fc2ブログ

タグ:「オビアナハゼ」

2017年IOP8/20-1-

2018.04.29(Sun) | EDIT

伊豆夏合宿2日目も、伊豆海洋公園にて開催。
1本目は、ある生物の「大群」を見に行きます。
エントリーし、しばらく泳いで、5番へ。
深場へ潜行中、キツネダイを見かけましたが、ここでゆっくりできないので
証拠写真だけ撮影。
2017年8月20日IOP1キツネダイ
いました。オキノスジエビです。
普段は、とても深い場所に住んでいるのですが
産卵などで、浅場に上がってきた時にだけ、出会えます。
Oつがいも何度か見たことはありましたが、これほどの大群を見たのは、初めてです。
2017年8月20日IOP2オキノスジエビ
もう少し近づいてみましょう。
オキノスジエビの特徴である体の模様や、長い髭もはっきり確認できます。
2017年8月20日IOP3オキノスジエビ
抱卵している、青いお腹の個体もあちこちに。
2017年8月20日IOP4オキノスジエビ
これだけの大群が上がってくれば、当然、それを狙う捕食者も現れます。
やはり深い場所に住む、アヤメカサゴ
2017年8月20日IOP5アヤメカサゴ
オビアナハゼが、虎視眈々とオキノスジエビを狙っていました。
2017年8月20日IOP6オビアナハゼ
名残惜しいですが、そろそろ浅場へ移動する時間です。
いつもなら主役の、シロオビハナダイygも、さらっと証拠写真のみ。
2017年8月20日IOP7シロオビハナダイyg
個体数が少ない、レンテンヤッコの姿も見かけました。
2017年8月20日IOP8レンテンヤッコ
浅場に戻ったところで、クビアカハゼコシジロテッポウエビ
じっくり撮ります。
後で確認すると、コシジロテッポウエビは抱卵していることがわかりました。
2017年8月20日IOP9クビアカハゼコシジロテッポウエビ
こちらは普通種ながら、見つけるとつい撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
次は、伊豆合宿最後のダイビングです。
スポンサーサイト



大瀬崎12/29-2-

2014.03.17(Mon) | EDIT

2013年、最後のダイビングは、外海の1本松へ。
大川下から、富士山が綺麗に見えています。
12月29日大川下からの富士山
エントリー口に、他のダイバーの台車は見当たらず
どうやら、ポイント貸切のようです。
誰もいない海中で、最初に見つけたのは、オオモンハタの幼魚。
岩間から、Oつがいの様子を窺っています。
12月29日オオモンハタ(幼魚)
こちらは、オキゴンベの幼魚。
ホソエダトゲトサカの下で、休憩中。
12月29日オキゴンベの幼魚
砂地では、ヤリイカの卵を踏みつけながら?移動中のフジナマコがいました。
12月29日フジナマコとヤリイカの卵
先端にいたオグロエソ同様、気をつけをしているような、アカエソ。
12月29日アカエソ
この場所が、かなりお気に入りな様子の、オキゴンベ
いったん逃げても、すぐに戻ってきます。
12月29日オキゴンベ
いつものように、キンセンイシモチを探してみますが
やっぱりいつものように、スジオテンジクダイばかり。
12月29日スジオテンジクダイ
イソギンチャクから少しだけ離れ、冒険しようか迷っている、クマノミの幼魚。
12月29日クマノミ
大きな岩の裏側には、ヒメギンポのメスがいました。
12月29日ヒメギンポ(♀)
一部のマニアックなダイバーの間で、密かなブームの
ベニクダウミヒドラを、フトヤギと合わせて撮ってみました。
もう少し、ベニクダウミヒドラを大きく撮れたら、キャンドルヒドラになるのですが
コンデジのノーマルレンズでは、この辺が限界か?!
12月29日フトヤギ&ベニクダウミヒドラ
伊豆の砂地を仕切るダテハゼに、年末の挨拶をしておきました。
12月29日ダテハゼ
フトヤギを使い、体操選手のような動きをしていた、ニジギンポ
12月29日ニジギンポ
ベニキヌヅツミガイを、青抜きで。
12月29日ベニキヌヅツミガイ
派手な体色をした獰猛なハンター、オビアナハゼ
12月29日オビアナハゼ
2013年、最後のダイビングで、一番最後に撮ったのは、岩の上で一休みする
タカノハダイ。伊豆らしいですね~。
11月29日タカノハダイ
これにて無事、2013年最後のダイビング終了!

獅子浜7/20-4-

2013.10.03(Thu) | EDIT

夕食の後は、獅子浜でナイトダイビングです。
昼間は北側を潜ったので、南のエリアへ行ってみましょう。
まず現れたのは、妙にぐにゃぐにゃしている、トラウツボ。
トラウツボ
砂の上に乗っていた、エビ。
アカエビの仲間なのかな?
アカエビの仲間?
獅子浜ナイトダイビングの名物、カザリイソギンチャク。
触手から、毒をぶわ~っと放出中・・・というのは、嘘で
モヤモヤしているのは、巻き上がった砂です。
ただし、触手にも体にも猛毒を持っており、接近しすぎると危険なので
触手の反対側へまわり込むように、気をつけなければいけません。
ライトを当て、引っ込んでしまう前に、大急ぎで撮影。
カザリイソギンチャク
泥地エリアまで来たところで、オシャレカクレエビを発見。
透明な身体のせいで、すっかり泥に同化しています。
オシャレカクレエビ
昼間に見たゲンロクダイの子供は、体色がナイトバージョンになっています。
目が、明らかに眠そう。
ゲンロクダイ
深場まで下りてみると、オキノスジエビがいました。
この時期でも、いるところには、いるんですね。
オキノスジエビ1
しかも見回せば、かなりの数がいるのですが、密集した群れではなく
ばらばらに分かれて、そこらじゅうで動き回っています。
よく見ると、卵(お腹の青いところ)を持っている個体もいました。
オキノスジエビ2
さあ、ここから少しずつ、深度を上げていきます。
岩にくっついていたのは、キタンヒメセミエビ
キタンヒメセミエビ
岩の隙間では、お約束のように、ホムラチュウコシオリエビが威圧しています。
これも、獅子浜のナイトダイビングの名物。
ホムラチュウコシオリエビ
昼間と全く違う体色の、サクラダイ。
こんな場所でグーグー寝ていて、襲われないのでしょうか?
サクラダイ
キサンゴをバックに、オトヒメエビ
この個体も、お腹に卵を持っているようです。
オトヒメエビ
サクラテンジクダイ
昼間と、あまり変わらない感じに見えますが
か○ぢさんによると、ナイトバージョンだそう。
サクラテンジクダイ
岩の亀裂にいた、巨大なユウモンガニ
夜は、エビ・カニたちが元気です。
ユウモンガニ
普段は、砂の中から顔だけ出していることの多い、ハナアナゴですが
ナイトダイビングでは、こうして泳いでいるシーンを見ることができます。
ハナアナゴ
狭い空間に体を押し込み、微動だにせず爆睡する、イラの成魚。
体色が、昼間とは明らかに違います。
イラ
マツバスズメダイも、着底して就寝中。
マツバスズメダイ
昼間同様、ガンガゼの周りには、サラサエビがいますが
やはり、体色が変わっています。
サラサエビ
この日はヨソギも、たくさんいました。
石の端っこを咥えて眠っているように見えますが、手ごろな海藻が
なかったのかな?
ヨソギ
オビアナハゼも、岩の上でじっと動かず、撮り放題。
オビアナハゼ
眠いのに光を当てられて、右往左往している、ハコフグの幼魚。
ハコフグの幼魚
コロダイは、昼間と同じ場所を、ウロウロ泳いでいましたが
やっぱり、体色がナイトバージョンになっています。
コロダイ
水底を移動していたのは、ソメンヤドカリ
ずいぶん欲張って、イソギンチャクを付けましたねー。
ソメンヤドカリ
O夫は気づかなかったのですが、グレートマジンガーが倒れていたそうです。
見たかった・・・いや、救出したかった。
グレートマジンガー
これにて、西伊豆合宿の初日が終了。
「初」西伊豆のdivermatsukunも、獅子浜を堪能したようです。

初島12/19-2-

2012.03.27(Tue) | EDIT

1本目のダイビングを終え、初島名物のダルマストーブの前で休憩していると
「これ食べますか~」と、オーナーが持ってきてくれたのが
少し前に、話題になっていたお菓子「面白い恋人」
話題のお菓子
お客さんのお土産を、おすそ分けしてくれました。
既にご存知の方も多いと思いますが、みたらし味のクリームが
ウェハースにはさまれています。
食べてみると、これが予想以上に美味しい。
手が止まらなくなって、困りました(笑)

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR