fc2ブログ

タグ:「ウメイロモドキ」

2021年富戸12/29-1-

2022.09.25(Sun) | EDIT

東伊豆の富戸で、2021年最後のダイビングをしてきました。
この時期のターゲットは、小さな生物がメインになりますが
1本目のヨコバマは、特に極小もの中心となりました。

最初に見つけたのは、小さなフジエラミノウミウシ
2021年12月29日富戸1フジエラミノウミウシ
次に見つけたのは、もっと小さなセスジミノウミウシ
どちらもミリ単位の体長です。
2021年12月29日富戸2セスジミノウミウシの幼体
あまりの擬態の素晴らしさに、撮影しながら何度も見失ってしまう、カゲロウカクレエビ
わかりますか?
2021年12月29日富戸3カゲロウカクレエビ
ここから、南方種が続きます。
水温が低下してきているので、いつまで見られるかわからない、ハナゴンベの幼魚。
顔まわりのお化粧が、おしゃれ。
2021年12月29日富戸4ハナゴンベ
いつもこのようなオーバーハングの上で、逆さまに暮らしているオキナワベニハゼ
こちらも、いつまで生き延びられるか。
2021年12月29日富戸5オキナワベニハゼ
ウメイロモドキの群れ。
彼らを見ると、パラオのブルーコーナーを思い出します。
またパラオに行ける日が来るんだろうか?
2021年12月29日富戸6ウメイロモドキ
再び、伊豆生物に戻ります。
オキゴンベの幼魚が寄り添っているのは、ウツボ。
背景の黄色い壁は、ウツボの胴体です。
2021年12月29日富戸7オキゴンベの幼魚
こう見えて、移動スピードが意外と速いウミテング
砂地の上をテクテク歩きます。
2021年12月29日富戸8ウミテング
マクロモードに切り替え見つけた、クロヘリアメフラシ
キリッとした眼のせいか、小さくても堂々たる佇まいです。
2021年12月29日富戸9クロヘリアメフラシ
じっくり見ると美しい体色の、チゴミドリガイ。
2021年12月29日富戸10チゴミドリガイ
富戸ヨコバマ名物。イソギンチャク畑の、クマノミ&ミツボシクロスズメダイ。
2021年12月29日富戸11クマノミ&ミツボシクロスズメ
見るたびに和菓子を連想してしまう、ヒロウミウシ
2021年12月29日富戸12ヒロウミウシ
実は、チョコレートプラネットのファンなのか?
体に「T」の字がある、カザリイソギンチャクエビ2021年12月29日富戸13カザリイソギンチャクエビ
最後に光のカーテンを抜けて、陸の世界へ戻ります。
2021年12月29日富戸14
2本目は、2021年最後のダイビングです。

スポンサーサイト



2020年富戸12/6-2-

2021.05.29(Sat) | EDIT

2本目も、ヨコバマで潜ります。
潜行し水面を見上げると、一面キビナゴの群れ。
2020年12月6日1キビナゴの群れ
ウメイロモドキの幼魚が、あちこちにいます。
久しぶりに潜ったOつがいには、ちょっと寒く感じますが
南方系の魚が元気に泳ぎ回っているので、水温はまだまだ高いようです。
2020年12月6日2ウメイロモドキ
擬態中のオオモンカエルアンコウ。上手いですよねぇ。
2020年12月6日3オオモンカエルアンコウ
こちらは胸鰭が特徴的な、キリンミノ
2020年12月6日4キリンミノ
クマドリカエルアンコウは、いつも撮りづらい場所にいます。
2020年12月6日5クマドリカエルアンコウ
こちらも南方種の、クダゴンベ
昔は伊豆にクダゴンベが現れたら、大騒ぎだったものですが
だんだんと「ちょっと珍しい魚」くらいに格下げされてきています。
2020年12月6日6クダゴンベ
砂だまりには、アカハチハゼがいました。こちらも南方種。
2020年12月6日7アカハチハゼ
中層を元気に泳ぎ回る、マダラタルミの幼魚。
2020年12月6日8マダラタルミの幼魚
擬態の達人、イソコンペイトウガニ
写真中央にいて、こちらを見ていますが、わかりますか?
2020年12月6日9イソコンペイトウガニ
岩の亀裂の中を泳ぎ回る、タテジマキンチャクダイの幼魚。
2020年12月6日10タテジマキンチャクダイの幼魚
可愛い、ツユベラの幼魚。
2020年12月6日11ツユベラの幼魚
これにて、2020年のダイビングは終了。
2021年は、もっとダイビングができるようになるといいなぁ。

2019年富戸12/29-2-

2020.02.26(Wed) | EDIT

いよいよ2019年、最後のダイビング。
ポイントは2本目もヨコバマですが、今回はテトラポット方面へ。

波任せにエントリー。気づいたら、メジナの中に紛れ込んでしまいました。
2019年12月29日1富戸・メジナの群れ1
そのまま水深を下げ、メジナの群れを抜けます。
2019年12月29日2富戸・メジナの群れ2
砂地には、お正月に訪れるダイバー用に、門松と茅の輪が準備されていました。
2019年12月29日3富戸・茅の輪くぐり1
少し早いですが、縁起を担いで、茅の輪くぐり。
2019年12月29日4富戸・茅の輪くぐり2
さあ、フィッシュウォッチングを始めましょう。
まずは、黒いイロカエルアンコウ
2019年12月29日5富戸・イロカエルアンコウ
マツカサウオの幼魚。
写真中央の、小さな黄色い魚です。
2019年12月29日6富戸・マツカサウオ(幼魚)
こちらは、ハナミノカサゴの幼魚。
2019年12月29日7富戸・ハナミノカサゴ(幼魚)
タカべの群れが現れました。
2019年12月29日8富戸・タカべの群れ
タカべの群れを狙って、ワカシも登場し
2019年12月29日9富戸・ワカシ
タカべの群れに、突っ込んでいきます。
2019年12月29日10富戸・ワカシVSタカべ
テトラポットに到着。
季節来遊魚のヨスジフエダイが、小さな群れを作っていました。
2019年12月29日11富戸・ヨスジフエダイの群れ
クロホシイシモチの群れの中には、こちらも季節来遊魚である
クマザサハナムロの幼魚(青い筋のある魚)が混じっています。
2019年12月29日12富戸・クロホシイシモチ&クマザサハナムロ
同様に、マアジ幼魚の群れの中には、ウメイロモドキ(青と黄色の魚)が。
2019年12月29日13富戸・マアジ・ウメイロモドキ
ひっそりと現れた、アカカマス。
2019年12月29日14富戸・アカカマス
1本目とは別個体の、ニシキフウライウオ
2019年12月29日15富戸・ニシキフウライウオ
中央に見えている小さい魚は、クリーナーとして有名な、ホンソメワケベラ。
よほど名手なのか、タカべヨスジフエダイが、順番待ちをしています。
2019年12月29日16富戸・タカべ・ヨスジフエダイ・ホンソメワケベラ
そろそろ、エキジット口へ移動しましょう。
元気な、ミツボシクロスズメダイ幼魚。
2019年12月29日17富戸・ミツボシクロスズメダイ
目の前をすーっと横切っていく、アオヤガラ。
2019年12月29日18富戸・アオヤガラ
サンゴイソギンチャクの中に潜む、カザリイソギンチャクエビ。
2019年12月29日19富戸・カザリイソギンチャクエビ
たいそう立派に育った、イロカエルアンコウ
ここまで大きくなってしまうと、もはや可愛いとは言えませんね。
2019年12月29日20富戸・イロカエルアンコウ
エキジット寸前の浅場にいたのは、ヒメフエダイの幼魚。
2019年12月29日21富戸・ヒメフエダイ(幼魚)
あぁ、楽しかった〜。
これにて、2019年のダイビング終了。

2019年大瀬崎1/13-1-

2019.05.24(Fri) | EDIT

2019年に入り、早速ダイビングに行ってきました。
潜水地は、西伊豆の大瀬崎です。
1本目は、外海の門下へ。
エントリーし、少し水深を下げたところに
伊豆では珍しい、ウメイロモドキ(幼魚)がいました。
2019年1月13日大瀬崎1門下・ウメイロモドキyg
イイジマフクロウニに寄生している、イイジマフクロウニヤドリニナ
真っ白で綺麗な貝ですが、イイジマフクロウニにとっては
さぞ迷惑でしょうね。
2019年1月13日大瀬崎2門下・イイジマフクロウニヤドリニナ
クマドリカエルアンコウっぽい、イロカエルアンコウ
いつものことですが、カエルアンコウの仲間は、撮りづらい場所に
張り付いていることが多いです。
2019年1月13日大瀬崎3門下・イロカエルアンコウ
リボンのようにクルクルした、ムチカラマツには
ちょうど撮影しやすいところに、ビシャモンエビがいました。
ムチカラマツに合わせて、エビぞっているところが可愛いです。
2019年1月13日大瀬崎4門下・ビシャモンエビ
お花畑のような場所で、あたりを伺う、オキゴンベの幼魚。
2019年1月13日大瀬崎5門下・オキゴンベ
ニシキウミウシの上に乗り、気ままな旅をする、ウミウシカクレエビ
2019年1月13日大瀬崎6門下・ニシキウミウシ&ウミウシカクレエビ
ここには、イソギンチャクモエビが5匹います。わかりますか?
2019年1月13日大瀬崎7門下・イソギンチャクモエビ
門下名物、イバラカンザシの群生。
2019年1月13日大瀬崎8門下・イバラカンザシ
顔つきに似合わない?美しい青い目を持つ、キモガニ
姿がキモいから、キモガニなのかと思っていましたが
和名は学名の属名 Cymo に由来し、Cymoはギリシア語で「波」という意味だそう。
2019年1月13日大瀬崎9門下・キモガニ
1本目終了。引き続き2本目のダイビングです。

初島12/16-2-

2013.01.24(Thu) | EDIT

さあ、2本目のダイビング。
ポイントは、1本目と同じ、フタツネ。
エントリーした直後の浅場には、いつもメジナが群れています。
この風景だけみていると、南の海のようです。
メジナの群れ
少し深度を下げた、ゴロタと砂地の境目には、アカカマスが群れています。
アカカマスの群れ
眼下の砂地には、カスザメがいました。
Sお奥様と、仲良く2ショット。
カスザメ
目的地の、ウスアカイソギンチャクに到着。
擬態上手の、アヤトリカクレエビです。
肉眼で、しっかり場所を確認してから、液晶画面に視線を移しますが
少しの油断で、あっという間に見失います。
アヤトリカクレエビ
オオパンカイメンの上を移動中の、ハナオトメウミウシ
ブサカワイイ系あるいは、キモカワイイ系でしょうか。
ハナオトメウミウシ
O夫は、気づかなかったのですが
大きなイロカエルアンコウが、いたようです。
イロカエルアンコウ
Oつまのお気に入り、ニジギンポが、アカヤギの上で一休み中。
2匹いるのが、わかりますか?
ニジギンポ
一週前に潜った、大瀬崎にもありましたが
初島にも、ちゃんと、クリスマスツリーが設置されていました。
水中クリスマスツリー
イッセンタカサゴや、ニセタカサゴの群れの中に
ウメイロモドキが、1匹混泳しています。
ウメイロモドキ
1本目では、1匹しか撮れなかった、フリソデエビですが
もう一度見に行ってみると、ペアで仲よく、食事中でした。
フリソデエビ
エキジット口へ移動中、目の前を、アオリイカが横切ります。
アオリイカ
サンゴイソギンチャクの中を覗くと、ヒメイソギンチャクエビがいました。
ヒメイソギンチャクエビ
別のサンゴイソギンチャクの中には、お約束のクマノミ
伊豆のクマノミは、南国のクマノミに比べ、黒っぽい体色をしています。
顔もいかつくて、迫力満点ですが、可愛さではイマイチ・・・
クマノミ
初島は、ワイドからマクロまで楽しめる、豊かな海です。
そして何より、食事が美味しい~。
これから、少し遅めの昼食です。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR