08 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 10

2016年奄美大島11/3-4- 

ダイビング初日、4本目のポイントは、ウメイロパラダイス。
シケオくんによると、名前の通り、ウメイロの群れが見られるポイントだそう。
張り切ってエントリー!
ところが、暗い・・・見えない・・・
午後になり、透明度が一気に落ちてしまったようです。
仕方なく気持ちをワイドモードから、いつものマクロモードに切り替え、捜索開始。

最初に見つけたのは、コンペイトウウミウシ
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス1コンペイトウウミウシ
ミズタマサンゴを覗いてみると、バブルコーラルシュリンプがいました。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス2バブルコーラルシュリンプ
O夫の大好きな、ヤクシマキツネウオ
この色合いが、たまりません。
もう少し明るければなぁ。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス3ヤクシマキツネウオ
キハッソクは、何故かそこらじゅうにいます。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス4キハッソク
これが、ポイント名の由来になったウメイロです。
あちこちに、群れていることはわかるのですが・・・
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス5ウメイロの群れ
エダサンゴの周りには、ネオンテンジクダイの幼魚が群れています。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス6ネオンテンジクダイの群れ
ユキヤマウミウシ。初めて見ました。
素敵な名前のウミウシですね。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス7ユキヤマウミウシ
チョウチョウウオの仲間は、神経質なものが多いですが
この美しいウミヅキチョウチョウウオも、なかなか寄らせてくれません。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス8ウミヅキチョウチョウウオ
おなじみの、ナマコカクレエビ
しかし伊豆に比べると、ホストのナマコが圧倒的に巨大です。
2016年11月3日奄美大島・ウメイロパラダイス9ナマコカクレエビ
こうして初日の4ダイブ、無事終了。
今日はシケオくんと一緒に、夕食です。
スポンサーサイト
タグ: コンペイトウウミウシ  バブルコーラルシュリンプ  ミズタマサンゴ  ヤクシマキツネウオ  キハッソク  ウメイロ  ネオンテンジクダイ  ユキヤマウミウシ  ナマコカクレエビ  ウミヅキチョウチョウウオ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

伊豆海洋公園8/8-2- 

2本目は、砂地から1番をまわってみました。
砂地にいた、ウミテング。しかもペアです。
横に並んでみたり
2015年8月8日ウミテングのペア1
1列になってみたりと、よく動き、楽しませてくれました。
2015年8月8日ウミテングのペア2
ウミテングのそばには、クロイトハゼもいました。
まだ小さな、若い個体です。
2015年8月8日クロイトハゼ
砂地から1番へ。
キハッソクがいました。
海でダイバーが観察するには安全な魚ですが、体表からグラミスチンという粘液毒をだし
他の魚を殺してしまうので、水槽で飼うには注意が必要です。
2015年8月8日キハッソク
1番からオクリダシに戻り、昨日に続き、オジロスズメダイの幼魚に挑戦。
2015年8月8日オジロスズメダイ幼魚2
立派なヤマドリのオスが、忙しそうに動き回っていました。
2015年8月8日ヤマドリ
スズメダイの幼魚に混ざって、1匹だけオキナワスズメダイがいました。
すばやく泳ぎ回るので、目をそらすと、すぐ見失ってしまいます。
2015年8月8日オキナワスズメダイ
水深が浅く、うねりで舞い上がった砂を粉雪に見立てて、キンチャクダイを撮影。
2015年8月8日キンチャクダイ
2本目のダイビングも無事終了・・・のはずでしたが
同行のFさんにアクシデント。
そこそこのうねりがある日だったので、エキジット時に
足を痛めてしまいました。
とりあえず一晩様子をみることに。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ウミテング  クロイトハゼ  キハッソク  オジロスズメダイ  ヤマドリ  オキナワスズメダイ  キンチャクダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4