fc2ブログ

タグ:「サツマカサゴ」

2021年八幡野9/26-1-

2022.06.10(Fri) | EDIT

3日前に潜った伊豆海洋公園のお隣、八幡野で潜ってきました。
1本目は「あじ根」方面へ。
エントリーする前にガイドさんから
アカカマスの群れの中に、バラクーダがいたというお客さん情報があったんです。
探してみてもらえませんか?」と、頼まれたので
まずは、アカカマスの群れをじっくり見てみます。
2021年9月26日1八幡野・アカカマスの群れ
何度も探しましたが、結局バラクーダの姿は確認できず、移動。
穴から顔を出している、ちょっと体色の薄い、ニセクロスジギンポを発見。
可愛い顔をしていますが、ホンソメワケベラのふりをして魚に近づき
その体表をむしって食べる、ちょっと悪い子です。
2021年9月26日2八幡野・ニセクロスジギンポ
砂溜まりでは、綺麗な体色のスジベラと、それに寄り添うように泳ぐカミナリベラ
さらにその周りで遊ぶ、ブダイの幼魚がいます。
2021年9月26日八幡野3スジベラ・カミナリベラ・ブダイの幼魚
ガイドさんがお客さんに何か教えているので、覗いてみると
フィコカリスシムランスでした。
中央の丸い、ゴミみたいなヤツです(笑)
2021年9月26日八幡野4フィコカリスシムランス
アライソコケギンポ
よく見ると、目がこちらを向いています。
愛嬌のある表情に、おしゃれな皮弁。そして意外と強気な性格。
ダイバーにとっては普遍のアイドルです。
2021年9月26日八幡野5アライソコケギンポ
美しい胸鰭の裏側を見せてほしいのですが、Oつがいのお願いを無視して
堂々と動かない、サツマカサゴ
2021年9月26日八幡野6サツマカサゴ
結局遊びすぎて、あじ根まで行けず、手前で引き返して1本目のダイビング終了。
スポンサーサイト



2021年富戸8/9-2-

2022.01.29(Sat) | EDIT

2本目は、ヨコバマからテトラ方面へ。
やはり、海洋公園のガイドさんは、オニカサゴが気になるようです。
2021年8月9日1オニカサゴ
おや、これは?違った、サツマカサゴだ。
2021年8月9日2サツマカサゴ
いたいた、こちらはまたオニカサゴだ。
2021年8月9日3オニカサゴ
オニカサゴ探しから、そのまま砂地の生物探しへ。
富戸で、ヒフキヨウジは珍しくありません。
海洋公園では、珍しいのかな?
2021年8月9日4ヒフキヨウジ
砂地から岩場へ移動すると、オキゴンベがお出迎え。
2021年8月9日5オキゴンベ
砂地と岩場の境目には、コガネキュウセンの幼魚がいました。
小さいけれど、鮮明な黄色が人間の目を引きます。
2021年8月9日6コガネキュウセン(幼魚)
小さな群れを作っていた、モンツキアカヒメジ
2021年8月9日7モンツキアカヒメジ
玉ではなく、綺麗な群れを作っている、ゴンズイ。
2021年8月9日8ゴンズイ
ミツボシキュウセンの幼魚もいました。
おどおどと、こちらを見ています。
2021年8月9日9ミツボシキュウセン(幼魚)
岩の下には、婚姻色を出している、クツワハゼが。
2021年8月9日10クツワハゼ
浅場に戻ってくると、ニセカンランハギが元気に泳いでいます。
2021年8月9日11ニセカンランハギ
ミナミハタンポの群れをよ〜く見てみると
2021年8月9日12ミナミハタンポの群れ
1匹だけ、オキアジが混じっていました。
2021年8月9日13オキアジ
最後に、クロホシフエダイを見て、2本目のダイビング終了。
2021年8月9日14クロホシフエダイ
同じ海でもガイドさんによって、全然見られるものが違うことを実感。
勉強になりました。

2021年富戸5/2-2-

2021.10.01(Fri) | EDIT

2本目も、ヨコバマに潜ります。
エントリーし、すぐに見つけたのはサツマカサゴ
一見、白は目立ちますね。
しかし動かないこと、白い石ころの如しで
餌の小魚を騙すには十分です。
2021年5月2日1富戸・サツマカサゴ
岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
カイメンを気取り、完全に周囲と同化しています。
撮りづらい・・・
2021年5月2日2富戸・ベニカエルアンコウ
砂地では、目の前でキビナゴが群れを作っています。
2021年5月2日3富戸・キビナゴの群れ
さて、3月にOつまが1000本紀念を迎えた、この場所。
本日は、O夫が1100本記念です。
2021年5月2日4富戸・O夫1100本記念
記念撮影を終え、通常のダイビングに戻りましょう。
Oつがいが近づいてきたので、美しい胸ビレを広げ、逃げるホウボウ
2021年5月2日5富戸・ホウボウ
砂の中に隠れている(つもりの)ヒラタエイ
2021年5月2日6富戸・ヒラタエイ
またもや、ミギマキ(手前)とタカノハダイ(奥)の2ショット。
最近よくこの組み合わせを見かけます。
2021年5月2日7富戸・タカノハダイ&ミギマキ
できるなら、このユウダチタカノハを入れて、3ショットを見てみたい。
2021年5月2日8富戸・ユウダチタカノハ
アオリイカの卵。
ハッチアウトは、まだ先のようです。
2021年5月2日9富戸・アオリイカの卵
ヒラタエイの上を優雅に泳ぐ、ミノカサゴ。
2021年5月2日10富戸・ミノカサゴとヒラタエイ
神経質で、なかなか近寄られてくれない、イシガキダイ
2021年5月2日11富戸・イシガキダイ
季節来遊魚の、クマザサハナムロとタカサゴ。
沖縄ではどちらもグルクンと、ひとくくりで呼ばれます。
2021年5月2日12富戸・クマザサハナムロ&タカサゴ
小さな、ヘリシロウミウシ
今年は、ウミウシが少ない気がします。
2021年5月2日13富戸・ヘリシロウミウシ
大きな群れを作っている、ネンブツダイの幼魚。
群れの後ろの大きな物体は、水中から見たテトラポットです。
2021年5月2日14富戸・ネンブツダイ(幼魚)の群れ
テトラポットの下には、ゴンズイが群れていました。
2021年5月2日15富戸・ゴンズイ玉
群れの中をのんびり移動する、Oつま。
2021年5月2日16富戸・Oつま移動中
普通種の、サラサウミウシ
今シーズンは、サラサウミウシですらあまり見かけません。
2021年5月2日17富戸・サラサウミウシ
ウミウシに似ていますが、これはヒラムシ
2021年5月2日18富戸・ヒラムシ
無事、O夫の1100本記念終了です。

川奈1/4-1-

2014.04.04(Fri) | EDIT

2014年、最初のダイビングは、東伊豆の川奈でスタートしました。
この日は、少し遠征をするので、しばらく浅場を移動。
透明度はそこそこ良く、途中の砂溜まりも綺麗に見えます。
1月4日砂溜り
お目当ての、ミナミキントキがいました。
川奈ビーチの外れで、潜水可能エリアの際です。
結構な距離を泳ぎましたが、IOPでブリマチに行くことを考えれば、まだ楽勝。
1月4日ミナミキントキ
ミナミキントキのそばには、空き缶を住処にしている、クロイシモチ
のんびりと、あくび中でした。
1月4日クロイシモチ1
現地のガイドさんからは、黄化個体と聞いていたのですが
全然、黄色くない・・・
しかも、かなり砂まみれです。
1月4日クロイシモチ2
食事中の、極小コソデウミウシ
顔周りのチクチクが、チャームポイント。
1月4日コソデウミウシ
ガラスハゼのSP。
現地のガイドさんによれば、ウミタケハゼとガラスハゼの特徴を合わせ持っているそう。
が、Oつがいには、あまり違いがわからず。
1月4日ガラスハゼSP
ウミウシに、ガッチリつかまっている、ナマコマルガザミ
1月4日ナマコマルガザミ
サツマカサゴは、一生懸命サザエに擬態をしているようです。
1月4日サツマカサゴ
水深-10m程のところに、アカオビハナダイがいました。
いままで見たアカオビハナダイの中で、最浅かも?!
1月4日アカオビハナダイ
Oつがいに接近され、思いっきり怒っている、コウイカの仲間。
1月4日コウイカの仲間
海藻の上に横たわっているのは、ササノハベラのメス。
1月4日オハグロベラ(♀)1
死んでいるのかと思い、近づいてみると、怠そうに泳ぎ始めました。
どうやら、寝ていたようです。
1月4日オハグロベラ(♀)2
映画「アバター」に出てきそうな生物、ヒメホウキムシ
1月4日ヒメホウキムシ
1本目のダイビング終了。
2本目は、砂地とゴロタの際を潜ってみます。

大瀬崎3/2ナイトダイビングO夫編-1-

2013.05.14(Tue) | EDIT

本日は、大瀬崎ナイトダイビング・O夫の魚編です。
エントリーすると、メーター級のスズキが、立っているすぐ足元を
何匹も、泳ぎ回っています。
暗がりから、いきなり目の前に現れ、なかなか撮れないので、作戦変更して
とりあえず動かない被写体を、狙うことにしました。

もう、眠くて仕方がないといった感じの、オオスジイシモチ
着底まで、あと僅かのところまで、降りてきているので
もう少しで、完全な眠りに入ると思われます。
オオスジイシモチ
マゴチは、体半分が、砂の中でした。
近寄っても、まったく逃げるそぶりがなかったので
やはり、寝ていたのかも知れません。
マゴチ
寝ぼけてフラフラ泳ぐ、ハコフグの幼魚。
ハコフグの幼魚
アカメバル、シロメバル、クロメバルと、3種のメバルがいますが
これは、アカメバルあるいはシロメバルかな?!
見分けるのが、難しいです。
アカメバル?シロメバル?
サツマカサゴは、昼でも夜でも、見栄えは変わらないようです。
サツマカサゴ
夜のカワハギ
目が少し、トロ~ンとしているようにも見えます。
カワハギ
ダイナンウミヘビ
こちらは夜行性なので、泳いでいるところを撮りたかったのですが
今回は、残念でした。
ダイナンウミヘビ
ヨメヒメジは、こんな状態で、落ちていました。
あまりにも無防備、大丈夫なんでしょうか?
ヨメヒメジ
メイチダイの幼魚にも、寄り放題。
メイチダイyg
エキジット間際、もう一度、スズキに挑戦。
何とか、全身を写すことができました。
スズキ
次回は、Oつまのエビ・カニ・ヤドカリ編です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR