fc2ブログ

タグ:「コクテンベンケイハゼ」

2017年八幡野8/27-1-

2018.05.07(Mon) | EDIT

伊豆海洋公園での夏合宿の1週間後、同じ東伊豆の、八幡野にやってきました。
1本目は、アジ根へ。
まずは、いつもいるコクテンベンケイハゼをチェック。
ん?なんだか小さい・・・
代替わりしたみたいです。
それでも、いつ覗いても会えるところを見ると、彼らにとって
ここは居心地がいいんでしょうね。
2017年8月27日八幡野コクテンベンケイハゼ1
こちらは普通種のイチモンジハゼですが、つい撮ってしまいます。
シュッとした感じが、かっこいいんです。
2017年8月27日 八幡野イチモンジハゼ2
こちらもお約束、「コクテン」のつかないベンケイハゼ
2017年8月27日 八幡野ベンケイハゼ3
伊豆では珍しい、アカメハゼ
合計3個体いたのですが、それぞれ離れたところに止まっていて
きちんと撮れたのは、2個体のセットでした。
2017年8月27日 八幡野アカメハゼ4
シコクスズメダイの幼魚もいました。
大人になると体色は真っ黒になり、表情もいかつくなります。
2017年8月27日 八幡野シコクスズメダイ5
浅場に戻ってくると、アミメハギ(幼魚)が小さな群れを作っていました。
2017年8月27日 八幡野アミメハギ(幼魚)6
1本目終了。
2本目は、砂地を回ってみます。
スポンサーサイト



波左間2/17-2-

2013.05.02(Thu) | EDIT

波左間での2本目は、高根に潜りました。
もちろんガイドは、DIさんです。
まずは鳥居へと潜行すると、先客は、キビナゴの群れ。
鳥居1
キビナゴの次にやって来たのは、高根の主、コブダイ成魚。
鳥居2
鳥居を離れ、根の方へやってきました。
ここには、キンギョハナダイの群れに混ざって、ケラマハナダイがいます。
尾鰭の端が、チョンと赤いのが、ケラマハナダイ
ケラマハナダイ&キンギョハナダイ
岩の亀裂の、やや暗いところには、Oつがいの大好きな
コクテンベンケイハゼが住んでいました。
コクテンベンケイハゼ
綺麗な、ベニキヌヅツミガイがいました。
いい具合に外套膜が開いて、貝殻部分が見えています。
ベニキヌヅツミガイ
ベニキヌヅツミガイを撮っていると、どこからともなく
ミノカサゴが、近寄ってきました。
伊豆でも、ダイバーには何かと寄ってくる、ミノカサゴですが
波左間の個体は伊豆に比べて、攻撃的な気がします。
そう感じるのは、O夫だけかな?
ミノカサゴ
フトスジイレズミハゼの巣穴の入口では、元気なソラスズメダイが
泳ぎ回っては、撮影の邪魔をしています。
主役の出待ちの間、ハリセンボンを、撮ってみました。
(そして結局、フトスジイレズミハゼは、不発)
ハリセンボン
小さいうえ、撮りづらい場所にいた、ミレニアムマツカサウミウシ
ミレニアムマツカサウミウシ
鳥居へ戻る途中は、ふたたび目の前でキビナゴが乱舞中。
キビナゴの群れ
ガチャピンも、キビナゴを見物しに来たようです。
ガチャピン
あまりのキビナゴの数にビックリしたのか、ボラが右往左往しています。
ボラ
再び鳥居に戻ると、主であるコブダイが、真正面からやってきました。
コブダイ
波左間の社長さんは、3本目も勧めて下さいましたが
帰りの渋滞を考慮して、この日は2本で終了。
それでも結局、渋滞には巻き込まれてしまいました(笑)

雲見11/11-1-

2012.12.19(Wed) | EDIT

一夜明け、雲見でのダイビングです。
午後から天気が崩れる予報の為、早め早めに潜ることに。
1本目は、大牛洞窟~-24mアーチのルートです。

まずは岩穴から顔を出し、こちらを窺う、テンクロスジギンポを撮影。
いたずらっ子が笑っているような、可愛い表情をしています。
テンクロスジギンポ
綺麗な、ムラクモキヌヅツミがいました。
Oつまのクローズアップレンズが、大活躍です。
ムラクモキヌヅツミ
ソリキヌヅツミ
小さいうえに見事な擬態で、すぐに見失ってしまいます。
ソリキヌヅツミ
今年は、伊豆のあちこちで観察されている
クマドリカエルアンコウ(通称、白クマ)。
クマドリカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚も、今年はよく見る気がします。
やっぱり、このくらいのサイズが、一番可愛いですね。
マツカサウオ
さあ、洞窟の中へ入りましょう。
暗い場所を好むツマグロハタンポが、グッチャリと群れています。
ツマグロハタンポ
この洞窟に住む生物の中で、Oつがいのお気に入りは
サクラテンジクダイ
薄く透けるピンク色が、とても綺麗です。
サクラテンジクダイ
洞窟の天井には、コクテンベンケイハゼ
コクテンベンケイハゼ
オトヒメエビ。
どこにでもいる超・普通種なのですが、改めてよく見ると
とても綺麗なエビです。
オトヒメエビ
洞窟の一番奥にいた、ヒメセミエビ
アニメに出てくる、何とか博士みたいな、風貌をしています。
ヒメセミエビ
洞窟から、出てきました。
出入り口近くの、ムチカラマツに住んでいる
ムチカラマツエビ
ムチカラマツエビ
移動中、カゴカキダイが、目の前を通過していきました。
カゴカキダイ
この日は残念ながら、あまり透明度が良くありませんでしたが
頭上には、凄い数の魚が群れています。
頭上の群れ
岩の亀裂に、ハナミノカサゴの幼魚が、張り付いていました。
ハナミノカサゴ
こちらも普通種ですが、つい撮ってしまう、トラウツボ。
口の中にも、きれいな模様が入っているんです。
トラウツボ
「さあ、安全停止」と、水深を上げていたところ、水底近くで
Sお夫妻が、何かを撮っています。
再び深度を下げ、見に行ってみると、大きなクエ
ホンソメワケベラに、クリーニングをされていました。
クエ
ところが直後に、信じられない行動を目撃。
ホンソメワケベラが、口のそばに近づいた瞬間、いきなりバクっと
食べちゃいました!
ホンソメワケベラが食べられるシーンを、初めて見た、Oつがい。
ガイドさんに、その話をしたところ
「えーっ!?それはダメでしょう、反則です(笑)」
やはり、掟破りの珍しいシーンだったようです。

神津島11/9-5-

2012.02.09(Thu) | EDIT

3本目のダイビングポイントへ移動中の、風景です。
岩肌が黒くなっているのが、見えるでしょうか。
黒曜石の地層です。
黒曜石
この、神津島産の黒曜石で作られた矢じりが、なんと海を隔てた
東京の多摩地区や埼玉、茨城、三重県と、広範囲にわたる地域の
旧石器時代~縄文時代の遺跡から、見つかっているそうです。
ちなみに、旧石器時代に舟が存在した証拠は、まだ見つかっていません。
ロマンをかきたてられますねぇ。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR