fc2ブログ

2017年大瀬崎3/12-1-

2018.01.18(Thu) | EDIT

2/26の、赤沢でのダイビングがイマイチだったので
今回は、安心確実の西伊豆、大瀬崎へ。
1本目のポイントは、外海の1本松です。

エントリーし、砂地の上を移動している時、スナダコの巣を見つけました。
脚が、まるでカツラみたい・・・
2017年3月12日 大瀬崎1スナダコ
普通種のアオウミウシも、見つけるとつい撮ってしまいます。
2017年3月12日 大瀬崎2アオウミウシ
そして定番のクマノミ。
2017年3月12日 大瀬崎3クマノミ
ヨシオキヌヅツミ
美しい模様と形に、うっとり見とれてしまいます。
2017年3月12日 大瀬崎4ヨシオキヌヅツミ
イイジマフクロウニには、ゼブラガニがついていました。
2017年3月12日 大瀬崎5ゼブラガニ
少し深場に住むウミウシ、カナメイロウミウシ。
2017年3月12日 大瀬崎6カナメイロウミウシ
アカホシカクレエビを撮影中に
2017年3月12日 大瀬崎7アカホシカクレエビ
なんだか左手がピリピリした、O夫。
下を見ると、何もいない。
もう一度、アカホシカクレエビを撮影しようと手をつくと
また、ピリピリします。
「もしや」と思い、砂を掘ってみると、シビレエイが現れました。
乗っかっちゃって、ごめんね。
2017年3月12日 大瀬崎8シビレエイ
擬態上手の、ホリキヌヅツミ
ついているムチヤギのポリプが開いていたら、もっと分かりにくかったはず。
2017年3月12日 大瀬崎9ホリキヌヅツミ
シュスヅツミも、美しい模様だけでなく、小さな帆の付いた形が
可愛らしくて、お気に入りの貝です。
2017年3月12日 大瀬崎10シュスヅツミ
ホリキヌヅツミに負けない、擬態の名人
ハナヤカケボリ
2017年3月12日 大瀬崎11ハナヤカケボリ
体をおもいっきり伸ばしている、サガミリュウグウウミウシ
2017年3月12日 大瀬崎12サガミリュウグウウミウシ
背伸びをした後、向かった先には、ナマコがいます。
2017年3月12日 大瀬崎13サガミリュウグウウミウシ
どうするのか見ていたら、そのまま、ずかずかとナマコの上を通過。
2017年3月12日 大瀬崎14サガミリュウグウウミウシ
こちらは、別個体のナマコ。
イソギンチャクに襲われているようにも、マッサージされているようにも見えます。
2017年3月12日 大瀬崎15ナマコ
何度見ても、どこが頭なのかわからない、ドトラケモサ
おそらく4個体が集まっており、一番上に見える白い塊は
卵塊です。
2017年3月12日 大瀬崎16ドトラケモサ
スミゾメミノウミウシ
こちらにも、ピンク色の卵塊が産み付けられています。
2017年3月12日 大瀬崎17スミゾメミノウミウシ
砂地にポツンと寂しそうな、トラギスの子供。
2017年3月12日 大瀬崎18トラギス
シロハナガサウミウシ
真っ白で綺麗ですが、こいつが大発生すると、ユビノウトサカが食べ尽くされてしまい
それを住処とする、ウズラモエビなどが住めなくなりますので、要注意。
2017年3月12日 大瀬崎19シロハナガサウミウシ
大瀬崎は、いつ潜っても生物がたくさんいて、いいですね!
スポンサーサイト



大瀬崎7/20ナイトダイビング-1-

2014.10.20(Mon) | EDIT

夕食の後は、いよいよナイトダイビングです。
いつものように、長い時間のんびりと潜りましたので
前半と後半の二回にわけて、更新します。

夜の湾内にエントリーし、一気に砂地へ。
今回は、湾内の右側を散策してみます。
最初に現れたのは、ホウボウ
逃げる時に、この美しい胸鰭を広げてみせて?くれます。
7月20日大瀬崎ナイトホウボウ
夜行性の魚、ハチ
普段は砂の中に潜っていますが、夜や、昼間でも薄暗い時などは
こうして出てくる時があります。
7月20日大瀬崎ナイトハチ1
ホウボウと同じカサゴ目の仲間で、やはり胸鰭を広げて逃げるのですが
Oつがいに見つかると、砂の中に潜っていってしまいました。
ハチは、背鰭に毒があり、不用意に手をついたりしないよう
気をつけなければいけません。
7月20日大瀬崎ナイトハチ2
砂の中から顔を出しているのは、マッキーくらいの太さの
ホタテウミヘビの幼魚。
7月20日大瀬崎ナイトホタテウミヘビ(幼魚)
石をはさんで、綺麗に整列していた、トラギスメゴチ
急に現れたOつがいに驚いたのか、手前のトラギスが「ん?」って顔で見ています。
7月20日大瀬崎ナイトトラギス&メゴチ
スナダコがいました。
貝に擬態しているのかな?
思いっきりバレていますが・・・
7月20日大瀬崎ナイトスナダコ
昼でも夜でも、ここにいるので、探す必要がない、ガラスハゼ
7月20日大瀬崎ナイトガラスハゼ
チョロチョロ動く、小さなイカの幼体を見つけました。
これは、何イカなんだろう?
7月20日大瀬崎ナイトイカの幼体
今度は、大きなオトヒメエビがいました。
体色が紅白で、おめでたい。
7月20日大瀬崎ナイトオトヒメエビ
着底し、お休みモードのキタマクラ
体色が、ナイトバージョンになっています。
鼻ちょうちんでも描いてあげたいくらいの、熟睡っぷり。
7月20日大瀬崎ナイトキタマクラ
ちょうど砂から出てきた、エビ。
サルエビかな?似たようなエビが他にもいるので
ちょっと、わかりません。
7月20日大瀬崎ナイトサルエビ1
しばらく見ていると、砂から這い出て、スタスタ歩いていってしまいました。
7月20日大瀬崎ナイトサルエビ2
前半は、ここで終了。
後半は、浅場で見つけた生物をご紹介します。

浮島ナイトダイビング5/3-2-

2014.07.09(Wed) | EDIT

それでは、浮島ナイトダイビング後編です。
浮島のナイトで、やたらと見かけるのが、このハオコゼ。
この日の個体数は、いつもより少な目でした。
5月3日ハオコゼ
前半で登場したのとは別個体の、スナダコ
5月3日スナダコ2
何故か、小さなイカやタコに好かれる、Oつま。
この日も、Oつまの指の間に、逃げ込んできました。
返してあげようと、手を砂に突っ込んでも、なかなか離れてくれません。
5月3日スナダコ3
常連のハオコゼを、あまり見かけない代わりに
たくさん見かけたのが、クロヘリアメフラシ
小さな目が、キュートです。
クロヘリアメフラシ1
「う~ん」と、思いっきり伸びをしている個体もいました。
5月3日クロヘリアメフラシ2
砂から顔を出しているのは、ホタテウミヘビの子供。
あどけない表情が、かわいいです。
5月3日ホタテウミヘビ
ナイトダイビングの定番、ミナミロウソクエビ
5月3日ミナミロウソクエビ
砂地を移動中のウミウシ2種。
まずは、マンリョウウミウシの幼体。
5月3日マンリョウウミウシ
もう1個体は、人気薄の、ウミフクロウ
確かに、地味ですね。
5月3日ウミフクロウ
この日、とにかく数が多かったのは、ヒラタエイ。
何個体もが、Oつがいの周りを、ビュンビュン泳ぎ回っていました。
5月3日ヒラタエイ
ガレ場には、ロウソクエビがいました。
5月3日ロウソクエビ
再び砂地に戻ったところで、この日の大ヒット、シマウシノシタを発見。
O夫、この魚好きなんですよね~。
久しぶりに見ました。
5月3日シマウシノシタ
もう、エキジットしなければいけない時間なのですが
帰り道で、次々、被写体を見つけてしまい、なかなか先に進めません。
海藻についていた、アズキウミウシに寄り道。
5月3日アズキウミウシ
今度は、ヨツハモガニ
「ガオ~」と、ハサミを振り上げ、威嚇中。
5月3日ヨツハモガニ
立ち上がれば、顔が出てしまくらいの浅場で
アイゴが、爆睡しています。
5月3日アイゴ
やっと、エキジット。
結局、潜水時間96分と、ちょっと長めのダイビング。
ダイビングサービスのスタッフも、すでに帰っていました(笑)

浮島ナイトダイビング5/3-1-

2014.07.05(Sat) | EDIT

雲見から、いったんダイビングショップに戻ったOつがいは
夕方ふたたび店を出て、浮島にやってきました。
これより、ナイトダイビングです。
きれいな夕日を見ながら、浮島ビーチにエントリー。
5月3日浮島の夕日
まず刺さってしまったのが、ワレカラ
岩の上で「ハッ」と、ポーズを決めています。
武道の鍛練中でしょうか?
5月3日ワレカラ1
もう一個体のワレカラは、ウォータースライダーならぬ
海藻のスライダーで、遊んでいるよう。
5月3日ワレカラ2
しばらく、ワレカラで遊んだ後、沖に向かって移動して行くと
大きな魚の群れを、見つけました。
が、何か変・・・近づいてみたら、鯉のぼりでした。
5月ですもんね~。
5月3日鯉のぼり
陽もすっかり落ちて、ここから、本格的なナイトダイビングです。
この日、やたら見かけたのが、アシナガモエビモドキ
特に珍しい訳ではないのですが、ついつい撮ってしまい
しかも、上手く撮れたためしがないという、Oつがいの宿題種。
5月3日アシナガモエビモドキ
海藻に、何か付いていないか見ていたら
ミドリアマモウミウシを、見つけました。
極小ですが、立派な成体。すぐそばに、卵塊もあります。
5月3日ミドリアマモウミウシ&卵塊
砂地にポトリと落ちていた、エビジャコの仲間。
地味な身体に散らばる、メタリックブルーの星が魅力です。
Oつがいにとっては、特に珍しい種ではないのですが
雲見のガイドさんが
「スゲー、カッコいい」と、異常に興奮していました。
5月3日エビジャコの仲間
サクラミノウミウシ
ナイトバージョンなのか、昼間見る個体と比べると
どこか、キラキラした感があります。
5月3日ナイトサクラミノウミウシ
海藻をくわえて就寝中の、アミメハギ
こちらも、体色がナイトバージョン。
5月3日アミメハギ
浮島でのナイトダイビングでは「これでもか」というくらい、たくさん出会う、バイ貝
大瀬崎や、東伊豆でナイトダイビングをしても、そんなに見た記憶がありません。
浮島でやたら繁栄しているのか、それとも他の場所で潜っている時は
Oつがいが他の生物に夢中で、気がついていないだけなのか?
5月3日バイ貝
海藻に隠れていた、アナハゼの仲間の幼魚。
5月3日アナハゼの仲間
先ほどのアミメハギは、就寝中でしたが
こちらのヨソギは、そろそろ寝るかと、ロープをくわえようとしたところで
Oつがいに出会ってしまったようです。
ビックリさせて、ゴメンナサイ。
5月3日ヨソギ
貝にでも擬態しているのか、砂の上で、ポーズを取るスナダコ
何だか、置物みたい(笑)
5月3日スナダコ1
とても長いダイビングになったので、ここまでを前半として終了。
次回は、後編をお送りします。

八幡野11/16-ナイトダイビング-

2014.01.20(Mon) | EDIT

10/13日に、西伊豆の獅子浜で、無事ダイビングに復帰したOつまですが
10/20、千葉の波左間の予定が、台風26号で中止。
10/27、南伊豆の神子元が、台風27号により断念・・・
そして、ひと月以上たった11/16に、やっと東伊豆の八幡野で
復帰第二弾の、ダイビングとなりました。

この日は紅葉渋滞にはまり、ナイトダイビングがスタートする、17時を
ちょっと過ぎてしまいました。
急いで支度をととのえ、海を見ると、かなりのうねり。
浅場は厳しそうなので、6月にOつまが、カエルアンコウのホワイティを
見つけたあたりへ、行ってみることにしました。

エントリーしてみると、深度を下げても、かなり揺れています。
結局、うねりが弱まったのは、20mを越えた、砂地のあたり。
「さて、砂地の生物探し・・・」と思ったら、すぐにカスザメを発見。
11月16日カスザメ1
口で、ハナヤギを咥えながら眠る、ヨソギ
強いうねりで、右に左に振られていますが、ハナヤギを口から離しません。
こんな状態で、眠れているんでしょうか?
寝ているヨソギ
再び、砂地エリアに戻ると、巨大なヒラメがいました。
IOPのガイドさんによると、大きなヒラメは、回転ずしが仕入れていき
小さなヒラメは、料亭が仕入れていくそうです。
このヒラメは、もちろん、回転ずし行きのサイズ。
11月16日ヒラメ
巨大ヒラメのそばには、2個体目の、カスザメがいました。
11月16日カスザメ2
さらにそのそばには、3個体目のカスザメ
何だか、カスザメ祭りの予感(笑)
11月16日カスザメ3
「カスザメは、もういいかなぁ」などと、贅沢な事を考えていると
珍しい、マルコブカラッパを発見。
「あっ、見つかっちゃった」って感じが、たまらなくキュートです。
11月16日マルコブカラッパ
そろそろ、浅場へ移動します。
激しいうねりの中、水中ライトの光の中を横切ったのは
こちらも珍しい、マメダコ
Oつがいに見つかり焦っているのでしょう、体には蛍光緑の斑紋が出ています。
11月16日マメダコ1
しばらく追尾すると、観念したかピタッと止まり、体を大きく見せ
精一杯の威嚇ポーズ。
体の斑紋は、蛍光緑から、白へと変化。
11月16日マメダコ2
だいぶ水深を上げてきて、さらにうねりが強くなってきました。
ヤギについていたツノガニを、執念で撮影するも、体を固定できず
ピンボケを量産。
11月16日ツノガニ1
必死にツノガニを撮っている、すぐ下では
セミエビが「何やってんだか」って感じで、Oつがいを見ています。
11月16日セミエビ
もう1個体、ツノガニがいました。
11月16日ツノガニ2
砂地を徘徊中の、ノコギリガニのオス。
Oつがいが近づくと、両ハサミを「ウォ~」と振りかざして、威嚇してきます。
11月16日ノコギリガニ(♂)
狭い岩の隙間に、体を押し込み眠る、ブダイ
いびきが聞こえてきそうです。
11月16日ブダイの寝姿
昼間は暗がりにいるイセエビが、夜は堂々と、表に出てきています。
11月16日イセエビ
そろそろエキジットという時、ふとOつまが自分の手を見ると
スナダコがくっついているのに、気づきました。
掌のスナダコ
このまま海から上がる訳にはいかないので、離れてもらおうとするものの
よほどこの場所が気に入ったのか、更に指の間にもぐりこみ、断固拒否のかまえ。
指の間のスナダコ
散々苦労しましたが、何とか本来の場所へ、戻ってもらいました。
自然に帰るスナダコ
海況は、あまりよくありませんでしたが、やっぱりナイトダイビングは面白い!

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR