07 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 09

2016年富戸7/31-2- 

2本目は、ヨコバマの岩場へ。
エントリーしてからずっと「水中が白く濁っているなぁ」と思っていましたが
原因は、これ。
あちこちでサザエが交接しては、放精しています。
2016年7月31日富戸1サザエの交接
ここでも動画を載せたかったのですが、やはり動画アップロードが出来ず残念。
サザエの放精はどんな様子なのか、想像してみてください(笑)

続いては、ずっとここに居ついている、アカシマシラヒゲエビ
2016年7月31日富戸2アカシマシラヒゲエビ
普通種ながら、つい撮ってしまう、ナガサキスズメダイ
2016年7月31日富戸3ナガサキスズメダイ
ウミウシもいます。
こちらは産卵中の、サキシマミノウミウシ
2016年7月31日富戸4サキシマミノウミウシ
ガラスハゼ
目の前に産みつけた、半透明の卵塊を守っています。
2016年7月31日富戸5ガラスハゼと卵
続いて、子供達を2個体。
まずは、ニシキウミウシの幼体。
成体と姿形がぜんぜん違うので、以前は別種とされていました。
2016年7月31日富戸6ニシキウミウシの幼体
こちらは、ビシャモンエビの幼体。
どんな生物でも、子供はやっぱりかわいいですね。
2016年7月31日富戸7ビシャモンエビの幼体
綺麗な、フジイロウミウシ。こちらは成体です。
2016年7月31日富戸8フジイロウミウシ
イソギンチャクの中には、カザリイソギンチャクエビが暮らしていました。
2016年7月31日富戸9カザリイソギンチャクエビ
そしてイソギンチャクの隙間にいた、超・普通種サラサエビ
2016年7月31日富戸10サラサエビ
名残惜しいですが、これにて2日間のダイビング終了。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サザエ  アカシマシラヒゲエビ  ナガサキスズメダイ  サキシマミノウミウシ  ガラスハゼ  ニシキウミウシ  ビシャモンエビ  フジイロウミウシ  カザリイソギンチャクエビ  サラサエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2015年富戸12/6-2- 

2本目は、脇の浜で潜りました。
岩の下に隠れていたのは、マツカサウオ
沖縄をメインに潜っているダイバーが見ると、とても喜びますが
伊豆ダイバーのOつがいには、ごく普通種です。
2015年12月6日富戸15
いつものように、しっかり踏ん張っている、ベニカエルアンコウ
2015年12月6日富戸16
2本目のお目当てだった、ヨコシマエビ
岩穴の奥の奥に、ひそんでいます。1cmもなかったでしょうか。
小さいし、なにより手前のウニが邪魔〜。
2015年12月6日富戸17
最近見かけることの多い、ニシキウミウシ×ウミウシカクレエビのコンビ。
今日も、しっかりウミウシを操縦中。
2015年12月6日富戸18
オウギウミヒドラの上に佇む、オルトマンワラエビ
2015年12月6日富戸19
岩穴からは、コケギンポがこんにちは。
2015年12月6日富戸20
中層は、オキタナゴだらけでした。
2015年12月6日富戸21
久しぶりに出会えた、ヨコシマエビ
もうちょっと上手く撮りたかったなぁ。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マツカサウオ  ベニカエルアンコウ  ヨコシマエビ  ニシキウミウシ  ウミウシカクレエビ  オルトマンワラエビ  コケギンポ  オキタナゴ  富戸  脇の浜 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

大瀬崎11/30-3- 

2本目は、外海のポイント、門下へ。

エントリーし、最初に出会ったのは、大きなニシキウミウシ
11月30日大瀬崎ニシキウミウシ
2個体いると聞いていた、オオモンカエルアンコウ
1個体目は、体操選手が吊り輪をやっているような姿勢で、鎮座。
11月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ1
体色の綺麗な、クマノミの幼魚がいました。
11月30日大瀬崎クマノミ
岩の上を移動中の、セスジミノウミウシ
11月30日大瀬崎セスジミノウミウシ
セスジミノウミウシがいた岩には、他にも綺麗なものが一杯。
こちらは、ハネウミヒドラ。
11月30日大瀬崎ハネウミヒドラ
そして、ウミトサカの仲間。
11月30日大瀬崎ウミトサカの仲間
いい場所に隠れていてくれた、オキゴンベ
11月30日大瀬崎オキゴンベ
ミチヨミノウミウシ
とても綺麗なんですが、小さくて撮りづらいのが玉にきず。
11月30日大瀬崎ミチヨミノウミウシ
こちらは、お約束のアカホシカクレエビ
11月30日大瀬崎アカホシカクレエビ
2個体目の、オオモンカエルアンコウ
11月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ2
少し前、どこにもピントを合わせない「ソウル」という撮り方が
一部水中写真家の間で流行っていたので、Oつがいも挑戦してみました。
タテジマキンチャクダイ(幼魚)の、ソウル。
体の模様が、書道家が書いた文字のようになりました。
11月30日大瀬崎タテジマキンチャクダイ(幼魚)1
実際のタテジマキンチャクダイ(幼魚)は、こんな感じの魚です。
11月30日大瀬崎タテジマキンチャクダイ(幼魚)2
浅場に戻ってきたところで見つけた、フリエリイボウミウシ
このウミウシは、あまり動かないので、写真の練習にはもってこいなのですが
いる場所が地味なことが多く、撮っても撮っても、絵にならない・・・
11月30日大瀬崎フリエリイボウミウシ
エキジット間際、いつものようにヒメギンポの観察。
婚姻色が見事なことで知られています。
まずは、大きく口を開けたオスを発見。
11月30日大瀬崎ヒメギンポ(♂)
すぐ近くに、メスがいました。
ただ、オスの場所からは、死角になっています。
11月30日大瀬崎ヒメギンポ(♀)
このオスとメスが、出会えたのか?
気になりますが、最後まで見届けられず、無念のエキジットとなりました。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: オオモンカエルアンコウ  クマノミ  オキゴンベ  ニシキウミウシ  セスジミノウミウシ  ミチヨミノウミウシ  アカホシカクレエビ  タテジマキンチャクダイ  フリエリイボウミウシ  ヒメギンポ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎11/30-1- 

翌日は、早朝ダイビングからスタート。
エントリーポイントの1本松から、富士山が綺麗に見えています。
11月30日大瀬崎早朝富士山
エントリー後すぐに、イサキの若魚の群れが、目の前を横切っていきました。
11月30日大瀬崎早朝イサキの群れ
ゴロタ地帯を抜け、砂地に降りると、イバラカンザシがたくさんついた
まるで宝石箱のような岩があります。
11月30日大瀬崎早朝イバラカンザシ1
そ~っと近づかないと、引っ込んでしまいます。
できるだけ、イバラカンザシが集まっているところを狙って、撮ってみました。
11月30日大瀬崎早朝イバラカンザシ2
早朝で油断していたのか、イソギンチャクの上を、クマノミがのんびり泳いでいます。
11月30日大瀬崎早朝クマノミ1
しかしOつがいが近づいていくと、むっとした顔で、イソギンチャクの中へ。
11月30日大瀬崎早朝クマノミ2
巣穴から顔を出している、コケギンポ
11月30日大瀬崎早朝コケギンポ1
しばらく見ていたら「サービスだよ~」と、体を出してくれました。
11月30日大瀬崎早朝コケギンポ2
岩の間にできた狭い空間には、クロメガネスズメダイ
臆病な個体で、全然ここから出てきてくれませんでした。
11月30日大瀬崎早朝クロメガネスズメダイ
カイメンの上にちょこんと乗った、オキゴンベ。
しっかり、Oつがいを見ています。
11月30日大瀬崎早朝オキゴンベ
臆病な先ほどのクロメガネスズメダイと違い、強気なナガサキスズメダイ
11月30日大瀬崎早朝ナガサキスズメダイ
カスザメを見つけました。
砂を被っていたので、そっと砂をはらいます。
11月30日大瀬崎早朝カスザメ1
全身をあらわした、カスザメ
11月30日大瀬崎早朝カスザメ2
しかし、Oつがいに写真を撮られるのが嫌だったのか
ブワッと体を持ち上げると
11月30日大瀬崎早朝カスザメ3
再び、砂の中へ。
11月30日大瀬崎早朝カスザメ4
浅場へ戻る途中に現れた、マトウダイ
11月30日大瀬崎早朝マトウダイ
岩の上を移動中の、ニシキウミウシ
ウミウシカクレエビを、つい探してしまいますが、ほとんどが空振りです。
11月30日大瀬崎早朝ニシキウミウシ
イソギンチャクがあれば、当然エビ探し。
ここには、イソギンチャクエビがいました。
11月30日大瀬崎早朝イソギンチャクエビ
ユビノウトサカには、擬態上手のウズラカクレモエビがいました。
どこにいるか、わかりますか?
11月30日大瀬崎早朝ウズラカクレモエビ1
角度を変えて、アップで。
11月30日大瀬崎早朝ウズラカクレモエビ2
ユビノウトサカをバックにしなければ、分かりやすいですね。
11月30日大瀬崎早朝ウズラカクレモエビ3
潜水時間71分。やばい、朝食が!
早く戻らないと。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  コケギンポ  カスザメ  マトウダイ  ウズラカクレモエビ  イサキ  クロメガネスズメダイ  ナガサキスズメダイ  ニシキウミウシ  イソギンチャクエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4