fc2ブログ

タグ:「クダゴンベ」

2022年大瀬崎12/4-2-

2023.04.30(Sun) | EDIT

2本目は、先端で潜りました。
浅場でウロチョロしている、伊豆では珍しいナメラヤッコ
伊豆の普通種、ソラスズメダイに紛れて目立ちません。
2022年12月4日大瀬崎・先端1ナメラヤッコ
少し深度を落としていくと、ハタタテハゼが群れていました。
Oつがいがダイビングを始めた頃、伊豆にはいなかった魚です。
2022年12月4日大瀬崎・先端2ハタタテハゼ
ソメワケヤッコ
暖かい海の魚だと思っていましたが、図鑑を見ると生息域が相模湾以南となっているので
Oつがいが見る機会がなかっただけのようです。
2022年12月4日大瀬崎・先端3ソメワケヤッコ
そして今回は、この魚を見にきたのです。
アケボノハゼ
南の海では、何度も見ていますが、伊豆で見るのは初めてです。
グラデーションが実に美しい。
2022年12月4日大瀬崎・先端4アケボノハゼ 
よく泳ぐ、ウイゴンベのペア。
−30m付近でのウイゴンベは、初めて見ました。
2022年12月4日大瀬崎・先端5ウイゴンベ
クロフチススキベラの幼魚。
え?この水深にいるの?
2022年12月4日大瀬崎・先端6クロフチススキベラyg
伊豆の海ですっかり普通種になってしまった、クダゴンベ
昔のように、撮影待ちの行列ができることも無くなりました。
2022年12月4日大瀬崎・先端7クダゴンベ
本来なら珊瑚礁域の魚、バラハタの幼魚。
綺麗な体色です。
2022年12月4日大瀬崎・先端8バラハタyg
浅場に戻ってくると、トゲチョウチョウウオの幼魚がいました。
チョウチョウウオ系の幼魚は神経質で、寄れないことが多いのですが
この個体は、ボ〜ッとしていたので、その隙をついて撮影。
2022年12月4日大瀬崎・先端9トゲチョウチョウウオyg
最初にうまく撮れなかったので、ナメラヤッコに再チャレンジ。
2022年12月4日大瀬崎・先端10ナメラヤッコ
エキジット寸前に、アカハチハゼを見つけました。
2022年12月4日大瀬崎・先端11アカハチハゼ
2022年、大瀬崎でのダイビングはこれで終了です。
スポンサーサイト



2021年伊豆海洋公園9/23-1-

2022.05.29(Sun) | EDIT

東伊豆の伊豆海洋公園で、とても珍しい「フカミヤッコ」が
連日目撃されていると聞き、見に行ってきました。
ポイントは3番と呼ばれている、ちょっと遠いポイントですが
フカミヤッコを見るためならと、頑張ってたくさん泳ぎ、ポイントに到着。
が、いない・・・
野生の生き物なので、確率100%があり得ないのは分かっていますが
やはりショック。
とりあえず、目の前を泳いでいた、若いアカイサキ
2021年9月23日1伊豆海洋公園・アカイサキ
トウカイスズメダイを見ながら、徐々に深度を上げていきます。
2021年9月23日2伊豆海洋公園トウカイスズメダイ
途中、クダゴンベ
2021年9月23日3伊豆海洋公園・クダゴンベ
婚姻色を出した、スジハナダイ
2021年9月23日4伊豆海洋公園・スジハナダイ
巨大なオオウミウマ等と出会いますが、ずっしりのしかかる敗北感。
2021年9月23日5伊豆海洋公園・オオウミウマ
だいぶ浅いところに戻ってくると、幼魚たちがOつがいを癒してくれます。
青いソラスズメダイ達の間を泳ぎ回る、アミメブダイの幼魚。
2021年9月23日6伊豆海洋公園・アミメブダイ
こちらは単独で泳ぎ回る、ブチブダイの幼魚。
2021年9月23日7伊豆海洋公園・ブチブダイ
ぼんやり幼魚たちを眺めていると突然、目の前に
ダイバーの間でボラクーダと呼ばれる、ボラの大群が。
2021年9月23日8伊豆海洋公園・ボラクーダ
あっという間に囲まれました〜。
普通種のボラも、ここまで群れると大迫力です。
2021年9月23日9伊豆海洋公園・ボラクーダ
2021年は、ヘラヤガラの当たり年だったようで、この日もあちこちで見られました。
2021年9月23日10伊豆海洋公園・ヘラヤガラ
お仕置きタイム(安全停止)に入り、浅場でウロウロしていると、久しぶりにヌノサラシを見ました。
以前は、普通種だったのになぁ。
2021年9月23日11伊豆海洋公園・ヌノサラシ
逆に、以前はなかなか見ることのできなかった、リュウキュウヤライイシモチ
2021年9月23日12伊豆海洋公園・リュウキュウヤライイシモチ
カンムリベラ(しかも成魚です!)
2021年9月23日13伊豆海洋公園・カンムリベラ
さらに、アオスジテンジクダイ(中央の縞のない魚)も元気に泳いでいます。
2021年9月23日14伊豆海洋公園・アオスジテンジクダイ
こうして伊豆の海でも、温暖化は着々と進んでいるようです。

ちなみにフカミヤッコは、翌日からまた現れたとのこと(泣)

2021年富戸6/6-1-

2021.10.23(Sat) | EDIT

東伊豆の富戸で潜ってきました。
ポイントは、いつものヨコバマです。
5月に比べると、だいぶ透明度が落ちましたので
自動的に、マクロダイビングとなります。
さぁ、小さな生き物を探しに行きましょう。
2021年6月6日1富戸
早速、見つけました。
トウヨウモウミウシです。
名前を知らなくても、アジアっぽい色合いだなと感じます。
2021年6月6日2トウヨウモウミウシ
アカシマシラヒゲエビのペアを撮っていたら、いつの間にか右側に
ベンケイハゼが写っていました。
2021年6月6日3アカシマシラヒゲエビ&ベンケイハゼ
睨み合う、ビシャモンエビ(左)とムチカラマツエビ(右)
2021年6月6日4ビシャモンエビ&ムチカラマツエビ
岩穴を覗いてみると、ソリハシコモンエビがたくさんいて
そのうちの1匹が、華麗なジャンプを見せてくれました。
2021年6月6日5ソリハシコモンエビ
先程とは別の、アカシマシラヒゲエビのペア。
本当に、伊豆の普通種になってしまいました。
2021年6月6日6アカシマシラヒゲエビ
こちらも、もはや伊豆の普通種と呼んでもいい、クダゴンベ
沖縄に行かなくても観察できるのは、嬉しいけれど
地球環境レベルで考えれば、喜んでばかりもいられず・・・
2021年6月6日7クダゴンベ
このウミウシは、初めて見ました。
ガブリエラウミウシ(Tambja gabrielae Pola, Cervera, & Gosliner)といいます。
近似種なので、当然といえば当然ですが
スルガリュウグウウミウシ (Tambja pulcherrima Willan & Chang)と
サガミリュウグウウミウシ (Tambja sagamiana)を、足して2で割ったような感じ。
できれば、3種を一緒に撮ってみたいなぁ。
2021年6月6日8ガブリエラウミウシ
激しく絡み合う、2匹のベニツケガニ
どうやら、交尾中のようです。
2021年6月6日9交尾中のベニツケガニ
1本目のダイビング終了。
2本目は、何が見られるでしょうか?楽しみです。

2021年富戸3/20-3-

2021.09.04(Sat) | EDIT

Oつまの1000本記念も無事に終わり、続いて1001本目のダイビングです。
ポイントは、1本目と同じ富戸のヨコバマ。
1本目よりやや岸寄りを進み、黒いオオモンカエルアンコウを見に行きました。
2021年3月20日1オオモンカエルアンコウ
伊豆でも、ほぼ通年見ることができるようになってしまった、アカシマシラヒゲエビ
まだまだ水温が低いのに、ペアで元気に過ごしています。
2021年3月20日2アカシマシラヒゲエビ
同じく越冬し、伊豆でも普通種になりつつある、クダゴンベ
初めて見たときには、ずいぶん興奮したものです。
2021年3月20日3クダゴンベ
もともと伊豆では普通種の、ユウダチタカノハ
個体数が増えているのか、大きな成魚を見る機会が多くなっています。
2021年3月20日4ユウダチタカノハ
そして本日の目玉はこちら、ゲッコウスズメダイの幼魚。
以前はダイバーの間で、トウカイスズメダイSPと呼ばれていましたが
2019年に新種として記載され、36番目の日本産スズメダイとして
晴れて、ゲッコウスズメダイの名で登録されました。
学名は
Chromis tingting Tea, Gill and Senou, 2019
かの有名な、瀬能先生の名前が入っているんですね!
2021年3月20日5ゲッコウスズメダイ
1本目のダイビングで、白地に黒い斑点のミズタマウミウシの仲間に会いましたが
この黄色地に黒い斑点は、ツノザヤウミウシ
同じく、コケムシが主食です。
2021年3月20日6ツノザヤウミウシ
岩の亀裂から、にょろっと体を出している、ウバウオ
ひょうきんな可愛い顔をしています。
2021年3月20日7ウバウオ
巨大な、イソコンペイトウガニ
オオトゲトサカに擬態していて、普通はわかりづらいのですが
あまりに大きすぎて、姿がバレバレです。
2021年3月20日8イソコンペイトウガニ
伊豆では個体数が少なく、少数派のヒメゴンベ
他のゴンベ同様、縄張りの監視に余念がありません。
2021年3月20日9ヒメゴンベ
エキジット間際に、水面下を泳いでいた、キビナゴの群れ。
2021年3月20日10キビナゴの群れ
海況も良く、いいダイビングになりました。
この日からOつがい、本格的にダイビング復帰です。

2020年富戸12/6-2-

2021.05.29(Sat) | EDIT

2本目も、ヨコバマで潜ります。
潜行し水面を見上げると、一面キビナゴの群れ。
2020年12月6日1キビナゴの群れ
ウメイロモドキの幼魚が、あちこちにいます。
久しぶりに潜ったOつがいには、ちょっと寒く感じますが
南方系の魚が元気に泳ぎ回っているので、水温はまだまだ高いようです。
2020年12月6日2ウメイロモドキ
擬態中のオオモンカエルアンコウ。上手いですよねぇ。
2020年12月6日3オオモンカエルアンコウ
こちらは胸鰭が特徴的な、キリンミノ
2020年12月6日4キリンミノ
クマドリカエルアンコウは、いつも撮りづらい場所にいます。
2020年12月6日5クマドリカエルアンコウ
こちらも南方種の、クダゴンベ
昔は伊豆にクダゴンベが現れたら、大騒ぎだったものですが
だんだんと「ちょっと珍しい魚」くらいに格下げされてきています。
2020年12月6日6クダゴンベ
砂だまりには、アカハチハゼがいました。こちらも南方種。
2020年12月6日7アカハチハゼ
中層を元気に泳ぎ回る、マダラタルミの幼魚。
2020年12月6日8マダラタルミの幼魚
擬態の達人、イソコンペイトウガニ
写真中央にいて、こちらを見ていますが、わかりますか?
2020年12月6日9イソコンペイトウガニ
岩の亀裂の中を泳ぎ回る、タテジマキンチャクダイの幼魚。
2020年12月6日10タテジマキンチャクダイの幼魚
可愛い、ツユベラの幼魚。
2020年12月6日11ツユベラの幼魚
これにて、2020年のダイビングは終了。
2021年は、もっとダイビングができるようになるといいなぁ。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR