fc2ブログ

タグ:「クマザサハナムロ」

2019年富戸12/29-2-

2020.02.26(Wed) | EDIT

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。
スポンサーサイト



PALAU7/18-5-

2016.02.15(Mon) | EDIT

いよいよパラオでの最後のダイビングです。
ポイントは、グラスランド
Oつがいはここに潜るなら、新月の日の早朝が希望なのですが
今回は急な日程だったので、仕方ありません。
その代わり、別のイベントがあります。
それは、O夫の1000本記念。
2015年7月18日グラスランド1000本
記念撮影が終わり、通常のダイビングへ。
グラスランドは、どちらかと言うとパラオよりも、沖縄のような雰囲気の
ダイビングポイントです。
移動を始めると、時折クマザサハナムロの小さな群れが目の前を横切ります。
2015年7月18日グラスランドクマザサハナムロ
スカシテンジクダイが、ぐっちゃり群れている場所にきました。
まるで動く宝石です。
2015年7月18日グラスランドスカシテンジクダイの群れ
その群れの中に、じっと身をひそめているのは、ハダカハオコゼ
彼にとってここは、ご馳走天国です。
2015年7月18日グラスランドハダカハオコゼ
上を見ると、オオメカマスの群れが通過中。
2015年7月18日グラスランドオオメカマスの群れ
砂地側には、ホウセキキントキの群れ。
2015年7月18日グラスランドホウセキキントキの群れ1
Oつがいが近づくと、一斉にふわりと動きだし
2015年7月18日グラスランドホウセキキントキの群れ2
ゆっくりと泳ぎ去っていきました。
2015年7月18日グラスランドホウセキキントキの群れ3
再び現れた、クマザサハナムロの群れ。
2015年7月18日グラスランドクマザサハナムロの群れ
1匹だけで、フラフラ泳いでいた、ユメウメイロ
2015年7月18日グラスランドユメウメイロ
ミナミギンポも、元気に立ち泳ぎをしています。
2015年7月18日グラスランドミナミギンポ
最近、図鑑が発売され「ウミウシの次はこれだ」と噂の、ヒラムシ
2015年7月18日グラスランドヒラムシ
ユメウメイロの群れ。
昔は、ブルーコーナーなどで、何万匹もの群れを見られたのですが
最近は、大きな群れを見なくなりました。
ウメイロモドキとは一味違う、シックな美しさです。
2015年7月18日グラスランドユメウメイロの群れ
今回もお世話になった、ガイドのT氏。
最後に、無理やり押さえつけて?記念撮影。
2015年7月18日グラスランド記念撮影
楽しい時間は、あっという間ですね。

PALAU7/18-3-

2016.02.08(Mon) | EDIT

2本目のポイントは、シアスコーナー。
エントリーしてすぐ、ドロップオフの壁に張り付くと
やってきました、名物バラフエダイの群れ。
2015年7月18日シアスコーナーバラフエダイの群れ1
そしてOつがいの目の前を、ゆっくりと通過していきました。
2015年7月18日シアスコーナーバラフエダイの群れ2
その後ろをゆっくりとついて泳ぐ、オグロメジロザメ
2015年7月18日シアスコーナーオグロメジロザメ1
バラフエダイの群れが去ったあとにやって来たのは、メアジの群れ。
2015年7月18日シアスコーナーメアジの群れ
根沿いを行ったり来たりしているのは、ホワイトチップ
2015年7月18日シアスコーナーホワイトチップ
中層には、先ほどとは別のオグロメジロザメが、ウヨウヨいます。
とかく凶暴さが誇張されがちなサメですが、泳ぐ姿は実に優雅かつ精悍です。
2015年7月18日シアスコーナーオグロメジロザメ2
やがてバラフエダイも、メアジも行ってしまったので
Oつがいも、根沿いに移動開始。
時々、クマザサハナムロの群れが、目の前を横切ります。
2015年7月18日シアスコーナークマザサハナムロの群れ
ハナダイエリアにきました。
バートレットアンティアスアカネハナゴイが、乱舞しています。
2015年7月18日シアスコーナーバートレットアンティス&アカネハナゴイ
続いては、カスミチョウチョウウオエリア。
2015年7月18日シアスコーナーカスミチョウチョウウオの群れ
根の上に上がると、オオメカマスの小さな群れがいました。
2015年7月18日シアスコーナーオオメカマス
カンムリブダイ
群れていると大変な迫力があるのですが、残念ながら今回は1匹だけ。
2015年7月18日シアスコーナーカンムリブダイ
パラオでのダイビングも、いよいよあと1本で終了です。

PALAU 3/11-4-

2011.06.09(Thu) | EDIT

この日、3本目のダイビング
GERMAN DROPからGERMAN CHANNELへ、流しました。
2本目で、団体さんのダイビングスタイルが、よーく分かったので
今回は、「すー」さんと、Oつがいの3人で、本隊から外れ
完全に、野放しダイビング

エントリーし、水底まで行くと
リングアイジョーフィッシュが、いました。
dc060205 コピー1
リングアイジョーフィッシュから、少し離れた所では
ヤマブキハゼを、発見。
dc060211 コピー1
時たま、3人を気にする、パラオのT氏が
イソギンチャクの中にいる、ナデシコカクレエビを、教えてくれました。
dc060221 コピー1
ふと、上を見ると、クロオビマツカサが、群れていました。
dc060226 コピー1
大きな岩の下の暗がりに、ニチリンダテハゼを発見。
けっこう大きな、個体です。
dc060231 コピー1
団体さんから、マンタのリクエストがあったようで
クリーニングステーションまで、流してきましたが
マンタの姿はなし。
少しだけ、根待ちしていると、クマザサハナムロ
小さな群れが、通過していきました。
dc060240 コピー1
結局、マンタは現れず、移動。
砂地の上で、メアジが、玉を作っています。
dc060242 コピー1
思いっきり、寄ってみましたが
一糸乱れぬ編隊を組み、泳いでいきます。
dc060245 コピー1
マンタの代わりに現れた?メアジ玉は、見事なものでした。

PALAU 3/10-3-

2011.06.01(Wed) | EDIT

2本、ダイビングを、終えたところで、昼食タイム。
O夫は、もはや定番の、オムライス弁当。
dc052414 コピー1
Oつまは、うどん弁当。
海苔が風に飛ばされないよう、注意が必要です。
dc052415 コピー1
楽しい食事を、終えたところで、パラオのT氏が
「あの小島の向こうは、もう、汽水域。探せば、オイランハゼがいますよ」
などと言うので、早速、シュノーケリングを始める、Oつがい。
ちなみに、他のゲストの方々は、ひとりも海に入らず(笑)
dc052418 コピー1
オイランハゼは、すぐに、見つかったのですが
浅い、浅すぎます。
水深、約1m。
シュノーケリング(ウェイトなし)で、ハゼを撮るには
さすがに辛く、指をくわえて、上から眺めるだけ。
証拠写真すら、ありません(泣)

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR