fc2ブログ

タグ:「オキゴンベ」

2023年八幡野4/15-2-

2024.01.14(Sun) | EDIT

八幡野での2本目は、砂地の根を中心に潜ります。
まずは定番の、イソコンペイトウガニ(の子供)。
オオトゲトサカの一部、色が違うところが、イソコンペイトウガニです。
2023年4月15日八幡野ビーチ1イソコンペイトウガニの子供
キッカイソギンチャクを住処にしている、アカホシカクレエビ
2023年4月15日八幡野ビーチ2アカホシカクレエビ
アカシマシラヒゲエビ
1本目は1匹でしたが、ここ砂地の根には2匹いました。
2023年4月15日八幡野ビーチ3アカシマシラヒゲエビ2個体
2本目の主役はこの魚、コクテンカタギ
山と渓谷社の「日本の海水魚」には、生息域が中部日本以南と記載されており
いっぽうネットでは、相模湾以南と書かれていたりします。
少なくともOつがいは、伊豆半島では、ほとんど見たことがありません。
2023年4月15日八幡野ビーチ4コクテンカタギ
岩の亀裂の奥には、オトヒメエビの子供がいました。
2023年4月15日八幡野ビーチ5オトヒメエビの子供
可愛いので、つい撮ってしまう、オキゴンベの幼魚。
2023年4月15日八幡野ビーチ6オキゴンベの幼魚
こちらは、オオモンカエルアンコウの幼魚。
成魚とは似ても似つかない、あどけない姿です。
2023年4月15日八幡野ビーチ7オオモンカエルアンコウの幼魚
ギンポの仲間2種。
まずは、イワアナコケギンポ
2023年4月15日八幡野ビーチ8イワアナコケギンポ
そして、シミズイソコケギンポ
皆さんは、どちらがお好みですか?
2023年4月15日八幡野ビーチ9シミズイソコケギンポ
ハチジョウタツに、コクテンカタギと、珍しい魚を見られて、充実したダイビングでした。
スポンサーサイト



2021年富戸8/9-2-

2022.01.29(Sat) | EDIT

2本目は、ヨコバマからテトラ方面へ。
やはり、海洋公園のガイドさんは、オニカサゴが気になるようです。
2021年8月9日1オニカサゴ
おや、これは?違った、サツマカサゴだ。
2021年8月9日2サツマカサゴ
いたいた、こちらはまたオニカサゴだ。
2021年8月9日3オニカサゴ
オニカサゴ探しから、そのまま砂地の生物探しへ。
富戸で、ヒフキヨウジは珍しくありません。
海洋公園では、珍しいのかな?
2021年8月9日4ヒフキヨウジ
砂地から岩場へ移動すると、オキゴンベがお出迎え。
2021年8月9日5オキゴンベ
砂地と岩場の境目には、コガネキュウセンの幼魚がいました。
小さいけれど、鮮明な黄色が人間の目を引きます。
2021年8月9日6コガネキュウセン(幼魚)
小さな群れを作っていた、モンツキアカヒメジ
2021年8月9日7モンツキアカヒメジ
玉ではなく、綺麗な群れを作っている、ゴンズイ。
2021年8月9日8ゴンズイ
ミツボシキュウセンの幼魚もいました。
おどおどと、こちらを見ています。
2021年8月9日9ミツボシキュウセン(幼魚)
岩の下には、婚姻色を出している、クツワハゼが。
2021年8月9日10クツワハゼ
浅場に戻ってくると、ニセカンランハギが元気に泳いでいます。
2021年8月9日11ニセカンランハギ
ミナミハタンポの群れをよ〜く見てみると
2021年8月9日12ミナミハタンポの群れ
1匹だけ、オキアジが混じっていました。
2021年8月9日13オキアジ
最後に、クロホシフエダイを見て、2本目のダイビング終了。
2021年8月9日14クロホシフエダイ
同じ海でもガイドさんによって、全然見られるものが違うことを実感。
勉強になりました。

2021年富戸6/6-2-

2021.10.28(Thu) | EDIT

2本目もヨコバマで潜ります。
生物を探しながらゆっくり進んでいると、まずはカラフルなニシキウミウシを見つけました。
2021年6月6日1ニシキウミウシ
ニシキウミウシの側では、ムラサキウミコチョウが交接中。
2021年6月6日2交接中のムラサキウミコチョウ
コケギンポが、巣穴から顔を出しています。
2021年6月6日3コケギンポ
しばらく見ていると、こちらの存在に気がついたようです。
2021年6月6日4コケギンポ
するすると巣穴から体を出して、ポーズをとってくれました。
2021年6月6日5コケギンポ
先程とは別の、ムラサキウミコチョウ
こちらも交接中。
2021年6月6日6ムラサキウミコチョウ2ペア目
変顔をしている、オキゴンベの幼魚。
2021年6月6日7オキゴンベの幼魚
移動中の、クロスジウミウシ
2021年6月6日8クロスジウミウシ
極小の、テントウウミウシを発見。
数ミリほどしかありません。かわいい〜。
触角の先は綺麗な青色で、体色とのコントラストがまた素敵。
2021年6月6日9テントウウミウシ
全く擬態をしていない、イロカエルアンコウ
思いっきり目立っていますが、堂々としたものです。
2021年6月6日10イロカエルアンコウ
まだ小さい、ガラスハゼ
2021年6月6日11ガラスハゼ
体に砂を乗せたまま移動してきた、ヒラタエイ
2021年6月6日12ヒラタエイ
ビュンビュンと泳ぎ回っている、イトヒキベラ
2021年6月6日13イトヒキベラ
今回も、のんびりダイビングを楽しみました。
お疲れ様でした。

2019年大瀬崎1/13-1-

2019.05.24(Fri) | EDIT

2019年に入り、早速ダイビングに行ってきました。
潜水地は、西伊豆の大瀬崎です。
1本目は、外海の門下へ。
エントリーし、少し水深を下げたところに
伊豆では珍しい、ウメイロモドキ(幼魚)がいました。
2019年1月13日大瀬崎1門下・ウメイロモドキyg
イイジマフクロウニに寄生している、イイジマフクロウニヤドリニナ
真っ白で綺麗な貝ですが、イイジマフクロウニにとっては
さぞ迷惑でしょうね。
2019年1月13日大瀬崎2門下・イイジマフクロウニヤドリニナ
クマドリカエルアンコウっぽい、イロカエルアンコウ
いつものことですが、カエルアンコウの仲間は、撮りづらい場所に
張り付いていることが多いです。
2019年1月13日大瀬崎3門下・イロカエルアンコウ
リボンのようにクルクルした、ムチカラマツには
ちょうど撮影しやすいところに、ビシャモンエビがいました。
ムチカラマツに合わせて、エビぞっているところが可愛いです。
2019年1月13日大瀬崎4門下・ビシャモンエビ
お花畑のような場所で、あたりを伺う、オキゴンベの幼魚。
2019年1月13日大瀬崎5門下・オキゴンベ
ニシキウミウシの上に乗り、気ままな旅をする、ウミウシカクレエビ
2019年1月13日大瀬崎6門下・ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビ
ここには、イソギンチャクモエビが5匹います。わかりますか?
2019年1月13日大瀬崎7門下・イソギンチャクモエビ
門下名物、イバラカンザシの群生。
2019年1月13日大瀬崎8門下・イバラカンザシ
顔つきに似合わない?美しい青い目を持つ、キモガニ
姿がキモいから、キモガニなのかと思っていましたが
和名は学名の属名 Cymo に由来し、Cymoはギリシア語で「波」という意味だそう。
2019年1月13日大瀬崎9門下・キモガニ
1本目終了。引き続き2本目のダイビングです。

2018年伊豆海洋公園9/9-1-

2018.12.06(Thu) | EDIT

伊豆海洋公園合宿、最終日。
本日の1本目は、砂地の際を潜ります。

まずは、巣穴からこちらの様子を伺う、スジタテガミカエルウオを発見。
2018年9月9日伊豆海洋公園1スジタテガミカエルウオ
元気に泳ぎまわる、クロメガネスズメダイyg。
2018年9月9日伊豆海洋公園2クロメガネスズメダイyg
素敵なお家に住んでいる、オキゴンベyg。
可愛い〜。
2018年9月9日伊豆海洋公園3オキゴンベyg
極小の、コガネキュウセンyg。
コンデジでは、頑張ってもこれ以上は無理でした。
2018年9月9日伊豆海洋公園4コガネキュウセンyg
頭上には、ウルメイワシが群れています。
2018年9月9日伊豆海洋公園5ウルメイワシの群れ
だいぶ大きくなった、アマミスズメダイyg。
青いラインが綺麗です。
2018年9月9日伊豆海洋公園6アマミスズメダイyg
イサキの群れと、ネンブツダイの群れが、合体していました。
2018年9月9日伊豆海洋公園7イサキの群れネンブツダイの群れ
ソラスズメダイの群れの真ん中にいる、透明な魚。
実は、稚魚として浮遊生活をしていた、ソラスズメダイygです。
着底すると、体色は青くなっていくそうなので、この個体は着底したばかりと思われます。
2018年9月9日伊豆海洋公園8ソラスズメダイyg
クリーニング待ちで、ホンソメワケベラを取り囲む、クロホシイシモチの群れ。
かなりの人気ですね。
よほどクリーニングが上手な子なんでしょう。
2018年9月9日伊豆海洋公園9クリーニング待ちのクロホシイシモチ
岩の上で休憩中の、ヒラメ。
2018年9月9日伊豆海洋公園10ヒラメ_
ここには、まだ体が透明の、ソラスズメダイygが集まっていました。
先ほど、着底した個体は、すぐに体が青くなってくると書きましたが
その場所が気に入らないと、再び水面に向かって浮遊をはじめ、
いったん青くなった体が、また透明に戻るそうで
「人生(魚生)をやり直せる魚」とも、言われているらしいです。
2018年9月9日伊豆海洋公園11ソラスズメダイygの群れ
オクリダシに戻ったら、常連メンバーに遊んでもらいましょう。
まずは、ここに来れば、いつも会うことができる、ベンケイハゼ
2018年9月9日伊豆海洋公園12ベンケイハゼ
岩の亀裂の中を泳ぎまわる、サザナミヤッコyg。
2018年9月9日伊豆海洋公園13サザナミヤッコyg
おしゃれな、カンムリベラyg。
昨日と同じ個体かな?
2018年9月9日伊豆海洋公園14カンムリベラyg
伊豆海洋公園合宿も、あと1本で終了です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR