01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

2017年大瀬崎3/12-3- 

大瀬崎でのダイビングを終え、獅子浜にある干物屋増米」さんへ。
2017年3月12日 増米1
さて、本日は何にしましょうか?
2017年3月12日 増米2
まずは、地物きびなご
2017年3月12日 増米3
おつまみにピッタリな、干物の端材を使った
カリカリ骨せんべい
2017年3月12日 増米4
今日は、豊富な瓶詰商品の中から
2017年3月12日 増米5
お酒に合いそうな、いか明太を選びました。
2017年3月12日 増米6
あったらラッキーの、かきくんせいオリーブオイル漬を発見。
パスタに和えると、最高なんです。
2017年3月12日 増米7
買い物の後は、増米さん名物の、試食大会。
七輪の上に、次から次と、干物が置かれていきます。
2017年3月12日 増米8
この日も、試食品だけで、お腹が一杯になってしまいました。
ごちそうさまでした。
スポンサーサイト

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 大瀬崎  獅子浜  増米  ダイビング  干物屋  きびなご  骨せんべい  いか明太  かきくんせいオリーブオイル漬 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2017年伊東〜稲取ツーリング3/5-1- 

久しぶりに、バイクで伊豆へ向かいました。
有名な雛飾りを、以前から一度見てみたかったのです。
富士山を遠くに眺めながら、東名高速を抜け
2017年3月5日東名〜伊東1
小田原厚木道路へ。
2017年3月5日東名〜伊東2
途中、前方の車が次々と止まりだしたと思ったら、
煙のようなものが見えてきました。
2017年3月5日東名〜伊東3
あれあれ、やはり事故でしたか。
さいわい怪我人はいないようです。
2017年3月5日東名〜伊東4
事故現場を抜け、小田原PAへ。
以前は、ダイビングに行く途中、必ずここで朝食をとっていたものです。
リニューアルしてからは、すっかり足が遠のいていました。
2017年3月5日東名〜伊東5
バイクを降り、フードコートへ。
2017年3月5日東名〜伊東6
O夫は、小田原のちくわ天そば(大盛り)を注文。
2017年3月5日東名〜伊東7
Oつまは、小田原梅うどんに、ちくわ天をトッピング。
身体も温まりました。
2017年3月5日東名〜伊東8
小田原厚木道路からは、無料になった真鶴道路(旧道)へ。
2017年3月5日東名〜伊東9
さらに、こちらは有料の熱海ビーチラインへ。
2017年3月5日東名〜伊東10
ダイビングエリアでいうところの、伊豆山に近づいてきました。
前方に見えている、赤い橋の下から、ダイビングボート(正確には漁船)が出港します。
2017年3月5日東名〜伊東11
熱海に到着しました。
初島ダイビングをするときにお世話になる、シーフロント熱海店の前を通過。
2017年3月5日東名〜伊東12
ここは、シーフロントのオーナーに教えてもらった、干物屋さん。
以前は、山甲という名前だったのですが、いつの間にか名前が変わっていました。
2017年3月5日東名〜伊東13
135号線の途中にある、魚が描かれたトンネル。
バイクで通るたびに、つい撮ってしまいます。
2017年3月5日東名〜伊東14
最初の目的地、伊東に到着。
市営なぎさ観光駐車場に、バイクを停めます。
2017年3月5日東名〜伊東15
ここからは歩いて、目的の場所へ。

テーマ: 国内旅行

ジャンル: 旅行

タグ: 雛飾り  小田原PA  小田原のちくわ天そば  小田原梅うどん  ダイビング  伊豆山  初島  シーフロント  伊東 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2017年赤沢2/26-1- 

久しぶりに、東伊豆赤沢で潜ってきました。
1本目は、ボートポイントのイボヤギ岩。
最初にエントリーし、船下で他のゲストさんのエントリーを待ちます。
2017年2月26日赤沢1
この日ご一緒したゲストさんは、あまりダイビング経験のない方で
ガイドさんは、その方につきっきり。
Oつがいは放置状態、といって離れるわけにもいかないので
近くにいる生物を撮影。

さすがボートポイント。
ダイナミックな地形に、ネンブツダイが群れています。
2017年2月26日赤沢2ネンブツダイの群れ
こちらの群れは、キンギョハナダイ
2017年2月26日赤沢3キンギョハナダイの群れ
岩の上には、大きなヒラメがいました。
2017年2月26日赤沢4ヒラメ
せっかくの地形ポイントでも、ついついマクロ目線のOつがい。
オルトマンワラエビを見つけました。
2017年2月26日赤沢5オルトマンワラエビ
安全停止中に近寄ってきた、キタマクラ
2017年2月26日赤沢6キタマクラ
ボートダイビングなので、潜水時間短めなのは仕方ないですが
内容が・・・
2本目は、ビーチダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 東伊豆  赤沢  ダイビング  ネンブツダイ  キンギョハナダイ  ヒラメ  オルトマンワラエビ  キタマクラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年富戸12/18-2- 

2本目は、脇の浜へ。
エントリーしてすぐに、衝撃の光景が!
水底に横たわるマンボウです。
2016年12月18日富戸1マンボウ
恐る恐る、近づいてみると・・・
まだエラが動いていて、目をキョロリとこちらに向けました。
2016年12月18日富戸2マンボウ
心が痛みますが、どうすることもできず。
海の仲間達の栄養となってもらうしかありません。

マンボウに別れを告げ、小さな岩の下にいる、フリソデエビを訪問。
ただいま、オレンジ色のヒトデをムシャムシャ食べている最中です。
2016年12月18日富戸3フリソデエビ
イソギンチャクに住んでいるのは、イソギンチャクカクレエビ
2016年12月18日富戸4イソギンチャクカクレエビ
この日は、カエルアンコウ祭り開催中。
まずは、岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
2016年12月18日富戸5ベニカエルアンコウ
続いて、撮りづらい場所に潜む、イロカエルアンコウ
2016年12月18日富戸6イロカエルアンコウ
最後を飾るのは、ダイバーに人気の、クマドリカエルアンコウ
2016年12月18日富戸7クマドリカエルアンコウ
アオウミウシの大・小でこぼこコンビ。
2016年12月18日富戸8アオウミウシ大小
写真映えのする場所で睨みをきかせる、オキゴンベ
2016年12月18日富戸9オキゴンベ
これにて2016年最後のダイビング、無事終了!

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マンボウ  フリソデエビ  イソギンチャクカクレエビ  ベニカエルアンコウ  イロカエルアンコウ  クマドリカエルアンコウ  アオウミウシ  オキゴンベ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 4

2016年富戸12/18-1- 

前週の西伊豆・大瀬崎に続き、2週連続のダイビング
今回は、東伊豆の富戸です。
1本目は、再びフィコカリスシムランスを狙って、ヨコバマへ。

海藻の間をじっくり探しながら移動していると、擬態したコノハガニのメスがいました。
「君じゃないんだよなぁ」と思いながらも、見つけてしまったので
とりあえず撮影。
2016年12月18日富戸1コノハガニ
視線の先で、ユラユラ動くものがいるので、顔を上げると、ホシテンスの幼魚でした。
2016年12月18日富戸2ホシテンス(幼魚)
再び、目を凝らしながら移動中、(たぶん)モクズショイを発見。
体にいろんなものをくっつけすぎて、原型が分からないので、定かではありません。
2016年12月18日富戸3モクズショイ?
そしてついに発見、フィコカリスシムランス
体長3ミリほどでしょうか。緑色の体毛を身につけ、ホワホワと漂っています。
2016年12月18日富戸4フィコカリスシムランス
先週からの鍛錬で、目が慣れてきたせいか、茶色の個体も発見。
これなら、エビの仲間なことがわかるかな?
2016年12月18日富戸5フィコカリスシムランス
フィコカリスシムランスを自力で見つけられて、たいへん満足したので
Oつがいだけで独占せず、他の方に譲りました。
すぐ近くにいた、サキシマミノウミウシ
2016年12月18日富戸6サキシマミノウミウシ
エキジット間際の浅場には、ミツボシクロスズメダイの幼魚が
仲良く泳いでいました。
2016年12月18日富戸7ミツボシクロスズメダイ(幼魚)
2本目はポイントを変えて、脇の浜へ行ってみます。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  富戸  フィコカリスシムランス  コノハガニ  ホシテンス  サキシマミノウミウシ  モクズショイ  ミツボシクロスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2