05 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 07

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎3/30-1- 

一夜明け、朝食の前に、早朝ダイビングへと向かいます。
雨が降り視界の悪い中、少し移動して、マンボウ前からエントリー。
まだ薄暗い、水中の浅場では、ドロメの幼魚が群れていました。
3月30日ドロメの群れ
日食中の太陽のような、痕跡があったので
3月30日ツキヒガイ1
砂を払ってみると、水中の太陽、ツキヒガイが現れました。
3月20日ツキヒガイ2
砂の中から、ニョキッと出ている、ウミエラ。
3月30日ウミエラ1
「ウミエラの砂下の部分は、一体どうなっているんだろう?」と
ずっと思っていましたが、その答えが見つかりました。
こんな風になっているんですね。
ちなみに、上の写真とは、別の個体です。
3月30日ウミエラ2
以前から、一度見てみたいと思っていた、タマガンゾウビラメがいました。
不思議な模様をしています。
頭を上げているのは、警戒中というサイン。
3月30日タマガンゾウビラメ
ムチカラマツを見ると、イボイソバナガニがいました。
角が短いので、メスのようです。
3月30日イボイソバナガニ
ウミウシの多いエリアにくると・・・いました。
まずは、地味なヤマトウミウシ
3月30日ヤマトウミウシ
続いて、カラフルな、サガミリュウグウウミウシ
3月30日サガミリュウグウウミウシ
華やかな雰囲気の、ガーベラミノウミウシ
3月30日ガーベラミノウミウシ
そろそろ、浅場に戻ります。
前日潜った「先端」では、多くのキンギョハナダイの亡骸を見かけましたが
ここ「湾内」には、あちこちに、ネンブツダイの亡骸が落ちていました。
3月30日ネンブツダイの亡骸
浅場に戻ってきたところで、何かの幼魚を見つけました。
3月30日トゲカナガシラの幼魚1
大きさは、約3cm。
3月30日トゲカナガシラの幼魚2
このテの魚は、胸鰭の模様を見ないと、識別できないので
後に回って、胸鰭を広げてくれるのを待っていると
ちょっとだけ広げた胸鰭から、美しい模様が見えました。
どうやら、トゲカナガシラの幼魚のようです。
3月30日トゲカナガシラの幼魚3
残った時間を利用して、O夫がチョウチョウエソの仲間の撮影をしていると
3月30日チョウチョウエソの仲間
Oつまが、夢中で何かを撮っています。
何だろう?
ゴマウミヘビかな?と思ったのですが、眼がクリクリで吻が長い。
そして顔の下の部分のふくらみが、気になる。
3月30日ミサキウナギ1
しばらく見ていると、砂から出てきました。
3月30日ミサキウナギ2
とうとう、全身を出しました。
尾鰭のあたりが、黄色いです。
眼と顔の下のふくらみと、尾鰭付近の黄色が、この魚の特徴のようです。
3月30日ミサキウナギ3
さらに観察していると、今度は砂の中に潜りはじめました。
頭から潜っていきます。
このタイプの子は、尾鰭から砂に入っていくことが多いのですが・・・
敵に襲われたら、どうするんだろう?
3月30日ミサキウナギ4
最後は、完全に砂の中へ。
3月30日ミサキウナギ5
それにしてもこの魚、何だろう?
現地のガイドさんも「わからないので、宿題にさせてください」とのこと。

後日、現地のガイドさんから連絡があり
ミサキウナギ」だということが、わかりました。
「かなりの稀種、自力発見は自慢していいです」と言われ、大喜びのOつま。
昨年から、珍しい生物を見つけまくっている、Oつまですが
今年に入っても、強運が続いているようです。
タグ: ドロメ  イボイソバナガニ  ヤマトウミウシ  サガミリュウグウウミウシ  トゲカナガシラ  ミサキウナギ  ツキヒガイ  タマガンゾウビラメ  ガーベラミノウミウシ  チョウチョウエソ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6