fc2ブログ

タグ:「ウミエラカニダマシ」

2023年富戸1/22-1-

2023.09.12(Tue) | EDIT

東伊豆の富戸で、2023年最初のダイビングをしてきました。
1本目は、ヨコバマで潜ります。
エントリーすると、当時大発生していた、ユウレイクラゲが漂っていました。
見ている分には綺麗ですが、触手に毒があるので、なるべく近づかないように気をつけます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ1ユウレイクラゲ
今シーズン「初」ベニシボリ
小さな目がキュートです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ2ベニシボリ
マツカサウオも、幼魚のうちはとても可愛い。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ3マツカサウオ
年越しをした、イバラタツ
ここがお気に入りのようで、去年から同じ場所にいます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ4イバラタツ
ハクセンアカホシカクレエビ
ぴょんぴょん跳ねた挙句、勢い余ってイソギンチャクから飛び出してしまっています。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ5ハクセンアカホシカクレエビ
同じイソギンチャクの反対側には、ウミエラカニダマシがいました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ6ウミエラカニダマシ
ダイバーが近づいても、微動だにしない、オニカサゴ
2023年1月22日富戸・ヨコバマ7オニカサゴ
小さな、ルージュミノウミウシ
小さすぎて、普通コンデジでは撮らないサイズです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ8ルージュミノウミウシ
普通種ですが、この綺麗な体色が好きで、つい撮ってしまう、シマウミスズメ。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ9シマウミスズメ
ヨコバマのイソコンペイトウガニは、巨大です。
何年生きているんだろう?
2023年1月22日富戸・ヨコバマ10イソコンペイトウガニ
昔は、伊豆基本4種と言われるくらい普通にいた、アオウミウシですが
最近、めっきり見かけることが少なくなりました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ11アオウミウシ
エキジット間際にいたユウレイクラゲには、捕食されたハナビラウオの姿が、透けて見えました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ12ハナビラウオ
1本目は、これで終了。
2本目は何が見られるでしょうか?
スポンサーサイト



2016年大瀬崎4/30-5-

2017.03.27(Mon) | EDIT

それでは早速、ナイトダイビングスタート。
まずは砂地にて、ミズダコを発見。
2016年4月30日大瀬崎1ミズダコ
小さな、ホリミノウミウシの仲間。
コンデジで撮るには、かなり厳しいサイズです。
2016年4月30日大瀬崎2ホリミノウミウシの仲間
砂の上では、尾を高々と上げ、しゃちほこ状態で
ロウソクエビが歩いていきます。
2016年4月30日大瀬崎3ロウソクエビ
キサンゴをバックにポーズを取る、ミズヒキガニ。
2016年4月30日大瀬崎4ミズヒキガニ
そしてキサンゴ自体には、キサンゴカクレエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎5キサンゴカクレエビ
綺麗なスナイソギンチャクにお似合いの、ハクセンアカホシカクレエビ
2016年4月30日大瀬崎6ハクセンアカホシカクレエビ
ウミエラが縮んでしまい、隠れているはずのウミエラカニダマシ
丸出しに。
2016年4月30日大瀬崎7ウミエラカニダマシ
こちらは、ウミシャボテンカニダマシ
2016年4月30日大瀬崎8ウミシャボテンカニダマシ
目だけ出して、砂の中に隠れていた、アカエビ
2016年4月30日大瀬崎9アカエビ1
Oつがいに見つかり、慌てて逃げ出しました。
2016年4月30日大瀬崎10アカエビ2
ゴージャスな、アカエラミノウミウシ
もう少し綺麗な場所にいてくれたら、より素敵なのに。
2016年4月30日大瀬崎11アカエラミノウミウシ
こちらは、砂地を移動中の、エムラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎12エムラミノウミウシ
ナマコについていた、小さなメンコガニ。
可愛い〜!
2016年4月30日大瀬崎13メンコガニ
翌日は、早朝ダイビングです。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR