fc2ブログ

タグ:「クマドリカエルアンコウ」

2022年富戸12/29-2-

2023.05.26(Fri) | EDIT

2本目は、ワキノハマへ。
1本目のヨコバマでは、イロカエルアンコウとクマドリカエルアンコウを見ましたが
ワキノハマには、オオモンカエルアンコウがいました。
まだ愛嬌のあるサイズです。
2022年12月29日富戸1オオモンカエルアンコウ
ヨコバマはイバラタツ、ワキノハマにはタカクラタツ
目をきょろきょろさせています。
2022年12月29日富戸2タカクラタツ
巣穴から顔を出して様子を伺う、実は強気な性格のコケギンポ
2022年12月29日富戸3コケギンポ
ヨコバマにもいたクマドリカエルアンコウですが、こちらの方が若い個体で
体がまだ、ツヤツヤしています。
踏ん張った足の爪がチャームポイント。
2022年12月29日富戸4クマドリカエルアンコウ
ニシキウミウシに乗って旅をしている、ウミウシカクレエビ
さながら操縦士です。
2022年12月29日富戸5ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビ
自分の体色と似たような場所にいる、ニシキフウライウオ
風来坊よろしく、ソフトコーラルの流れに合わせて、行ったり来たり。
2022年12月29日富戸6ニシキフウライウオ
これにて2022年のダイビングも、無事終了。
スポンサーサイト



2022年富戸12/29-1-

2023.05.21(Sun) | EDIT

2022年最後のダイビングは、東伊豆の富戸です。
1本目は、ヨコバマ。
最初に見つけたのは、海藻に囲まれた場所に隠れている、イロカエルアンコウ
2022年12月29日富戸1イロカエルアンコウ
シマキッカイソギンチャクに住む、イソギンチャクカクレエビのペア。
2022年12月29日富戸2イソギンチャクカクレエビ
季節来遊魚の、タテジマキンチャクダイyg。
水温が高いので、まだ元気です。
2022年12月29日富戸3タテジマキンチャクダイyg
シャイで、なかなか岩穴から出てきてくれない、マツカサウオyg。
2022年12月29日富戸4マツカサウオyg
こちらもシャイで、カメラを向けると反対側を向いてしまう、イバラタツ
2022年12月29日富戸5イバラタツ
昔は、伊豆でクマドリカエルアンコウが現れると、水中に行列ができたものです。
最近では、レギュラーメンバーの扱いになってきました。
だいぶ身体が大きくなって、ゴツゴツし始めています。
2022年12月29日富戸6クマドリカエルアンコウ
休憩中の、タカノハダイ。
魚屋で見かけることは少なくても、食べれば美味しい魚です。
2022年12月29日富戸7タカノハダイ
ミチヨミノウミウシのペア。
とても綺麗なウミウシですが、とにかく小さい。
2022年12月29日富戸8ミチヨミノウミウシ
これも季節来遊魚の、ロクセンフエダイ
南国では、群れでよく見られます。
2022年12月29日富戸9ロクセンフエダイ
シロミノウミウシ。
これも小さい。普通はコンデジでこのサイズは狙いません(笑)
2022年12月29日富戸10シロミノウミウシ
トゲトサカの中に隠れていることが多い、イソコンペイトウガニ
この子は上に乗っていて、わかりやすかったです。
2022年12月29日富戸11イソコンペイトウガニ
1本目終了。
次は、2022年最後のダイビングです。

2021年富戸12/29-2-

2022.09.30(Fri) | EDIT

1本目が終わり、いよいよ2021年最後のダイビング
富戸ヨコバマです。
現地のガイドさん曰く
「ただいま、絶賛カエルアンコウ祭り開催中」だそう。
では、カエルアンコウ祭り、行ってみましょう!

まずは、黒いクマドリカエルアンコウ
ダイバー間での通称は「黒クマ」。ということは・・・(5枚目の写真へ続く)
2021年12月29日富戸1黒いクマドリカエルアンコウ
2個体目は、ドットのイロカエルアンコウ
なかなかオシャレな子です。
2021年12月29日富戸2ドットのイロカエルアンコウ
3個体目は、オオモンカエルアンコウの幼魚。
このサイズだと、成魚とは似ても似つかず、とてもかわいいです。
2021年12月29日富戸3オオモンカエルアンコウ
まだまだ行きます。
4個体目、黒いイロカエルアンコウ
2021年12月29日富戸4黒いイロカエルアンコウ
5個体目は、白いクマドリカエルアンコウの幼魚。
そうです。これが「白クマ」です。
2021年12月29日富戸5クマドリカエルアンコウ
最後の6個体目は、オレンジのイロカエルアンコウ
このサイズともなれば、立派な面構えをしています。
2021年12月29日富戸6オレンジのイロカエルアンコウ
本当はあと3個体位いるらしいのですが、それを見ていると
他の生物まで回りきれなくなってしまうので
カエルアンコウ祭りは、ここで強制終了。
他の生物トップバッターは、キリンミノの幼魚。
美しい胸鰭が特徴です。
2021年12月29日富戸7キリンミノの幼魚
ニシキウミウシに乗って放浪の旅をしている、ウミウシカクレエビ
お揃いのカラーリングが素敵です。
2021年12月29日富戸8ニシキウミウシとウミウシカクレエビ
ハナタツもいました。
いつも通り光を嫌って、そっぽを向いてしまいます。
2021年12月29日富戸9ハナタツ
名残惜しいですが、陸上へ戻りましょう。
2021年12月29日富戸10エキジット
透明度も良く、生き物も盛り沢山で楽しかったです。
2021年のダイビングは、これにて終了。

2020年富戸12/6-2-

2021.05.29(Sat) | EDIT

2本目も、ヨコバマで潜ります。
潜行し水面を見上げると、一面キビナゴの群れ。
2020年12月6日1キビナゴの群れ
ウメイロモドキの幼魚が、あちこちにいます。
久しぶりに潜ったOつがいには、ちょっと寒く感じますが
南方系の魚が元気に泳ぎ回っているので、水温はまだまだ高いようです。
2020年12月6日2ウメイロモドキ
擬態中のオオモンカエルアンコウ。上手いですよねぇ。
2020年12月6日3オオモンカエルアンコウ
こちらは胸鰭が特徴的な、キリンミノ
2020年12月6日4キリンミノ
クマドリカエルアンコウは、いつも撮りづらい場所にいます。
2020年12月6日5クマドリカエルアンコウ
こちらも南方種の、クダゴンベ
昔は伊豆にクダゴンベが現れたら、大騒ぎだったものですが
だんだんと「ちょっと珍しい魚」くらいに格下げされてきています。
2020年12月6日6クダゴンベ
砂だまりには、アカハチハゼがいました。こちらも南方種。
2020年12月6日7アカハチハゼ
中層を元気に泳ぎ回る、マダラタルミの幼魚。
2020年12月6日8マダラタルミの幼魚
擬態の達人、イソコンペイトウガニ
写真中央にいて、こちらを見ていますが、わかりますか?
2020年12月6日9イソコンペイトウガニ
岩の亀裂の中を泳ぎ回る、タテジマキンチャクダイの幼魚。
2020年12月6日10タテジマキンチャクダイの幼魚
可愛い、ツユベラの幼魚。
2020年12月6日11ツユベラの幼魚
これにて、2020年のダイビングは終了。
2021年は、もっとダイビングができるようになるといいなぁ。

2020年初島2月9日-2-

2020.07.12(Sun) | EDIT

初島での、2本目のダイビング。
もう一度イルカを狙うか、別のポイントで潜るか、決めなければなりません。
ガイドさんによると、午前中はよくダイバーと遊んでくれるが
午後は疲れてしまうのか、昼寝をしに出かけて姿を現さなかったり
現れても、あまり遊んでくれないことが多いそう。
その情報を踏まえ、イルカは諦めて、フタツネで潜ることにしました。

イルカが現れる前は、初島のメインポイントだった、フタツネ。
いつも、エントリー口で群れを作っているメジナです。
8年前と、全く変わらない光景でした。
2020年2月9日1メジナの群れ
ネンブツダイ(幼魚)の群れを抜け、砂地へ下ります。
2020年2月9日2ネンブツダイ(幼魚)の群れ
岩の上の海藻には、サガミリュウグウウミウシの幼体がいました。
2020年2月9日3サガミリュウグウウミウシの幼体
神経質で、すぐ砂に潜ってしまう、テンス
しかしこれだけ大きくなると、度胸がすわるのか、全く逃げません。
おかげで、撮り放題でした。
2020年2月9日4テンス
岩の上で見栄をきる、黒いイロカエルアンコウ
2020年2月9日5イロカエルアンコウ(黒)
ダイバーの間では、パンダボヤと呼ばれている、ホヤの仲間。
正式名称は、コバルトツツボヤというらしい。
2020年2月9日6パンダボヤ
イルカフィーバーがなければ、間違いなく初島の主役になっていたはずの
クマドリカエルアンコウ。いわゆる「白クマ」です。
2020年2月9日7クマドリカエルアンコウ
岩の上でじっとしている、フサカサゴの子供。
2020年2月9日8フサカサゴ
白い、イロカエルアンコウ
先ほどの黒い個体よりも、撮りづらい場所にいましたが
こうしてみると、カイメンにそっくりです。
2020年2月9日9イロカエルアンコウ(白)
浅場での激しいうねりの中、何かを訴えているコケギンポ
2020年2月9日10コケギンポ
こちらは同じコケギンポでも、周囲の環境に合わせて
赤みが強い個体。
2020年2月9日11コケギンポ
2本目のダイビング終了。
ガラガラのフタツネを、久しぶりに堪能しました。
午後にイルカを狙った人たちに話を聞くと、やはりちょこっと姿を見せただけで
その後は、どこかに行ってしまったそうです。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR