fc2ブログ

タグ:「カスザメ」

2017年八幡野8/27-2-

2018.05.11(Fri) | EDIT

八幡野2本目は、砂地へ向かいます。
最初に見つけたのは、ホシエイ
2017年8月27日 八幡野ホシエイ1
砂地と岩場の境目には、コガネキュウセンyg(背びれに黒点のあるほう)と
コガネスズメダイygの、かわいい幼稚園がありました。
全然違う魚種なのに、やっぱり同じ色で集まりたくなるんでしょうか。
2017年8月27日 八幡野コガネキュウセンygコガネスズメダイyg2
八幡野の砂地といえば、カスザメ
他のポイントよりも、遭遇率が高いような気がします。
2017年8月27日 八幡野カスザメ3
岩の隙間に隠れていた、とても臆病なツマジロモンガラyg。
2017年8月27日 八幡野ツマジロモンガラyg4
クロイトハゼは、大、中、小と各サイズ見ることができました。
2017年8月27日 八幡野クロイトハゼ5
そばには、体色の模様がきれいな、オトメハゼもいました。
2017年8月27日 八幡野オトメハゼ6
ゴミがたまっている窪地には、立派なサイズのヤマドリ
これですから、ゴミたまりを見過ごすのはもったいない。
2017年8月27日 八幡野ヤマドリ7
周囲に同化している、食いしん坊のアナハゼ
ひたすら、じっとして獲物が近づくのを待っています。
2017年8月27日 八幡野アナハゼ8
背びれをピンと立てた、オハグロベラ(♀)
わりと度胸ある魚のひとつです。
2017年8月27日 八幡野オハグロベラ(♀)9
浅場では、ツマグロハタンポが小さな群れを作っていました。
2017年8月27日 八幡野ツマグロハタンポ10
2017年、夏のダイビング終了。
次のダイビングは、年末までお預けです。
スポンサーサイト



2016年八幡野7/30-1-

2017.05.31(Wed) | EDIT

東伊豆の、八幡野へ潜りに行ってきました。
早速いつものビーチへ、エントリー。

まずは、八幡野でよく見られる、ベニカエルアンコウ
2016年7月30日八幡野1ベニカエルアンコウ
それに比べて、ちょっと数の少ない、オオモンカエルアンコウ
2016年7月30日八幡野2オオモンカエルアンコウ
マクロモードに目線を変えると、ホソテンロクケボリを発見。
2016年7月30日八幡野3ホソテンロクケボリ
こちらは、シロオビコダマウサギガイのペア。
左の個体は、チクチクした外套膜に覆われていますが
右は、外套膜を完全に開いています。
全然違う生物に見えますね。
2016年7月30日八幡野4シロオビコダマウサギのペア
砂地に移動すると、ヒラメが鎮座していましたが
2016年7月30日八幡野5ヒラメ
Oつがいが近づくと「寄るな〜」と、泳ぎ去ってしまいました。
2016年7月30日八幡野6ヒラメ
続いて、カスザメを発見。
2016年7月30日八幡野7カスザメ
本当はここに、砂に潜るカスザメの動画を入れるつもりだったのですが
動画のアップロードが出来ませんでした。
どなたか、アップロードの仕方がわかる方がいましたら、教えていただけないでしょうか?

続いては、砂の中から顔を出している生物、三連発。
まずは、口の動きから、古参ダイバーにパクパクと呼ばれている
ホウジロゴマウミヘビ
2016年7月30日八幡野8ホウジロゴマウミヘビ
ホウジロゴマウミヘビより体の大きい、ハナアナゴ
2016年7月30日八幡野9ハナアナゴ
そして、ハナアナゴより顔のいかつい、ホタテウミヘビ。
2016年7月30日八幡野10ホタテウミヘビ
1本目終了。
少し休んだら、もう一度ビーチで潜ります。

大瀬崎11/30-1-

2015.05.10(Sun) | EDIT

翌日は、早朝ダイビングからスタート。
エントリーポイントの1本松から、富士山が綺麗に見えています。
11月30日大瀬崎早朝富士山
エントリー後すぐに、イサキの若魚の群れが、目の前を横切っていきました。
11月30日大瀬崎早朝イサキの群れ
ゴロタ地帯を抜け、砂地に降りると、イバラカンザシがたくさんついた
まるで宝石箱のような岩があります。
11月30日大瀬崎早朝イバラカンザシ1
そ~っと近づかないと、引っ込んでしまいます。
できるだけ、イバラカンザシが集まっているところを狙って、撮ってみました。
11月30日大瀬崎早朝イバラカンザシ2
早朝で油断していたのか、イソギンチャクの上を、クマノミがのんびり泳いでいます。
11月30日大瀬崎早朝クマノミ1
しかしOつがいが近づいていくと、むっとした顔で、イソギンチャクの中へ。
11月30日大瀬崎早朝クマノミ2
巣穴から顔を出している、コケギンポ
11月30日大瀬崎早朝コケギンポ1
しばらく見ていたら「サービスだよ~」と、体を出してくれました。
11月30日大瀬崎早朝コケギンポ2
岩の間にできた狭い空間には、クロメガネスズメダイ
臆病な個体で、全然ここから出てきてくれませんでした。
11月30日大瀬崎早朝クロメガネスズメダイ
カイメンの上にちょこんと乗った、オキゴンベ。
しっかり、Oつがいを見ています。
11月30日大瀬崎早朝オキゴンベ
臆病な先ほどのクロメガネスズメダイと違い、強気なナガサキスズメダイ
11月30日大瀬崎早朝ナガサキスズメダイ
カスザメを見つけました。
砂を被っていたので、そっと砂をはらいます。
11月30日大瀬崎早朝カスザメ1
全身をあらわした、カスザメ
11月30日大瀬崎早朝カスザメ2
しかし、Oつがいに写真を撮られるのが嫌だったのか
ブワッと体を持ち上げると
11月30日大瀬崎早朝カスザメ3
再び、砂の中へ。
11月30日大瀬崎早朝カスザメ4
浅場へ戻る途中に現れた、マトウダイ
11月30日大瀬崎早朝マトウダイ
岩の上を移動中の、ニシキウミウシ
ウミウシカクレエビを、つい探してしまいますが、ほとんどが空振りです。
11月30日大瀬崎早朝ニシキウミウシ
イソギンチャクがあれば、当然エビ探し。
ここには、イソギンチャクエビがいました。
11月30日大瀬崎早朝イソギンチャクエビ
ユビノウトサカには、擬態上手のウズラカクレモエビがいました。
どこにいるか、わかりますか?
11月30日大瀬崎早朝ウズラカクレモエビ1
角度を変えて、アップで。
11月30日大瀬崎早朝ウズラカクレモエビ2
ユビノウトサカをバックにしなければ、分かりやすいですね。
11月30日大瀬崎早朝ウズラカクレモエビ3
潜水時間71分。やばい、朝食が!
早く戻らないと。

伊豆海洋公園8/17-3-

2014.12.12(Fri) | EDIT

実は前日、珍しい魚の目撃情報が入ってきていました。
1日たってしまいましたが、期待を込めて、砂地へ向かいます。

広い砂地のどこかにいるらしいと、手分けして皆で探し始めたところ
あっという間にOつまが発見。
Oつま、今年も絶好調。
これがその稀種、ベロガレイです。
8月17日IOPベロガレイ
地味な魚ではありますが、なかなか見られないレアものなので
前から横から後ろから上から、まじまじと堪能し、時間切れ。

そのまま砂地を浅場に向かって移動を始めると、カスザメを発見。
8月17日IOPカスザメ1
しかし、ベロガレイで粘ったため、残念ながらすぐに水深を上げます。
つい今しがた、目の前にいたカスザメが、あっという間に眼下へ。
8月17日IOPカスザメ2
砂地から2番にやってくると、シラコダイの幼魚を発見。
8月17日IOPシラコダイ(幼魚)
岩の窪みには、マツカサウオの幼魚がいました。
8月17日IOPマツカサウオ(幼魚)
2番の上では、いつものようにキンギョハナダイが群れています。
8月17日IOPキンギョハナダイの群れ
同じキンギョハナダイでも、こちらは休憩モードなのか
岩の隙間に体を差しこんで、まったく動かず。
8月17日IOPキンギョハナダイ(♀)
2番から1番へ移動してきたところで、アワセイソハゼspと思われる個体がいました。
8月17日IOPアワセイソハゼsp
オクリダシでは、前日惨敗した、クロホシイシモチの産卵シーンに再チャレンジ。
まずは、メスのお腹が大きく、産卵の始まりそうなペアを選びます。
8月17日IOPクロホシイシモチ1
オスが、メスの下に移動してきました。
いよいよ、卵が出てきそうです。
8月17日IOPクロホシイシモチ2
あっ!産んじゃった・・・
産卵は、一瞬なので本当に難しい。
かろうじて、オスが卵をくわえるところは撮れましたが
写真としては、残念な結果に。
8月17日IOPクロホシイシモチ3
こうして、1泊2日の伊豆合宿は、無事終了。

八幡野11/17-1-

2014.01.24(Fri) | EDIT

朝、気持ちよく目覚め、海を見ると、うねりは相変わらず。
この日も、浅場での撮影には気合がいりそうです。

1本目は、ウミトサカに住み着いた、オキゴンベの幼魚を見に行きました。
エントリーし、まずは定番の、アカホシカクレエビ
大小2個体が住んでいて、ツーショットを狙ったのですが
ある程度の距離までくると、大きい個体が、小さい方を追い払ってしまい
なかなか並んでくれません。
11月17日アカホシカクレエビ2個体
結局、小さい子は隅に追いやられ、大きい個体が
イソギンチャクの家を、独り占め。
11月17日アカホシカクレエビ
こらも定番の、ゼブラガニ
ちょっと、リーゼントっぽく見えます。
11月17日ゼブラガニ
イチモンジハゼ
いつも、同じような構図になってしまいます。
もう一工夫して、撮らないと・・・
11月17日イチモンジハゼ
体色が黒ずんでしまった、ナガサキスズメダイ
寒いんだね~。頑張れよ~。
11月17日ナガサキスズメダイ
オキゴンベの幼魚が住んでいる、ウミトサカに到着。
いや~、可愛いですね。
11月17日オキゴンベの幼魚1
根元には、もう一個体いました。
こっちの方が、少しお兄さんかな?!
11月17日オキゴンベの幼魚2
オオパンカイメンの上にいたのは、セボシウミタケハゼ
11月17日セボシウミタケハゼ
昨年、あちこちで見かけた、ニラミギンポ
八幡野にも、いました。
誰かを呼んでいるかのように、ぽかんと口を開けています。
11月17日ニラミギンポ
相変わらずの激しいうねりで、アデヤカミノウミウシのミノの部分が
左に、振られたかと思うと
11月17日アデヤカミノウミウシ1
今度は、右に。
11月17日アデヤカミノウミウシ2
一瞬の隙をついて、ミノが立った瞬間を、撮りました。
11月17日アデヤカミノウミウシ3
だいぶ水温も下がってきているので、コガネキュウセンの幼魚が見られるのも
そろそろ終わりかな?!
11月17日コガネキュウセンの幼魚
昨夜のナイトダイビングから、カスザメ祭りがまだ続いていたようです。
砂の中に隠れているのが、分かるでしょうか?
11月17日カスザメ1
少し、砂を払ってみると
11月17日カスザメ2
じゃーん。カスザメ登場。
11月17日カスザメ3
あまり正面から近づきすぎると、噛まれることがあるので、要注意です。
11月17日カスザメ4
2本目は、少しうねりがおさまってくれると、いいなぁ。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR