fc2ブログ

タグ:「キビナゴ」

2021年富戸4/18-2-

2021.09.18(Sat) | EDIT

2本目も、ヨコバマで潜ります。
エントリーすると、目の前にはキビナゴの群れ。
流星のように煌めきながら、猛スピードで泳いでいきます。
2021年4月18日1キビナゴの群れ
せっかくなので、今季初のサギフエを、もう一度見に行きました。
まだ他のダイバーに情報が伝わっておらず、貸切です。
2021年4月18日2サギフエ
水中に落ちている古タイヤには、ボウシュウボラの卵が産み付けられていました。
2021年4月18日3ボウシュウボラの卵
砂地には、ヒフキヨウジの成魚や
2021年4月18日4ヒフキヨウジ(成魚)
若い個体が、あちこちにいます。
2021年4月18日5ヒフキヨウジ(若魚)
交接中の、ミズタマウミウシの仲間。
左の個体は向こうを、右はこちらを向いています。
2021年4月18日6交接中のミズタマウミウシの仲間
まだ若い、オニダルマオコゼ
猛毒の持ち主ではありますが、クリクリの目と丸い体が可愛い。
2021年4月18日7オニダルマオコゼ
岩に沿って泳ぐため、いつも上からの写真になってしまう、キリンミノ
でも、美しいヒレはよく見えますね。
2021年4月18日8キリンミノ
用心深い、シラコダイの若魚。
いつでも海藻の裏側に逃げられるように、構えています。
2021年4月18日9シラコダイ
クリーニングされて気持ち良さそうな、イラ
背中のあたりを、ホンソメワケベラにつつかれています。
2021年4月18日10クリーニング中のイラ
イタチウオとアカハタは、岩の亀裂を仲良く棲み分け中。
2021年4月18日11イタチウオ&アカハタ
ベニシボリも、今季初かもしれません。
優雅な姿に似合わず、結構な速さで動きます。
2021年4月18日12ベニシボリ
砂地に這いつくばっていたら、突然目の前に、ボラの群れが現れました。
普通種のボラですが、大群で行進する様子は、なかなかの迫力。
ダイバーは、バラクーダに引っ掛けて、ボラクーダと呼んでいます。
2021年4月18日13ボラクーダ
2個体目の、ベニシボリ
右に転がっている、白い螺旋状のものは、卵塊です。
ガイドさんによると、ベニシボリを見つけるコツは
まず、この卵塊を見つけることだそう。
2021年4月18日14ベニシボリ
4月のダイビングは、これにて終了。
次は、5月に潜ります。
スポンサーサイト



2021年富戸3/20-3-

2021.09.04(Sat) | EDIT

Oつまの1000本記念も無事に終わり、続いて1001本目のダイビングです。
ポイントは、1本目と同じ富戸のヨコバマ。
1本目よりやや岸寄りを進み、黒いオオモンカエルアンコウを見に行きました。
2021年3月20日1オオモンカエルアンコウ
伊豆でも、ほぼ通年見ることができるようになってしまった、アカシマシラヒゲエビ
まだまだ水温が低いのに、ペアで元気に過ごしています。
2021年3月20日2アカシマシラヒゲエビ
同じく越冬し、伊豆でも普通種になりつつある、クダゴンベ
初めて見たときには、ずいぶん興奮したものです。
2021年3月20日3クダゴンベ
もともと伊豆では普通種の、ユウダチタカノハ
個体数が増えているのか、大きな成魚を見る機会が多くなっています。
2021年3月20日4ユウダチタカノハ
そして本日の目玉はこちら、ゲッコウスズメダイの幼魚。
以前はダイバーの間で、トウカイスズメダイSPと呼ばれていましたが
2019年に新種として記載され、36番目の日本産スズメダイとして
晴れて、ゲッコウスズメダイの名で登録されました。
学名は
Chromis tingting Tea, Gill and Senou, 2019
かの有名な、瀬能先生の名前が入っているんですね!
2021年3月20日5ゲッコウスズメダイ
1本目のダイビングで、白地に黒い斑点のミズタマウミウシの仲間に会いましたが
この黄色地に黒い斑点は、ツノザヤウミウシ
同じく、コケムシが主食です。
2021年3月20日6ツノザヤウミウシ
岩の亀裂から、にょろっと体を出している、ウバウオ
ひょうきんな可愛い顔をしています。
2021年3月20日7ウバウオ
巨大な、イソコンペイトウガニ
オオトゲトサカに擬態していて、普通はわかりづらいのですが
あまりに大きすぎて、姿がバレバレです。
2021年3月20日8イソコンペイトウガニ
伊豆では個体数が少なく、少数派のヒメゴンベ
他のゴンベ同様、縄張りの監視に余念がありません。
2021年3月20日9ヒメゴンベ
エキジット間際に、水面下を泳いでいた、キビナゴの群れ。
2021年3月20日10キビナゴの群れ
海況も良く、いいダイビングになりました。
この日からOつがい、本格的にダイビング復帰です。

波左間2/17-2-

2013.05.02(Thu) | EDIT

波左間での2本目は、高根に潜りました。
もちろんガイドは、DIさんです。
まずは鳥居へと潜行すると、先客は、キビナゴの群れ。
鳥居1
キビナゴの次にやって来たのは、高根の主、コブダイ成魚。
鳥居2
鳥居を離れ、根の方へやってきました。
ここには、キンギョハナダイの群れに混ざって、ケラマハナダイがいます。
尾鰭の端が、チョンと赤いのが、ケラマハナダイ
ケラマハナダイ&キンギョハナダイ
岩の亀裂の、やや暗いところには、Oつがいの大好きな
コクテンベンケイハゼが住んでいました。
コクテンベンケイハゼ
綺麗な、ベニキヌヅツミガイがいました。
いい具合に外套膜が開いて、貝殻部分が見えています。
ベニキヌヅツミガイ
ベニキヌヅツミガイを撮っていると、どこからともなく
ミノカサゴが、近寄ってきました。
伊豆でも、ダイバーには何かと寄ってくる、ミノカサゴですが
波左間の個体は伊豆に比べて、攻撃的な気がします。
そう感じるのは、O夫だけかな?
ミノカサゴ
フトスジイレズミハゼの巣穴の入口では、元気なソラスズメダイが
泳ぎ回っては、撮影の邪魔をしています。
主役の出待ちの間、ハリセンボンを、撮ってみました。
(そして結局、フトスジイレズミハゼは、不発)
ハリセンボン
小さいうえ、撮りづらい場所にいた、ミレニアムマツカサウミウシ
ミレニアムマツカサウミウシ
鳥居へ戻る途中は、ふたたび目の前でキビナゴが乱舞中。
キビナゴの群れ
ガチャピンも、キビナゴを見物しに来たようです。
ガチャピン
あまりのキビナゴの数にビックリしたのか、ボラが右往左往しています。
ボラ
再び鳥居に戻ると、主であるコブダイが、真正面からやってきました。
コブダイ
波左間の社長さんは、3本目も勧めて下さいましたが
帰りの渋滞を考慮して、この日は2本で終了。
それでも結局、渋滞には巻き込まれてしまいました(笑)

西川名11/27-2-

2012.02.29(Wed) | EDIT

さて、2本目のダイビングの時間となりました。
他の皆さんが、続々と船に乗り込む中
Oつがいは、てくてく歩いて、海岸へ。
ビーチへ
辿りついた先が、ここ。
そう、Oつがいの2ダイブ目は、西川名のスタッフも滅多に潜らない
ビーチです。
エントリー口

大瀬崎2/20-3-

2011.04.08(Fri) | EDIT

大瀬崎での、ダイビングの後のお楽しみは
帰り道すがら、干物屋をめぐること。
まずは、Oつがいお気に入りのお店へ。
dc040701 コピー1
もちろん、天日干しです。
dc040702 コピー1
この日のお勧めは「うるめいわししょうゆ干し
いつもながら、手作り感あふれる包装です(笑)
即、購入。
dc040707 コピー1
新鮮で丸ごと食べられて、とても美味しいキビナゴ
店頭に出ていれば、まず買います。
dc040708 コピー1
この、干してあるアジも、購入。
加工がとても丁寧で、きれいなのがわかるでしょうか。
dc040709 コピー1
2軒目は、ボブお気に入りのお店へ。
dc040711 コピー1
こちらのお店の一押しは、なんと言っても
サバ醤油干。
dc040713 コピー1
で~んと、店の前に、干してあります。
Oつがいも、このサバ醤油干を、何度も食べましたが
文句なしに、絶品です。
dc040712 コピー1
Oつまが通っている、仲良しの接骨院の先生は
イカが、大好物。
(大)イカを、お土産に購入することにしました。
dc040715 コピー1
さらに、金目鯛が、お手頃価格だったので、購入。
dc040717 コピー1
美味しそうな干物が、たくさん買えました。
しばらくは、日本酒と合わせて、楽しめそうです。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR