fc2ブログ

タグ:「クロヘリアメフラシ」

2021年富戸12/29-1-

2022.09.25(Sun) | EDIT

東伊豆の富戸で、2021年最後のダイビングをしてきました。
この時期のターゲットは、小さな生物がメインになりますが
1本目のヨコバマは、特に極小もの中心となりました。

最初に見つけたのは、小さなフジエラミノウミウシ
2021年12月29日富戸1フジエラミノウミウシ
次に見つけたのは、もっと小さなセスジミノウミウシ
どちらもミリ単位の体長です。
2021年12月29日富戸2セスジミノウミウシの幼体
あまりの擬態の素晴らしさに、撮影しながら何度も見失ってしまう、カゲロウカクレエビ
わかりますか?
2021年12月29日富戸3カゲロウカクレエビ
ここから、南方種が続きます。
水温が低下してきているので、いつまで見られるかわからない、ハナゴンベの幼魚。
顔まわりのお化粧が、おしゃれ。
2021年12月29日富戸4ハナゴンベ
いつもこのようなオーバーハングの上で、逆さまに暮らしているオキナワベニハゼ
こちらも、いつまで生き延びられるか。
2021年12月29日富戸5オキナワベニハゼ
ウメイロモドキの群れ。
彼らを見ると、パラオのブルーコーナーを思い出します。
またパラオに行ける日が来るんだろうか?
2021年12月29日富戸6ウメイロモドキ
再び、伊豆生物に戻ります。
オキゴンベの幼魚が寄り添っているのは、ウツボ。
背景の黄色い壁は、ウツボの胴体です。
2021年12月29日富戸7オキゴンベの幼魚
こう見えて、移動スピードが意外と速いウミテング
砂地の上をテクテク歩きます。
2021年12月29日富戸8ウミテング
マクロモードに切り替え見つけた、クロヘリアメフラシ
キリッとした眼のせいか、小さくても堂々たる佇まいです。
2021年12月29日富戸9クロヘリアメフラシ
じっくり見ると美しい体色の、チゴミドリガイ。
2021年12月29日富戸10チゴミドリガイ
富戸ヨコバマ名物。イソギンチャク畑の、クマノミ&ミツボシクロスズメダイ。
2021年12月29日富戸11クマノミ&ミツボシクロスズメ
見るたびに和菓子を連想してしまう、ヒロウミウシ
2021年12月29日富戸12ヒロウミウシ
実は、チョコレートプラネットのファンなのか?
体に「T」の字がある、カザリイソギンチャクエビ2021年12月29日富戸13カザリイソギンチャクエビ
最後に光のカーテンを抜けて、陸の世界へ戻ります。
2021年12月29日富戸14
2本目は、2021年最後のダイビングです。

スポンサーサイト



2019年大瀬崎1/13-3-

2019.05.31(Fri) | EDIT

本日3本目は、ナイトダイビングです。
胸躍らせながら、真っ暗な海へいざ、エントリー。
2019年1月13日大瀬崎1ナイト
たまには浮遊系の生物を狙ってみようと、エントリー後すぐに
ライトトラップを海底に設置してから、水中散策に向かいます。

まずは、夜のクマドリカエルアンコウの様子を観察。
昼間とあまり違いはないようです。
2019年1月13日大瀬崎2ナイト・クマドリカエルアンコウ
一方、こちらツノダシは、昼間より明らかに体色、特に顔まわりの色が
濃くなっています。
2019年1月13日大瀬崎3ナイト・ツノダシ
大きなアカオニナマコには、小さなナマコカクレエビが住み着いていました。
2019年1月13日大瀬崎4ナイト・ナマコカクレエビ
移動中の、ソメンヤドカリ
くっつけたイソギンチャクの数、えーと4つはあります。
絶対この家、重いと思うんだけどなぁ。
2019年1月13日大瀬崎5ナイト・ソメンヤドカリ
砂から顔を出してこちらを伺う、ダイナンウミヘビ
2019年1月13日大瀬崎6ナイト・ダイナンウミヘビ
着底し、ぐっすり就寝中のカワハギ。
2019年1月13日大瀬崎7ナイト・カワハギ
海藻の中に隠れていたのは、ミナミロウソクエビ
2019年1月13日大瀬崎8ナイト・ミナミロウソクエビ
体をギュッと縮めている、クロヘリアメフラシ
2019年1月13日大瀬崎9ナイト・クロヘリアメフラシ
一方、体をビヨ〜ンと伸ばしている、アマクサアメフラシ
2019年1月13日大瀬崎10ナイト・アマクサアメフラシ
そろそろ、ライトトラップを設置した場所に戻りましょう。
浅場のガンガゼエリアには、オトヒメエビのペアがいました。
2019年1月13日大瀬崎11ナイト・オトヒメエビ
珍しい場所に張り付いていた、ムスメウシノシタ
これじゃあ全然、擬態になってませんね。
2019年1月13日大瀬崎12ナイト・ムスメウシノシタ
ライトトラップの場所には、小さな生物が、びっしり集まっています。
苦手な方には、ゾッとしてしまう光景かな?
2019年1月13日大瀬崎13ナイト・ライトトラップ
じーっと目を凝らして、探してみると・・・
いました、何かのレプトケパルス幼生です。
2019年1月13日大瀬崎14ナイト・レプトケパルス幼生
もう少し近づいてみましょう。
うーん、コンデジでは、これが限界かな?
2019年1月13日大瀬崎15ナイト・レプトケパルス幼生
現地のガイドさんによると
「アナゴか何かの、レプトケパルス幼生かなぁ」
きちんと特定はできないようです。
浮遊系狙いのダイビングは、外すことも多いのですが
今回のように、素敵な被写体に当たると、ハマっちゃいそうですね。

2017年富戸5/4-1-

2018.03.01(Thu) | EDIT

八幡野の翌日は、富戸で潜りました。
1本目は、ヨコバマ。
正面の砂地から、テトラポット周辺を潜ります。
エントリーし、まずは生まれて間もない、ネコザメの赤ちゃんにご挨拶。
いわゆる「手乗り」サイズから、ちょっと育ったくらいかな?
2017年5月4日富戸1ネコザメyg
海藻と同じ色に化け、ビクビクしながらこちらを伺う、アミメハギ
2017年5月4日富戸2アミメハギ
そしてその海藻についていた、ミドリアマモウミウシ
アミメハギより、さらに海藻に同化しています。
2017年5月4日富戸3ミドリアマモウミウシ
砂に潜りかけの、イネゴチ
2017年5月4日富戸4イネゴチ
普通種のヒラタエイですが、軟骨魚類は総じて、つい撮ってしまいます。
2017年5月4日富戸5ヒラタエイ
砂の上に佇むヒラメと、それを上から覗き込む、ミノカサゴ
2017年5月4日富戸6ヒラメ&ミノカサゴ
岩の奥の奥、体をねじ込んで、やっと見えたこちらは、ネコザメの成魚。
一抱えもある、大きな頭。
態度もふてぶてしく、赤ちゃんの頃の可愛らしさは、全くありません。
2017年5月4日富戸7ネコザメ
春は、クロヘリアメフラシのシーズン。
あちこちで見かけました。
2017年5月4日富戸8クロヘリアメフラシ
クマノミが元気に泳ぎ回っています。
2017年5月4日富戸9クマノミ
以前は、富戸で普通に見られていた、アントクメという海藻。
現在は壊滅状態だそうです。
なんとかしようと、地元のダイビングガイドさんたちが
近隣のダイビングポイントから譲り受けたアントクメを、大切に育てていました。
2017年5月4日富戸10アントクメ
1本目終了。
2本目も、ヨコバマで潜ります。

浮島ナイトダイビング5/3-2-

2014.07.09(Wed) | EDIT

それでは、浮島ナイトダイビング後編です。
浮島のナイトで、やたらと見かけるのが、このハオコゼ。
この日の個体数は、いつもより少な目でした。
5月3日ハオコゼ
前半で登場したのとは別個体の、スナダコ
5月3日スナダコ2
何故か、小さなイカやタコに好かれる、Oつま。
この日も、Oつまの指の間に、逃げ込んできました。
返してあげようと、手を砂に突っ込んでも、なかなか離れてくれません。
5月3日スナダコ3
常連のハオコゼを、あまり見かけない代わりに
たくさん見かけたのが、クロヘリアメフラシ
小さな目が、キュートです。
クロヘリアメフラシ1
「う~ん」と、思いっきり伸びをしている個体もいました。
5月3日クロヘリアメフラシ2
砂から顔を出しているのは、ホタテウミヘビの子供。
あどけない表情が、かわいいです。
5月3日ホタテウミヘビ
ナイトダイビングの定番、ミナミロウソクエビ
5月3日ミナミロウソクエビ
砂地を移動中のウミウシ2種。
まずは、マンリョウウミウシの幼体。
5月3日マンリョウウミウシ
もう1個体は、人気薄の、ウミフクロウ
確かに、地味ですね。
5月3日ウミフクロウ
この日、とにかく数が多かったのは、ヒラタエイ。
何個体もが、Oつがいの周りを、ビュンビュン泳ぎ回っていました。
5月3日ヒラタエイ
ガレ場には、ロウソクエビがいました。
5月3日ロウソクエビ
再び砂地に戻ったところで、この日の大ヒット、シマウシノシタを発見。
O夫、この魚好きなんですよね~。
久しぶりに見ました。
5月3日シマウシノシタ
もう、エキジットしなければいけない時間なのですが
帰り道で、次々、被写体を見つけてしまい、なかなか先に進めません。
海藻についていた、アズキウミウシに寄り道。
5月3日アズキウミウシ
今度は、ヨツハモガニ
「ガオ~」と、ハサミを振り上げ、威嚇中。
5月3日ヨツハモガニ
立ち上がれば、顔が出てしまくらいの浅場で
アイゴが、爆睡しています。
5月3日アイゴ
やっと、エキジット。
結局、潜水時間96分と、ちょっと長めのダイビング。
ダイビングサービスのスタッフも、すでに帰っていました(笑)

川奈3/17-2-

2013.06.13(Thu) | EDIT

2本目もダンゴウオを狙って、再びケイソンへ。
ところが、メンバー全員でいくら探しても、いない・・・
どうやら他のグループが、フィンで吹き飛ばしてしまったようです。

透明度も悪いことですし、仕方なく、ケイソン周りで遊ぶことにしました。
まずは、交接中のクロヘリアメフラシを発見。
恋の季節です。
クロヘリアメフラシの交接
海草の中に潜んでいた、ホムラチュウコシオリエビ
目一杯、腕を伸ばして、健康体操中。
ホムラチュウコシオリエビ
またまた、ヒメイカを発見。
ヒメイカ
コノハミドリガイが、いました。
ちょうど撮りやすい大きさで、写真の練習にはもってこい。
コノハミドリガイ
マツカサウオの幼魚。
1本目と、同じ個体です。
カメラにお尻を向けない、とてもいい子。
マツカサウオの幼魚
アナハゼの幼魚。
まわりの海草と、同じ色をしています。
アナハゼの幼魚
アナハゼの幼魚のそばには、ニジギンポの幼魚もいました。
こちらも、まわりの海草に同化しています。
ケイソンに生えている海草は、小さい生物たちの
ちょうどいい、隠れ家になっているようです。
ニジギンポの幼魚
ダンゴウオは残念でしたが、終わってみれば70分オーバーの
四畳半ならぬ、ケイソンダイビングでした。楽しかった!
これにて、川奈での2ダイブ終了です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR