fc2ブログ

タグ:「オニカサゴ」

2023年富戸1/22-1-

2023.09.12(Tue) | EDIT

東伊豆の富戸で、2023年最初のダイビングをしてきました。
1本目は、ヨコバマで潜ります。
エントリーすると、当時大発生していた、ユウレイクラゲが漂っていました。
見ている分には綺麗ですが、触手に毒があるので、なるべく近づかないように気をつけます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ1ユウレイクラゲ
今シーズン「初」ベニシボリ
小さな目がキュートです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ2ベニシボリ
マツカサウオも、幼魚のうちはとても可愛い。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ3マツカサウオ
年越しをした、イバラタツ
ここがお気に入りのようで、去年から同じ場所にいます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ4イバラタツ
ハクセンアカホシカクレエビ
ぴょんぴょん跳ねた挙句、勢い余ってイソギンチャクから飛び出してしまっています。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ5ハクセンアカホシカクレエビ
同じイソギンチャクの反対側には、ウミエラカニダマシがいました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ6ウミエラカニダマシ
ダイバーが近づいても、微動だにしない、オニカサゴ
2023年1月22日富戸・ヨコバマ7オニカサゴ
小さな、ルージュミノウミウシ
小さすぎて、普通コンデジでは撮らないサイズです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ8ルージュミノウミウシ
普通種ですが、この綺麗な体色が好きで、つい撮ってしまう、シマウミスズメ。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ9シマウミスズメ
ヨコバマのイソコンペイトウガニは、巨大です。
何年生きているんだろう?
2023年1月22日富戸・ヨコバマ10イソコンペイトウガニ
昔は、伊豆基本4種と言われるくらい普通にいた、アオウミウシですが
最近、めっきり見かけることが少なくなりました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ11アオウミウシ
エキジット間際にいたユウレイクラゲには、捕食されたハナビラウオの姿が、透けて見えました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ12ハナビラウオ
1本目は、これで終了。
2本目は何が見られるでしょうか?
スポンサーサイト



2021年富戸8/9-2-

2022.01.29(Sat) | EDIT

2本目は、ヨコバマからテトラ方面へ。
やはり、海洋公園のガイドさんは、オニカサゴが気になるようです。
2021年8月9日1オニカサゴ
おや、これは?違った、サツマカサゴだ。
2021年8月9日2サツマカサゴ
いたいた、こちらはまたオニカサゴだ。
2021年8月9日3オニカサゴ
オニカサゴ探しから、そのまま砂地の生物探しへ。
富戸で、ヒフキヨウジは珍しくありません。
海洋公園では、珍しいのかな?
2021年8月9日4ヒフキヨウジ
砂地から岩場へ移動すると、オキゴンベがお出迎え。
2021年8月9日5オキゴンベ
砂地と岩場の境目には、コガネキュウセンの幼魚がいました。
小さいけれど、鮮明な黄色が人間の目を引きます。
2021年8月9日6コガネキュウセン(幼魚)
小さな群れを作っていた、モンツキアカヒメジ
2021年8月9日7モンツキアカヒメジ
玉ではなく、綺麗な群れを作っている、ゴンズイ。
2021年8月9日8ゴンズイ
ミツボシキュウセンの幼魚もいました。
おどおどと、こちらを見ています。
2021年8月9日9ミツボシキュウセン(幼魚)
岩の下には、婚姻色を出している、クツワハゼが。
2021年8月9日10クツワハゼ
浅場に戻ってくると、ニセカンランハギが元気に泳いでいます。
2021年8月9日11ニセカンランハギ
ミナミハタンポの群れをよ〜く見てみると
2021年8月9日12ミナミハタンポの群れ
1匹だけ、オキアジが混じっていました。
2021年8月9日13オキアジ
最後に、クロホシフエダイを見て、2本目のダイビング終了。
2021年8月9日14クロホシフエダイ
同じ海でもガイドさんによって、全然見られるものが違うことを実感。
勉強になりました。

2021年富戸8/9-1-

2022.01.25(Tue) | EDIT

今回のダイビングは、伊豆海洋公園で潜る予定でしたが
台風10号の影響で、あえなくクローズ。
急遽、お隣の富戸で、潜ることになりました、
とはいえ、普段は伊豆海洋公園を専門にしている、ガイドさんが同行。
富戸の生物をどんな目線で見せてくれるか、楽しみでもあります。

それでは、1本目のダイビングスタート。
まずはヨコバマの右奥へ行ってみます。
エントリーすると、舞っているようなソラスズメダイの群れ。
2021年8月9日1ソラスズメダイの乱舞
続いて、ネンブツダイの幼魚の群れ。
2021年8月9日2ネンブツダイの幼魚の群れ
さらに、キビナゴの群れを抜けて
2021年8月9日3キビナゴの群れ
目線は、マクロモードにチェンジ。
最初に見つけたのは、トラ模様のトラフケボリタカラガイ
ちょうど、卵(白い部分)を産み付けているところです。
2021年8月9日4トラフケボリと卵塊
ぽつんと1匹だけいた、ハタタテハゼ
この後、水温の上昇とともに、数も増えてくるでしょう。
2021年8月9日5ハタタテハゼ
夜間モードの模様を出している、ヘラヤガラ
ガイドさんによれば、今年はヘラヤガラの当たり年だそうです。
2021年8月9日6ヘラヤガラ
とても魚に詳しい、今回のガイドさんが
「カサゴの幼魚だけれども、種類がわからない」と教えてくれたのが、これ。
なので「名前のわからないカサゴ」と命名。
2021年8月9日7名前の分からないカサゴ
チョウチョウウオや
2021年8月9日8チョウチョウウオ
ゴンズイ玉を眺めながら移動していると
2021年8月9日9ゴンズイ玉
ナマコの上に乗っかっている、コウライトラギスを見つけました。
居心地がいいようには、思えないんだけどなぁ。
2021年8月9日10ナマコとコウライトラギス
その後、シラコダイや
2021年8月9日11シラコダイ
ハクセンアカホシカクレエビを観察し
2021年8月9日12ハクセンアカホシカクレエビ
浅場へ戻る途中、ユウダチタカノハの成魚を発見。
昔は、割と珍しい部類だったのですが、最近は本当によく見かけるようになりました。
2021年8月9日13ユウダチタカノハ
このあたりから、今回のガイドさんの本領発揮。
ヤマシロベラ(オス)
富戸のガイドさんの多くは、この辺りの魚にはあまり興味を示しません。
2021年8月9日14ヤマシロベラ(オス)
オニカサゴにも、激しく反応しています。
伊豆海洋公園では、個体数がとても少ないので、滅多に見ないそうです。
2021年8月9日15オニカサゴ
イトタマガシラの幼魚。
この手の魚も、同行ガイドさんの得意分野です。
2021年8月9日16イトタマガシラの幼魚
グループの最後尾をのんびり泳いでいたため、Oつまだけがじっくり見られた
ヒレナガネジリンボウのペア。
2021年8月9日17ヒレナガネジリンボウのペア
1本目のダイビング終了。
2本目は、Oつましか見ていない、ヒレナガネジリンボウのペアを見に行ってみます。

2017年赤沢2/26-2-

2018.01.03(Wed) | EDIT

赤沢2本目。
相変わらずガイドさんは、もう一人のお客さんにつきっきり。
今回はビーチで、エキジット時間を気にしなくていいので
セルフダイビングのつもりで、エントリー。

ねちねちと、生物探しをしながら進むと、イシヨウジを発見。
2017年2月26日赤沢1イシヨウジ
じっと獲物を待つ、大きなオニカサゴもいました。
2017年2月26日赤沢2オニカサゴ
いろいろなサイズのヤドカリが、一ヶ所に集まっています。
時々見かける光景ですが、何だろう?お見合いかな?
2017年2月26日赤沢3ヤドカリ
綺麗な、スイートジェリーミドリガイ
2017年2月26日赤沢4スイートジェリーミドリガイ
伊豆ウミウシ基本4種のうちの1種、シロウミウシ
2017年2月26日赤沢5シロウミウシ
砂利の上にポツンと落ちていた、ミツイラメリウミウシ
2017年2月26日赤沢6ミツイラメリウミウシ
ロープに付いた海藻を咥えようと、一生懸命のアミメハギ
夜は流されないように、こんなスタイルで眠ります。
2017年2月26日赤沢7アミメハギ
立派なサイズの、メイタガレイ
2017年2月26日赤沢8メイタガレイ
こうして、赤沢1ボート1ビーチ終了。
初めてのガイドさんで、相性がイマイチだと、どうしてもこうなっちゃいますね〜。

2016年大瀬崎4/30-1-

2017.03.14(Tue) | EDIT

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR