09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

2016年大瀬崎4/30-1- 

ちょうど1ヶ月ぶりに、西伊豆の大瀬崎へ潜りに行ってきました。
1本目は外海の、門下へ。
まずは、ハナタツの様子をチェック。
周囲の環境に合わせたのか、黄色かった体色が少し濃くなり
オレンジ色に変わっています。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(オレンジ)
赤い個体も変わらず、元気でした。
カメラを嫌がって、背中を向けてしまうところも、一緒。
2016年4月30日大瀬崎ハナタツ(赤)
確認を終え、場所を移動。
ムチカラマツをよく見てみると、ビシャモンエビがいました。
2016年4月30日大瀬崎ビシャモンエビ
砂地を移動中の、ミアミラウミウシ
本当に、目立つ体色です。
2016年4月30日大瀬崎ミアミラウミウシ
オウギウミヒドラのてっぺんにいるのは、真っ白いガーベラミノウミウシ
2016年4月30日大瀬崎ガーベラミノウミウシ
Oつがいの目前をスーッと泳いでいく、マトウダイ
2016年4月30日大瀬崎マトウダイ
遠くには、イヤゴハタも見えます。
2016年4月30日大瀬崎イヤゴハタ
ふてぶてしい、オニカサゴ
これだけ寄っても、微動だにしません。
2016年4月30日大瀬崎オニカサゴ
どっちが前だか全然わからない、ドトラケモサ
ウミウシの仲間です。
ブツブツなのが本体で、その両サイドにある白いものは、卵塊。
2016年4月30日大瀬崎ドトラケモサ&卵
2本目も、門下で潜ります。
スポンサーサイト

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: 大瀬崎  ハナタツ  ビシャモンエビ  ミアミラウミウシ  ガーベラミノウミウシ  マトウダイ  イヤゴハタ  オニカサゴ  ドトラケモサ 

[edit]

trackback: -- | comment: 2

2016年大瀬崎3/26-3- 

3本目は、土・日・祝限定のダイビングポイント、先端へ。
いつも先端では、ハナダイの仲間を見に、やや深場へ行くのですが
この日は3本目ということもあり、浅場をサクッと回ります。
最初に見つけたのは、イヤゴハタの幼魚。
Oつがいにとって、イヤゴハタといえば「富戸」のイメージがあり
以前、大瀬崎で見たのはいつだったかわからないくらい、久しぶりの登場。
2016日3月26日大瀬崎1イヤゴハタ(幼魚)
岩の間にいた、オルトマンワラエビ
小さなハサミを振り回して、Oつがいを威嚇してきます。
2016日3月26日大瀬崎2オルトマンワラエビ
移動中、Oつがいの目の前を、小さな粒がたくさん漂ってきました。
どうやら、近くでウミシダが放卵したようです。
2016日3月26日大瀬崎3ウミシダの抱卵
近くにいたのは、このウミシダ。君が放卵したのかな?
2016日3月26日大瀬崎4ウミシダ
海藻のクッションの上で休憩中の、大きなヒラメ
2016日3月26日大瀬崎5ヒラメ
移動中の、アズキウミウシ
2016日3月26日大瀬崎6アズキウミウシ
こちらは、おしゃれな個室で休憩中の、セトミドリガイ
2016日3月26日大瀬崎7セトミドリガイ
この後は夕食後、ナイトダイビングです。

テーマ: スクーバダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: イヤゴハタ  オルトマンワラエビ  ウミシダ  ヒラメ  アズキウミウシ  セトミドリガイ  大瀬崎  ダイビング   

[edit]

trackback: -- | comment: 2

大瀬崎7/21-2- 

divermatsukunの、「初」西伊豆ツアーも、最後の1本になりました。
潜ったのは、柵下。
エントリーすると、岩に沿うように、ソラスズメダイが群れていました。
ソラスズメダイ
少し深場まで下りたところで、タキゲンロクダイを発見。
タキゲンロクダイ
イヤゴハタは、隠れ家からチョコチョコこちらを気にしています。
イヤゴハタ
ふと見ると、サクラダイとホンソメワケベラが、キスをしていました。
ネンブツダイのカップルが「や~ね~、公衆の面前で」といった表情で
後ろを通過しています。
サクラダイ+ホンソメワケベラ+ネンブツダイ
温帯普通種の、キンチャクダイ
でも、この配色、綺麗だと思いませんか?
キンチャクダイ
先ほどはカップルでしたが、こちらは、群れているネンブツダイ。
ネンブツダイの群れ
華やかなキンチャクダイに、イラも負けてはいません。
このパステルカラーが、水中でよく映えます。
イラ
浅場に戻る途中の砂地には、ウミウシの苦手な、か○ぢさんでもわかる
大きなニシキウミウシが、移動中。
ニシキウミウシ
往きに見かけて、帰りもまだ同じ場所にいた、オハグロベラ。
よほど、撮ってほしかったのでしょうか?
一度はスルーしたものの、沖縄メインのdivermatsukunが
立派なデジイチで、真剣に撮っているのを見ていたら
何だかOつがいも、撮らないといけないような気分に(笑)
オハグロベラ
イカの卵の上に鎮座する、アカハタ
まさに、主といった雰囲気です。
アカハタ
岩の亀裂にいた、マイブームの、ヒメオオメアミ
これをぜひ、divermatsukunに撮ってもらいたかったのですが
ちょうど、ヒメギンポかヘビギンポの撮影の真っ最中。
終わったら教えようと、まず自分で撮っていたら、夢中になってしまい
divermatsukunの頭かカメラを、蹴ってしまいました(汗)
ヒメオオメアミ
大人になると、めっぽう押しの強いキュウセン
やっぱり幼魚のうちは、可愛いですね。
キュウセン(幼魚)
これにて、divermatsukunの「初」西伊豆ツアー、無事終了。
ダイビングの後は、か○ぢさんお勧めのお店で、ログ付けです。

テーマ: ダイビング

ジャンル: スポーツ

タグ: ソラスズメダイ  タキゲンロクダイ  イラ  イヤゴハタ  サクラダイ  キンチャクダイ  ニシキウミウシ  アカハタ  ヒメオオメアミ  キュウセン 

[edit]