fc2ブログ

タグ:「キツネダイ」

2017年IOP8/20-1-

2018.04.29(Sun) | EDIT

伊豆夏合宿2日目も、伊豆海洋公園にて開催。
1本目は、ある生物の「大群」を見に行きます。
エントリーし、しばらく泳いで、5番へ。
深場へ潜行中、キツネダイを見かけましたが、ここでゆっくりできないので
証拠写真だけ撮影。
2017年8月20日IOP1キツネダイ
いました。オキノスジエビです。
普段は、とても深い場所に住んでいるのですが
産卵などで、浅場に上がってきた時にだけ、出会えます。
Oつがいも何度か見たことはありましたが、これほどの大群を見たのは、初めてです。
2017年8月20日IOP2オキノスジエビ
もう少し近づいてみましょう。
オキノスジエビの特徴である体の模様や、長い髭もはっきり確認できます。
2017年8月20日IOP3オキノスジエビ
抱卵している、青いお腹の個体もあちこちに。
2017年8月20日IOP4オキノスジエビ
これだけの大群が上がってくれば、当然、それを狙う捕食者も現れます。
やはり深い場所に住む、アヤメカサゴ
2017年8月20日IOP5アヤメカサゴ
オビアナハゼが、虎視眈々とオキノスジエビを狙っていました。
2017年8月20日IOP6オビアナハゼ
名残惜しいですが、そろそろ浅場へ移動する時間です。
いつもなら主役の、シロオビハナダイygも、さらっと証拠写真のみ。
2017年8月20日IOP7シロオビハナダイyg
個体数が少ない、レンテンヤッコの姿も見かけました。
2017年8月20日IOP8レンテンヤッコ
浅場に戻ったところで、クビアカハゼコシジロテッポウエビ
じっくり撮ります。
後で確認すると、コシジロテッポウエビは抱卵していることがわかりました。
2017年8月20日IOP9クビアカハゼコシジロテッポウエビ
こちらは普通種ながら、見つけるとつい撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
次は、伊豆合宿最後のダイビングです。
スポンサーサイト



伊豆海洋公園8/8-1-

2016.04.13(Wed) | EDIT

早速、1本目のダイビングです。
最初は左側、ブリマチ方面ハナダイエリアへ。
ナガハナダイがうじゃうじゃいますが、どの個体ものんびりムード。
2015年8月8日ナガハナダイ1
こちらの個体も、どうにもやる気を感じません。
2015年8月8日ナガハナダイ2
岩の下からちょっとだけ顔を出し、こちらの様子を窺っている、オキトラギス
綺麗な魚なので、全身を撮りたかった。
2015年8月8日オキトラギス
浅場へ移動中に見かけた、キツネダイ
2015年8月8日キツネダイ
さらに浮上を続けたところで、ガーベラミノウミウシのコロニーを見つけました。
2015年8月8日ガーベラミノウミウシ
浅場に戻ってくると、まだ顔の黒い、ツノダシの若魚がいました。
2015年8月8日ツノダシ若魚
ゴンズイの幼魚の群れ。
ダイバーの間では、ゴンズイ玉と呼ばれています。
2015年8月8日ゴンズイ玉1
小さくても、群れは群れ。
どんどん形が変わり、見ていて飽きません。
2015年8月8日ゴンズイ玉2
カマスの幼魚も、小さな群れを作っていました。
2015年8月8日カマス幼魚
他の魚の群れに混ざって泳ぎまくり、非常に撮りづらかった
シラタキベラダマシSP。
2015年8月8日シラタキベラダマシSP
こちらは岩の亀裂の奥に隠れていた、ハコフグの幼魚。
2015年8月8日ハコフグの幼魚
小さいうえに、チョロチョロ動き回って、素人カメラマン泣かせの
オジロスズメダイの幼魚。
2015年8月8日オジロスズメダイ幼魚1
シラタキベラダマシSPや、オジロスズメダイの後だったので
いつもは苦戦するタナバタウオも、やや撮影が楽に感じました。
2015年8月8日タナバタウオ
さて2本目は、何が見られるでしょうか?

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR