fc2ブログ

タグ:「オオウミウマ」

2021年大瀬崎12/5-2-

2022.09.15(Thu) | EDIT

2本目は、湾内に新しく作られた魚礁へ行ってみます。
魚礁の下の方には、数匹のアカオビハナダイ(♂)がいました。
2021年12月5日大瀬崎1アカオビハナダイ
魚礁の上には珊瑚が移植されており、たくさんの幼魚が集まっています。
ざっと見ただけでも、メガネゴンベyg
2021年12月5日大瀬崎2メガネゴンベyg
サラサゴンベyg
2021年12月5日大瀬崎3サラサゴンベyg
映画「ファインディング・ニモ」で、ダイビングをしない人にも知られている
ナンヨウハギyg
2021年12月5日大瀬崎4ナンヨウハギyg
フタスジリュウキュウスズメダイyg
もっとじっくり探せば、まだ他にもいそうです。
2021年12月5日大瀬崎5フタスジリュウキュウスズメダイyg
魚礁の下にオスがいるのに、メスのほうは上でひらひら泳いでいます。
このアカオビハナダイ達は、出会えるのかな?
2021年12月5日大瀬崎6アカオビハナダイ(♀)
魚礁を離れて砂地へ行ってみると、綺麗なツキヒガイが。
2021年12月5日大瀬崎7ツキヒガイ
立派に育った、オオウミウマ
2021年12月5日大瀬崎8オオウミウマ
擬態中ですがバレバレの、ビシャモンエビ
2021年12月5日大瀬崎9ビシャモンエビ
潜航ロープ沿いに深度を上げていく途中で見つけた、セボシウミタケハゼ
2021年12月5日大瀬崎10セボシウミタケハゼ
ダイビング終了。
今回は電車なので、大急ぎで器材を片付け、大瀬崎を出発します。
スポンサーサイト



2021年伊豆海洋公園9/23-1-

2022.05.29(Sun) | EDIT

東伊豆の伊豆海洋公園で、とても珍しい「フカミヤッコ」が
連日目撃されていると聞き、見に行ってきました。
ポイントは3番と呼ばれている、ちょっと遠いポイントですが
フカミヤッコを見るためならと、頑張ってたくさん泳ぎ、ポイントに到着。
が、いない・・・
野生の生き物なので、確率100%があり得ないのは分かっていますが
やはりショック。
とりあえず、目の前を泳いでいた、若いアカイサキ
2021年9月23日1伊豆海洋公園・アカイサキ
トウカイスズメダイを見ながら、徐々に深度を上げていきます。
2021年9月23日2伊豆海洋公園トウカイスズメダイ
途中、クダゴンベ
2021年9月23日3伊豆海洋公園・クダゴンベ
婚姻色を出した、スジハナダイ
2021年9月23日4伊豆海洋公園・スジハナダイ
巨大なオオウミウマ等と出会いますが、ずっしりのしかかる敗北感。
2021年9月23日5伊豆海洋公園・オオウミウマ
だいぶ浅いところに戻ってくると、幼魚たちがOつがいを癒してくれます。
青いソラスズメダイ達の間を泳ぎ回る、アミメブダイの幼魚。
2021年9月23日6伊豆海洋公園・アミメブダイ
こちらは単独で泳ぎ回る、ブチブダイの幼魚。
2021年9月23日7伊豆海洋公園・ブチブダイ
ぼんやり幼魚たちを眺めていると突然、目の前に
ダイバーの間でボラクーダと呼ばれる、ボラの大群が。
2021年9月23日8伊豆海洋公園・ボラクーダ
あっという間に囲まれました〜。
普通種のボラも、ここまで群れると大迫力です。
2021年9月23日9伊豆海洋公園・ボラクーダ
2021年は、ヘラヤガラの当たり年だったようで、この日もあちこちで見られました。
2021年9月23日10伊豆海洋公園・ヘラヤガラ
お仕置きタイム(安全停止)に入り、浅場でウロウロしていると、久しぶりにヌノサラシを見ました。
以前は、普通種だったのになぁ。
2021年9月23日11伊豆海洋公園・ヌノサラシ
逆に、以前はなかなか見ることのできなかった、リュウキュウヤライイシモチ
2021年9月23日12伊豆海洋公園・リュウキュウヤライイシモチ
カンムリベラ(しかも成魚です!)
2021年9月23日13伊豆海洋公園・カンムリベラ
さらに、アオスジテンジクダイ(中央の縞のない魚)も元気に泳いでいます。
2021年9月23日14伊豆海洋公園・アオスジテンジクダイ
こうして伊豆の海でも、温暖化は着々と進んでいるようです。

ちなみにフカミヤッコは、翌日からまた現れたとのこと(泣)

2016年大瀬崎5/1-1-

2017.03.30(Thu) | EDIT

それでは、朝食の前に早朝ダイビング
どうしても見たい生物がいて、湾内を少し、遠征します。

これが会いたかった、エビ。
エボシカクレエビ属の1種」と呼ばれている(つまり、和名がまだない)
珍しいエビです。
真っ白な住処に、透明感のある白いエビ。
う〜ん、美しい。
2016年5月1日大瀬崎1エボシカクレエビ属の1種
遠征したので、当然、戻ってくるのにも時間がかかり
他の生物を見に行く時間が、あまりありません。
そんな中から、前日、ウサギトラギスを探している時に見つけた
ヒレボシミノカサゴを選んで、見に行きました。
前日と、ほぼ同じ場所にいてくれたので、じっくり堪能。
ところが実は、このあと、行方不明になったそうです。
見られたのは、前日の午後と、この日の午前中だけだったわけで
本当に、運が良かった。
2016年5月1日大瀬崎1ヒレボシミノカサゴの幼魚
前日と同じく、もはや脇役の、ウサギトラギス
エボシカクレエビで、かなり時間を取られていたので、粘れず
背びれを立てるシーンまでは、撮影できませんでした。
2016年5月1日大瀬崎1ウサギトラギス
このあたりの浅場では、マアジの小さな群れが、泳ぎ回っています。
2016年5月1日大瀬崎1マアジ
オオウミウマの幼魚にも、なんとか会いに行けました。
2016年5月1日大瀬崎1オオウミウマの幼魚
さあもう上がらなくては、とフィンを脱ごうとしている時に
ベニツケギンポを発見。
2016年5月1日大瀬崎1ベニツケギンポ
見られた生物の、種類こそ少なかったですが、充実したダイビングでした。
さて急いで宿に戻り、朝食です。

大瀬崎1/20-1-

2013.04.10(Wed) | EDIT

サイパンから戻った、翌週。
すっかり温かい水温に慣れてしまった身体を、伊豆仕様に戻すため
西伊豆の大瀬崎へ、潜りに行ってきました。

トガリモエビがいるとの情報を聞き、1本目は、湾内へ。
目標地点まで移動中、ヤリイカの卵を見つけて、ちょっと寄り道。
反対側から、キタマクラが、早くも卵をつついています。
ヤリイカの卵
さらに沖へ移動していくと、小さな魚が、霞のように群れています。
霞のよう
近づいてみると、ネンブツダイの幼魚の群れのようです。
ネンブツダイの群れ
無事、トガリモエビの住む場所に、到着。
かなり大きな個体です。
他にダイバーはおらず、貸切状態だったのですが、ちょっと深場なため
寄り道がひびいて、ダイコンを気にしながらの撮影になってしまいました。
トガリモエビ
そろそろ、浅場へ。
移動中、なんともやる気のない、タカノハダイを発見。
目が合いましたが、逃げる様子もなく、でーんと鎮座していました(笑)
タカノハダイ
浅場には、オオウミウマがいました。
サービス精神のある子で、カメラを嫌がることなく
優雅にセクシー?ポーズを、とり続けてくれました。
オオウミウマ
砂の中から顔を出しているのは、海の中のブサカワ代表選手、メガネウオ
Oつがいを魅了して止まない、強烈な表情の持ち主です。
メガネウオ
砂の上を、ウロウロと歩き回っている、トゲカナガシラ
トゲカナガシラ1
Oつがいが近づくと、綺麗な胸鰭を広げ、泳ぎ去っていきました。
トゲカナガシラ2
砂地とゴロタの境目には、アカカマスが群れています。
アカカマスの群れ
続いて、スズメダイの群れも現れました。
スズメダイの群れ
1本目終了。
身体は、あっという間に、伊豆の水温を思い出しました(笑)

大瀬崎3/31-2-

2012.07.10(Tue) | EDIT

1本目のダイビングが終わり、ポイントの先端からショップに戻る途中
先端に向かうダイバーがひとり、歩いてきました。
よく見ると、知り合いのダイバー、か○ぢさんではないですか。
か○ぢさんも、こちらに気づき
「だめですよ~、こんなコンディションの日に潜っちゃあ」
いやいや、あなたもです、か○ぢさん(笑)
やはり、ハナダイ狙いということだったので
先端の海況を伝え、別れました。

さて、ショップに戻って少し休憩した後、2本目のダイビングへ。
こんどはショップの目の前、湾内で潜ります。
エントリーし、まず見つけたのは、ホウセキキントキ
いつも群れているイメージがありましたが、この時は1個体のみで
泰然とくつろいでいました。
ホウセキキントキ
ホウセキキントキのすぐそばにいた、オオウミウマの子供。
ライトを嫌って、すねたような表情を見せています。
オオウミウマ
砂の中には、謎の生物が。
ガイドさんに確認したところ、ヤツデイソメと言うそうです。
のばした触手?をゆっくり回転させており、根元には鋭い歯を持つ口があります。
O夫には、エイリアンの子供にしか、見えません(笑)
ヤツデイソメ
この日の目標だった、シマヒメヤマノカミ
華麗なヒレを全開にして、優雅に佇んでいました。
シマヒメヤマノカミ
浅場に戻ってくると、ウミテングがいました。
けっこう速いスピードで移動するので、撮影は意外と大変です。
ウミテング
水中にある古タイヤの中にいた、クリアクリーナーシュリンプ
見つけた時は、ウツボをクリーニングしていたのですが
Oつがいの姿を見て、ウツボのほうが逃げてしまい
クリアクリーナーシュリンプ単体の写真に、なってしまいました。
クリアクリーナーシュリンプ
赤ちゃんカエルアンコウ
ちょっと、うぶ毛が生えています。
カエルアンコウ
2本目終了。
Oつまのカメラの腕が上がって、O夫の写真がなくても
充分、ブログの更新ができるように、なってきました。
O夫も、負けないように頑張らないと(汗)

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR