FC2ブログ
04 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 06

伊豆海洋公園8/17-3- 

実は前日、珍しい魚の目撃情報が入ってきていました。
1日たってしまいましたが、期待を込めて、砂地へ向かいます。

広い砂地のどこかにいるらしいと、手分けして皆で探し始めたところ
あっという間にOつまが発見。
Oつま、今年も絶好調。
これがその稀種、ベロガレイです。
8月17日IOPベロガレイ
地味な魚ではありますが、なかなか見られないレアものなので
前から横から後ろから上から、まじまじと堪能し、時間切れ。

そのまま砂地を浅場に向かって移動を始めると、カスザメを発見。
8月17日IOPカスザメ1
しかし、ベロガレイで粘ったため、残念ながらすぐに水深を上げます。
つい今しがた、目の前にいたカスザメが、あっという間に眼下へ。
8月17日IOPカスザメ2
砂地から2番にやってくると、シラコダイの幼魚を発見。
8月17日IOPシラコダイ(幼魚)
岩の窪みには、マツカサウオの幼魚がいました。
8月17日IOPマツカサウオ(幼魚)
2番の上では、いつものようにキンギョハナダイが群れています。
8月17日IOPキンギョハナダイの群れ
同じキンギョハナダイでも、こちらは休憩モードなのか
岩の隙間に体を差しこんで、まったく動かず。
8月17日IOPキンギョハナダイ(♀)
2番から1番へ移動してきたところで、アワセイソハゼspと思われる個体がいました。
8月17日IOPアワセイソハゼsp
オクリダシでは、前日惨敗した、クロホシイシモチの産卵シーンに再チャレンジ。
まずは、メスのお腹が大きく、産卵の始まりそうなペアを選びます。
8月17日IOPクロホシイシモチ1
オスが、メスの下に移動してきました。
いよいよ、卵が出てきそうです。
8月17日IOPクロホシイシモチ2
あっ!産んじゃった・・・
産卵は、一瞬なので本当に難しい。
かろうじて、オスが卵をくわえるところは撮れましたが
写真としては、残念な結果に。
8月17日IOPクロホシイシモチ3
こうして、1泊2日の伊豆合宿は、無事終了。
スポンサーサイト



テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ベロガレイ  カスザメ  シラコダイ  マツカサウオ  キンギョハナダイ  アワセイソハゼsp  クロホシイシモチ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

伊豆海洋公園8/16-3- 

たっぷり休憩を取った後は、Fさんリクエストの魚を見にくため
左の岩礁の、ちょっと深場へ。
そこには、お目当ての「アカイサキの子供」が、ちゃんといました。
8月16日IOPアカイサキ
ダイビングを始めた頃は「アカイサキなんて、見られないだろうなぁ」
などと思っていましたが、長く潜っていると、こんな魚も見られちゃうんですね~。
O夫は、すでに7月の大瀬崎で出会いましたが、Oつまは初見。
良かったよかった。

浅場へ移動中に、キビレカワハギがいました。
本当は、ゆっくり撮りたい被写体ですが、アカイサキで時間を使ってしまったため
移動しながら、1枚だけ証拠写真を。
8月16日IOPキビレカワハギ
浅場まで戻ってくると、ムツの子供がのんびり群れていました。
8月16日IOPムツ
浅場では、まさにシーズンど真ん中、クロホシイシモチ
産卵シーンを狙います。
まずは、今にも産みそうなカップル探し。
このカップルに、狙いを定めました。
8月16日IOPクロホシイシモチ1
産卵が近づいてくると、オスが何度も口を大きく開けて、卵を受け取る準備を始めます。
8月16日IOPクロホシイシモチ2
さあ、いよいよ産卵の時が近づいてきました。
メスのお腹からは、すでに少し卵が出てきています。
オスは卵を受け取る為、メスの下へ移動。
8月16日IOPクロホシイシモチ3
あっ、産卵しました!
オスが、口で卵を受け取っています。
が、肝心の瞬間がピンボケ・・・
でも、デジイチの人でも失敗するくらい、一瞬なので
コンデジのOつがいは、頑張った方かと(言い訳)
8月16日IOPクロホシイシモチ4
しっかり卵を受け取ったオスは、これから口内保育に入ります。
最初の敵は、いま卵を産んだばかりの、メス。
オスの口の中の卵を食べようと、執拗に攻撃してきます。
自然は、厳しいですね。
8月16日IOPクロホシイシモチ5
2本目のダイビングも、無事終了。
アカイサキはうれしかったですが、クロホシイシモチの産卵シーンが
ピンボケだったのは、悔しい~!

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: アカイサキ  キビレカワハギ  ムツ  クロホシイシモチ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎7/20-2- 

2本目は、外海の門下で潜りました。
「何かいないかな~」と、フラフラ泳いでは、生物探し。
まず目に入ってきたのは、マツバスズメダイ
7月20日大瀬崎マツバスズメダイ
こちらは、岩の傾斜に沿って、ひっくり返っている、サクラダイのメス。
奥から、カサゴが覗いています。
7月20日大瀬崎サクラダイ(♀)2
棘を綺麗に刈り込まれた、イイジマフクロウニがいたので、覗いてみると
やっぱりいました、ゼブラガニ
ちょっと甲羅が汚れていて、残念な感じ。
7月20日大瀬崎ゼブラガニ1
同じイイジマフクロウニに、もう1個体。
ダブルリーゼントみたいです。
7月20日大瀬崎ゼブラガニ2
この場所が、よほどお気に入りなのか、ピクリとも動かない、キンチャクダイ
目だけキョロキョロと動いて、こちらを見ています。
7月20日大瀬崎キンチャクダイ
浅場に戻ったところで、綺麗な婚姻色の出ている、ホシノハゼを見つけました。
7月20日大瀬崎ホシノハゼ
いつもは、せわしなく泳ぎ回っている、キンギョハナダイのオスですが
この日は妙に、ゆったり泳いでいます。
胸鰭のピンクが、オシャレです。
7月20日キンギョハナダイ(♂)
産卵を終えたばかりの、クロホシイシモチのペア。
口に抱卵している右のオスに、左のメスがちょっかいを出しています。
自分で産んだ卵の、おこぼれを狙っているのです。
もう少し早くここに来ていれば、産卵シーンを見られたかもしれなかったなぁ。
7月20日大瀬崎クロホシイシモチのペア
この日の外海は、なんだかどこも、のんびりムード。
いつもは、なかなか寄らせてくれないボラ
Oつがいをまったく気にせず、目の前を悠々と泳いでいきました。
7月20日大瀬崎ボラ
2本目のダイビング終了。
一度部屋に戻り、ナイトダイビングまで、ゆっくりすることにします。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: マツバスズメダイ  ゼブラガニ  キンチャクダイ  ホシノハゼ  キンギョハナダイ  クロホシイシモチ  サクラダイ  ボラ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

赤沢2/24-1- 

1年振りに、東伊豆の赤沢へ、潜りにいきました。
狙いはもちろん、このシーズン限定の、オキノスジエビです。

目指すポイントへは、ボートで向かいます。
うねりの入る中をエントリーし、潜行。
途中、クロホシイシモチの群れを、抜けました。
クロホシイシモチの群れ
オキノスジエビの住んでいる、岩穴に到着。
ここ何年か空振りですが、今年は・・・?

やっぱり、空振りでした(泣)
数匹が、チョロチョロっといるだけ。
初めて見た時の、グッチャリとした大きな群れを
もう一度、見たいものです。
オキノスジエビ
早々にオキノスジエビは諦め、辺りを散策。
キンギョハナダイや、スズメダイが、いい具合に群れています。
キンギョハナダイ&スズメダイ
この辺りには、サクラダイのオスも、たくさんいました。
サクラダイ
大きな岩の上に、デンと鎮座していた、巨大なヒラメ
後ろにはナマコがいたりして、妙に平和な風景です。
ヒラメ
オーバーハングした岩の下に、顔を突っ込んでいたら
吐き出しだエアーが、天井部に溜まり
ヒドロ虫の仲間の周りが、鏡のようになっていました。
ヒドロ虫
浅場は、かなりうねっていますが、負けじと撮影続行。
岩にしがみつきながら、コダマウサギガイに挑戦。
コダマウサギガイ
Oつまは、うねりと戦いながら、クロヘリアメフラシと、一本勝負。
クロヘリアメフラシ
無事、1本目のダイビングを終了。
2本目はビーチですが、このうねりの中
大丈夫かな~?!

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 赤沢  クロホシイシモチ  オキノスジエビ  キンギョハナダイ  スズメダイ  サクラダイ  ヒラメ  ヒドロ虫  コダマウサギガイ  クロヘリアメフラシ 

[edit]

伊豆海洋公園12/30-2- 

さあ2012年、最後のダイビングです。
2本目は、岩場と砂地の境目を、流してみました。
一旦砂地に降り、水中ポストの周りで
何かいないか探してみましたが、空振り。
水中ポスト
砂地を諦め、お目当ての魚の場所に移動。
ずっと見たかった、ベンガルフエダイです。
水温が下がり、半ば諦めていたのですが、まだ頑張ってくれていました。
「魚は、鰭全開を撮れ!」の教えに従い、20分ほど粘ったものの・・・
あとでガイドさんも「この個体はキビシイ」と、嘆いていました。
ベンガルフエダイ
ベンガルフエダイの上には、クロホシイシモチが群れています。
クロホシイシモチの群れ
以前からいる、ベニハゼspのところへ移動。
ペアのうちオスには、素早く逃げられ
気の強いメス単体の写真に、なってしまいました。
ベニハゼsp
再び移動して、もう一度、砂地へ向かいます。
クロホシイシモチの群れの中を、横切っていると
イラが同じように、群れを突っ切っていきました。
イラとクロホシイシモチ
ホソウミヤッコのペアを、発見。
つかず離れず、文字通り蛇行しています。
ホソウミヤッコ
ここから、少しずつ深度を上げていきます。
コケギンポのメス。
オスに比べ、岩穴から全身を出すことが多いそうです。
コケギンポ(♀)
さらに深度を上げたところには、極小(1センチ弱)の
ミヤケテグリの幼魚がいました。
ミヤケテグリ
1本目とは別個体の、クマドリカエルアンコウ
しかしここでも、後ろに行列ができてしまったので
早々に退散。
クマドリカエルアンコウ(白)
海草の林を分け入る、ムカデミノウミウシ
これに行列は、できませんでした。
ムカデミノウミウシ
最後に、安全停止を兼ねて
サザナミヤッコの幼魚と、1本勝負。
激しいうねりのなか、体を右に左に持って行かれながらも
何とか、撮れました。
サザナミヤッコ(幼魚)
こうして、2012年最後のダイビングも、無事終了。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ベンガルフエダイ  クロホシイシモチ  ベニハゼ  イラ  ホソウミヤッコ  コケギンポ  ミヤケテグリ  クマドリカエルアンコウ  ムカデミノウミウシ  サザナミヤッコ 

[edit]