10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

2016年大瀬崎12/11-2- 

2本目は外海のポイント、一本松へ。
お目当ての生物はとにかく分かりづらいので、ゆっくり確実に海藻をチェックします。
でも、こんな可愛いアオサハギの幼魚が目に入ったりして、なかなか集中できません。
2016年12月11日大瀬崎1アオサハギ(幼魚)
ようやく、見つかりました。
フィコカリス・シムランス。
ちぎれた海藻にしか見えませんが、小さな小さなエビです。
2016年12月11日大瀬崎2フィコカリスシムランス
見失わないように、目を皿のようにして写真を撮影し、大満足。
その後は、惰性のようなダイビングとなりました。
とりあえず、クマノミでも。
2016年12月11日大瀬崎3クマノミ
ついでにイソギンチャクの中を見ると、イソギンチャクエビを発見。
2016年12月11日大瀬崎4イソギンチャクエビ
何か気になることがあるのか、一点をじっと見つめて動かない、サガミリュウグウウミウシ
2016年12月11日大瀬崎5サガミリュウグウウミウシ
白バージョンの、ハナタツの幼魚。
2016年12月11日大瀬崎6ハナタツ(幼魚)
スケロクウミタケハゼもいました。
2016年12月11日大瀬崎7スケロクウミタケハゼ
綺麗な貝が2種類。
まずは、トラフケボリダカラガイ
2016年12月11日大瀬崎8トラフケボリダカラガイ
そして、ツリフネキヌヅツミガイのペア。白い部分は卵です。
2016年12月11日大瀬崎9ツリフネキヌヅツミガイ
浅場に戻る途中、いいサイズのイサキが、目の前を横切って行きました。
2016年12月11日大瀬崎10イサキ
フィコカリスシムランス、念願叶って、やっと見られました。
嬉しかった〜。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アオサハギ  フィコカリスシムランス  クマノミ  イソギンチャクエビ  サガミリュウグウウミウシ  ハナタツ  スケロクウミタケハゼ  トラフケボリダカラガイ  ツリフネキヌヅツミガイ  イサキ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2015年大瀬崎11/22-2- 

2本目のダイビングは、シラガケII。
今回は、小さいものを中心に探してみます。
最初に見つけたのは、トラフケボリダカラガイ
貝殻と身が同じ色、綺麗な貝です。
2015年11月22日大瀬崎16
ガラスハゼ
1本目は1匹。2本目なので、2匹登場しました。
2015年11月22日大瀬崎17
ウミウシ好きの人には「そんなに珍しくない」と言われますが
Oつがいは初めて見た(ような気がする)ナマハゲミノウミウシ
2015年11月22日大瀬崎18
先ほどとは別のマダム・アカホシカクレエビ
2015年11月22日大瀬崎19
2本目のダイビング、短めで終了。
タンクには、エアーがかなり残っているので、残タンで3本目に行きます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: トラフケボリダカラガイ  ガラスハゼ  ナマハゲミノウミウシ  アカホシカクレエビ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

雲見6/30-1- 

深夜までボクシング談義で盛り上がった、翌日。
この日は2本とも、牛着岩で潜る予定でした。
雲見港に到着し、器材のセッティングをしていると、海老名にあるダイビングショップさんが
「これから沖の根に潜るんですけど、一緒にどうですか?」
少し遠いポイントで、エキストラチャージがかかってしまいます。
しかし、なかなか潜るチャンスがないのも事実。
迷ったあげく、結局、同行させてもらうことになりました。

以前も何度か入ったことがある沖の根は、いつも流れが強いイメージ。
最後に潜った時(10年近く前)など、あまりの激流に、潜水時間わずか20分でした(笑)
今回も覚悟していましたが、ポイントに到着し、海面を見てみると
「あれ???」
潮、完全に止まってます。
そんな訳で、妙にまったりした、沖の根でのダイビングスタート。

まず、最初に目についたのは、ナンヨウイボヤギウツボ
何とも、和風な眺め。
ナンヨウイボヤギとウツボ
根の周りには、たくさんのイサキが群れています。
まったりしたイサキの群れ
魚群を掻き分けるように泳ぎ回る、ホシエイ
あまりダイバーの来ない場所に、突然おおぜいの人間が現れたので
ビックリしたようです。
ホシエイ
激流だったら、まず出会えなかった、アヤトリカクレエビ
アヤトリカクレエビ(小)
もう1個体いました。
今まで見た中で、最も巨大な、アヤトリカクレエビ
何を食べたら、こんなに丸々と太るのでしょう?
アヤトリカクレエビ(大)
ふたたび、和の世界。
スズメダイナンヨウイボヤギ
スズメダイとナンヨウイボヤギ
そして、マクロの世界へ。
擬態上手の、コボレバケボリ
コボレバケボリ
トラフケボリダカラガイが、2個体。
まさか沖の根で、マクロ三昧になるとは・・・(笑)
トラフケボリダカラガイ
沖側を見ると、イサキは相変らず、やる気のなさそうに、まったりと群れています。
[広告] VPS

岩の亀裂には、巨大なイセエビが、何個体もいました。
イセエビ
最後に根のトップで安全停止中、遊んでもらった、イソギンポ
きょろきょろ動く目が、とってもキュート!
イソギンポ
海老名のダイビングショップさん、誘って頂きありがとうございました。
久しぶりの沖の根、楽しかったです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ナンヨウイボヤギ  ウツボ  イサキ  ホシエイ  アヤトリカクレエビ  スズメダイ  コボレバケボリ  トラフケボリダカラガイ  イセエビ  イソギンポ 

[edit]

伊豆海洋公園6/1-2- 

2本目は、2番の手前まで、行ってみました。
伊豆を代表する魚、タカノハダイが、目の前を行ったり来たりしています。
ダイビングを始めた頃「タカノハダイは不味い」と、聞かされたものですが
その後O夫は、2度ほどいただく機会がありました。
焼いたタカノハダイを自然薯と絡める食べ方で、とても美味でした。
東伊豆はわかりませんが、少なくとも西伊豆と南伊豆では、食用魚のようです。
タカノハダイ
2番の手前に到着。
お目当ての魚を探していると、アオサハギが目に入ってしまったので
ちょっと、撮影に付き合ってもらいました。
アオサハギ
こちらは、トラフケボリダカラガイ
奥に見えている白いものは、トラフケボリダカラガイの卵です。
トラフケボリダカラガイ1
同じフトヤギに、もう一個体いました。
トラフケボリダカラガイ2
ようやく、お目当ての魚が登場。
キツネベラの幼魚(高校生サイズ)、通称黒パンツ。
Oつがいは伊豆半島で、まだ成魚を見た記憶がありません。
伊豆半島で見られるのは、このサイズまでなのかな?
しっかり背鰭も立ててくれ、撮影にたいへん協力的な個体でした。
キツネベラyg
根の上に移動してくると、アカエソの幼魚がいました。
成魚と比べれば、ずいぶん可愛らしい表情をしています。
アカエソyg
1番まで、戻ってきました。
ムスメベラ(♀)が、目の前を、ビュンビュン泳ぎ回っています。
ムスメベラ
岩の亀裂には、いつものように、サラサエビ
サラサエビ
少し、婚姻色の出かかった、オトヒメベラ(♂)
出会うたび、その美しい体色に見とれてしまいます。
オトヒメベラ
オクリダシの入り江の奥には、もう1年以上観察され続けている、ヌノサラシがいます。
ヌノサラシ1
他に誰もいないので、うねりの中、しばらく粘って撮影していたら
大きな、あくびを見せてくれました。
ヌノサラシ2
2ダイブ目も、無事終了。
夜は、お気に入りのお寿司屋さんで、夕食です。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: タカノハダイ  アオサハギ  トラフケボリダカラガイ  キツネベラ  アカエソ  ムスメベラ  サラサエビ  オトヒメベラ  ヌノサラシ 

[edit]