02 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 03

2016年大瀬崎4/30-2- 

2本目も、1本目と同じ、外海の門下へ。
まずは、まだ低い水温に寒そうな様子の、クマノミ
2016年4月30日大瀬崎クマノミ
綺麗なトラフケボリダカラガイ
外套膜が、ちょっと開いてしまっています。
2016年4月30日大瀬崎トラフケボリダカラガイ
ニシキウミウシの幼体(上)と、シロウミウシ(下)。
同じお年頃のようですが、何を話しているのかな?
2016年4月30日大瀬崎ニシキウミウシ(幼体)&シロウミウシ
ミツイラメリウミウシ
極小な上に黄色と、うまく撮れない条件が揃っています。
2016年4月30日大瀬崎ミツイラメリウミウシ
長い間この場所に陣取っている、オオモンカエルアンコウ
2016年4月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ
定番の、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎ハクセンアカホシカクレエビ
アカホシカクレエビは、クマノミの幼魚と、共同生活中です。
2016年4月30日大瀬崎アカホシカクレエビ&クマノミ
1本目とは別個体の、ガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
3本目は、湾内でのんびり潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: クマノミ  トラフケボリダカラガイ  ニシキウミウシ  シロウミウシ  ミツイラメリウミウシ  オオモンカエルアンコウ  ハクセンアカホシカクレエビ  アカホシカクレエビ  ガーベラミノウミウシ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

富戸12/21-1- 

久しぶりに、東伊豆の富戸へ潜りに行きました。
1本目のポイントは、ヨコバマ。
エントリーし、まずは黒いイロカエルアンコウのところへ。
体色を味方にして、上手に隠れています。
12月21日富戸イロカエルアンコウ
ここから深度を下げます。
まず出会ったのは、フタホシキツネベラのペアと、キンギョハナダイ。
12月21日富戸フタホシキツネベラ&キンギョハナダイ
近くには、キンチャクダイもペアで泳いでいます。
12月21日富戸キンチャクダイ
物陰に潜んでいるつもり?の、スズメダイ。
12月21日富戸スズメダイ
オオモンハタは、ゆっくり移動中。
12月21日富戸オオモンハタ
定番のガラスハゼ
12月21日富戸ガラスハゼ
つい撮ってしまう普通種の代表格、ソラスズメダイ
12月21日富戸ソラスズメダイ
ベニカエルアンコウは、狭い岩間に体を押し込み、さらに踏ん張るという苦行中。
12月21日富戸ベニカエルアンコウ
いっぽうオオモンカエルアンコウは、大きなカイメンの上で踏ん張っています。
12月21日富戸オオモンカエルアンコウ
こちらもお馴染みの、アカホシカクレエビ
12月21日富戸アカホシカクレエビ
キンセンイシモチを探してみましたが、スジオテンジクダイばかりでした。
12月21日富戸スジオテンジクダイ
大きなサザエがいたので、ウミウシでもついていないか見てみましたが
ただの大きなサザエ単体でした。
美味しそう!と思う人もいるんでしょうね(笑)
12月21日富戸サザエ
こうして1本目が終了。
2本目はOつがいにしては珍しい、ボートダイビングです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: キンチャクダイ  オオモンハタ  アカホシカクレエビ  イロカエルアンコウ  フタホシキツネベラ  ガラスハゼ  ソラスズメダイ  ベニカエルアンコウ  オオモンカエルアンコウ  スジオテンジクダイ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎11/30-3- 

2本目は、外海のポイント、門下へ。

エントリーし、最初に出会ったのは、大きなニシキウミウシ
11月30日大瀬崎ニシキウミウシ
2個体いると聞いていた、オオモンカエルアンコウ
1個体目は、体操選手が吊り輪をやっているような姿勢で、鎮座。
11月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ1
体色の綺麗な、クマノミの幼魚がいました。
11月30日大瀬崎クマノミ
岩の上を移動中の、セスジミノウミウシ
11月30日大瀬崎セスジミノウミウシ
セスジミノウミウシがいた岩には、他にも綺麗なものが一杯。
こちらは、ハネウミヒドラ。
11月30日大瀬崎ハネウミヒドラ
そして、ウミトサカの仲間。
11月30日大瀬崎ウミトサカの仲間
いい場所に隠れていてくれた、オキゴンベ
11月30日大瀬崎オキゴンベ
ミチヨミノウミウシ
とても綺麗なんですが、小さくて撮りづらいのが玉にきず。
11月30日大瀬崎ミチヨミノウミウシ
こちらは、お約束のアカホシカクレエビ
11月30日大瀬崎アカホシカクレエビ
2個体目の、オオモンカエルアンコウ
11月30日大瀬崎オオモンカエルアンコウ2
少し前、どこにもピントを合わせない「ソウル」という撮り方が
一部水中写真家の間で流行っていたので、Oつがいも挑戦してみました。
タテジマキンチャクダイ(幼魚)の、ソウル。
体の模様が、書道家が書いた文字のようになりました。
11月30日大瀬崎タテジマキンチャクダイ(幼魚)1
実際のタテジマキンチャクダイ(幼魚)は、こんな感じの魚です。
11月30日大瀬崎タテジマキンチャクダイ(幼魚)2
浅場に戻ってきたところで見つけた、フリエリイボウミウシ
このウミウシは、あまり動かないので、写真の練習にはもってこいなのですが
いる場所が地味なことが多く、撮っても撮っても、絵にならない・・・
11月30日大瀬崎フリエリイボウミウシ
エキジット間際、いつものようにヒメギンポの観察。
婚姻色が見事なことで知られています。
まずは、大きく口を開けたオスを発見。
11月30日大瀬崎ヒメギンポ(♂)
すぐ近くに、メスがいました。
ただ、オスの場所からは、死角になっています。
11月30日大瀬崎ヒメギンポ(♀)
このオスとメスが、出会えたのか?
気になりますが、最後まで見届けられず、無念のエキジットとなりました。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: オオモンカエルアンコウ  クマノミ  オキゴンベ  ニシキウミウシ  セスジミノウミウシ  ミチヨミノウミウシ  アカホシカクレエビ  タテジマキンチャクダイ  フリエリイボウミウシ  ヒメギンポ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

雲見9/21-3- 

雲見2本目のダイビングも、同じく小牛裏→ブイのルートです。
エントリーし、まずは1本目でうまく撮れなかった、オオモンカエルアンコウを撮り直し。
9月21日雲見オオモンカエルアンコウ2
一人がオオモンカエルアンコウを撮っている間、もう一人は
クマノミの幼魚に、遊んでもらいます。
9月21日雲見クマノミ(幼魚)
オオモンカエルアンコウのすぐそばにいた、ハナタツも撮り直し。
今度は逆立ちバージョン。
9月21日雲見ハナタツ2
当時の雲見一番人気、ミアミラウミウシとウミウシカクレエビのコラボも
再度、撮影。
今回はミアミラウミウシが暴れて、操縦に苦戦している模様です。
9月21日雲見ミアミラウミウシ&ウミウシカクレエビ
さらにイロカエルアンコウも、もう一度。
9月21日雲見イロカエルアンコウ2
1本目と同様、イロカエルアンコウ待ちの間は、ガラスハゼを撮影。
9月21日雲見ガラスハゼ2
とても小さな、ニシキウミウシの幼体がいました。
綺麗ですね~。
9月21日雲見ニシキウミウシ(幼体)
見つけると、つい撮ってしまう、アカイソハゼ
9月21日雲見アカイソハゼ
岩の亀裂の奥にいた、ベニカエルアンコウ
この後、さらに亀裂の奥へと移動してしまいました。
9月21日雲見ベニカエルアンコウ
まるでお菓子のような、テンロクケボリ。
9月21日雲見テンロクケボリ
イソバナカクレエビは、久しぶりに見ました。
9月21日雲見イソバナカクレエビ
アカホシカクレエビ
今度は、お腹の卵も見えるように、撮れました。
9月21日雲見アカホシカクレエビ(抱卵中)
昼間なのに、ナイト時のような体色の、アカハタ。
9月21日雲見アカハタ
ホソテンロクケボリは、仲よくペアで。
9月21日雲見ホソテンロクケボリ
こうして、2本目のダイビング終了。
お腹が空いたので、昼食にします。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: オオモンカエルアンコウ  ハナタツミアミラウミウシ  ウミウシカクレエビ  イロカエルアンコウ  ガラスハゼ  ニシキウミウシ  アカイソハゼ  ベニカエルアンコウ  アカホシカクレエビ 

[edit]

trackback: -- | comment: 6

雲見9/21-2- 

それでは、雲見1本目のダイビングに向かいましょう。
小牛裏→ブイへと移動するルートです。
エントリーし、まずは、ハナタツを見に行きました。
撮りづらい場所にいるうえ、カメラにすぐ背を向ける、恥ずかしがり屋。
そのため写真は、すべて後姿に。
9月21日雲見ハナタツ1
ハナタツのすぐそばにいたのは、オオモンカエルアンコウ
こちらも、近づくのが非常に難しい場所にいました。
9月21日雲見オオモンカエルアンコウ1
グビジンイソギンチャクの中に「うさぴょん」こと、コペポーダがいました。
イソギンチャクの中央やや左にいる、小さな白い物体がそれです。
わかりますか?
9月21日雲見グビジンイソギンチャクとコペポーダ
沖側に目を向けると、ネンブツダイの幼魚が群れを作り
光を受けて、キラキラしていました。
9月21日雲見ネンブツダイ(幼魚)の群れ
雲見名物、コブダイのシンペイ。
ダイバーを見ると、寄ってきます。
9月21日雲見コブダイ
抱卵中の、アカホシカクレエビ
ちゃんと、卵が分かるように撮らないと、ダメですね。
9月21日雲見アカホシカクレエビ
この時期、雲見を熱くさせていた、ミアミラウミウシウミウシカクレエビのコンビ。
「見つけたー!」と、思ったのですが、ウミウシ単体。
ウミウシカクレエビが、いない・・・
9月21日雲見ミアミラウミウシ
あたりをキョロキョロすると、もう一個体、ミアミラウミウシがいます。
そちらには・・・良かった、ウミウシカクレエビが、ちゃんと乗っかっていました。
まるで、触角を握って、ミアミラウミウシを操縦しているようです。
9月21日雲見ミアミラウミウシ&ウミウシカクレエビ
急斜面にいた、イロカエルアンコウ
9月21日雲見イロカエルアンコウ
こちらも、雲見でよく見かける、ジュズエダカリナを背負った、カイカムリ
9月21日雲見カイカムリ
Oつまがカイカムリを撮っている間、O夫はガラスハゼを撮影。
9月21日雲見ガラスハゼ
1本目のダイビングは、ハナタツオオモンカエルアンコウアカホシカクレエビ
失敗作ばかりだったので、2本目も同じルートで、撮り直しです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ハナタツ  オオモンカエルアンコウ  ネンブツダイ  コブダイ  アカホシカクレエビ  ミアミラウミウシ  ウミウシカクレエビ  イロカエルアンコウ  カイカムリ  ガラスハゼ 

[edit]

trackback: -- | comment: 4