IOPのガイドさんから
シュンカンハゼは、ぼ~っとした個体を狙え」と教わった、Oつがい。
「本当に、そんな都合のいい個体がいるのかな?」などと思っていましたが
獅子浜にいました(笑)
シュンカンハゼ
4年振りにトガリモエビが現れたり、ぼ~っとしたシュンカンハゼが現れたり
さすが強運の、divermatsukun
この後のナイトダイビングも、じつに楽しみです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ゲンロクダイ  イボイソバナガニ  アナハゼ  ニシキハゼ  ソラスズメダイ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカシマシラヒゲエビ  トガリモエビ  クサハゼ  シュンカンハゼ 

[edit]