fc2ブログ

タグ:「コマチコシオリエビ」

2017年富戸5/4-2-

2018.03.06(Tue) | EDIT

天気がいいので、2本目は久しぶりに富戸ホールへ。
ただ、ちょっとうねりがあり、砂が舞って綺麗なブルーにならず、残念。
2017年5月4日富戸1富戸ホール
富戸ホールから移動。タカノハダイ幼魚を見つけました。
ふてぶてしい大人と比べて、可愛らしいものです。
2017年5月4日富戸2タカノハダイyg
小さな貝殻を背負った、綺麗なコンシボリガイ
2017年5月4日富戸3コンシボリガイ
ムチカラマツには、ビシャモンエビ
2017年5月4日富戸4ビシャモンエビ
そしてイソバナの上には、オルトマンワラエビ
2017年5月4日富戸5オルトマンワラエビ
岩穴の奥にいた、コマチコシオリエビ
もうちょっと大きく撮りたかったなぁ。
この種のエビは夜行性なので、撮るならナイトダイビングですね。
2017年5月4日富戸6コマチコシオリエビ
トラフケボリダカラガイが、よーく見ると3個体。
2017年5月4日富戸7トラフケボリダカラガイ
アオウミウシ3変化。
まずは、通常モード。
2017年5月4日富戸8アオウミウシ
続いて、ロングバージョン。
2017年5月4日富戸9アオウミウシ
最後は、圧縮バージョン。変幻自在です。
2017年5月4日富戸10アオウミウシ
すぐに逃げられ、証拠写真レベルの、セホシサンカクハゼ
2017年5月4日富戸11セホシサンカクハゼ
うねりに乗って、どこからか漂ってきた、エビの抜け殻。
2017年5月4日富戸12エビの抜け殻
擬態上手の、テンロクケボリ
ど真ん中に写っているのですが、わかるでしょうか?
2017年5月4日富戸13テンロクケボリ
最後は、カメラマン泣かせの場所にいた、ベニカエルアンコウ
本人(魚)にとっては、居心地が良いのでしょう。
2017年5月4日富戸14ベニカエルアンコウ
1泊2日の東伊豆ダイビング、これにて終了。
2日間じゃ、あっという間ですね。
スポンサーサイト



獅子浜1/27-2-

2013.04.18(Thu) | EDIT

水面休憩後、2本目のダイビング開始。
エントリーしてすぐの浅場に、クロミドリガイがいました。
クロミドリガイ
さあ、深度を一気に、下げていきます。
中層には、アジとネンブツダイが、2層に分かれて、群れていました。
下がネンブツダイ、上がアジです。
アジ&ネンブツダイ
深場に到着すると、アカオビハナダイのメスがいました。
辺りを探してみましたが、残念ながら、Oつがいが会いたかった
オスの姿はなし。
アカオビハナダイ♀
突然、中層に現れた、クロサギの群れ。
伊豆ではおなじみの普通種ですが、群れを見たのは、初めてです。
こんな深度にいるのも、見たことがありません。
クロサギの群れ
アカオビハナダイのオスが、見られなかったので
代わりに、サクラダイのオスを撮ってみました。
「代わりとは失礼な!」って表情に、見えなくもありません。
サクラダイ
岩の下で、ひっそりと暮らしていた、クリアクリーナーシュリンプ
クリアクリーナーシュリンプ
少し遠い所に、かわいいイラの幼魚がいました。
もう少し近づけるといいのですが、すばしっこくて、あっという間に
泳いで行ってしまいます。
イラ(幼魚)
微妙にのけ反っている、ガラスハゼ
だいぶ、体が固いようです(笑)
ガラスハゼ
ホムラチュウコシオリエビ(右側、赤)VSコマチコシオリエビ(左側、ツートン)。
熱い戦いが始まるのを、ワクワクしながら待っていましたが
期待を裏切り、じっと睨み合ったままで、何も起きませんでした。
コマチコシオリエビVSホムラチュウコシオリエビ
こちらは、大小ウミウシの競演。
右下の小さい方が、サラサウミウシ。
大きい方は、シロハナガサウミウシ(旧名、ユビノウハナガサウミウシ)。
シロハナガサウミウシ&サラサウミウシ
小石の上に、ちょこんと乗っていた、タスジウバウオ
よほど、気が緩んでいたのでしょうか。
こんな所にいるのは、初めて見ました。
タスジウバウオ
体を伸ばし、別のフクロノリに移動を試みる、コモンウミウシ。
内臓が、うっすら透けて見えています。
コモンウミウシ
ユビノウトサカを覗くと、トサカガザミがいました。
これも、キモカワイイ系になるのかな?
トサカガザミ
深場で群れるクロサギに、小石の上で休憩中のタスジウバウオ
2つの初見があった、獅子浜での2ダイブ目でした。
何度潜っても、新しい発見があるものですね~。

赤沢2/24-1-

2012.05.22(Tue) | EDIT

東伊豆の、赤沢で潜ってきました。
5~6年ぶりになるでしょうか?
赤沢とは、なかなか相性がよく、前回潜った時は
オキノスジエビの群れや、フトツノザメと出会えた、Oつがい。
今回も、期待に胸を膨らませ
まずはオキノスジエビ狙いで、小浦鼻へエントリー。

透明度は、上々です。
クロホシイシモチを、青抜きで。
クロホシイシモチ
最近貝づいている、Oつがい(シャレではありません)。
トラフケボリダカラガイを、Oつまと交互に撮影。
トラフケボリダカラガイ
前回、オキノスジエビが、ぐっちゃりと群れていた、岩の窪みに到着。
ワクワクしながら、中を覗いてみると・・・いません。
いや、正確にはいました。数匹ですが。
今年は真冬も水温が高く、深場から上がってきていないようです。
岩の一番奥で、細々と群れる、オキノスジエビの証拠写真。
オキノスジエビ
ガッカリしながら、岩の窪みから顔を出すと
サクラダイのオスが、慰めるように、こちらを見ていました。
サクラダイ♂
ここから、少しずつ深度を上げていきます。
目の前を何度も、シラコダイの幼魚が、横切りました。
シラコダイの幼魚
ウミシダの中にいた、大きなコマチコシオリエビ
コマチコシオリエビ
浅場には、キンチャクダイが、たくさんいました。
キンチャクダイ
今回のガイドさんは、非常にマニアック。
しきりに「ヒメエダウミヒドラを撮れ」と、勧めてきます。
最近、ヒドラの仲間は、一部マニアの間で静かなブーム。
ダイビング仲間のdivermatsukunも、よく自身のブログで、写真を掲載していますが
Oつがいはコンデジ使いのこともあり、いまいち萌えないんですよね~。
たまたま隣に、赤いトゲトサカがあったので
紅白にして、撮ってみました。
ヒメエダウミヒドラ
1本目のダイビング終了。
ガイドさんのマニアックぶりは、2本目で、さらにヒートアップします。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR