fc2ブログ

タグ:「ウミテング」

2021年富戸12/29-1-

2022.09.25(Sun) | EDIT

東伊豆の富戸で、2021年最後のダイビングをしてきました。
この時期のターゲットは、小さな生物がメインになりますが
1本目のヨコバマは、特に極小もの中心となりました。

最初に見つけたのは、小さなフジエラミノウミウシ
2021年12月29日富戸1フジエラミノウミウシ
次に見つけたのは、もっと小さなセスジミノウミウシ
どちらもミリ単位の体長です。
2021年12月29日富戸2セスジミノウミウシの幼体
あまりの擬態の素晴らしさに、撮影しながら何度も見失ってしまう、カゲロウカクレエビ
わかりますか?
2021年12月29日富戸3カゲロウカクレエビ
ここから、南方種が続きます。
水温が低下してきているので、いつまで見られるかわからない、ハナゴンベの幼魚。
顔まわりのお化粧が、おしゃれ。
2021年12月29日富戸4ハナゴンベ
いつもこのようなオーバーハングの上で、逆さまに暮らしているオキナワベニハゼ
こちらも、いつまで生き延びられるか。
2021年12月29日富戸5オキナワベニハゼ
ウメイロモドキの群れ。
彼らを見ると、パラオのブルーコーナーを思い出します。
またパラオに行ける日が来るんだろうか?
2021年12月29日富戸6ウメイロモドキ
再び、伊豆生物に戻ります。
オキゴンベの幼魚が寄り添っているのは、ウツボ。
背景の黄色い壁は、ウツボの胴体です。
2021年12月29日富戸7オキゴンベの幼魚
こう見えて、移動スピードが意外と速いウミテング
砂地の上をテクテク歩きます。
2021年12月29日富戸8ウミテング
マクロモードに切り替え見つけた、クロヘリアメフラシ
キリッとした眼のせいか、小さくても堂々たる佇まいです。
2021年12月29日富戸9クロヘリアメフラシ
じっくり見ると美しい体色の、チゴミドリガイ。
2021年12月29日富戸10チゴミドリガイ
富戸ヨコバマ名物。イソギンチャク畑の、クマノミ&ミツボシクロスズメダイ。
2021年12月29日富戸11クマノミ&ミツボシクロスズメ
見るたびに和菓子を連想してしまう、ヒロウミウシ
2021年12月29日富戸12ヒロウミウシ
実は、チョコレートプラネットのファンなのか?
体に「T」の字がある、カザリイソギンチャクエビ2021年12月29日富戸13カザリイソギンチャクエビ
最後に光のカーテンを抜けて、陸の世界へ戻ります。
2021年12月29日富戸14
2本目は、2021年最後のダイビングです。

スポンサーサイト



2021年富戸5/2-1-

2021.09.28(Tue) | EDIT

4/18日に続き、東伊豆の富戸で潜ってきました。
ポイントは今回も、ヨコバマです。
まずはネコザメの幼魚が、一ヶ月でどのくらい大きくなったかをチェック。
いる場所は殆ど一緒。大きさも、うーんあまり変わらないなぁ。
2021年5月2日1富戸・ネコザメ
ごついイロカエルアンコウも健在。
2021年5月2日2富戸・イロカエルアンコウ
シラコダイが群れているので、マンボウが現れるのをちょっと期待しましたが・・・
そううまくはいきませんね。
2021年5月2日3富戸・シラコダイ
立派なサイズの、ヒラミルミドリガイ
このくらい育ってくれれば、コンデジでも何とかなります。
2021年5月2日4富戸・ヒラミルミドリガイ
ヒメメリベウミウシ
大きな口を開け、まるで円谷プロダクションの作品に出てくる、怪獣のよう。
2021年5月2日5富戸・ヒメメリベウミウシ
ウミテングは、相変わらず砂地を忙しく動き回っています。
2021年5月2日6富戸・ウミテング
ホホジロゴマウミヘビ
これ以上近寄ると、砂の中にスルスルと入ってしまいます。
2021年5月2日7富戸・ホホジロゴマウミヘビ
いよいよ餌が尽き、おそらく来月はいなくなっているであろう
ミズタマウミウシの仲間。
2021年5月2日8富戸・ミズタマウミウシ
ゲッコウスズメダイは消えてしまいましたが、代わってアマミスズメダイの幼魚が登場。
2021年5月2日9富戸・アマミスズメダイ(幼魚)
オオモンカエルアンコウ
先月よりさらに撮りづらい場所に移動しています。
頑張りましたが、上から撮るのが精一杯。
2021年5月2日10富戸・オオモンカエルアンコウ
先月はいなかった、ゴマフビロードウミウシ
2021年5月2日11富戸・ゴマフビロードウミウシ
アオウミウシ。
そういえば今年は、あまり見かけません。
2021年5月2日12富戸・アオウミウシ
2本目のダイビングには、イベントがあります。

2021年富戸4/18-1-

2021.09.11(Sat) | EDIT

あれから一ヶ月。ふたたび、東伊豆の富戸で潜ってきました。
ダイビングポイントは、前回と同じヨコバマです。

3月にはいなかった、クロヘリアメフラシ。
2021年4月18日1クロヘリアメフラシ
イバラタツは定位置で、Oつがいを待っていてくれました。
ちょっとだけ、大人っぽくなったかな?
2021年4月18日2イバラタツ
富戸のミノカサゴは、ダイバーのすぐそばに寄ってきます。
現地のガイドさんによると、ダイバーの行くところには
餌となる魚がいることを、覚えているからだそう。
つまり人なつっこいのではなく、根っからのハンターなのです。
2021年4月18日3ミノカサゴ
キッカイソギンチャクを住処にする、アカホシカクレエビ
2021年4月18日4アカホシカクレエビ
ありそうであまりない、タカノハダイとミギマキの2ショット。
右がタカノハダイ、左がミギマキ。
地べたでのんびりしています。
2021年4月18日5タカノハダイ&ミギマキ
成長して、可愛さがなくなりゴツくなってしまった、イロカエルアンコウ
2021年4月18日6イロカエルアンコウ
数日前に見つかった、生まれたばかりのネコザメの幼魚
まさに「手乗り」サイズです。かわいい!
2021年4月18日7ネコザメの幼魚
先月はほとんど見かけなかった、ミズヒキガニ
ガヤをつかんだハサミ脚を振りかざし、威嚇しているのが見えるでしょうか。
2021年4月18日8ミズヒキガニ
ウミテングは相変わらず、砂の上を動き回っています。
カメラに気づくと、くるくる回転してあちらを向いてしまう、困り者(笑)
2021年4月18日9ウミテング
餌がもうほとんどないので、ミズタマウミウシの仲間を見るのは
今期最後かな?
2021年4月18日10ツノザヤウミウシ
今期初登場の、サギフエ
いつも頭を下にしていて、移動する時はこのまま
上下に揺れながら移動します。
撮影のむずかしい魚のひとつです。
2021年4月18日11サギフエ
岩の上では、巨大なヒラメが休憩中。
2021年4月18日12ヒラメ
やはり一ヶ月経つと、生物層が変わり始めていますね。
2本目も楽しみです。

2021年富戸3/20-2-

2021.08.29(Sun) | EDIT

3ヶ月ぶりのダイビングは、東伊豆の富戸。
ポイントは「ヨコバマ」です。
エントリーし、少し開けた場所で、ガイドさんが旗を出してくれます。
そう、この1本は、Oつまの1000回目のダイビングなのです。
近親者の不幸が続いたり、コロナ禍で外出を控えたりしていて
990本から残り10本を潜るのに、3年もかかってしまいました。
2021年3月20日1記念ダイビング
無事イベントを終え、ここからは通常のダイビング
久しぶりだと、普通種のヒラタエイでも、会えば嬉しくなります。
2021年3月20日2ヒラタエイ
フリソデエビのペアは、お食事の真っ最中。
大事そうにヒトデを抱え込んでいます。
2021年3月20日3フリソデエビ
海草に巻きつき佇んでいるのは、イバラタツ
上目遣いが可愛らしい。
2021年3月20日4イバラタツ
イラのパステルカラーは、水中で目立ちます。
2021年3月20日5イラ
コケムシをむしゃむしゃと食べているのは、ミズタマウミウシの一種
富戸は餌になるコケムシが少なく、ミズタマウミウシの仲間も少ないそうです。
2021年3月20日6ミズタマウミウシの一種
砂地を元気に動き回る、ウミテング
それにしても毎回思うのは、ウミテングはどう撮っても絵にならない(笑)
2021年3月20日7ウミテング
魚を上から撮ることは少ないのですが、ウミテングはこれが一番いいかも。
2021年3月20日8ウミテング
とてもシャイな、季節来遊魚のフタイロハナゴイ(逆さまに泳いでいる)。
この後、岩の亀裂に入ってしまい、出てきてくれませんでした。
2021年3月20日9フタイロハナゴイ
Oつまの1000本記念を、やっと敢行できました。よかった、よかった。

2019年大瀬崎1/14-1-

2019.06.04(Tue) | EDIT

大瀬崎2日目。
この日は早起きして、朝食前の早朝ダイビングです。
まだ薄暗い海へ、エントリー。
2019年1月14日大瀬崎1湾内
まだ寝ぼけ眼の人間と違って、魚たちはすでに活動を始めています。
まずは、2匹のアオヤガラygを発見。
2019年1月14日大瀬崎2湾内・アオヤガラ
自然に還る途中の、ミズウオ。
2019年1月14日大瀬崎3湾内・ミズウオ亡骸
ウミテングは、ペアで移動中です。
2019年1月14日大瀬崎4湾内・ウミテングのペア
本日も、カミソリウオを発見。
2019年1月14日大瀬崎5湾内・カミソリウオ
ちょっと汚いロープに乗っかっていた、セボシウミタケハゼ。
本来セボシウミタケハゼは、もっと綺麗な魚ですが、
だんだん、背景と似たような体色に変わるんですね。
2019年1月14日大瀬崎6湾内・セボシウミタケハゼ
いつものことですが、撮りづらい場所にいる、イロカエルアンコウyg。
2019年1月14日大瀬崎7湾内・イロカエルアンコウyg
「おはよう」と、砂から顔を出していた、ハナアナゴ
2019年1月14日大瀬崎8湾内・ハナアナゴ
地味なカミソリウオと対照的、華やかなニシキフウライウオ
2019年1月14日大瀬崎9湾内・ニシキフウライウオ
と思ったら、先ほどとは別個体の、カミソリウオがお出まし。
今年は、当たり年なのかな?
2019年1月14日大瀬崎10湾内・カミソリウオ
キンギョハナダイ(♀)の群れに混ざって、アカオビハナダイ(♀)がいました。
2019年1月14日大瀬崎11湾内・アカオビハナダイ
ガンガゼの要塞の中で安心しきっている、タカノハダイyg。
2019年1月14日大瀬崎12湾内・タカノハダイyg
浅場に戻ってくると、海の中もだいぶ明るくなっていました。
2019年1月14日大瀬崎13湾内
フクロノリのそばを移動中の、チゴミドリガイ
2019年1月14日大瀬崎14湾内・チゴミドリガイ
2本目は、外海で潜ります。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR