fc2ブログ

タグ:「ウツボ」

2022年那智・熊野1/10-1-

2022.10.31(Mon) | EDIT

翌朝。
空が明るくなってきました。
部屋の右側に見える、玄武洞にも燈が灯っています。
2022年1月10日1ホテル浦島朝食
Oつがいも朝風呂をいただいた後、朝食へ。
各所で働くスタッフの方が、気持ちよく挨拶してくださいます。
2022年1月10日2ホテル浦島朝食
昨夜と同じ会場ですが、前日の賑わいが嘘のように、ガランとしています。
落ち着いてゆっくりいただくことにしましょう。
2022年1月10日3ホテル浦島朝食
朝食もバフェスタイル。
Oつまは、盛り付けも丁寧。
2022年1月10日4ホテル浦島朝食
一方O夫は・・・・、雑ですね〜。
残念ながら、生シラスはありませんでした。
2022年1月10日5ホテル浦島朝食
ホテル浦島にある、5つの温泉すべてに入浴した証。
これをフロントにもっていくと、プレゼントがもらえます。
2022年1月10日6ホテル浦島朝食
プレゼントをもらいチェックアウト後、タクシーをお願いすると
「今から渡し船が来ますよ」
外に出てみると、ちょうど船がやってきたところでした。
20221月10日7日ホテル浦島出発
待ち時間ゼロで、亀さんの船に乗船。
ちなみにこの船は、無料です。
2022年1月10日8ホテル浦島出発
乗客は、Oつがいを入れて2組。
船内を広く使えます。
2022年1月10日9ホテル浦島出発
船はすぐに出港。
振り返ると、スペースウォーカー山上館が見えています。
2022年1月10日10ホテル浦島出発11
乗船時間は、5分位かな?
対岸の港に到着。
2022年1月10日12ホテル浦島出発
Oつがいが記念撮影をしているのを見て、船長さんが
わざわざ出港を待っていてくれました。
2022年1月10日11ホテル浦島出発12
Oつがいの撮影が終わると、船は再びホテル浦島に向かって去っていきました。
さようなら〜。
2022年1月10日13ホテル浦島出発
港の横では、漁師さんが網の手入れ中。
2022年1月10日14ホテル浦島出発
駅へ向かう途中、魚が干してあるのを見つけました。
ウツボです。
Oつがいはダイバーなので、あちこちの漁港に行きますし
伊豆の神津島で、ウツボの唐揚げもいただいたことがあります。
また和歌山県や高知県でも、ウツボを食べるのは知っていましたが
干しウツボは、初めて見ました。
2022年1月10日15ホテル浦島出発
駅に着いたら、1日使って観光です。
スポンサーサイト



大瀬崎12/31-3-

2015.07.01(Wed) | EDIT

2014年最後のダイビングは、先端へ。
狙いはもちろん、前日O夫が見逃した、ウサギトラギスのオスです。

エントリーし、まずはハナダイエリアへ。
昨日とは打って変わって、アカオビハナダイがやる気を見せていました。
12月31日大瀬崎アカオビハナダイ(♂)
さあ、今日は早めに水深を上げていきます。
移動中、オトヒメエビウツボをクリーニングしているところに遭遇。
12月31日大瀬崎ウツボ&オトヒメエビ
食事中の、ツノザヤウミウシもいました。
12月31日大瀬崎ツノザヤウミウシ
着底して撮影していると、にじり寄ってきたミノカサゴ
12月31日大瀬崎ミノカサゴ
ナガイボキサンゴ
水中では、このオレンジ+黄色がよく目立ちます。
12月31日大瀬崎ナガイボキサンゴ
アゴが外れたのか、口が開いたままの状態になっていたウツボ
可哀そうですが、何もしてあげられません。
12月31日大瀬崎ウツボ
いよいよ、ウサギトラギスのエリアに到着。
今日はちゃんと背鰭を見て、オスである事を確認。
12月31日大瀬崎O夫ウサギトラギス(♂)1
「背鰭、背鰭」と念じていると・・・きました~。
12月31日大瀬崎O夫ウサギトラギス(♂)2
もちろん、Oつまもちゃんとオスを見つけ
12月31日大瀬崎大瀬崎Oつまウサギトラギス(♂)1
背鰭を立てたところを撮りました。
12月31日大瀬崎Oつまウサギトラギス(♂)2
念願叶い、大満足でエキジットしたOつがいですが
ドライスーツを脱いだところ、二人そろってインナーが濡れています。
まさかの水没です・・・。
昨夜のナイトダイビングで発覚した、O夫のカメラのストロボ不調。
そして、Oつまの水中ライトの不具合。
これにドライスーツを合わせて修理に出したら、一体幾らかかるんだろう!?
そんな訳で、器材の修理がすべて完了するまで、しばらくダイビングはお休みとなりました。

雲見6/30-1-

2013.09.13(Fri) | EDIT

深夜までボクシング談義で盛り上がった、翌日。
この日は2本とも、牛着岩で潜る予定でした。
雲見港に到着し、器材のセッティングをしていると、海老名にあるダイビングショップさんが
「これから沖の根に潜るんですけど、一緒にどうですか?」
少し遠いポイントで、エキストラチャージがかかってしまいます。
しかし、なかなか潜るチャンスがないのも事実。
迷ったあげく、結局、同行させてもらうことになりました。

以前も何度か入ったことがある沖の根は、いつも流れが強いイメージ。
最後に潜った時(10年近く前)など、あまりの激流に、潜水時間わずか20分でした(笑)
今回も覚悟していましたが、ポイントに到着し、海面を見てみると
「あれ???」
潮、完全に止まってます。
そんな訳で、妙にまったりした、沖の根でのダイビングスタート。

まず、最初に目についたのは、ナンヨウイボヤギウツボ
何とも、和風な眺め。
ナンヨウイボヤギとウツボ
根の周りには、たくさんのイサキが群れています。
まったりしたイサキの群れ
魚群を掻き分けるように泳ぎ回る、ホシエイ
あまりダイバーの来ない場所に、突然おおぜいの人間が現れたので
ビックリしたようです。
ホシエイ
激流だったら、まず出会えなかった、アヤトリカクレエビ
アヤトリカクレエビ(小)
もう1個体いました。
今まで見た中で、最も巨大な、アヤトリカクレエビ
何を食べたら、こんなに丸々と太るのでしょう?
アヤトリカクレエビ(大)
ふたたび、和の世界。
スズメダイナンヨウイボヤギ
スズメダイとナンヨウイボヤギ
そして、マクロの世界へ。
擬態上手の、コボレバケボリ
コボレバケボリ
トラフケボリダカラガイが、2個体。
まさか沖の根で、マクロ三昧になるとは・・・(笑)
トラフケボリダカラガイ
沖側を見ると、イサキは相変らず、やる気のなさそうに、まったりと群れています。
[広告] VPS

岩の亀裂には、巨大なイセエビが、何個体もいました。
イセエビ
最後に根のトップで安全停止中、遊んでもらった、イソギンポ
きょろきょろ動く目が、とってもキュート!
イソギンポ
海老名のダイビングショップさん、誘って頂きありがとうございました。
久しぶりの沖の根、楽しかったです。

大瀬崎5/20-2-

2012.08.27(Mon) | EDIT

こどもの日は、とうに過ぎていますが
まだ、鯉のぼりがたなびいていたので
水面休息中に、見に行きました。
これだけの数だと、さすがに、そこそこ迫力があります。
大瀬の鯉のぼり

初島12/19-1-

2012.03.25(Sun) | EDIT

ダイビング仲間のS尾S子さんと、初島で潜ってきました。
初島のオーナーとも、久しぶりの再会です。

「どこに潜りたいですか?」と、オーナー。
「新しいポイントが、オープンしたそうですね」と、答えると
「あと1週間で、クローズですよ!」
こうして、滑り込みで潜れることになった、新ポイントの名は
「ヤグラ2.5」
こちらが、エントリー口です。
エントリー口

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR