fc2ブログ

タグ:「タテジマキンチャクダイ」

2022年富戸12/29-1-

2023.05.21(Sun) | EDIT

2022年最後のダイビングは、東伊豆の富戸です。
1本目は、ヨコバマ。
最初に見つけたのは、海藻に囲まれた場所に隠れている、イロカエルアンコウ
2022年12月29日富戸1イロカエルアンコウ
シマキッカイソギンチャクに住む、イソギンチャクカクレエビのペア。
2022年12月29日富戸2イソギンチャクカクレエビ
季節来遊魚の、タテジマキンチャクダイyg。
水温が高いので、まだ元気です。
2022年12月29日富戸3タテジマキンチャクダイyg
シャイで、なかなか岩穴から出てきてくれない、マツカサウオyg。
2022年12月29日富戸4マツカサウオyg
こちらもシャイで、カメラを向けると反対側を向いてしまう、イバラタツ
2022年12月29日富戸5イバラタツ
昔は、伊豆でクマドリカエルアンコウが現れると、水中に行列ができたものです。
最近では、レギュラーメンバーの扱いになってきました。
だいぶ身体が大きくなって、ゴツゴツし始めています。
2022年12月29日富戸6クマドリカエルアンコウ
休憩中の、タカノハダイ。
魚屋で見かけることは少なくても、食べれば美味しい魚です。
2022年12月29日富戸7タカノハダイ
ミチヨミノウミウシのペア。
とても綺麗なウミウシですが、とにかく小さい。
2022年12月29日富戸8ミチヨミノウミウシ
これも季節来遊魚の、ロクセンフエダイ
南国では、群れでよく見られます。
2022年12月29日富戸9ロクセンフエダイ
シロミノウミウシ。
これも小さい。普通はコンデジでこのサイズは狙いません(笑)
2022年12月29日富戸10シロミノウミウシ
トゲトサカの中に隠れていることが多い、イソコンペイトウガニ
この子は上に乗っていて、わかりやすかったです。
2022年12月29日富戸11イソコンペイトウガニ
1本目終了。
次は、2022年最後のダイビングです。
スポンサーサイト



2020年富戸12/6-2-

2021.05.29(Sat) | EDIT

2本目も、ヨコバマで潜ります。
潜行し水面を見上げると、一面キビナゴの群れ。
2020年12月6日1キビナゴの群れ
ウメイロモドキの幼魚が、あちこちにいます。
久しぶりに潜ったOつがいには、ちょっと寒く感じますが
南方系の魚が元気に泳ぎ回っているので、水温はまだまだ高いようです。
2020年12月6日2ウメイロモドキ
擬態中のオオモンカエルアンコウ。上手いですよねぇ。
2020年12月6日3オオモンカエルアンコウ
こちらは胸鰭が特徴的な、キリンミノ
2020年12月6日4キリンミノ
クマドリカエルアンコウは、いつも撮りづらい場所にいます。
2020年12月6日5クマドリカエルアンコウ
こちらも南方種の、クダゴンベ
昔は伊豆にクダゴンベが現れたら、大騒ぎだったものですが
だんだんと「ちょっと珍しい魚」くらいに格下げされてきています。
2020年12月6日6クダゴンベ
砂だまりには、アカハチハゼがいました。こちらも南方種。
2020年12月6日7アカハチハゼ
中層を元気に泳ぎ回る、マダラタルミの幼魚。
2020年12月6日8マダラタルミの幼魚
擬態の達人、イソコンペイトウガニ
写真中央にいて、こちらを見ていますが、わかりますか?
2020年12月6日9イソコンペイトウガニ
岩の亀裂の中を泳ぎ回る、タテジマキンチャクダイの幼魚。
2020年12月6日10タテジマキンチャクダイの幼魚
可愛い、ツユベラの幼魚。
2020年12月6日11ツユベラの幼魚
これにて、2020年のダイビングは終了。
2021年は、もっとダイビングができるようになるといいなぁ。

大瀬崎11/30-3-

2015.05.17(Sun) | EDIT

2本目は、外海のポイント、門下へ。

エントリーし、最初に出会ったのは、大きなニシキウミウシ
11月30日大瀬崎ニシキウミウシ
2個体いると聞いていた、オオモンカエルアンコウ
1個体目は、体操選手が吊り輪をやっているような姿勢で、鎮座。
11月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ1
体色の綺麗な、クマノミの幼魚がいました。
11月30日大瀬崎クマノミ
岩の上を移動中の、セスジミノウミウシ
11月30日大瀬崎セスジミノウミウシ
セスジミノウミウシがいた岩には、他にも綺麗なものが一杯。
こちらは、ハネウミヒドラ。
11月30日大瀬崎ハネウミヒドラ
そして、ウミトサカの仲間。
11月30日大瀬崎ウミトサカの仲間
いい場所に隠れていてくれた、オキゴンベ
11月30日大瀬崎オキゴンベ
ミチヨミノウミウシ
とても綺麗なんですが、小さくて撮りづらいのが玉にきず。
11月30日大瀬崎ミチヨミノウミウシ
こちらは、お約束のアカホシカクレエビ
11月30日大瀬崎アカホシカクレエビ
2個体目の、オオモンカエルアンコウ
11月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ2
少し前、どこにもピントを合わせない「ソウル」という撮り方が
一部水中写真家の間で流行っていたので、Oつがいも挑戦してみました。
タテジマキンチャクダイ(幼魚)の、ソウル。
体の模様が、書道家が書いた文字のようになりました。
11月30日大瀬崎タテジマキンチャクダイ(幼魚)1
実際のタテジマキンチャクダイ(幼魚)は、こんな感じの魚です。
11月30日大瀬崎タテジマキンチャクダイ(幼魚)2
浅場に戻ってきたところで見つけた、フリエリイボウミウシ
このウミウシは、あまり動かないので、写真の練習にはもってこいなのですが
いる場所が地味なことが多く、撮っても撮っても、絵にならない・・・
11月30日大瀬崎フリエリイボウミウシ
エキジット間際、いつものようにヒメギンポの観察。
婚姻色が見事なことで知られています。
まずは、大きく口を開けたオスを発見。
11月30日大瀬崎ヒメギンポ(♂)
すぐ近くに、メスがいました。
ただ、オスの場所からは、死角になっています。
11月30日大瀬崎ヒメギンポ(♀)
このオスとメスが、出会えたのか?
気になりますが、最後まで見届けられず、無念のエキジットとなりました。

伊豆海洋公園1/5-2-

2014.04.21(Mon) | EDIT

2本目のダイビングは、久しぶりに1番へ。
1番の先端に行くと、早速シャッターチャンス。
タテジマキンチャクダイの幼魚とタキゲンロクダイの幼魚が、2ショットで泳いでいます。
しかしカメラを構えた途端、2匹はあっという間に、別々の方向へ。
仕方がないので、1人1種を担当することにしました。
o妻が担当したのは、タテジマキンチャクダイの幼魚。
1月5日IOPタテジマキンチャクダイ(幼魚)
そしてo夫が担当したのは、ピューッと逃げる、タキゲンロクダイの幼魚。
1月5日IOPタキゲンロクダイ1
最終的に、タキゲンロクダイの幼魚が逃げ込んだのは、ワタトリカイメンの中。
ここに逃げ込んだら、o夫がいる間は、出てきてくれない・・・
1月5日IOPタキゲンロクダイ2
タキゲンロクダイを諦め、近くにいた、ナガサキスズメダイに狙いを変更。
1月5日IOPナガサキスズメダイ
少し場所を移動したところに、オグロベラがいました。
綺麗な魚なのでキッチリ撮りたいのですが、本当にベラは難しい~。
1月5日IOPオグロベラ
1番の先端は、幼魚天国。
キンチャクダイの幼魚もいました。
1月5日IOPキンチャクダイ(幼魚)
さらに、黒パンツこと、キツネベラの幼魚も発見。
1月5日IOPキツネベラ(幼魚)
根の上に上がったところで、いい場所にいる、オキゴンベの幼魚を見つけました。
1月5日IOPオキゴンベ
砂溜まりにいた、マルソデカラッパ
久しぶりに見ました。
まるで「うぷぷ」と笑っているように見えます。
1月5日IOPマルソデカラッパ1
撮り放題なので、後姿も押さえておきました。
1月5日IOPマルソデカラッパ2
ずいぶん長い間、観察され続けている、ゴールデンヒラメ
正月早々、縁起がよさそう。
1月5日IOPゴールデンヒラメ
浅場には、イロカエルアンコウがいました。
海洋公園的には「ベタ凪」ですが、海洋公園以外のポイントなら
「ウネリあり」の海況なので、撮影には腕力がいります(笑)
1月5日IOPイロカエルアンコウ
2本目も、ベニシボリで時間調整。
1月5日IOPベニシボリ2本目
最後は、海藻の森に身を隠す、ムカデミノウミウシ。
1月5日IOPムカデミノウミウシ
久しぶりに1番で潜りましたが、幼魚がいっぱいで、楽しいですね。

神津島11/9-5-

2012.02.09(Thu) | EDIT

3本目のダイビングポイントへ移動中の、風景です。
岩肌が黒くなっているのが、見えるでしょうか。
黒曜石の地層です。
黒曜石
この、神津島産の黒曜石で作られた矢じりが、なんと海を隔てた
東京の多摩地区や埼玉、茨城、三重県と、広範囲にわたる地域の
旧石器時代~縄文時代の遺跡から、見つかっているそうです。
ちなみに、旧石器時代に舟が存在した証拠は、まだ見つかっていません。
ロマンをかきたてられますねぇ。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR