fc2ブログ

タグ:「オトヒメエビ」

2023年八幡野4/15-2-

2024.01.14(Sun) | EDIT

八幡野での2本目は、砂地の根を中心に潜ります。
まずは定番の、イソコンペイトウガニ(の子供)。
オオトゲトサカの一部、色が違うところが、イソコンペイトウガニです。
2023年4月15日八幡野ビーチ1イソコンペイトウガニの子供
キッカイソギンチャクを住処にしている、アカホシカクレエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ2アカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目は1匹でしたが、ここ砂地の根には2匹いました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3アカシマシラヒゲエビ2個体
2本目の主役はこの魚、コクテンカタギ
山と渓谷社の「日本の海水魚」には、生息域が中部日本以南と記載されており
いっぽうネットでは、相模湾以南と書かれていたりします。
少なくともOつがいは、伊豆半島では、ほとんど見たことがありません。
2023年4月15日八幡野ビーチ4コクテンカタギ
岩の亀裂の奥には、オトヒメエビの子供がいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ5オトヒメエビの子供
可愛いので、つい撮ってしまう、オキゴンベの幼魚。
2023年4月15日八幡野ビーチ6オキゴンベの幼魚
こちらは、オオモンカエルアンコウの幼魚。
成魚とは似ても似つかない、あどけない姿です。
2023年4月15日八幡野ビーチ7オオモンカエルアンコウの幼魚
ギンポの仲間2種。
まずは、イワアナコケギンポ
2023年4月15日八幡野ビーチ8イワアナコケギンポ
そして、シミズイソコケギンポ
皆さんは、どちらがお好みですか?
2023年4月15日八幡野ビーチ9シミズイソコケギンポ
ハチジョウタツに、コクテンカタギと、珍しい魚を見られて、充実したダイビングでした。
スポンサーサイト



大瀬崎12/31-3-

2015.07.01(Wed) | EDIT

2014年最後のダイビングは、先端へ。
狙いはもちろん、前日O夫が見逃した、ウサギトラギスのオスです。

エントリーし、まずはハナダイエリアへ。
昨日とは打って変わって、アカオビハナダイがやる気を見せていました。
12月31日大瀬崎アカオビハナダイ(♂)
さあ、今日は早めに水深を上げていきます。
移動中、オトヒメエビウツボをクリーニングしているところに遭遇。
12月31日大瀬崎ウツボ&オトヒメエビ
食事中の、ツノザヤウミウシもいました。
12月31日大瀬崎ツノザヤウミウシ
着底して撮影していると、にじり寄ってきたミノカサゴ
12月31日大瀬崎ミノカサゴ
ナガイボキサンゴ
水中では、このオレンジ+黄色がよく目立ちます。
12月31日大瀬崎ナガイボキサンゴ
アゴが外れたのか、口が開いたままの状態になっていたウツボ
可哀そうですが、何もしてあげられません。
12月31日大瀬崎ウツボ
いよいよ、ウサギトラギスのエリアに到着。
今日はちゃんと背鰭を見て、オスである事を確認。
12月31日大瀬崎O夫ウサギトラギス(♂)1
「背鰭、背鰭」と念じていると・・・きました~。
12月31日大瀬崎O夫ウサギトラギス(♂)2
もちろん、Oつまもちゃんとオスを見つけ
12月31日大瀬崎大瀬崎Oつまウサギトラギス(♂)1
背鰭を立てたところを撮りました。
12月31日大瀬崎Oつまウサギトラギス(♂)2
念願叶い、大満足でエキジットしたOつがいですが
ドライスーツを脱いだところ、二人そろってインナーが濡れています。
まさかの水没です・・・。
昨夜のナイトダイビングで発覚した、O夫のカメラのストロボ不調。
そして、Oつまの水中ライトの不具合。
これにドライスーツを合わせて修理に出したら、一体幾らかかるんだろう!?
そんな訳で、器材の修理がすべて完了するまで、しばらくダイビングはお休みとなりました。

雲見9/21-5-

2015.01.28(Wed) | EDIT

雲見3本目のダイビングは、大牛裏→ブイのルートで潜ります。
エントリーし、最初に見つけたのは、移動中のセンテンイロウミウシ
9月2日雲見センテンイロウミウシ
この時期、大牛裏で一番人気だった、クマドリカエルアンコウ
爪(正確にはヒレ)の先まで、お洒落です。
9月21日雲見クマドリカエルアンコウ
立派なサイズの、イソコンペイトウガニを見つけました。
ただ残念な事に、体の半分に巨大なフジツボがついていたので
きれいな方の側から、撮影しました。
9月21日雲見イソコンペイトウガニ
大牛裏の、ハナタツ
小牛裏の個体よりも、撮りやすい場所にいました。
9月21日雲見ハナタツ3
思いっきり踏ん張っている、イロカエルアンコウ
体操選手になれそう。
9月21日イロカエルアンコウ3
O夫が、もう一個体、ハナタツを発見。
地元のガイドさんによると、行方不明中だった子だそうです。
9月21日雲見ハナタツ4
ヒョイヒョイと泳ぎ回る、季節来遊漁の、ツユベラ(幼魚)。
9月21日雲見ツユベラ(幼魚)
ミチヨミノウミウシ
一部で超有名な、IOPのミチヨ大先生と、何か関係があるのかな?
9月21日雲見ミチヨミノウミウシ
岩の亀裂の奥にいた、ミナミハコフグ(幼魚)。
しばらく粘って、亀裂から出てくるのを待ちましたが、これが限界でした。
9月21日雲見ミナミハコフグ(幼魚)
同じ岩の亀裂でも、こちらは撮りやすかった、オトヒメエビ
手前の個体が、奥にいるパートナーを守っているように見えますね。
9月21日雲見オトヒメエビ
3本目のダイビング終了。
この日は電車で帰るので、急いで駅へ向かいます。

大瀬崎7/20ナイトダイビング-1-

2014.10.20(Mon) | EDIT

夕食の後は、いよいよナイトダイビングです。
いつものように、長い時間のんびりと潜りましたので
前半と後半の二回にわけて、更新します。

夜の湾内にエントリーし、一気に砂地へ。
今回は、湾内の右側を散策してみます。
最初に現れたのは、ホウボウ
逃げる時に、この美しい胸鰭を広げてみせて?くれます。
7月20日大瀬崎ナイトホウボウ
夜行性の魚、ハチ
普段は砂の中に潜っていますが、夜や、昼間でも薄暗い時などは
こうして出てくる時があります。
7月20日大瀬崎ナイトハチ1
ホウボウと同じカサゴ目の仲間で、やはり胸鰭を広げて逃げるのですが
Oつがいに見つかると、砂の中に潜っていってしまいました。
ハチは、背鰭に毒があり、不用意に手をついたりしないよう
気をつけなければいけません。
7月20日大瀬崎ナイトハチ2
砂の中から顔を出しているのは、マッキーくらいの太さの
ホタテウミヘビの幼魚。
7月20日大瀬崎ナイトホタテウミヘビ(幼魚)
石をはさんで、綺麗に整列していた、トラギスメゴチ
急に現れたOつがいに驚いたのか、手前のトラギスが「ん?」って顔で見ています。
7月20日大瀬崎ナイトトラギス&メゴチ
スナダコがいました。
貝に擬態しているのかな?
思いっきりバレていますが・・・
7月20日大瀬崎ナイトスナダコ
昼でも夜でも、ここにいるので、探す必要がない、ガラスハゼ
7月20日大瀬崎ナイトガラスハゼ
チョロチョロ動く、小さなイカの幼体を見つけました。
これは、何イカなんだろう?
7月20日大瀬崎ナイトイカの幼体
今度は、大きなオトヒメエビがいました。
体色が紅白で、おめでたい。
7月20日大瀬崎ナイトオトヒメエビ
着底し、お休みモードのキタマクラ
体色が、ナイトバージョンになっています。
鼻ちょうちんでも描いてあげたいくらいの、熟睡っぷり。
7月20日大瀬崎ナイトキタマクラ
ちょうど砂から出てきた、エビ。
サルエビかな?似たようなエビが他にもいるので
ちょっと、わかりません。
7月20日大瀬崎ナイトサルエビ1
しばらく見ていると、砂から這い出て、スタスタ歩いていってしまいました。
7月20日大瀬崎ナイトサルエビ2
前半は、ここで終了。
後半は、浅場で見つけた生物をご紹介します。

獅子浜7/20-4-

2013.10.03(Thu) | EDIT

夕食の後は、獅子浜でナイトダイビングです。
昼間は北側を潜ったので、南のエリアへ行ってみましょう。
まず現れたのは、妙にぐにゃぐにゃしている、トラウツボ。
トラウツボ
砂の上に乗っていた、エビ。
アカエビの仲間なのかな?
アカエビの仲間?
獅子浜ナイトダイビングの名物、カザリイソギンチャク。
触手から、毒をぶわ~っと放出中・・・というのは、嘘で
モヤモヤしているのは、巻き上がった砂です。
ただし、触手にも体にも猛毒を持っており、接近しすぎると危険なので
触手の反対側へまわり込むように、気をつけなければいけません。
ライトを当て、引っ込んでしまう前に、大急ぎで撮影。
カザリイソギンチャク
泥地エリアまで来たところで、オシャレカクレエビを発見。
透明な身体のせいで、すっかり泥に同化しています。
オシャレカクレエビ
昼間に見たゲンロクダイの子供は、体色がナイトバージョンになっています。
目が、明らかに眠そう。
ゲンロクダイ
深場まで下りてみると、オキノスジエビがいました。
この時期でも、いるところには、いるんですね。
オキノスジエビ1
しかも見回せば、かなりの数がいるのですが、密集した群れではなく
ばらばらに分かれて、そこらじゅうで動き回っています。
よく見ると、卵(お腹の青いところ)を持っている個体もいました。
オキノスジエビ2
さあ、ここから少しずつ、深度を上げていきます。
岩にくっついていたのは、キタンヒメセミエビ
キタンヒメセミエビ
岩の隙間では、お約束のように、ホムラチュウコシオリエビが威圧しています。
これも、獅子浜のナイトダイビングの名物。
ホムラチュウコシオリエビ
昼間と全く違う体色の、サクラダイ。
こんな場所でグーグー寝ていて、襲われないのでしょうか?
サクラダイ
キサンゴをバックに、オトヒメエビ
この個体も、お腹に卵を持っているようです。
オトヒメエビ
サクラテンジクダイ
昼間と、あまり変わらない感じに見えますが
か○ぢさんによると、ナイトバージョンだそう。
サクラテンジクダイ
岩の亀裂にいた、巨大なユウモンガニ
夜は、エビ・カニたちが元気です。
ユウモンガニ
普段は、砂の中から顔だけ出していることの多い、ハナアナゴですが
ナイトダイビングでは、こうして泳いでいるシーンを見ることができます。
ハナアナゴ
狭い空間に体を押し込み、微動だにせず爆睡する、イラの成魚。
体色が、昼間とは明らかに違います。
イラ
マツバスズメダイも、着底して就寝中。
マツバスズメダイ
昼間同様、ガンガゼの周りには、サラサエビがいますが
やはり、体色が変わっています。
サラサエビ
この日はヨソギも、たくさんいました。
石の端っこを咥えて眠っているように見えますが、手ごろな海藻が
なかったのかな?
ヨソギ
オビアナハゼも、岩の上でじっと動かず、撮り放題。
オビアナハゼ
眠いのに光を当てられて、右往左往している、ハコフグの幼魚。
ハコフグの幼魚
コロダイは、昼間と同じ場所を、ウロウロ泳いでいましたが
やっぱり、体色がナイトバージョンになっています。
コロダイ
水底を移動していたのは、ソメンヤドカリ
ずいぶん欲張って、イソギンチャクを付けましたねー。
ソメンヤドカリ
O夫は気づかなかったのですが、グレートマジンガーが倒れていたそうです。
見たかった・・・いや、救出したかった。
グレートマジンガー
これにて、西伊豆合宿の初日が終了。
「初」西伊豆のdivermatsukunも、獅子浜を堪能したようです。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR