fc2ブログ

タグ:「イバラタツ」

2023年富戸1/22-1-

2023.09.12(Tue) | EDIT

東伊豆の富戸で、2023年最初のダイビングをしてきました。
1本目は、ヨコバマで潜ります。
エントリーすると、当時大発生していた、ユウレイクラゲが漂っていました。
見ている分には綺麗ですが、触手に毒があるので、なるべく近づかないように気をつけます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ1ユウレイクラゲ
今シーズン「初」ベニシボリ
小さな目がキュートです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ2ベニシボリ
マツカサウオも、幼魚のうちはとても可愛い。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ3マツカサウオ
年越しをした、イバラタツ
ここがお気に入りのようで、去年から同じ場所にいます。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ4イバラタツ
ハクセンアカホシカクレエビ
ぴょんぴょん跳ねた挙句、勢い余ってイソギンチャクから飛び出してしまっています。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ5ハクセンアカホシカクレエビ
同じイソギンチャクの反対側には、ウミエラカニダマシがいました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ6ウミエラカニダマシ
ダイバーが近づいても、微動だにしない、オニカサゴ
2023年1月22日富戸・ヨコバマ7オニカサゴ
小さな、ルージュミノウミウシ
小さすぎて、普通コンデジでは撮らないサイズです。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ8ルージュミノウミウシ
普通種ですが、この綺麗な体色が好きで、つい撮ってしまう、シマウミスズメ。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ9シマウミスズメ
ヨコバマのイソコンペイトウガニは、巨大です。
何年生きているんだろう?
2023年1月22日富戸・ヨコバマ10イソコンペイトウガニ
昔は、伊豆基本4種と言われるくらい普通にいた、アオウミウシですが
最近、めっきり見かけることが少なくなりました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ11アオウミウシ
エキジット間際にいたユウレイクラゲには、捕食されたハナビラウオの姿が、透けて見えました。
2023年1月22日富戸・ヨコバマ12ハナビラウオ
1本目は、これで終了。
2本目は何が見られるでしょうか?
スポンサーサイト



2022年富戸12/29-1-

2023.05.21(Sun) | EDIT

2022年最後のダイビングは、東伊豆の富戸です。
1本目は、ヨコバマ。
最初に見つけたのは、海藻に囲まれた場所に隠れている、イロカエルアンコウ
2022年12月29日富戸1イロカエルアンコウ
シマキッカイソギンチャクに住む、イソギンチャクカクレエビのペア。
2022年12月29日富戸2イソギンチャクカクレエビ
季節来遊魚の、タテジマキンチャクダイyg。
水温が高いので、まだ元気です。
2022年12月29日富戸3タテジマキンチャクダイyg
シャイで、なかなか岩穴から出てきてくれない、マツカサウオyg。
2022年12月29日富戸4マツカサウオyg
こちらもシャイで、カメラを向けると反対側を向いてしまう、イバラタツ
2022年12月29日富戸5イバラタツ
昔は、伊豆でクマドリカエルアンコウが現れると、水中に行列ができたものです。
最近では、レギュラーメンバーの扱いになってきました。
だいぶ身体が大きくなって、ゴツゴツし始めています。
2022年12月29日富戸6クマドリカエルアンコウ
休憩中の、タカノハダイ。
魚屋で見かけることは少なくても、食べれば美味しい魚です。
2022年12月29日富戸7タカノハダイ
ミチヨミノウミウシのペア。
とても綺麗なウミウシですが、とにかく小さい。
2022年12月29日富戸8ミチヨミノウミウシ
これも季節来遊魚の、ロクセンフエダイ
南国では、群れでよく見られます。
2022年12月29日富戸9ロクセンフエダイ
シロミノウミウシ。
これも小さい。普通はコンデジでこのサイズは狙いません(笑)
2022年12月29日富戸10シロミノウミウシ
トゲトサカの中に隠れていることが多い、イソコンペイトウガニ
この子は上に乗っていて、わかりやすかったです。
2022年12月29日富戸11イソコンペイトウガニ
1本目終了。
次は、2022年最後のダイビングです。

2021年富戸4/18-1-

2021.09.11(Sat) | EDIT

あれから一ヶ月。ふたたび、東伊豆の富戸で潜ってきました。
ダイビングポイントは、前回と同じヨコバマです。

3月にはいなかった、クロヘリアメフラシ。
2021年4月18日1クロヘリアメフラシ
イバラタツは定位置で、Oつがいを待っていてくれました。
ちょっとだけ、大人っぽくなったかな?
2021年4月18日2イバラタツ
富戸のミノカサゴは、ダイバーのすぐそばに寄ってきます。
現地のガイドさんによると、ダイバーの行くところには
餌となる魚がいることを、覚えているからだそう。
つまり人なつっこいのではなく、根っからのハンターなのです。
2021年4月18日3ミノカサゴ
キッカイソギンチャクを住処にする、アカホシカクレエビ
2021年4月18日4アカホシカクレエビ
ありそうであまりない、タカノハダイとミギマキの2ショット。
右がタカノハダイ、左がミギマキ。
地べたでのんびりしています。
2021年4月18日5タカノハダイ&ミギマキ
成長して、可愛さがなくなりゴツくなってしまった、イロカエルアンコウ
2021年4月18日6イロカエルアンコウ
数日前に見つかった、生まれたばかりのネコザメの幼魚
まさに「手乗り」サイズです。かわいい!
2021年4月18日7ネコザメの幼魚
先月はほとんど見かけなかった、ミズヒキガニ
ガヤをつかんだハサミ脚を振りかざし、威嚇しているのが見えるでしょうか。
2021年4月18日8ミズヒキガニ
ウミテングは相変わらず、砂の上を動き回っています。
カメラに気づくと、くるくる回転してあちらを向いてしまう、困り者(笑)
2021年4月18日9ウミテング
餌がもうほとんどないので、ミズタマウミウシの仲間を見るのは
今期最後かな?
2021年4月18日10ツノザヤウミウシ
今期初登場の、サギフエ
いつも頭を下にしていて、移動する時はこのまま
上下に揺れながら移動します。
撮影のむずかしい魚のひとつです。
2021年4月18日11サギフエ
岩の上では、巨大なヒラメが休憩中。
2021年4月18日12ヒラメ
やはり一ヶ月経つと、生物層が変わり始めていますね。
2本目も楽しみです。

2021年富戸3/20-2-

2021.08.29(Sun) | EDIT

3ヶ月ぶりのダイビングは、東伊豆の富戸。
ポイントは「ヨコバマ」です。
エントリーし、少し開けた場所で、ガイドさんが旗を出してくれます。
そう、この1本は、Oつまの1000回目のダイビングなのです。
近親者の不幸が続いたり、コロナ禍で外出を控えたりしていて
990本から残り10本を潜るのに、3年もかかってしまいました。
2021年3月20日1記念ダイビング
無事イベントを終え、ここからは通常のダイビング
久しぶりだと、普通種のヒラタエイでも、会えば嬉しくなります。
2021年3月20日2ヒラタエイ
フリソデエビのペアは、お食事の真っ最中。
大事そうにヒトデを抱え込んでいます。
2021年3月20日3フリソデエビ
海草に巻きつき佇んでいるのは、イバラタツ
上目遣いが可愛らしい。
2021年3月20日4イバラタツ
イラのパステルカラーは、水中で目立ちます。
2021年3月20日5イラ
コケムシをむしゃむしゃと食べているのは、ミズタマウミウシの一種
富戸は餌になるコケムシが少なく、ミズタマウミウシの仲間も少ないそうです。
2021年3月20日6ミズタマウミウシの一種
砂地を元気に動き回る、ウミテング
それにしても毎回思うのは、ウミテングはどう撮っても絵にならない(笑)
2021年3月20日7ウミテング
魚を上から撮ることは少ないのですが、ウミテングはこれが一番いいかも。
2021年3月20日8ウミテング
とてもシャイな、季節来遊魚のフタイロハナゴイ(逆さまに泳いでいる)。
この後、岩の亀裂に入ってしまい、出てきてくれませんでした。
2021年3月20日9フタイロハナゴイ
Oつまの1000本記念を、やっと敢行できました。よかった、よかった。

大瀬崎1/8-1-(早朝ダイビング)

2012.04.18(Wed) | EDIT

久しぶりに、大瀬崎で一泊。
翌朝、朝食前にもひと潜りしようと、早朝ダイビングへ行ってきました。
情報によれば、外海の柵下に、イバラタツがいるとのことだったので
ポイントは、柵下に決定。
しかし、いつもお世話になっているガイドさんは
イバラタツの居場所を、自分では確認していない」そうで
ちょうど、場所を知っている別のガイドさんが、リサーチダイビング
行くところを捕まえ、案内してもらうことになりました。

エントリーし、イバラタツまで一直線かと思いきや、ちょっと寄り道。
イソギンチャクエビのペアです。
イソギンチャクエビのペア
さらに寄り道。
ムチヤギにいた、オオガラスハゼ。
オオガラスハゼ
ようやく、お目当てのイバラタツがいる場所に到着。
ところが、いない・・・
これには案内のガイドさんも、大慌て。
みんなで懸命に捜索したところ、少し離れた場所で、無事発見!
他のハナタツの仲間同様、光を当てると
背中を向けて嫌がるのですが、何とかお見せできる写真が撮れました。
イバラタツ
イバラタツの後は、最近、貝づいているOつまが
ツリフネキヌヅツミを、見つけました。
ツリフネキヌヅツミ
ゆっくり深度を上げながら、次のお目当て、アヤトリカクレエビのいる場所へ。
以前、俗称で、クルクルカクレエビと呼ばれていた頃は
なかなか出会えませんでしたが、最近、皆の目が慣れてきたせいか
あちこちで、見られるようになりました。
それでも、擬態の素晴らしさには、毎回感心させられます。
アヤトリカクレエビ
イイジマフクロウニを覗くと、ゼブラガニがいました。
ゼブラガニ
トゲトサカの中には、イソコンペイトウガニが潜んでいます。
イソコンペイトウガニ
ミヤコウミウシ
かなり大きな個体で、ちょっとキモイかな?
ミヤコウミウシ
大きなミヤコウミウシの後は、極小のルージュミノウミウシ
大きさは、3mmくらい。
ルージュミノウミウシ
最後は、ユビノウトサカに隠れている、ウズラカクレモエビ
手前が尾で、奥が頭です。
先ほどのアヤトリカクレエビと、甲乙つけがたい、擬態上手。
ウズラカクレモエビ
あまりに楽しくて、ゆっくり潜り過ぎました。
急いで宿に戻り、朝食をとらないと。
リサーチのガイドさん、イバラタツを見せて頂き、ありがとうございました。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR