06 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 08

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

八幡野6/2-2- 

さて、2本目のダイビングです。
現地のガイドさんに「そろそろ行きますよ~」と、声をかけると
「お客さんの準備が、まだなんです。先に行っててください、後から追いかけます」
そんな訳で、のんびりと、カエルアンコウのいる場所を目指します。

岩の上には、相変らず強いうねりに耐える、ムカデミノウミウシがいました。
ムカデミノウミウシ1
群れて玉になっている、ゴンズイの若魚。
刻々と形を変える群れは、見ていて飽きません。
ゴンズイ玉
そうこうするうちに、カエルアンコウの居場所に、到着。
目印をつけておいたのですが、すでにだいぶ移動しています。
過去の観察例から、カエルアンコウには、2通りの動き方があります。
1つは、胸鰭を使って、ヨチヨチと移動する方法。
もう1つは、胸鰭の後ろにある鰓孔から水を出し、ジェット噴射で移動する方法。
しかし、このカエルアンコウは、強いうねりを上手く利用して、移動していました。
幼魚なのに、なんて賢い!
[広告] VPS

この移動方法のおかげか、珍しいカエルアンコウの鰭全開シーンが撮れました。
カエルアンコウ
ここで、地元のガイドさんチームが、お客さんを引き連れて登場したので
場所を譲り、1本目で見られなかった、フタイロハナゴイのポイントへ移動。
いつもなら撮影の行列ができるところですが、カエルアンコウのおかげで
貸切状態です。
フタイロハナゴイ
フタイロハナゴイの住処の上にある、イソギンチャクの中には
これまた、普段なら撮影待ち必至の、アカホシカクレエビが住んでいます。
アカホシカクレエビ
お約束の、ソラスズメダイもいます。
ソラスズメダイ
ヨソギが、ホンソメワケベラに、クリーニングされていましたが
Oつがいが近づいたら、ヨソギの方が嫌がって、逃げてしまいました。
ごめんなさ~い。
ホンソメワケベラ&ヨソギ
このキンチャクダイは、珍しいことに、かなり近寄らせてくれました。
キンチャクダイ
色鮮やかな、ニシキウミウシ
ニシキウミウシ
普通種のキュウセン(♀)ですが、きちんと撮ったのは初めてかも。
キュウセン(♀)
真っ赤な顔をした、オニカサゴ
オニカサゴ
激しいうねりの為、どこからか吹き飛ばされてきた、ムカデミノウミウシ
体が、丸まっちゃっています。
ムカデミノウミウシ2
八幡野の新しいアイドル、白いカエルアンコウ。
この後、約一ヶ月のあいだ、ダイバーたちに愛でられました。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: カエルアンコウ  ムカデミノウミウシ  ゴンズイ  フタイロハナゴイ  ソラスズメダイ  キンチャクダイ  ニシキウミウシ  キュウセン  オニカサゴ  アカホシカクレエビ 

[edit]

井田5/6-2- 

1本目のダイビングで、昇天したコイを見て
「数日前の大雨って、どのくらい降ったんだろう?」と思っていたら
その爪痕が、ビーチの目の前にありました。
がけ崩れ

こちらは、井田のEN/EX口。
運悪く?大潮にくわえて、スーパームーンの日に当たっており
いつも以上に、はげしく潮が引いています。
ビーチエントリー嫌いなOつまは、当然ブーブー文句を言いますが
そこは馴れたO夫、聞こえないふりを決め込んでいたら
ガイドさんが気をつかって、Oつまを励ましてくれました(笑)
ドン引き
-- 続きを読む --

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: カエルアンコウ  シビレエイ  キンチャクダイ  ヒラムシ  ガラスハゼ  オオモンカエルアンコウ  イチモンジハゼ  オニカサゴ  ヒメオオメアミ  アメフラシ 

[edit]

大瀬崎7/3-1- 

前回、6/26日のダイビングから、ちょうど1週間後。
再び、写真を練習しに、大瀬崎を訪れました。
今回も「普通種をじっくり」が、テーマなので
ガイドさんを、お願いせず、セルフでのダイビング
1本目は、外海の「門下」で、潜りました。

エントリーしてみると、「玉崎」から「柵下」方面に
若干、流れています。
沖へ向かう途中の砂地では、ニシキウミウシを発見。
ちょっと傾いているのは、その流れによるものです。
ニシキウミウシ
もう少し、沖側に移動すると
タカノハダイが、ホンソメワケベラに、クリーニングされていました。
伊豆では普通種のタカノハダイですが、沖縄では、珍しいそうです。
沖縄をメインに潜っている友人は、伊豆で一緒に潜った時
ハイビジョンのビデオで、ガッツリと、撮影していました(笑)
クリーニング中のタカノハダイ
中層では、イトヒキベラが、元気に泳ぎ回っています。
イトヒキベラ
いつもの根に到着。
まずは、コガネスズメダイを被写体に、練習。
コガネスズメダイ
カイメンの上で休憩中の、マツバスズメダイ。
休憩中の、マツバスズメダイ
サクラダイの群れている根まで、やってきました。
オスは見当たらず、メスのみの、群れです。
サクラダイ♀の、群れ
ラブラブなオスに付け回されず、のんびりムードなのか?
時々、あくびをしている個体がいたりします。
あくびをしている、サクラダイ♀
根の下側には、ハコフグの立派な成魚がいました。
泳ぎ方が、ヨチヨチしていて、可愛いです。
ハコフグ
今度は、少しずつ、深度を上げていきます。
岩の上を、ゆっくり移動中の、アオウミウシ
アオウミウシ
岩と岩の隙間には、ショウジンガニがいました。
ショウジンガニ
もう少し深度を上げ、砂地が見える所まで、来たところで
緊張感の走る?場面に遭遇。
どうしても、ウツボが、タカノハダイを狙っているように見えます。
ウツボさん、ちょっと獲物が、大きすぎませんか?(笑)
ただ、この後しばらく観察しても、特に動きはありませんでした。
タカノハダイvsウツボ
お約束の、ダテハゼの撮影。
どうしても、うまく撮れません。
ダテハゼ
砂地の上に、で~んと、オオアカヒトデがいました。
これは!と、思い、表面を調べてみると
直立不動の、コノハガニ(♀)が。
ちょっと、目立ち過ぎでは?(笑)
ヒトデの上で、直立不動のコノハガニ♀
さらに深度を上げて、岩場へ。
岩の上にいたのは、大きなオニカサゴ
こちらを睨んでいるのが、わかるでしょうか?
オニカサゴ
安全停止を兼ねて、浅場で遊んでいたら
クロヘリアメフラシを、見つけました。
クロヘリアメフラシ
1本目のダイビング、終了。
陸で、写真のチェックをしてみると、なんだかボロボロ・・・
どうしても被写体を、あれこれ欲張り過ぎてしまう、Oつがい。
ストロボの、発光していない写真もあるし・・・
2本目は、気合を入れなおして、頑張ります!

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ダイビング  大瀬崎  ニシキウミウシ  アオウミウシ  サクラダイ  ショウジンガニ  オニカサゴ  ダテハゼ  コノハガニ  タカノハダイ 

[edit]