09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2016年モナリザン10/12 

先日、巨峰を送ってくれたJUNちゃんと、川崎で1番古いイタリア料理店の
モナリザン」へ、行ってきました。
2016年10月12日モナリザン1
本日は、エビスで乾杯。
2016年10月12日モナリザン1エビス生
アミューズからして、白身魚とミニトマトの粒マスタード和えと
気が利いています。
2016年10月12日モナリザン2アミューズ
まずは、香草が効いた定番、ガーリックトーストスティック(2本)。
4本入りのグランデもあります。
2016年10月12日モナリザン3ガーリックトーストスティック
小ヤリイカのセモリナ粉揚げ。軽い食感で、お酒も進みます。
2016年10月12日モナリザン4小ヤリイカのセモリナ粉揚げ
秋のおすすめメニューより、柿とカブのサラダ。
2016年10月12日モナリザン5柿とカブのサラダ
本日の1品料理より、自家製 田舎風パテ。
マリネした豚肉や鶏レバーなどで作られた、本格派です。
2016年10月12日モナリザン6自家製 田舎風パテ
もう1皿、本日の1品料理より
ヒラメのカルパッチョ・イチジクとイタリア産魚醤のソースで。
2016年10月12日モナリザン7ヒラメのカルパッチョ
ワインも、秋のおすすめメニュー。
イタリア・シチリア州の赤ワイン。ネーロ・ダーヴォラをセレクト。
2016年10月12日モナリザン8ネーロ・ダーヴォラ
モナリザンオリジナル、グラタン風スパゲティ、キャセロール・スパゲティ
こういう料理もあるところが、気取りがなくて、いいんです。
2016年10月12日モナリザン9キャセロール・スパゲティ
3皿目の、本日の1品料理、栗のニョッキ。
北イタリア産の栗の粉や、マロンペーストなどを使った自家製のニョッキを
バターとセージで香り良く仕上げ、フランス産の栗のリキュールを隠し味に使った
こだわりの逸品だそうで、これが絶品。
2016年10月12日モナリザン10栗のニョッキ
ネーロ・ダーヴォラがなくなったので、ハウスワインの白を追加。
2016年10月12日モナリザン11ハウスワイン(白)
本日の1品料理は、さすがにどれも美味しく、止まらなくなりました(笑)
もう1皿、アマトリチャーナ
地震で大きな被害を受けた、ローマ郊外アマトリーチェの郷土料理で
豚ほほ肉の塩漬け、トマトソース、羊乳チーズのパスタです。
この料理を注文すると、お客から100円、お店から100円の募金がされ
たまった募金を、イタリア赤十字に送金することになっているそうです。
2016年10月12日モナリザン12アマトリチャーナ
最後に、秋のおすすめメニューから、5種類のキノコのリゾットをチョイス。
モリーユ茸と、じっくり煮出した鶏の出汁で炊き上げたリゾットに
それぞれ、味と食感の違うキノコが添えられています。
2016年10月12日モナリザン135種類のキノコのリゾット
モナリザン、いつ行っても常に新しいメニューがあって
しかも、どれも美味しい。
おすすめのお店です。
スポンサーサイト

テーマ: 外食グルメ

ジャンル: グルメ

タグ: モナリザン  エビス  イタリアン  シチリア  赤ワイン  キャセロール・スパゲティ  白ワイン  アマトリチャーナ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

Osteria galileo-オステリア・ガリレオ- 

この日は、Oつまの弟さんと、食事に行ってきました。
会場は、川崎のチネチッタの中にある、オステリア・ガリレオ
オーナーは、イタリアナポリ出身です。
オステリアガリレオ外観
店内は、なかなかいい雰囲気。
オステリアガリレオ店内
まずは、生ビールで乾杯。メーカーはアサヒでした。
ガリレオはアサヒ
あっという間に飲み干して、次はイタリアのビール
Birra moretti(モレッティ)を、注文。
Birra moretti
注文は、やはり自慢のナポリ料理を中心に。
Trippa alla napoletana(牛のモツのトマト煮込みナポリスタイル)
もちろん臭みなどなく、旨みが濃くて、とても美味でした。
Trippa alla napoletana
オーナーが「是非、一緒にフォカッチャをどうぞ」と言うので
「でも色々食べたいから、お腹一杯になると困るなぁ」
「じゃあ、ちょっとだけ持ってきてあげましょう」
そして、やって来たのがこちら・・・
フォカッチャの欠片
もちろんこれは冗談で、別の手に、ちゃんと一皿を隠し持っていました。
Focaccia della casa(ガリレオの自家製フォカッチャ
モチモチして、とても美味しい!
Focaccia della casa
数量限定の、スペシャルメニューからの一品
ムール貝とズッキーニのタランティーナ。
ニンニク、唐辛子で風味を付けた、白ワインベースの少し辛味のあるソースが特長。
パスタは、フジッリです。
ムール貝とズッキーニのタランティーナ
赤のボトルワインのお勧めを聞いたら、こちらが運ばれてきました。
la natura NERO D'AVOLA SICILIA。
後で調べたら、シチリア産の有名なオーガニックワインだそうです。
お勧め赤ワイン
Pizza Campagnola(季節の野菜のナポリ風田舎ピッツァ)
ハート形をした、手作り感あふれるピッツア。
Pizza campagnola
美味しい料理に、気づけばボトルが空になってしまったので
白のグラスワインを注文。
グラスワイン(白)
Pesce Spada alla 'Acguapazza(in bianco)
メインは、カジキマグロのアクアパッツァ。
ビアンコとロッソの2種から、前者を選びました。
味付けは白ワイン、ケーパー、オリーブ、チェリートマト。
Pesce Spada allaAcquapazza(in bianco)
お腹も程よく一杯になり、食後酒を選んでいると、オーナーがやってきて
「今、ティラミスを作ったから、食べていってよ」
ナイショの話ですが、実はオーナーからのサービスでした。
出来立てのティラミス
出来立てのティラミスをいただきながら、Oつまは
AmaroAverna(アマロ・アヴェルナ)を注文。
150年前の製法を、守り続けるシチリアリキュール
Amaro Averna
弟さんは
Limoncello di Capri(リモンチェッロ・ディ・カプリ)
イタリア、カプリ島のレモンリキュール
Limoncello di capri
O夫は大好きな、Grappa(グラッパ)
ワインを造る時に出る、ブドウの搾り汁で造られる、リキュールの一種。
Grappa.jpg
さらに、メニューにある食後酒について、あれこれ話していると
「いいよ、これも試飲させてあげる」と、オーナー。
きちんと一杯分、注いでくれました。
Amaretto di Saronno(アマレット・ディ・サロンノ)
あんずの種から作られる、リキュールです。
Amaretto di Saronno
噂には聞いていましたが、本当に美味しいお店でした。
オーナーは現在、横浜にもお店を持っていて、川崎常駐ではないそうですが
やはりお勧めは、サービス精神旺盛なオーナーのいる時だと思います。
またぜひ、楽しいお話をいろいろと聞かせてもらいながら
食事を楽しみに行きたいと、思います。

テーマ: 食べ歩き!

ジャンル: グルメ

タグ: オステリア・ガリレオ  イタリア  ナポリ    モレッティ  フォカッチャ  ワイン  シチリア  ブドウ  リキュール 

[edit]