FC2ブログ
06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2019年富戸12/29-1- 

2019年最後のダイビングは、東伊豆の富戸へ。
ポイントは、ヨコバマです。
エントリーすると頭上には、たくさんのメジナの群れが。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ
まずは、オレンジ色のイロカエルアンコウのおちびさん。
恥ずかしがり屋で、後ろを向いてしまっていました。
2019年12月29日2富戸・イロカエルアンコウ
イロカエルアンコウのそばの、サンゴイソギンチャクの中には
大きなアカホシカクレエビがいました。
2019年12月29日3富戸・アカホシカクレエビ
Oつまが「目の前を何かが動いていたから、とりあえず撮ってみた」
あとから確認すると、なんと極小のヒメイカ(推定2−3ミリ)。
こんなに小さい、しかも移動している個体をよく撮れたなぁ。
2019年12月29日4富戸・ヒメイカ
だいぶ沖側まで移動した場所に、ニシキフウライウオのペアがいました。
2019年12月29日5富戸・ニシキフウライウオのペア
ニシキフウライウオのそばの岩穴には、フリソデエビのペアがいます。
ただ、あまりにも奥過ぎて、これが精一杯。
2019年12月29日6富戸・フリソデエビのペア
帰りがけに見つけた、イガグリウミウシ
2019年12月29日7富戸・イガグリウミウシ
普通種ですが美しい、レンテンヤッコ
このあと隠れてしまって、この1枚しか撮れず。
2019年12月29日8富戸・レンテンヤッコ
最後に、黄色いカエルアンコウ。
最初の個体に比べると、サービス精神があり
撮りやすい場所で、ポーズまで取ってくれています。
2019年12月29日9富戸・イロカエルアンコウ
2本目は、いよいよ2019年最後のダイビングです。
スポンサーサイト



テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 富戸  ダイビング  メジナ  イロカエルアンコウ  アカホシカクレエビ  ヒメイカ  ニシキフウライウオ  フリソデエビ  イガグリウミウシ  レンテンヤッコ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2019年大瀬崎12/1-1- 

最近忙しく、なかなか海に行けませんでしたが
ダイビングをせずに年越しはできないので、西伊豆の大瀬崎へ行ってきました。
1本目に潜ったのは、外海の一本松。
仲良しガイドさん、お久し振りです〜。
2019年12月1日1大瀬崎
砂地まで降りたところで、イラがお出迎え。
2019年12月1日2大瀬崎・イラ
最近では、珍しくなくなってしまった、フィコカリスシムランス
画面中央の、一見ゴミのような、毛むくじゃらのエビです。
2019年12月1日3大瀬崎・フィコカリスシムランス
見慣れていない方には、わかりづらいかもしれないので、ちょっとトリミング。
これでも相当大きめの個体です。
2019年12月1日4大瀬崎・フィコカリスシムランス
ここで、他のグループがやって来たので場所を譲り、沖側に移動を始めると
どこからともなくコロダイが現れ、しばらくOつがいのそばをウロウロ。
2019年12月1日5大瀬崎・コロダイ
見にくいですが、岩穴の奥には、ゴシキエビの子供がいます。
エビは夜行性。ヒゲだけ出して、辺りを警戒中。
2019年12月1日6大瀬崎・ゴシキエビ
そのすぐそばには、ミナミゴンベの幼魚がいました。
2019年12月1日7大瀬崎・ミナミゴンベ
さらに沖側に移動すると、ハタタテハゼの幼魚が。
2019年12月1日8大瀬崎・ハタタテハゼ
なかなか全身を見せてくれない、ミナミギンポ
穴から頭を出したり、引っ込めたり。
2019年12月1日9大瀬崎・ミナミギンポ
とても臆病な、モンスズメダイ。この後、あっという間に隠れてしまいました。
2019年12月1日10大瀬崎・モンスズメダイ
元気に岩の下を出入りしていたのは、カゴカキダイ。
2019年12月1日11大瀬崎・カゴカキダイ
久しぶりの海で、どんなに普通種でも、会えればうれしいOつがい。
少し休憩をして、2本目のダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング    イラ  フィコカリスシムランス  コロダイ  ゴシキエビ  ミナミゴンベ  ハタタテハゼ  ミナミギンポ  モンスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 0

2019年大瀬崎1/14-2- 

早朝ダイビング後、朝食をいただいていると
外海の1本松で、早朝ダイビングをしていたダイバーが
「珍しいエビを見た」と、興奮気味に話しているのが、聞こえてきました。
「バサラカクレエビに似てるんだけど、ちょっと違うんだよなぁ」
これは自分でも確認しなければと、1本松へ向かいます。
2019年1月14日大瀬崎11本松
まずまずの透明度の中、謎のエビを目指します。
2019年1月14日大瀬崎21本松
これです。
確かに、バサラカクレエビに似ていますが、なんだか違う。
エキジット後、現地のガイドさんたちも集まって、喧々諤々。
この日は、ツノメヤドリエビ属の一種ではないか?ということに。
しかし後日、ラオメネスコルヌトゥスだったことがわかりました。
和名がなく、学名で呼ばれている、大瀬崎では大変珍しいエビです。
2019年1月14日大瀬崎31本松・ラオメネスコルヌトゥス
噂を聞きつけた他のダイバーも、続々と集まってきました。
場所を移動し、イソギンチャクエビを撮影。
2019年1月14日大瀬崎41本松・イソギンチャクエビ
イソギンチャク繋がりで、こちらはカザリイソギンチャクエビ
2019年1月14日大瀬崎51本松・カザリイソギンチャクエビ
「他に、誰かいないかなぁ」と、キョロキョロしていると
頭の上に、ホンソメワケベラを従えた、イラが現れました。
2019年1月14日大瀬崎61本松・イラ
花で言えば満開状態の、ナシジイソギンチャク
アヤトリカクレエビが好む、宿主です(この日は不在)。
2019年1月14日大瀬崎71本松・ナシジイソギンチャク
アカホシカクレエビ
最初に珍しいエビを見てしまったため、どうもエビにばかり
目がいってしまいます。
2019年1月14日大瀬崎81本松・アカホシカクレエビ
美しい胸ビレを広げて逃走する、ホウボウ
2019年1月14日大瀬崎91本松・ホウボウ
最後に、伊豆では珍しい南方系の魚、スダレヤライイシモチを見つけました。
2019年1月14日大瀬崎101本松・スダレヤライイシモチ
2019年のダイビングがスタートしましたが、残念ながらこの後しばらく
ダイビングはお休み。
秋頃の復帰を考えています。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ラオメネスコルヌトゥス  イソギンチャクエビ  カザリイソギンチャクエビ  イラ  ナシジイソギンチャク  アカホシカクレエビ  ホウボウ  スダレヤライイシモチ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2018年八幡野9/17-2- 

八幡野のお祭りにぶつかってしまったOつがい、なんとしても14時までに
現地を出発しなければなりません。
大急ぎで、2本目のダイビングをスタート。

まずは割と仲の良い、アカホシカクレエビのペア。
2018年9月17日八幡野1アカホシカクレエビ
真っ赤なイソバナには、透明なイソバナエビがついていました。
2匹います。わかりますか?
2018年9月17日八幡野2イソバナエビ
伊豆海洋公園でも会いました、黒パンツことキツネベラyg。
2018年9月17日八幡野3キツネベラyg
頭上には、ネンブツダイの幼魚が群れています。
2018年9月17日八幡野4ネンブツダイygの群れ
オトヒメベラのメスがいたので、少し後をつけてみると
2018年9月17日八幡野5オトヒメベラ(雌)
やる気満々の、オスが現れました。
この体色、たまりません。
2018年9月17日八幡野6オトヒメベラ(雄)
海藻をめくると、この時期のアイドル、スナビクニンが登場。
2018年9月17日八幡野7スナビクニン
こうして、2本目のダイビング終了。
八幡野に缶詰という事態は、何とか免れました〜。

それでは皆さま、よいお年を。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 八幡野  アカホシカクレエビ  ダイビング  イソバナエビ  キツネベラ  伊豆海洋公園  ネンブツダイ  オトヒメベラ  スナビクニン 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2018年伊豆海洋公園9/9-2- 

伊豆海洋公園合宿も、これが最後のダイビング
最後は、1番周辺を潜ります。

まずは、フタホシキツネベラ(♂)。
「撮って撮って」と言わんばかりに、ダイバーの目の前をウロウロ。
2018年9月9日伊豆海洋公園1フタホシキツネベラ(♂)
暗いところが好きな、ナミマツカサ
この住処も、小さいながら岩穴の奥です。
2018年9月9日伊豆海洋公園2ナミマツカサ
またまた登場、キツネベラyg(黒ぱんつ)。
写真の、ほぼ中央にいます。
2018年9月9日伊豆海洋公園3キツネベラ3
ベンケイハゼyg.
写真中央の岩の裂け目に、逆さまについています。
2018年9月9日伊豆海洋公園4ベンケイハゼyg
yg第3弾、ケサガケベラyg。
小さいのばっかりで、すみません。
写真中央の、黒地に黄色い斑紋です。
2018年9月9日伊豆海洋公園5ケサガケベラyg
ソラスズメダイの群れの中を抜けて、移動。
魚に囲まれるのは、ダイバーの特権ですね。
2018年9月9日伊豆海洋公園6ソラスズメダイの群れ
先ほどのケサガケベラygよりもっと小さい、スミツキベラyg。
写真中央、黒地に白い斑紋です。
2018年9月9日伊豆海洋公園7スミツキベラyg
ygは、あまりにもわかりづらいので、ベンケイハゼ成魚。
これなら見えますか?
2018年9月9日伊豆海洋公園8ベンケイハゼ
最後も小さな小さな、トカラベラyg。
写真中央、白と黒の不規則なストライプ柄です。
2018年9月9日伊豆海洋公園9トカラベラyg
季節柄、幼魚中心のダイビングとなりました。
どれも一応、ピントは合っているのです。
コンデジ+老眼には、それだけで精一杯(笑)

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 伊豆海洋公園  フタホシキツネベラ  ナミマツカサ  キツネベラ  ケサガケベラ  ベンケイハゼ  ソラスズメダイ  スミツキベラ  トカラベラ  ダイビング 

[edit]

trackback: -- | comment: 8