fc2ブログ

タグ:「ツノザヤウミウシ」

2023年富戸6/3

2024.03.07(Thu) | EDIT

東伊豆の富戸で潜ってきました。
この日は台風2号の影響で、海況があまり良くなく
午後になれば、更にコンディションが悪化しそうなので
大急ぎでヨコバマにエントリー。
まずは、岩礁エリアへ。
すっかり伊豆普通種になってしまった、アカシマシラヒゲエビが、ペアでいました。
2023年6月3日富戸1アカシマシラヒゲエビ
ムチカラマツに、ガッチリしがみついている、イボイソバナガニのメス。
2023年6月3日富戸2イボイソバナガニ
砂地に移動してくると、サガミリュウグウウミウシを発見。
2023年6月3日富戸3サガミリュウグウウミウシ
クチナシツノザヤウミウシ
ツノザヤ系ではレア度が高めで、今日、一番見たかった生物です。
2023年6月3日富戸4クチナシツノザヤウミウシ
このあたりは、ウミウシエリアのようで
特にこの日は、ツノザヤウミウシが多くいました。
写真は、ツノザヤウミウシ1号。
2023年6月3日5ツノザヤウミウシ1
食事中の、ツノザヤウミウシ2号。
2023年6月3日富戸6ツノザヤウミウシ2
エサを探して移動中の、ツノザヤウミウシ3号。
2023年6月3日富戸7ツノザヤウミウシ3
浅場に戻る途中に見つけた、モンガラドウシ
2023年6月3日富戸8モンガラドウシ
最後にコケギンポを眺めながら、安全停止。
2023年6月3日富戸9コケギンポ
1本目終了。
海況の回復を期待して、しばらく待ちましたが、残念。
安全を考え、この日は1本でダイビング終了です。
代わりに、ダイビングショップから珍しいお土産をいただいてしまいました。
スポンサーサイト



2021年富戸3/20-3-

2021.09.04(Sat) | EDIT

Oつまの1000本記念も無事に終わり、続いて1001本目のダイビングです。
ポイントは、1本目と同じ富戸のヨコバマ。
1本目よりやや岸寄りを進み、黒いオオモンカエルアンコウを見に行きました。
2021年3月20日1オオモンカエルアンコウ
伊豆でも、ほぼ通年見ることができるようになってしまった、アカシマシラヒゲエビ
まだまだ水温が低いのに、ペアで元気に過ごしています。
2021年3月20日2アカシマシラヒゲエビ
同じく越冬し、伊豆でも普通種になりつつある、クダゴンベ
初めて見たときには、ずいぶん興奮したものです。
2021年3月20日3クダゴンベ
もともと伊豆では普通種の、ユウダチタカノハ
個体数が増えているのか、大きな成魚を見る機会が多くなっています。
2021年3月20日4ユウダチタカノハ
そして本日の目玉はこちら、ゲッコウスズメダイの幼魚。
以前はダイバーの間で、トウカイスズメダイSPと呼ばれていましたが
2019年に新種として記載され、36番目の日本産スズメダイとして
晴れて、ゲッコウスズメダイの名で登録されました。
学名は
Chromis tingting Tea, Gill and Senou, 2019
かの有名な、瀬能先生の名前が入っているんですね!
2021年3月20日5ゲッコウスズメダイ
1本目のダイビングで、白地に黒い斑点のミズタマウミウシの仲間に会いましたが
この黄色地に黒い斑点は、ツノザヤウミウシ
同じく、コケムシが主食です。
2021年3月20日6ツノザヤウミウシ
岩の亀裂から、にょろっと体を出している、ウバウオ
ひょうきんな可愛い顔をしています。
2021年3月20日7ウバウオ
巨大な、イソコンペイトウガニ
オオトゲトサカに擬態していて、普通はわかりづらいのですが
あまりに大きすぎて、姿がバレバレです。
2021年3月20日8イソコンペイトウガニ
伊豆では個体数が少なく、少数派のヒメゴンベ
他のゴンベ同様、縄張りの監視に余念がありません。
2021年3月20日9ヒメゴンベ
エキジット間際に、水面下を泳いでいた、キビナゴの群れ。
2021年3月20日10キビナゴの群れ
海況も良く、いいダイビングになりました。
この日からOつがい、本格的にダイビング復帰です。

2016年大瀬崎3/27-1-

2017.02.27(Mon) | EDIT

朝食の前に、早朝ダイビングへ出発。
昨夜、ナイトダイビングで潜ったばかりの湾内ですが
朝の海は、また格別。
どんな生物と出会えるのか、楽しみです。

まずは浅場のクサフグ
2016年3月27日大瀬崎クサフグ
少し沖には、ネンブツダイが群れています。
2016年3月27日大瀬崎ネンブツダイ
海藻の中を覗いてみると、ミツイラメリウミウシがいました。
白飛びしてしまいましたが、体色は綺麗な黄色です。
2016年3月27日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
砂地を移動中の、スイートジェリーミドリガイ
2016年3月27日大瀬崎スイートジェリーミドリガイ
マトウダイが、こちらをチラ見しながら、泳いでいきます。
早朝でダイバーも少なく、魚ものんびりモードのよう。
2016年3月27日大瀬崎マトウダイ
お食事中の、ツノザヤウミウシ
2016年3月27日大瀬崎ツノザヤウミウシ
昨夜も見た、ヒメイカ
海藻にくっついて、休憩中でしたが
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ1
Oつがいに見つかってしまい、逃亡開始。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ2
それを追跡する、Oつがい。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ3
あまり追いかけ回しても、かわいそうなので
小さくて逃げない、ツユダマガイをじっくり撮影していたのですが
2016年3月27日大瀬崎ツユダマガイ
近くで同じように休んでいた、別個体のヒメイカも、見つけてしまいました。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ4
やはり即座に、身を反らせて、厳戒体勢。
2016年3月27日大瀬崎ヒメイカ5
こちらは、メイタガレイの幼魚。
真っ白で、貝殻のかけらにそっくり。見事な擬態です。
2016年3月27日大瀬崎メイタガレイの幼魚
ニホンアワサンゴをバックに撮れると人気の、ビシャモンエビ
早朝なので、順番待ちなしで撮れました。
2016年3月27日大瀬崎ビシャモンエビ
この日は、表層にクラゲがいっぱい。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ&カブトクラゲ
ツノクラゲ。
透明な被写体を、コンデジで撮るのは難しい〜。
2016年3月27日大瀬崎ツノクラゲ
1時間を超える潜水時間。さすがにお腹が空きました。
ダイビングショップに戻って、朝食です。

大瀬崎12/31-3-

2015.07.01(Wed) | EDIT

2014年最後のダイビングは、先端へ。
狙いはもちろん、前日O夫が見逃した、ウサギトラギスのオスです。

エントリーし、まずはハナダイエリアへ。
昨日とは打って変わって、アカオビハナダイがやる気を見せていました。
12月31日大瀬崎アカオビハナダイ(♂)
さあ、今日は早めに水深を上げていきます。
移動中、オトヒメエビウツボをクリーニングしているところに遭遇。
12月31日大瀬崎ウツボ&オトヒメエビ
食事中の、ツノザヤウミウシもいました。
12月31日大瀬崎ツノザヤウミウシ
着底して撮影していると、にじり寄ってきたミノカサゴ
12月31日大瀬崎ミノカサゴ
ナガイボキサンゴ
水中では、このオレンジ+黄色がよく目立ちます。
12月31日大瀬崎ナガイボキサンゴ
アゴが外れたのか、口が開いたままの状態になっていたウツボ
可哀そうですが、何もしてあげられません。
12月31日大瀬崎ウツボ
いよいよ、ウサギトラギスのエリアに到着。
今日はちゃんと背鰭を見て、オスである事を確認。
12月31日大瀬崎O夫ウサギトラギス(♂)1
「背鰭、背鰭」と念じていると・・・きました~。
12月31日大瀬崎O夫ウサギトラギス(♂)2
もちろん、Oつまもちゃんとオスを見つけ
12月31日大瀬崎大瀬崎Oつまウサギトラギス(♂)1
背鰭を立てたところを撮りました。
12月31日大瀬崎Oつまウサギトラギス(♂)2
念願叶い、大満足でエキジットしたOつがいですが
ドライスーツを脱いだところ、二人そろってインナーが濡れています。
まさかの水没です・・・。
昨夜のナイトダイビングで発覚した、O夫のカメラのストロボ不調。
そして、Oつまの水中ライトの不具合。
これにドライスーツを合わせて修理に出したら、一体幾らかかるんだろう!?
そんな訳で、器材の修理がすべて完了するまで、しばらくダイビングはお休みとなりました。

大瀬崎2/20-2-

2011.04.07(Thu) | EDIT

2本目のダイビングまでの、休憩中
もちろん話題は、ボブのカメラの、水没の事。
水没の原因がわからないので
「2本目はカメラを持っていかない」と、宣言したボブに
「何か、珍しいのが、出ちゃうかもよ~」と
散々ボブを、からかった後、器材をしょって
海まで歩きながら
「あれ、ボブカメラは?」
などと言って、止めを刺す一行に
「水没したの!」と、答えるボブ(笑)
dc040401 コピー1

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR