09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

雲見5/3-1- 

GWに、西伊豆の雲見へ、潜りに行ってきました。
1本目は、牛着岩の島裏から、H型のアーチ→-24mブイのルートです。
潜行し、最初に出会ったのは、コケウツボ
牙がはみ出して、一見すごく怖そうですが、実は臆病者です。
5月3日コケウツボ
最初に出会ったウミウシは、サクラミノウミウシ
5月3日サクラミノウミウシ1
島裏から、H型アーチのあたりは、魚影も濃いです。
サクラミノウミウシの上には、クロホシイシモチが、ぐっちゃりと群れています。
5月3日クロホシイシモチの群れ
群れを見ながら、少し移動したところに、もう一個体いました。
5月3日サクラミノウミウシ2
岩の隙間に、体をめり込ませていて、撮影しづらかった、フチベニイロウミウシ
5月3日フチベニイロウミウシ
綺麗な、ハナイロウミウシもいました。
5月3日ハナイロウミウシ
1本目いちばんのお目当てだった、ハナタツ
5月3日ハナタツ
少し引いてみたら、ちょうど頭上をアオウミウシが移動中。
2匹絡めて撮りたかったのに、移動スピードが速いアオウミウシの
お尻しか映っていない、中途半端な写真になってしまいました。
5月3日ハナタツ&アオウミウシ
普通種、シロウミウシ
伊豆基本4種と呼ばれているうちの、1種です。
5月3日シロウミウシ
一方こちらは、まだ和名のないウミウシ。
ダイバーの間では、ワライボヤマツカサウミウシと、呼ばれています。
5月3日ワライボヤマツカサウミウシ
コケギンポ
やっぱり、全身を出してしまうと、ちょっと残念な感じです。
5月3日コケギンポ
これも普通種ですが、イソカサゴ
5月3日イソカサゴ
安全停止中のアイドル、マツバギンポ
残念ながら、うねりがあったため、ちょっとピン甘。
5月3日マツバギンポ
寄生虫(白い矢印のところ)が体についている、トラウツボ。
かゆいのか、しきりにその部分を岩に擦りつけるのですが
そのたびにチョロチョロと移動されてしまい、イライラしているようです。
5月3日トラウツボと寄生虫
1本目のダイビング終了。
2本目は、ウミウシと貝ばかりのダイビングです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: サクラミノウミウシ  ハナイロウミウシ  ハナタツ  シロウミウシ  ワライボヤマツカサウミウシ  マツバギンポ  コケウツボ  フチベニイロウミウシ  コケギンポ  イソカサゴ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

獅子浜1/27-1- 

大瀬崎で潜った翌週、同じ西伊豆の、獅子浜に行ってきました。

早速エントリーし、シルトの斜面を潜行して、まずは獅子浜のアイドル
ヒメハナダイを撮りました。
ヒメハナダイ
シルトの上に、ちょこんと乗っているのは、コモチジャコ
たいへん地味~な魚ですが、実はとても珍しく
Oつがいも、獅子浜以外では、まだ見たことがありません。
コモチジャコ
何もない砂地にポツンといる印象がある、カエルアンコウですが
この個体は、綺麗なイソギンチャクを、周囲にあしらっていました。
カエルアンコウ
ロッククライミング中?の、オトヒメエビ。
手前にいるのは、ガンガゼ。
せっかくなので、2ショットで、撮ってみました。
オトヒメエビ
岩の上を移動中の、シロウミウシ
シロウミウシ
擬態上手の、イソコンペイトウガニ
目を離すたびに見失い、被写体とカメラのモニターを、何度も確認しながら撮影。
じつにカメラマン泣かせです。
イソコンペイトウガニ
浅場の砂利の上をのんびり移動中の、アカエラミノウミウシ
アカエラミノウミウシ
剃り込みのあるラッパウニを覗いてみると、ゼブラガニがいました。
ゼブラガニ
O夫の最近のマイブーム、キンセンイシモチ
ただ、O夫が探しているのは、写真のドットタイプではなく
南方種の、ラインタイプです。
伊豆では、なかなかラインタイプが、見つかりません。
キンセンイシモチ
稀種、イナバミノウミウシ
初めて見ました。
肉眼ではとても認識できない、極小サイズ。
イナバミノウミウシ
この時期限定、やはりとても小さな、フジエラミノウミウシ。
獅子浜で、こんなにウミウシを見たのは、初めてです。
フジエラミノウミウシ
大瀬崎とは生物層が違うので、潜り比べると楽しい、獅子浜。
しかし、何故かOつがいが訪れると、決まって透明度が落ちるのです(笑)

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ヒメハナダイ  コモチジャコ  カエルアンコウ  シロウミウシ  イソコンペイトウガニ  アカエラミノウミウシ  ゼブラガニ  キンセンイシモチ  イナバミノウミウシ 

[edit]

大瀬崎5/20-1- 

西伊豆の、大瀬崎で潜ってきました。
今回もO夫は、借り物のパナソニックTZ3。
早く、SP350の修理が終わって、帰ってきてほしいです。

さて1本目は、先端へ。
深度を下げていくと、綺麗な黄色いスナイソギンチャクのすぐそばに
ハクセンアカホシカクレエビが、いました。
この深度で粘る気はなく、証拠写真程度。
ハクセンアカホシカクレエビ
すぐそばでは、コモンウミウシが移動中。
コモンウミウシ
ナガハナダイのいる深度まで、やってきました。
たくさんいるのですが、みんな活発で、相変わらずうまく撮れません。
特に水温が上がってきたころのハナダイは、難しいです。
ナガハナダイ
ナガハナダイの群れのそばには、マトウダイもいました。
マトウダイ
さあ、そろそろ、深度を上げないと。
浅場では、シマウミスズメが泳いでいました。
シマウミスズメ
砂地を這っていたのは、シロウミウシ
先ほどのコモンウミウシと共に、ウミウシ伊豆基本4種のうちの、1種です。
シロウミウシ
ガンガゼ地帯に、やってきました。
ガンガゼに守られるように、ムスメウシノシタが隠れています。
ムスメウシノシタ
ミヤケテグリがいました。
こちらも、ガンガゼの奥深くでくつろいでおり、撮りづらい。
ミヤケテグリ
O夫が、岩の隙間を覗きこむと、何かいたので
取りあえずシャッターを切った途端、岩の奥へ逃げ込んでしまいました。
浮上してから写真を確認したところ、シュンカンハゼと思われます。
名前の通り、一瞬の出会いでした。
シュンカンハゼ
いつものように、浅場チェック。
今回は、ヒメユリハゼがいました。
ヒメユリハゼとソラスズメダイ
ハナダイは深度が深くなりがちなので、なかなか粘れないのが
難点です。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハクセンアカホシカクレエビ  コモンウミウシ  ナガハナダイ  マトウダイ  シマウミスズメ  シロウミウシ  ムスメウシノシタ  ミヤケテグリ  シュンカンハゼ  ヒメユリハゼ 

[edit]