08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2016年奄美大島11/4-4- 

2本目のダイビング後、本日も船上で昼食。
例のコンビニで調達した、おにぎりですが
昨日のように、脅されることはありませんでした(笑)
2016年11月4日奄美大島・灯台下1お昼ご飯
さて3本目のポイントは、灯台下。
エントリーしてすぐ、綺麗な場所に佇む、イシヨウジを見つけました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下2イシヨウジ
ミズタマサンゴの上に、ちょこんと乗っかっていた、アカスジウミタケハゼ
2016年11月4日奄美大島・灯台下3アカスジウミタケハゼ
砂地でたそがれる、ワカヨウジ。
2016年11月4日奄美大島・灯台下4ワカヨウジ
クマノミは伊豆にもいますが、暮らしているイソギンチャクが
伊豆より断然、綺麗です。
2016年11月4日奄美大島・灯台下5クマノミ
灯台下にいたオトメハゼは、ペアではなく、単体でした。
2016年11月4日奄美大島・灯台下6オトメハゼ
O夫の大好きなヤクシマキツネウオが、ここにはたくさんいました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下7ヤクシマキツネウオ
ゲンロクダイも、そこここに。
2016年11月4日奄美大島・灯台下8ゲンロクダイ
サラサハゼ
地味なハゼですが、こう見えて伊豆にはいません。
2016年11月4日奄美大島・灯台下9サラサハゼ
背鰭をピコピコ動かす姿が可愛いと人気の、ハタタテハゼのペア。
2016年11月4日奄美大島・灯台下10ハタタテハゼ
ミゾレチョウチョウウオ
群れていると、よけいに南国気分が盛り上がります。
2016年11月4日奄美大島・灯台下11ミゾレチョウチョウウオ
どことなく上品な雰囲気が漂う、ハナビラクマノミ。
2016年11月4日奄美大島・灯台下12ハナビラクマノミ
ハナヒゲウツボの幼魚を、久しぶりに見つけました。
この魚も、成長すると体色が全く変わります。
2016年11月4日奄美大島・灯台下13ハナヒゲウツボ
ヒレナガハギの幼魚。
可愛いのは、ギリギリこのステージまでかな。
2016年11月4日奄美大島・灯台下14ヒレナガハギ
イッテンチョウチョウウオも、だいぶ見慣れてきました。
2016年11月4日奄美大島・灯台下15イッテンチョウチョウウオ
ソメワケヤッコ
サンゴの隙間を、チョロチョロ泳ぎまわり、全然うまく撮れません。
悔しい〜。
2016年11月4日奄美大島・灯台下16ソメワケヤッコ
とても楽しいポイントでした。
さすがシケオくん、Oつがいの好みをよくわかっています。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ヒレナガハギ  アカスジウミタケハゼ  ソメワケヤッコ  オトメハゼ  ヤクシマキツネウオ  ゲンロクダイ  サラサハゼ  ハタタテハゼ  ミゾレチョウチョウウオ  ハナヒゲウツボ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年奄美大島11/4-2- 

11月4日、最初のポイントは、黒崎西の西。
エントリーし、まずは大好きな魚、ハタタテハゼのペアを撮影。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西1ハタタテハゼのペア
伊豆では珍しい、ヤノダテハゼ
尾鰭の綺麗なハゼです。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西2ヤノダテハゼ
シケオくんから、このポイントはサメがいると聞いていたので
見られるのを楽しみにしていました。
しかし、どうやら先に、Oつがいの存在に気づかれたようです。
ポツンと佇んでいたのは、ゲンロクダイ
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西3ゲンロクダイ
ダイバーとは現金な生き物で、最初は大喜びしていた
スミツキトノサマダイのペアも、2日目ともなると、普通種扱いに降格。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西4スミツキトノサマダイ
初日のモンハナシャコに続き、マルハナシャコ(幼体)も
砂の上を、のしのし歩き回っていました。
奄美大島のシャコは、気が強いんでしょうか。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西5マルハナシャコ(幼体)
アクアリストに人気で、渦巻きと呼ばれているらしい、
タテジマキンチャクダイ(幼魚)。
成体になると、ぜんぜん違う姿になります。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西6タテジマキンチャクダイ(幼魚)
奄美大島では普通種なのかな?
初日に続き、ユキヤマウミウシがいました。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西7ユキヤマウミウシ
よく考えてみると、奄美大島はイボウミウシの仲間が多いのかも。
これは、コイボウミウシ。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西8コイボウミウシ
さらに、ソライロイボウミウシ
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西9ソライロイボウミウシ
もう1種、アミメイボウミウシ。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西10アミメイボウミウシ
浅場に戻ってきたところで、明らかに不自然な岩を発見。
正体は、タコです。
擬態ヘタすぎ〜(Oつがいに見つかって、興奮中)。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西11タコ
ご多分に洩れず、浅場は、幼魚天国でした。
こちらは、ニセネッタイスズメダイ(幼魚)。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西13ニセネッタイスズメダイ(幼魚)
レモンスズメダイ(幼魚)もいました。
2016年11月4日奄美大島・黒崎西の西12レモンスズメダイ(幼魚)
2本目は何が見られるでしょうか?楽しみです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハタタテハゼ  ヤノダテハゼ  ゲンロクダイ  スミツキトノサマダイ  マルハナシャコ  ユキヤマウミウシ  ソライロイボウミウシ  アミメイロウミウシ  ニセネッタイスズメダイ  レモンスズメダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

獅子浜7/20-4- 

夕食の後は、獅子浜でナイトダイビングです。
昼間は北側を潜ったので、南のエリアへ行ってみましょう。
まず現れたのは、妙にぐにゃぐにゃしている、トラウツボ。
トラウツボ
砂の上に乗っていた、エビ。
アカエビの仲間なのかな?
アカエビの仲間?
獅子浜ナイトダイビングの名物、カザリイソギンチャク。
触手から、毒をぶわ~っと放出中・・・というのは、嘘で
モヤモヤしているのは、巻き上がった砂です。
ただし、触手にも体にも猛毒を持っており、接近しすぎると危険なので
触手の反対側へまわり込むように、気をつけなければいけません。
ライトを当て、引っ込んでしまう前に、大急ぎで撮影。
カザリイソギンチャク
泥地エリアまで来たところで、オシャレカクレエビを発見。
透明な身体のせいで、すっかり泥に同化しています。
オシャレカクレエビ
昼間に見たゲンロクダイの子供は、体色がナイトバージョンになっています。
目が、明らかに眠そう。
ゲンロクダイ
深場まで下りてみると、オキノスジエビがいました。
この時期でも、いるところには、いるんですね。
オキノスジエビ1
しかも見回せば、かなりの数がいるのですが、密集した群れではなく
ばらばらに分かれて、そこらじゅうで動き回っています。
よく見ると、卵(お腹の青いところ)を持っている個体もいました。
オキノスジエビ2
さあ、ここから少しずつ、深度を上げていきます。
岩にくっついていたのは、キタンヒメセミエビ
キタンヒメセミエビ
岩の隙間では、お約束のように、ホムラチュウコシオリエビが威圧しています。
これも、獅子浜のナイトダイビングの名物。
ホムラチュウコシオリエビ
昼間と全く違う体色の、サクラダイ。
こんな場所でグーグー寝ていて、襲われないのでしょうか?
サクラダイ
キサンゴをバックに、オトヒメエビ
この個体も、お腹に卵を持っているようです。
オトヒメエビ
サクラテンジクダイ
昼間と、あまり変わらない感じに見えますが
か○ぢさんによると、ナイトバージョンだそう。
サクラテンジクダイ
岩の亀裂にいた、巨大なユウモンガニ
夜は、エビ・カニたちが元気です。
ユウモンガニ
普段は、砂の中から顔だけ出していることの多い、ハナアナゴですが
ナイトダイビングでは、こうして泳いでいるシーンを見ることができます。
ハナアナゴ
狭い空間に体を押し込み、微動だにせず爆睡する、イラの成魚。
体色が、昼間とは明らかに違います。
イラ
マツバスズメダイも、着底して就寝中。
マツバスズメダイ
昼間同様、ガンガゼの周りには、サラサエビがいますが
やはり、体色が変わっています。
サラサエビ
この日はヨソギも、たくさんいました。
石の端っこを咥えて眠っているように見えますが、手ごろな海藻が
なかったのかな?
ヨソギ
オビアナハゼも、岩の上でじっと動かず、撮り放題。
オビアナハゼ
眠いのに光を当てられて、右往左往している、ハコフグの幼魚。
ハコフグの幼魚
コロダイは、昼間と同じ場所を、ウロウロ泳いでいましたが
やっぱり、体色がナイトバージョンになっています。
コロダイ
水底を移動していたのは、ソメンヤドカリ
ずいぶん欲張って、イソギンチャクを付けましたねー。
ソメンヤドカリ
O夫は気づかなかったのですが、グレートマジンガーが倒れていたそうです。
見たかった・・・いや、救出したかった。
グレートマジンガー
これにて、西伊豆合宿の初日が終了。
「初」西伊豆のdivermatsukunも、獅子浜を堪能したようです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ゲンロクダイ  オキノスジエビ  キタンヒメセミエビ  ホムラチュウコシオリエビ  オトヒメエビ  イラ  サクラテンジクダイ  ユウモンガニ  オビアナハゼ  ソメンヤドカリ 

[edit]

獅子浜7/20-2- 

2本目の獅子浜ダイビングも、ルートは1本目と、ほとんど同じです。
まずは、ハクセンアカホシカクレエビ
同じスナイソギンチャクの中を、綺麗に飛んでいました。
ハクセンアカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目でも見ていたのですが、写真はピンボケばかりだったので、撮り直しました。
どうやら、メス(右の個体)は抱卵中のようです。
アカシマシラヒゲエビ
泥地を移動中の、マダコ。
獅子浜は、本当にマダコが多いんですね。
マダコ
渋い色合いが素敵な、ゲンロクダイの幼魚。
久しぶりに見ました。
ゲンロクダイ
1本目でか○ぢさんが見つけた、トガリモエビも再び撮影。
なんでも獅子浜出現は、じつに4年振りだそうです。
トガリモエビ
マダコの多い獅子浜では、イボイソバナガニもよく見ます。
この個体は角が短いので、メスのようです。
イボイソバナガニ(♀)
殺風景な獅子浜の泥地で、青い体色がひときわ映える、クサハゼ
クサハゼ
胸鰭の青いラインが美しい、ハナミノカサゴの子供。
ハナミノカサゴ
ウマヅラハギの幼魚。
幼魚はどの子も、可愛いですね~。
成魚は海のほかに、居酒屋でもよく見かけますね。
ウマズラハギ(幼魚)
ダルマガレイ。
隠れているつもりなのに、完全にばれています(笑)
写真では分かりづらいですが、うっすら婚姻色が出ています。
ダルマガレイ
ダイバーが近づくと、スーッと砂の中に潜ってしまうことの多い、ハナアナゴですが
この個体は強気で、ずっと頭を丸出しにしていました。
ハナアナゴ
アナハゼは普通種ながら、表情が豊か。
見つけると、つい撮ってしまいます。
アナハゼ
Oつがいにとって、鉄板の獅子浜アイドル、ニシキハゼ
顔の不細工さと、体色の美しさのミスマッチが、たまりません。
ニシキハゼ
近づくと、ガンガゼの棘の防御壁の中に、逃げ込んでいくサラサエビ。
この個体はなぜか、この場所から1歩も下がらず、びくともしませんでした。
サラサエビ
胸鰭を優雅に広げた、ミノカサゴ。
まさに、海のジュディオング。
ミノカサゴ
岩の隙間に逃げ込み、Oつがいの様子を窺う、ソラスズメダイ
ソラスズメダイ
以前、IOPのガイドさんから
シュンカンハゼは、ぼ~っとした個体を狙え」と教わった、Oつがい。
「本当に、そんな都合のいい個体がいるのかな?」などと思っていましたが
獅子浜にいました(笑)
シュンカンハゼ
4年振りにトガリモエビが現れたり、ぼ~っとしたシュンカンハゼが現れたり
さすが強運の、divermatsukun
この後のナイトダイビングも、じつに楽しみです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ゲンロクダイ  イボイソバナガニ  アナハゼ  ニシキハゼ  ソラスズメダイ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカシマシラヒゲエビ  トガリモエビ  クサハゼ  シュンカンハゼ 

[edit]