09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2016年大瀬崎4/30-5- 

それでは早速、ナイトダイビングスタート。
まずは砂地にて、ミズダコを発見。
2016年4月30日大瀬崎1ミズダコ
小さな、ホリミノウミウシの仲間。
コンデジで撮るには、かなり厳しいサイズです。
2016年4月30日大瀬崎2ホリミノウミウシの仲間
砂の上では、尾を高々と上げ、しゃちほこ状態で
ロウソクエビが歩いていきます。
2016年4月30日大瀬崎3ロウソクエビ
キサンゴをバックにポーズを取る、ミズヒキガニ。
2016年4月30日大瀬崎4ミズヒキガニ
そしてキサンゴ自体には、キサンゴカクレエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎5キサンゴカクレエビ
綺麗なスナイソギンチャクにお似合いの、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎6ハクセンアカホシカクレエビ
ウミエラが縮んでしまい、隠れているはずのウミエラカニダマシ
丸出しに。
2016年4月30日大瀬崎7ウミエラカニダマシ
こちらは、ウミシャボテンカニダマシ
2016年4月30日大瀬崎8ウミシャボテンカニダマシ
目だけ出して、砂の中に隠れていた、アカエビ
2016年4月30日大瀬崎9アカエビ1
Oつがいに見つかり、慌てて逃げ出しました。
2016年4月30日大瀬崎10アカエビ2
ゴージャスな、アカエラミノウミウシ
もう少し綺麗な場所にいてくれたら、より素敵なのに。
2016年4月30日大瀬崎11アカエラミノウミウシ
こちらは、砂地を移動中の、エムラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎12エムラミノウミウシ
ナマコについていた、小さなメンコガニ。
可愛い〜!
2016年4月30日大瀬崎13メンコガニ
翌日は、早朝ダイビングです。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ホリミノウミウシ  ロウソクエビ    キサンゴカクレエビ  ハクセンアカホシカクレエビ  ウミエラカニダマシ  ウミシャボテンカニダマシ  アカエビ  アカエラミノウミウシ  エムラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

獅子浜7/20-2- 

2本目の獅子浜ダイビングも、ルートは1本目と、ほとんど同じです。
まずは、ハクセンアカホシカクレエビ
同じスナイソギンチャクの中を、綺麗に飛んでいました。
ハクセンアカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目でも見ていたのですが、写真はピンボケばかりだったので、撮り直しました。
どうやら、メス(右の個体)は抱卵中のようです。
アカシマシラヒゲエビ
泥地を移動中の、マダコ。
獅子浜は、本当にマダコが多いんですね。
マダコ
渋い色合いが素敵な、ゲンロクダイの幼魚。
久しぶりに見ました。
ゲンロクダイ
1本目でか○ぢさんが見つけた、トガリモエビも再び撮影。
なんでも獅子浜出現は、じつに4年振りだそうです。
トガリモエビ
マダコの多い獅子浜では、イボイソバナガニもよく見ます。
この個体は角が短いので、メスのようです。
イボイソバナガニ(♀)
殺風景な獅子浜の泥地で、青い体色がひときわ映える、クサハゼ
クサハゼ
胸鰭の青いラインが美しい、ハナミノカサゴの子供。
ハナミノカサゴ
ウマヅラハギの幼魚。
幼魚はどの子も、可愛いですね~。
成魚は海のほかに、居酒屋でもよく見かけますね。
ウマズラハギ(幼魚)
ダルマガレイ。
隠れているつもりなのに、完全にばれています(笑)
写真では分かりづらいですが、うっすら婚姻色が出ています。
ダルマガレイ
ダイバーが近づくと、スーッと砂の中に潜ってしまうことの多い、ハナアナゴですが
この個体は強気で、ずっと頭を丸出しにしていました。
ハナアナゴ
アナハゼは普通種ながら、表情が豊か。
見つけると、つい撮ってしまいます。
アナハゼ
Oつがいにとって、鉄板の獅子浜アイドル、ニシキハゼ
顔の不細工さと、体色の美しさのミスマッチが、たまりません。
ニシキハゼ
近づくと、ガンガゼの棘の防御壁の中に、逃げ込んでいくサラサエビ。
この個体はなぜか、この場所から1歩も下がらず、びくともしませんでした。
サラサエビ
胸鰭を優雅に広げた、ミノカサゴ。
まさに、海のジュディオング。
ミノカサゴ
岩の隙間に逃げ込み、Oつがいの様子を窺う、ソラスズメダイ
ソラスズメダイ
以前、IOPのガイドさんから
シュンカンハゼは、ぼ~っとした個体を狙え」と教わった、Oつがい。
「本当に、そんな都合のいい個体がいるのかな?」などと思っていましたが
獅子浜にいました(笑)
シュンカンハゼ
4年振りにトガリモエビが現れたり、ぼ~っとしたシュンカンハゼが現れたり
さすが強運の、divermatsukun
この後のナイトダイビングも、じつに楽しみです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ゲンロクダイ  イボイソバナガニ  アナハゼ  ニシキハゼ  ソラスズメダイ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカシマシラヒゲエビ  トガリモエビ  クサハゼ  シュンカンハゼ 

[edit]

獅子浜7/20-1- 

ダイビング仲間のdivermatsukunは、ブログ名のとおりIsland Hopperで
普段は、南の島を渡り歩いています。
数年に一度、伊豆半島に流れてくることもありましたが、これまでは東伊豆どまり。
そのdivermatsukunが、西伊豆に初潜行すると聞き、同行させてもらうことになりました。
しかも水中ガイドは、一部に熱狂的ファン?を持つ、か○ぢさん。
Oつがいにとっても、美味しいツアーです。

初日のポイントは、獅子浜。
Oつがいが潜りに行くと、急激に透明度が落ちるという、ジンクスがあります。
「強運のdivermatsukunと一緒だから、今回は大丈夫だろう」と思っていたのですが、甘かった。
獅子浜の透明度
シルトの斜面を潜行し、まずはdivermatsukunのリクエスト、ヒメハナダイ
ヒメハナダイ
このシルトエリアには、ドロ系のハゼが、あちこちにいます。
ここでは普通種のコモチジャコも、他のポイントでは、なかなかお目にかかれません。
コモチジャコ
こちらもドロ系の、イトヒキハゼ
ずいぶん、のんびりした様子です。
イトヒキハゼ
少し深度を上げて、腔腸類の現れるエリアにくると、また違う生物が現れます。
こちらは、テッポウイシモチ
テッポウイシモチ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
イソギンチャクは綺麗なのに、背景が・・・
ハクセンアカホシカクレエビ
泥だらけの中、オアシスのような場所に、フサカサゴが陣取っていました。
フサカサゴ
そしてこちらが、この日1番のヒット、トガリモエビ
前日までは影も形もなかったのに、突然現れたという、綺麗な個体です。
さすが強運を自認する、divermatsukun。
トガリモエビ
浅場に戻り、いつものように、大好きなニシキハゼを観察。
モグモグと何かを食べていました。
ニシキハゼ
岩穴に潜んでいた、マダコ
か○ぢさんによると、獅子浜にはマダコが多いとのこと。
マダコ
こちらもOつがいのお気に入り、イチモンジハゼ
少し、婚姻色が出ているようです。
イチモンジハゼ
あっという間に、1本目終了。
エキジット後、か○ぢさんの見つけたトガリモエビ情報を聞き
獅子浜のスタッフは、大フィーバーでした(笑)

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ヒメハナダイ  コモチジャコ  イトヒキハゼ  テッポウイシモチ  ハクセンアカホシカクレエビ  フサカサゴ  トガリモエビ  ニシキハゼ  マダコ  イチモンジハゼ 

[edit]

大瀬崎3/3-2- 

2本目は、シマヒメヤマノカミを狙って、先端へ。
エントリーし、浅場の群れを一気に抜けて、潜行開始。
群れ
途中で、綺麗なスナイソギンチャクを見つけたので、覗いてみると
ハクセンアカホシカクレエビがいました。
よく見ると、ほかにも何個体か、ついていたので
なんとか勢揃いしたところを撮りたいと、粘ったのですが
他のエビが近づくと、もう一方は猛烈な勢いで、追い払いにかかります。
どうやら、こんな狭い場所でも、きっちりと縄張りがあるようです。
ハクセンアカホシカクレエビ
小さなエビに、かぶりつきで夢中になっているころ
はるか頭上では、アオリイカの群れが移動中でした。
アオリイカの群れ
1本目のイトヒキコハクハナダイは、外してしまいましたが
かわいいシマヒメヤマノカミは、ちゃんといてくれました。
シマヒメヤマノカミの幼魚
シマヒメヤマノカミを撮っていると「こっちも撮ってよ~」とばかりに
イラが、Oつがいの周りを、行ったり来たりし始めました。
イラ
場所を移動して、何かいないか探していると
フタホシキツネベラが、いました。
フタホシキツネベラ
「ちょっと変わった、ダイオウタテジマウミウシがいるな」と思っていたら
実は、デルマトブランクスゴナトフォラという、稀種でした。
もっと、撮っておけばよかった・・・
デルマトブランクスゴナトフォラ
さあ、そろそろ浅場へ移動します。
海草の上を這っていた、ヒラムシ。
昨夜見たヒラムシの方が、綺麗でした。
ヒラムシ
岩陰にいた、マツカサウオの幼魚。
どうしても前を向いてくれず、尾鰭からの写真になってしまいました。
マツカサウオyg
ミナミハコフグの幼魚と、カサゴの2ショット。
内心、カサゴに食べられてしまわないか、ドキドキでした。
ミナミハコフグ(幼魚)&カサゴ
更に深度を上げると、コガネスズメダイの成魚がいました。
コガネスズメダイ
ミヤコウミウシの幼体。綺麗ですね~。
ミヤコウミウシの幼体
ミヤコウミウシのすぐそばには、巨大なマンリョウウミウシがいました。
マンリョウウミウシ
海草の間を、スルスルと移動していく、ひょうきんなイシヨウジ
撮りづらい!
イシヨウジ
イトヒキコハクハナダイの代わりに、シマヒメヤマノカミを見られて、良かった。
それにしても、デルマトブランクスゴナトフォラ
真剣に撮っておけばよかったと、つくづく悔やまれます。
ウミウシも、もっと覚えないと。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: シマヒメヤマノカミ  ハクセンアカホシカクレエビ  イラ  フタホシキツネベラ  デルマトブランクスゴナトフォラ  マツカサウオ  コガネスズメダイ  ミヤコウミウシ  マンリョウウミウシ  イシヨウジ 

[edit]