fc2ブログ

タグ:「イチモンジハゼ」

2021年江の浦8/22-2-

2022.02.10(Thu) | EDIT

さとちゃんが「1本で充分」とのことなので
2本目は、Oつがいのファンダイビングとなりました。

エントリーすると早速、ホソウミヤッコを発見。
2021年8月22日1ホソウミヤッコ
江の浦の主、巨大なオオモンカエルアンコウ
大きさは、バスケットボールほど。
長く暮らすうち、体にいろんなものがものが付着しています。
2021年8月22日2オオモンカエルアンコウ
横に大きく広がった、ゴンズイ玉。
2021年8月22日3ゴンズイ
そこから一気に玉状に。
形を変え続ける群れは、見ていて飽きません。
2021年8月22日4ゴンズイ
以前はどこにでもいたのに、最近見ることが少なくなった、イチモンジハゼ
青いアイシャドウが、お洒落なんです。
2021年8月22日5イチモンジハゼ
なかなか派手な体色の、コショウダイ
このサイズだと、中学生くらいかな。
2021年8月22日6コショウダイ
カイメンの奥にいて撮りづらい、ザラカイメンカクレエビ
何とか、証拠写真が撮れました。
2021年8月22日7ザラカイメンカクレエビ
小さな、ムカデミノウミウシ
とても綺麗なのに、ムカデなんてちょっとかわいそうな名前です。
2021年8月22日8ムカデミノウミウシ
先ほどのオオモンカエルアンコウに比べると小さい、ベニカエルアンコウ
可愛く見えるのは、このサイズまでかな。
2021年8月22日9ベニカエルアンコウ
こちらは、正真正銘可愛い、ミナミハコフグの幼魚。
見た目に加えて、おどおどフワフワ泳ぐ姿が、たまりません。
2021年8月22日10ミナミハコフグ(幼魚)
エキジット直前に、アオリイカの子供達の群れに出会いました。
もっと透明度が良ければなぁ。
2021年8月22日11アオリイカの群れ
O夫が江の浦で潜るのは、20年振り(Oつまは初めて)でしたが
家から近いし、大型連休などで、どこに行っても渋滞に巻き込まれそうな時は
また潜りに来てもいいかな。

スポンサーサイト



2017年八幡野8/27-1-

2018.05.07(Mon) | EDIT

伊豆海洋公園での夏合宿の1週間後、同じ東伊豆の、八幡野にやってきました。
1本目は、アジ根へ。
まずは、いつもいるコクテンベンケイハゼをチェック。
ん?なんだか小さい・・・
代替わりしたみたいです。
それでも、いつ覗いても会えるところを見ると、彼らにとって
ここは居心地がいいんでしょうね。
2017年8月27日八幡野コクテンベンケイハゼ1
こちらは普通種のイチモンジハゼですが、つい撮ってしまいます。
シュッとした感じが、かっこいいんです。
2017年8月27日 八幡野イチモンジハゼ2
こちらもお約束、「コクテン」のつかないベンケイハゼ
2017年8月27日 八幡野ベンケイハゼ3
伊豆では珍しい、アカメハゼ
合計3個体いたのですが、それぞれ離れたところに止まっていて
きちんと撮れたのは、2個体のセットでした。
2017年8月27日 八幡野アカメハゼ4
シコクスズメダイの幼魚もいました。
大人になると体色は真っ黒になり、表情もいかつくなります。
2017年8月27日 八幡野シコクスズメダイ5
浅場に戻ってくると、アミメハギ(幼魚)が小さな群れを作っていました。
2017年8月27日 八幡野アミメハギ(幼魚)6
1本目終了。
2本目は、砂地を回ってみます。

2017年IOP8/20-2-

2018.05.03(Thu) | EDIT

伊豆・夏合宿のラストダイビングは、砂地から1番を回ってみます。
まずは、アライソコケギンポにご挨拶。
2017年8月20日IOP1アライソコケギンポ
しばらく撮影していると、気分が乗ってきたのか、ガオ〜ッとポーズを決めてくれました。
2017年8月20日IOP2アライソコケギンポ
砂地まで行くと、クロホシイシモチの幼魚でしょうか、小魚が群れています。
キラキラ輝いて綺麗です。
2017年8月20日IOP3群れ
群れの下で睨みを利かせている、ソラスズメダイ
好きな魚なんですが、目つきが・・・
2017年8月20日IOP4ソラスズメダイ
伊豆海洋公園の名物に住んでいた、アカスジウミタケハゼ
2017年8月20日IOP5アカスジウミタケハゼ
この名物が、何かと言いますと・・・
正体はポスト。
手紙を投函すれば、ちゃんと届きます。
ヒトデも、どこかに送ってほしいのかな?
2017年8月20日IOP6ポスト
さらに砂地を探索していると、ムスメベラ(♀)が泳いできました。
どことなく優雅な動きに、綺麗な体色。好きな魚の一つです。
2017年8月20日IOP7ムスメベラ(♀)
1番に移動してくると、ホンソメワケベラにクリーニングされ、
気持ち良さそうに縞模様を出している、メイチダイがいました。
2017年8月20日IOP8メイチダイ
岩の窪みに佇んでいたのは、イチモンジハゼ
2017年8月20日IOP9イチモンジハゼ
何度でも撮ってしまう、キンチャクダイ
2017年8月20日IOP10キンチャクダイ
浅場では、ツユベラ(幼魚)を発見。
何度見ても、成魚との姿の違いに、驚かされます。
2017年8月20日IOP11ツユベラ(幼魚)
神経質な、ミヤコキセンスズメダイ
証拠写真程度ですが、なんとか撮れました。
2017年8月20日IOP12ミヤコキセンスズメダイ
これにて、2017年伊豆夏合宿は終了。
Fさん、また来年お待ちしています。

2016年八幡野7/30-2-

2017.06.05(Mon) | EDIT

それでは再び、八幡野ビーチへ。
まずは、カマスベラがやってきました。
2016年7月30日八幡野1カマスベラ
岩の上には、綺麗なフタイロニシキウミウシがいます。
2016年7月30日八幡野2フタイロニシキウミウシ
ガイドさんが、砂溜まりで何か見つけました。
目を凝らしてよ〜く見ると、確かに生物はいるのですが
ガイドさんも見失ってしまうほどのサイズ。
何だかわからないので、とりあえず写真に撮り、拡大してみてみると・・・
サガミツノメエビです!
2016年7月30日八幡野3サガミツノメエビ
まさか八幡野の砂地に、サガミツノメエビがいるとは。
コンデジではこれが限界ですが、実は綺麗な模様があり
マニア心をくすぐる生物のひとつです。

名残惜しいですが、サガミツノメエビとお別れし、場所を移動すると
タテヒダイボウミウシが散歩中。
2016年7月30日八幡野4タテヒダイボウミウシ
岩の亀裂の中には、シュンカンハゼがいました。
珍しくボ〜ッとしている個体で、撮り放題でしたが
全身を出してくれなかったのは、ちょっと残念。
2016年7月30日八幡野5シュンカンハゼ
しつこくシュンカンハゼを撮っていると、さすがに逃げられ
代わりに、イチモンジハゼを撮影。
2016年7月30日八幡野6イチモンジハゼ
イチモンジハゼにも逃げられた後は、ムスメウシノシタに遊んでもらいました。
2016年7月30日八幡野7ムスメウシノシタ
この亀裂のある岩、いつも何かいるんですよね。
2本目もこれにて終了し、続いて夕食です。

八幡野11/17-1-

2014.01.24(Fri) | EDIT

朝、気持ちよく目覚め、海を見ると、うねりは相変わらず。
この日も、浅場での撮影には気合がいりそうです。

1本目は、ウミトサカに住み着いた、オキゴンベの幼魚を見に行きました。
エントリーし、まずは定番の、アカホシカクレエビ
大小2個体が住んでいて、ツーショットを狙ったのですが
ある程度の距離までくると、大きい個体が、小さい方を追い払ってしまい
なかなか並んでくれません。
11月17日アカホシカクレエビ2個体
結局、小さい子は隅に追いやられ、大きい個体が
イソギンチャクの家を、独り占め。
11月17日アカホシカクレエビ
こらも定番の、ゼブラガニ
ちょっと、リーゼントっぽく見えます。
11月17日ゼブラガニ
イチモンジハゼ
いつも、同じような構図になってしまいます。
もう一工夫して、撮らないと・・・
11月17日イチモンジハゼ
体色が黒ずんでしまった、ナガサキスズメダイ
寒いんだね~。頑張れよ~。
11月17日ナガサキスズメダイ
オキゴンベの幼魚が住んでいる、ウミトサカに到着。
いや~、可愛いですね。
11月17日オキゴンベの幼魚1
根元には、もう一個体いました。
こっちの方が、少しお兄さんかな?!
11月17日オキゴンベの幼魚2
オオパンカイメンの上にいたのは、セボシウミタケハゼ
11月17日セボシウミタケハゼ
昨年、あちこちで見かけた、ニラミギンポ
八幡野にも、いました。
誰かを呼んでいるかのように、ぽかんと口を開けています。
11月17日ニラミギンポ
相変わらずの激しいうねりで、アデヤカミノウミウシのミノの部分が
左に、振られたかと思うと
11月17日アデヤカミノウミウシ1
今度は、右に。
11月17日アデヤカミノウミウシ2
一瞬の隙をついて、ミノが立った瞬間を、撮りました。
11月17日アデヤカミノウミウシ3
だいぶ水温も下がってきているので、コガネキュウセンの幼魚が見られるのも
そろそろ終わりかな?!
11月17日コガネキュウセンの幼魚
昨夜のナイトダイビングから、カスザメ祭りがまだ続いていたようです。
砂の中に隠れているのが、分かるでしょうか?
11月17日カスザメ1
少し、砂を払ってみると
11月17日カスザメ2
じゃーん。カスザメ登場。
11月17日カスザメ3
あまり正面から近づきすぎると、噛まれることがあるので、要注意です。
11月17日カスザメ4
2本目は、少しうねりがおさまってくれると、いいなぁ。

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR