fc2ブログ

タグ:「イソギンチャクカクレエビ」

2022年富戸12/29-1-

2023.05.21(Sun) | EDIT

2022年最後のダイビングは、東伊豆の富戸です。
1本目は、ヨコバマ。
最初に見つけたのは、海藻に囲まれた場所に隠れている、イロカエルアンコウ
2022年12月29日富戸1イロカエルアンコウ
シマキッカイソギンチャクに住む、イソギンチャクカクレエビのペア。
2022年12月29日富戸2イソギンチャクカクレエビ
季節来遊魚の、タテジマキンチャクダイyg。
水温が高いので、まだ元気です。
2022年12月29日富戸3タテジマキンチャクダイyg
シャイで、なかなか岩穴から出てきてくれない、マツカサウオyg。
2022年12月29日富戸4マツカサウオyg
こちらもシャイで、カメラを向けると反対側を向いてしまう、イバラタツ
2022年12月29日富戸5イバラタツ
昔は、伊豆でクマドリカエルアンコウが現れると、水中に行列ができたものです。
最近では、レギュラーメンバーの扱いになってきました。
だいぶ身体が大きくなって、ゴツゴツし始めています。
2022年12月29日富戸6クマドリカエルアンコウ
休憩中の、タカノハダイ。
魚屋で見かけることは少なくても、食べれば美味しい魚です。
2022年12月29日富戸7タカノハダイ
ミチヨミノウミウシのペア。
とても綺麗なウミウシですが、とにかく小さい。
2022年12月29日富戸8ミチヨミノウミウシ
これも季節来遊魚の、ロクセンフエダイ
南国では、群れでよく見られます。
2022年12月29日富戸9ロクセンフエダイ
シロミノウミウシ。
これも小さい。普通はコンデジでこのサイズは狙いません(笑)
2022年12月29日富戸10シロミノウミウシ
トゲトサカの中に隠れていることが多い、イソコンペイトウガニ
この子は上に乗っていて、わかりやすかったです。
2022年12月29日富戸11イソコンペイトウガニ
1本目終了。
次は、2022年最後のダイビングです。
スポンサーサイト



2016年富戸12/18-2-

2017.11.09(Thu) | EDIT

2本目は、脇の浜へ。
エントリーしてすぐに、衝撃の光景が!
水底に横たわるマンボウです。
2016年12月18日富戸1マンボウ
恐る恐る、近づいてみると・・・
まだエラが動いていて、目をキョロリとこちらに向けました。
2016年12月18日富戸2マンボウ
心が痛みますが、どうすることもできず。
海の仲間達の栄養となってもらうしかありません。

マンボウに別れを告げ、小さな岩の下にいる、フリソデエビを訪問。
ただいま、オレンジ色のヒトデをムシャムシャ食べている最中です。
2016年12月18日富戸3フリソデエビ
イソギンチャクに住んでいるのは、イソギンチャクカクレエビ
2016年12月18日富戸4イソギンチャクカクレエビ
この日は、カエルアンコウ祭り開催中。
まずは、岩に張り付いている、ベニカエルアンコウ
2016年12月18日富戸5ベニカエルアンコウ
続いて、撮りづらい場所に潜む、イロカエルアンコウ
2016年12月18日富戸6イロカエルアンコウ
最後を飾るのは、ダイバーに人気の、クマドリカエルアンコウ
2016年12月18日富戸7クマドリカエルアンコウ
アオウミウシの大・小でこぼこコンビ。
2016年12月18日富戸8アオウミウシ大小
写真映えのする場所で睨みをきかせる、オキゴンベ
2016年12月18日富戸9オキゴンベ
これにて2016年最後のダイビング、無事終了!

プロフィール

Oつがい

Author:Oつがい
ダイビングと、旅行が趣味の
Oつがいです。
ダイビングは、主に
伊豆で、潜っています。
カメラは、O夫が
Nikon P7100
Oつまが
SONY RX100Ⅱを
使っています。
山登りや、ツーリングも
大好き。
バイクはYAMAHA X FORCE
車はHONDA SHUTTLE HYBRIDで
あちこちに、出没。
家の近所から、世界の町まで
美味しいものを求めて
さすらっています。

最新トラックバック

月別アーカイブ

国盗りカウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR