fc2ブログ

タグ:「トラウツボ」

2023年富戸1/22-2-

2023.09.17(Sun) | EDIT

2本目もヨコバマで潜ります。
移動中見つけた、まだ子供のトラウツボ
あどけない表情がたまりません。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ1トラウツボ
砂地にまで移動すると・・・
いました、カンナツノザヤウミウシ
2023年1月22日富戸・ヨコバマ2カンナツノザヤウミウシ
しばらくカンナツノザヤウミウシを堪能し、浅場へ戻る途中、砂地と岩場の境で
クリアクリーナーシュリンプを発見。
真ん中の半透明なエビ、見えますか?
ちなみに、上に見えている白いヒゲの持ち主は、オトヒメエビです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ3クリアクリーナーシュリンプ
岩場では、すっかり定番になった、フリソデエビが。
その昔、伊豆でフリソデエビが出たら、撮影待ちの行列ができたものですが
今では、そんなことも無くなりました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ4フリソデエビ
戻ってきた浅場にいた、ヒラムシの仲間。
ガイドさんによれば「ミノヒラムシかなぁ?」
あまり研究がなされておらず、ヒラムシの仲間は、名前がわからないことも多いのです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ5ミノヒラムシ?
最後は、ふたたびユウレイクラゲ。
たくさんいるので、どうしても目に入ってきます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ6ユウレイクラゲ
こうして無事に、2023年のダイビングシーズンがスタートしました。
スポンサーサイト



2020年富戸12/6-1-

2021.05.22(Sat) | EDIT

10ヶ月振りに、ダイビングに出かけました。
今回潜るのは、東伊豆の富戸です。
ポイントは、ヨコバマ。
久しぶりなので、浅いところをのんびり潜ります。

エンントリーすると、いきなり不穏な雰囲気。
左のトラウツボに、ウツボがじりじりと近寄っています。
2020年12月6日1ウツボVSトラウツボ
今にも、戦いが始まりそうな距離まで、近づきました。
あやうし、トラウツボ
2020年12月6日2ウツボVSトラウツボ
Oつがいは見たことがないのですが、ガイドさんによると
この2種が戦うと、勝つのは体の大きいウツボで
負けたトラウツボは、頭から食べられてしまうそうです。
写真を見ても、明らかにトラウツボが逃げ腰ですね。
2020年12月6日3ウツボVSトラウツボ
勝負の行方を見届けたかったのですが、長期戦になりそうなので、移動。
穴の奥で、2匹のフリソデエビが、ヒトデをむしゃむしゃと食べています。
2020年12月6日4フリソデエビ
砂地に移動すると、キュビエ器官(いわゆる内臓)を放出している、なまこを発見。
誰かにいじめられたのでしょうか?
2020年12月6日5ナマコ
綺麗なイソギンチャクの家に住む、アカホシカクレエビ
2020年12月6日6アカホシカクレエビ
可愛いマツカサウオの幼魚を見上げているのは、イタチウオ
2020年12月6日7マツカサウオ&イタチウオ
右に左に揺れ、まるで枯れ葉のような、ハダカハオコゼ
2020年12月6日8ハダカハオコゼ
O夫が大好きな、南方種のセナキルリスズメ
2020年12月6日9セナキルリスズメ
ネッタイミノカサゴは、岩の裏側にへばりついています。
なかなか広い場所で撮らせてくれません。
2020年12月6日10ネッタイミノカサゴ
パッと見ると、どこが前なのかわからない、アケウス
2020年12月6日11アケウス
上から見たら、前後がわかりました。
2020年12月6日12アケウス
キンギョハナダイの群れに紛れている、季節来遊魚のウメイロモドキの幼魚
(青地に黄色い尾)。
12月なのに、まだこんなに元気だなんて。
2020年12月6日13ウメイロモドキの幼魚
待ちに待った久しぶりのダイビング、大満足のうちにエキジット。
ところが、Oつまの装備に不具合が発生。
2本目のダイビングに、影響がなければいいのですが。

2018年富戸8/26-1-

2018.11.06(Tue) | EDIT

身内に不幸があり、しばらくお休みしていましたが
四十九日も過ぎ、ダイビングを再開です。
トータル8ヶ月休んでいたので、喪明け最初のダイビングは
ゆっくり潜れる、東伊豆の富戸にしました。

1本目は、ヨコバマへ。
エントリーすると、まずはソラスズメダイが群れでお出迎え。
ただいま、みんな!
2018年8月26日富戸1ソラスズメダイの群れ
一生懸命卵を守っている、クマノミ
卵は赤暗色に変わり、もうしばらくでハッチアウトすることでしょう。
2018年8月26日富戸2卵を守るクマノミ
石の上に何かいます。
よ〜く見てみると、シマアシイシガニでした。
2018年8月26日富戸3シマアシイシガニ
若いイサキの群れが、何度も目の前を通り過ぎます。
2018年8月26日富戸4イサキの群れ
シコクスズメダイの幼魚もいました。
2018年8月26日富戸5シコクスズメダイの幼魚
派手な体色の、実はとっても臆病なトラウツボ
2018年8月26日富戸6トラウツボ
岩の隙間を覗くと、どうやらウバウオを驚かせてしまったようです。
2018年8月26日富戸7ウバウオ
上目遣いの、トカラベラの幼魚。
小さい上に泳ぎまわるので、撮りづらい。
2018年8月26日富戸8トカラベラの幼魚
1本目でたくさん見かけた、イトフエフキの幼魚。
ソラスズメダイと、お見合い中でしょうか?
2018年8月26日富戸9イトフエフキの幼魚
無事、復帰ダイビング終了。
昼食を済ませたら、2本目のダイビングに向かいます。

2017年富戸8/11-1-

2018.04.04(Wed) | EDIT

東伊豆の富戸へ、潜りに行ってきました。
1本目は、ヨコバマの右側へ。
エントリーすると、イワシの群れがキラキラしています。
2017年8月11日富戸1イワシの群れ
そこへ、カンパチの若魚軍団が登場。
2017年8月11日富戸2カンパチの群れ
そして、イワシの群れに襲いかかりました。
2017年8月11日富戸3カンパチ捕食中
逃げ惑うイワシの群れを狙って、上方からアオリイカもハンティング開始。
この後、触手を伸ばしてイワシを捉える瞬間を、目撃しました(速くて撮影不能)。
2017年8月11日富戸4アオリイカ
壮大な捕食シーンが終了した後、ヨコバマ右側の奥へ向かいます。
1本目のお目当てだった、トガリモエビのペアを撮影。
ちょうど手前に、ミズヒキガニがいたので
お題は「トガリモエビのペア、ミズヒキガニ添え」になりました。
2017年8月11日富戸5トガリモエビ&ミズヒキガニ
お花畑のような場所にいた、ガラスハゼ
見えますか?
2017年8月11日富戸6ガラスハゼ
ガラスのように透明で、擬態上手な、カゲロウカクレエビ
ちょっと目を離すと、すぐに見失ってしまいます。
2017年8月11日富戸8カゲロウカクレエビ
睨み合う、2匹のトラウツボ
縄張り争いでしょうか?
しばらく睨み合った後、右側の個体がこの場所を明け渡していました。
2017年8月11日富戸7トラウツボVSトラウツボ
ダイバーから、タマシイと呼ばれているサイズの、アオサハギ幼魚。
体長に比べて極端に大きな眼が、チャーミングです。
2017年8月11日富戸9アオサハギ
イソギンチャクの中で、一人?寂しく暮らすクマノミ(幼魚)。
2017年8月11日富戸10クマノミ(幼魚)
季節限定、南方種のミゾレチョウチョウウオ(幼魚)と
伊豆を根城にする、スジオテンジクダイの2ショット。
2017年8月11日富戸11ミゾレチョウチョウウオ(幼魚)
こちらは季節限定種同士。
ミゾレチョウチョウウオ(幼魚)&モンツキハギ(幼魚)の2ショット。
2017年8月11日富戸12ミゾレチョウチョウウオ(幼魚)&モンツキハギ(幼魚)
面白かったので、2本目もヨコバマ右側の奥で潜ります。

2017年八幡野5/3-1-

2018.02.22(Thu) | EDIT

この日は、東伊豆の八幡野へ潜りに行ってきました。
1本目は、アジ根へ。

まずは、ベニカエルアンコウその1
とても撮りづらい場所にいて、すっかり周囲と同化しています。
2017年5月3日八幡野1ベニカエルアンコウ1
ベニカエルアンコウその2
この子も崖の真ん中の隙間に張り付いており、体を固定するのが大変。
2017年5月3日八幡野2ベニカエルアンコウ2
ベニカエルアンコウその3
この日唯一の、いい子でした〜。
みんな見習って、こういう撮りやすい場所にいてくれたらいいのに(笑)
左頰が、瘤取りじいさんのように膨らんでいる、変わり種です。
2017年5月3日八幡野3ベニカエルアンコウ3
ホンソメワケベラにクリーニングされ、気持ちの良さそうなタカノハダイ
2017年5月3日八幡野4タカノハダイ&ホンソメワケベラ
岩の亀裂から顔を覗かせている、実は臆病なトラウツボ
2017年5月3日八幡野5トラウツボ
オキウミウシの一種。
ダイバーの間では、クリオネウミウシと呼ばれています。
体が透明なので、クリーム色の内臓が丸見えです。
2017年5月3日八幡野6クリオネウミウシ(オキウミウシの一種)
ハナタツその1
恥ずかしがって、なかなかこちらを向いてくれません。
2017年5月3日八幡野7ハナタツ1
ハナタツその2
この子は、少し開けた撮りやすい場所にいましたが、見事な保護色。
2017年5月3日八幡野8ハナタツ2
ツグチガイ
よく見るツグチガイより、赤味の少ない色彩変異バージョン。
もうちょっと近づきたかったなー。
2017年5月3日八幡野9ツグチガイ(色彩変異)
ホヤの仲間の、ワモンクラベラ
その見た目から、ダイバーは青パンダと呼んでいます。
小さいけれど、ホヤはバラエティ豊かで、本当に面白いです。
2017年5月3日八幡野10青パンダ(ワモンクラベラ)
2本目は、砂地を回ってみます。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR