fc2ブログ

タグ:「クロホシフエダイ」

2021年富戸8/9-2-

2022.01.29(Sat) | EDIT

2本目は、ヨコバマからテトラ方面へ。
やはり、海洋公園のガイドさんは、オニカサゴが気になるようです。
2021年8月9日1オニカサゴ
おや、これは?違った、サツマカサゴだ。
2021年8月9日2サツマカサゴ
いたいた、こちらはまたオニカサゴだ。
2021年8月9日3オニカサゴ
オニカサゴ探しから、そのまま砂地の生物探しへ。
富戸で、ヒフキヨウジは珍しくありません。
海洋公園では、珍しいのかな?
2021年8月9日4ヒフキヨウジ
砂地から岩場へ移動すると、オキゴンベがお出迎え。
2021年8月9日5オキゴンベ
砂地と岩場の境目には、コガネキュウセンの幼魚がいました。
小さいけれど、鮮明な黄色が人間の目を引きます。
2021年8月9日6コガネキュウセン(幼魚)
小さな群れを作っていた、モンツキアカヒメジ
2021年8月9日7モンツキアカヒメジ
玉ではなく、綺麗な群れを作っている、ゴンズイ。
2021年8月9日8ゴンズイ
ミツボシキュウセンの幼魚もいました。
おどおどと、こちらを見ています。
2021年8月9日9ミツボシキュウセン(幼魚)
岩の下には、婚姻色を出している、クツワハゼが。
2021年8月9日10クツワハゼ
浅場に戻ってくると、ニセカンランハギが元気に泳いでいます。
2021年8月9日11ニセカンランハギ
ミナミハタンポの群れをよ〜く見てみると
2021年8月9日12ミナミハタンポの群れ
1匹だけ、オキアジが混じっていました。
2021年8月9日13オキアジ
最後に、クロホシフエダイを見て、2本目のダイビング終了。
2021年8月9日14クロホシフエダイ
同じ海でもガイドさんによって、全然見られるものが違うことを実感。
勉強になりました。
スポンサーサイト



大瀬崎7/1-3-

2012.10.01(Mon) | EDIT

大瀬崎ダイビング、3本目にしてようやく、お目当ての本命狙いです。
早速、柵下にエントリー。
砂地を通過中、砂の中から、ニョロニョロと動く生物が。
アキアナゴの、コロニーです。
ビーチ寄りの砂地にまで住んでいるとは、知りませんでした。
寄り道して近づいてみましたが、やはり次々と、穴の中へ消えていきます。
アキアナゴのコロニー
さあ、ここから一気に深場へ向かいます。
いました!
Oつがいも久しぶりの対面、マダラハナダイです。
しかも「大サービス」と思えるほど、浅い深度にいます。
この時期のアイドル魚だったのですが、周りにダイバーの姿はなく、貸切状態。
興奮しながら、シャッターを、切りまくりました(笑)
マダラハナダイ
本当は、ギリギリまで、マダラハナダイを堪能したかったのですが
健康を考え?そろそろ浅場へ移動開始。
中層には、クロホシフエダイの、小さな群れが泳いでいますが
近づくとすーっと逃げ、一定の距離を保ち、寄れません。
クロホシフエダイ
浅場では、オオモンハタのペアが、大きな岩の上で、ホバーリング中。
オオモンハタのペア
目の前にいた、イトヒキベラの集団を撮っていると
イトヒキベラ
さらに目の前を、アカササノハベラが、横切っていきます。
浅場は、長閑です。
アカササノハベラ
岩の隙間を覗くと、トゲアシガニがいました。
カメラを近づけると、ササっと後ろに下がっていきます。
トゲアシガニ
殺風景な岩場を彩る、鮮やかな青色をまとった、ソラスズメダイ
ただし、目つきは悪いです。
ソラスズメダイ
マダラハナダイの興奮冷めやらぬ、3本目でした。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR