10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

2016年富戸12/18-2- 

2本目は、脇の浜へ。
エントリーしてすぐに、衝撃の光景が!
水底に横たわるマンボウです。
2016年12月18日富戸1マンボウ
恐る恐る、近づいてみると・・・
まだエラが動いていて、目をキョロリとこちらに向けました。
2016年12月18日富戸2マンボウ
心が痛みますが、どうすることもできず。
海の仲間達の栄養となってもらうしかありません。

マンボウに別れを告げ、小さな岩の下にいる、フリソデエビを訪問。
ただいま、オレンジ色のヒトデをムシャムシャ食べている最中です。
2016年12月18日富戸3フリソデエビ
イソギンチャクに住んでいるのは、イソギンチャクカクレエビ
2016年12月18日富戸4イソギンチャクカクレエビ
この日は、カエルアンコウ祭り開催中。
まずは、岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
2016年12月18日富戸5ベニカエルアンコウ
続いて、撮りづらい場所に潜む、イロカエルアンコウ
2016年12月18日富戸6イロカエルアンコウ
最後を飾るのは、ダイバーに人気の、クマドリカエルアンコウ
2016年12月18日富戸7クマドリカエルアンコウ
アオウミウシの大・小でこぼこコンビ。
2016年12月18日富戸8アオウミウシ大小
写真映えのする場所で睨みをきかせる、オキゴンベ
2016年12月18日富戸9オキゴンベ
これにて2016年最後のダイビング、無事終了!
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マンボウ  フリソデエビ  イソギンチャクカクレエビ  ベニカエルアンコウ  イロカエルアンコウ  クマドリカエルアンコウ  アオウミウシ  オキゴンベ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年富戸12/18-1- 

前週の西伊豆・大瀬崎に続き、2週連続のダイビング
今回は、東伊豆の富戸です。
1本目は、再びフィコカリスシムランスを狙って、ヨコバマへ。

海藻の間をじっくり探しながら移動していると、擬態したコノハガニのメスがいました。
「君じゃないんだよなぁ」と思いながらも、見つけてしまったので
とりあえず撮影。
2016年12月18日富戸1コノハガニ
視線の先で、ユラユラ動くものがいるので、顔を上げると、ホシテンスの幼魚でした。
2016年12月18日富戸2ホシテンス(幼魚)
再び、目を凝らしながら移動中、(たぶん)モクズショイを発見。
体にいろんなものをくっつけすぎて、原型が分からないので、定かではありません。
2016年12月18日富戸3モクズショイ?
そしてついに発見、フィコカリスシムランス
体長3ミリほどでしょうか。緑色の体毛を身につけ、ホワホワと漂っています。
2016年12月18日富戸4フィコカリスシムランス
先週からの鍛錬で、目が慣れてきたせいか、茶色の個体も発見。
これなら、エビの仲間なことがわかるかな?
2016年12月18日富戸5フィコカリスシムランス
フィコカリスシムランスを自力で見つけられて、たいへん満足したので
Oつがいだけで独占せず、他の方に譲りました。
すぐ近くにいた、サキシマミノウミウシ
2016年12月18日富戸6サキシマミノウミウシ
エキジット間際の浅場には、ミツボシクロスズメダイの幼魚が
仲良く泳いでいました。
2016年12月18日富戸7ミツボシクロスズメダイ(幼魚)
2本目はポイントを変えて、脇の浜へ行ってみます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  富戸  フィコカリスシムランス  コノハガニ  ホシテンス  サキシマミノウミウシ  モクズショイ  ミツボシクロスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎12/11-1- 

西伊豆大瀬崎へ、ダイビングに行ってきました。
1本目は、イッテンアカタチを狙って湾内へ。
しかし、ガイドさんはかなり弱気です。
「そのエリアは、外すと何もいないからなぁ」

それでは、一気にイッテンアカタチのエリアへ向かいましょう!

・・・・・

浅場に戻ってきました・・・
胸ビレの綺麗な、トゲカナガシラが逃げていきます。
2016年12月11日大瀬崎1トゲカナガシラ
マアジの群れの中には1匹だけ、シマアジが混ざっています。
2016年12月11日大瀬崎2マアジ&シマアジ
ダイバー慣れしているのか、堂々と目の前を横切っていく、キタマクラ
青い模様は、ちょっと興奮している証拠です。
2016年12月11日大瀬崎3キタマクラ
いつものコケギンポ
2016年12月11日大瀬崎4コケギンポ
いつものクマノミの様子を確認して
2016年12月11日大瀬崎5クマノミ
1本目のダイビング終了。
2本目は大丈夫です。鉄板ネタですから(笑)

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 西伊豆  大瀬崎  トゲカナガシラ  マアジ  シマアジ  キタマクラ  コケギンポ  クマノミ  ダイビング   

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/5-3- 

ついに、奄美大島での最後のダイビングとなりました。
ポイントは地形が楽しめる、実久チャネル
水面下に広がるサンゴが、きれいに見えています。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル1
エントリーし、水路を目指して移動していると
アジアコショウダイが泳いで行きました。
人間でいうと、高校生くらいかな?
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル2アジアコショウダイ
思えば奄美大島には、本当にヤシャハゼやネジリンボウが多かった。
結局、最後までアウェーのまま、うまく撮れませんでしたが・・・
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル3ヤシャハゼ
水路に入りました。
海面から光が差し込み、とても綺麗です。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル4
水路の壁には、ゴシキエビが住んでいます。
夜になれば、ガシガシと外に出てくるのでしょう。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル5ゴシキエビ
紫の体色が美しく、つい撮ってしまいう、クレナイニセスズメ
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル6クレナイニセスズメ
水路をどんどん進み、突き当りはガレ場になっていました。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル7
そのまま深度を上げ、水路の上に出ると、ダイバーのエアーが上がってきています。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル8
ここからは、水路の上でフィッシュウォッチング。
Oつまの好きな、カガミチョウチョウウオがいました。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル9カガミチョウチョウウオ
ボートの上から見えていたサンゴを、水中で見るとこんな感じ。
みんな元気に成長しています。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル10
ペアでのんびり泳いでいた、テングカワハギ
久しぶりに見たなぁ。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル11テングカワハギ
あまりにも無防備に、目の前までフラフラ泳いできた、ハリセンボン
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル12ハリセンボン
名残惜しいですが、エキジットの時間です。
2016年11月5日奄美大島・実久チャネル13
初めて潜った奄美大島、どこも本当に良い海でした。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アジアコショウダイ  ヤシャハゼ  ゴシキエビ  クレナイニセスズメ  カガミチョウチョウウオ  テングカワハギ  ハリセンボン  奄美大島  実久チャネル  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/5-1- 

奄美大島でのダイビングも、この日が最後となります。
寅さんの暖簾をくぐって、食堂へ。
2016年11月5日奄美大島・朝食1
広い食堂内は、どこに座っても自由ですが、このテーブル席が
Oつがいのお気に入り。
2016年11月5日奄美大島・朝食2
本日の朝食です。
2016年11月5日奄美大島・朝食3
朝食を済ませたら、お迎えのシケオくんの車に乗り、ダイビングショップへ。
港まで続くこの道を歩くのも、今日が最後。
2016年11月5日奄美大島・朝食4
最後のダイビングは、外洋に遠征します。
2016年11月5日奄美大島・朝食5
ポイントまでは、1時間以上かかるというので、のんびり甲板で朝寝。
起きると、すでに見慣れていた、加計呂麻島の姿はなく
初めて目にする風景が、広がっていました。
2016年11月5日奄美大島・朝食6
これからいよいよ、奄美大島で一番有名なダイビングポイントに潜ります。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 奄美大島  ダイビング   

[edit]

trackback: -- | comment: 0